Interview

サイダーガール メンバー3人が3様のソングライティングで聴かせるニュー・シングルに凝縮された現在の葛藤と展望を訊く

サイダーガール メンバー3人が3様のソングライティングで聴かせるニュー・シングルに凝縮された現在の葛藤と展望を訊く

サイダーガールは、昨年メジャー・デビューを果たすと、10月には初のフルアルバムをリリースし、その後には彼らにとって最大規模の全国ツアーも成功させた。その勢いに乗って届けられたニュー・シングル「パレット」は初のドラマ&映画主題歌。いよいよ注目度は高まりそうだ。順調に見えるその展開のなかで、しかしメンバー3人は、ソングライターとして、またバンドの一員として、それぞれに葛藤も抱えているようだ。そうした気持ちの揺れも含め、今回のニュー・シングル収録の3曲に込めた3人3様の思いを語ってもらった。

取材・文 / 兼田達矢

「パレット」は、青春感というか、10代の頃のジェットコースターみたいな、日々めまぐるしい感じを楽曲の構成でも表現したいな、と。

まずは表題曲「パレット」について聞かせてください。曲自体はいつ頃作ったんですか。

Yurin ツアーの直前だったと思います。ただ、僕の気持ちとしてはツアー前というよりは、アルバムの直後という感じのほうが強かったと思うんですけど。

主題歌の話を踏まえての曲作りだったんですか。

Yurin そうですね。少女漫画のお話をいただいて、それに向けて作りました。

一聴してまず思ったのは「メランコリー」という曲からの流れということだったんですが。

Yurin あの曲をアルバムに入れたおかげで、というか、あの曲でワンクッションあったから、作品に寄り添うためのアレンジを考えることもそんなに無理なくやれたなあと思ってて。いきなりこんな派手なアレンジで来られたら、僕だったら戸惑うなと思ったんです。「メランコリー」があっても、十分戸惑うとは思うんですけど(笑)。

でも「メランコリー」は4つ打ちビートを基調にしたダンス・ミュージックの作りですが、「パレット」は1曲のなかでもリズムのバリエーションがあって、より盛りだくさんというか複雑な作りですよね。それは、作った当人としては「メランコリー」から段階を踏んで進んでいる感じですか。あるいは、それぞれ別々のものとして捉えてるんですか。

Yurin どうだろう…、別々と言ったほうがいいのかな。「パレット」は少女漫画が原作なので、青春感というか、10代の頃のジェットコースターみたいな、日々めまぐるしい感じを楽曲の構成でも表現したいなという気持ちがあって、それでけっこう展開の多い作りになったんです。だから、音的には「メランコリー」をはじめ、前回のアルバムを踏まえてはいるんですけど、曲の構成というか展開についてはタイアップの企画に寄り添っていった結果ということだと思います。

女性のようなファルセットや地声に近い感じのトーンや、いろいろなカラーの声を、それこそカラフルに重ねているコーラス・アレンジが印象的です。

Yurin それは、それぞれのパートの雰囲気に合う声のトーンを探して重ねていきました。

声を重ねることについては、ライブでバンドとして演奏できることを意識するという話が前回のインタビューでありましたが、アルバムの制作を経て、今回はその曲がいちばん映えるアレンジをまず考えるということだったんでしょうか。

Yurin 今回はよりポップになるといいなという思いがまずあって、そのポップさを出すために声をたくさん使ったということなんです。だから、個人的にはまだバンドでできる範囲の音数でやっていきたいなという思いはあるんですけど。そういう意味では今回は特別というか、「メランコリー」以上に飛び道具感のあるアレンジになってるかもしれないですね。

よりポップになるように、という気持ちは、やはりシングルの表題曲であることや主題歌としてよりキャッチーであるように、というようなことを意識したということですか。

Yurin この映画やドラマを見る人のなかにはうるさい音楽を好きじゃない人もいるだろうなとも思うし、僕たちがここのところずっと意識しているのはよりたくさんの人に、いろんな音楽のファンの人に聴いてもらいたいなということなので、また新しいところにも届くアプローチかなというふうに思っています。

フジムラさんと知さんはこの曲についてはどういう印象ですか。

フジムラ 最初にもらったデモには上モノの音はそんなに入ってなくて…。

Yurin コーラスも入ってなかったよね。

フジムラ そうそう。それでも、すごくいい感じだなと思って、そこからアレンジを詰めていくときに音数がどんどん増えていくことに、僕は抵抗はなかったんです。それは、「メランコリー」を経てのこの「パレット」だから、お客さんもこういう曲が出てくることは想定内だろうと思ってて。それに、僕はいつもライブのシーケンスを作ってるんで、こういう曲は面白いなと思ったんです。いままでにないような展開があったりして、もうライブでもやったんですけど、ライブで演奏するのもすごく楽しいんですよね。

 デモを聴いてまずすごくキャッチーな曲だなと思ったんですけど、アレンジはそのキャッチーさを増幅させていったようなアレンジだと思うんです。ただ、僕自身は曲を作るときにもライブのことをすごく意識するから、演奏してないのに鳴ってる音があるということにはいまだに葛藤があるんですよ。それで、僕は何に対してもあまのじゃくになっちゃうので、そういういろんな音が入った曲が表題曲なら、僕はそうじゃない曲を作ろうと思って、それがカップリングの「しょうがないよな」だったりするんですけど、そういうふうにいろんな面を見せられるという意味でも、この曲はいいんじゃないかなと思います。

「しょうがないよな」は同期を入れずに、ライブのビジョンを持ちながら作った曲ですね。

いまのお話の前半部分や、コーラスについてYurinさんの話も合わせ、いまサイダーガールのなかでライブの音と音源の音の関係をどう考えるかというところで、いろんな思いが巡っている段階だということでしょうか。

 そうかもしれないですけど、「パレット」はライブでまだ3回しかやっていないから、この曲のどういうところをライブで聴かせたいかというのをまだ育てている段階なのかもしれないとも思うんです。

Yurin どの曲にもそういう期間があるなとは思うんですけどね。

 1st の「エバーグリーン」も音源にはシンセが入ってたりして、“その通りには演奏できないじゃん”という思いが最初はあったんですけど、やってるうちに納得できるようになってきたんです。だから、「パレット」もそういうふうになっていくのかなというふうにも思っているということですね。

なるほど。で、話に出た「しょうがないよな」は、表題曲がこういう感じだから“ザ・バンド・サウンド”みたいな曲にしようと思って作った、と?

 ただ、僕のなかでは“ザ・バンド・サウンド”みたいな曲を作りたいんだったら、修正したりするものおかしいじゃんというところに行き着いちゃったりするんですよね(笑)。

Yurin 全部一発録りで、みたいなね(笑)。

 だから、ギターを修正したりダビングしたりしてる時点でナマモノとして成立してないのかなと、いましゃべりながら思ったんですけど(笑)。

(笑)。とは言え、最初のきっかけとしてはカラフルな表題曲に対するシンプルな曲、ということだったわけですよね。

 そうなんです。その両方を表現できるバンドでありたいというのが僕の理想でもあるので。同期を使うのも全然反対じゃないんですけど、でも「同期が止まったらこの曲のいい部分が全然出せません」というのはちょっと違うなと思うんですよ。そういう意味で、「しょうがないよな」は同期を入れずに、メンバー4人で演奏できるものをと思って、ライブのビジョンを持ちながら作った曲ですね。

そういうふうにサウンドのイメージが明確な曲で、どういうことを歌おうと考えたんですか。

 ライブに対する悩みということがバンドをやってるなかで比重がすごく大きくなってて、いままでずっと音源しか作ってこなかったということもあって、人前に出て自分を演出するのが苦手というか。そういう部分についてすごく悩んでて、アルバムを作り終わったときもそういう音楽的なメンタルがかなりズタボロになってて、“大丈夫かなあ”みたいな気持ちだった自分をいま客観的に見て「そういうふうになるのも、しょうがないさ」と思えてる、という感じの世界観なんですけど。

知さん自身がこの曲に救われたところがあるんですね。

 オケも歌詞も、こういう曲がまだ作れるんだなという感じがあって、というのはいろんなものに手をつけ過ぎて何を作っていいのかわからない状態になってたんです。誰に求められてるんだろう?と思うこともすごくあって。でも、この曲ができたときには、“自分が求めているものはこういうものなんだな”とわかったので、そのときにはけっこう救われたかもしれないですね。

「ハロー・ミュージック」は音楽がやっと自分のところに帰ってきたと思ったことを歌にした感じです。

フジムラさんの「ハロー・ミュージック」はどういうふうに生まれた曲ですか。

フジムラ 今回のシングルでもいつものように3人それぞれの曲を入れるということで、僕も1曲作ったんですけど、その曲がレコーディングの1週間くらい前の時点で「フジムラっぽくない」という話になって、結局その曲がボツになってしまったんです。それで、代わりの曲を作らないといけなかったんですが、でも僕は本当に慌ててしまって、何も浮かばなくて“終わったな”と思ってしまったんですよね。それで、一度音楽のことを忘れようと思ってたところに、地元の同窓会に誘われて昔の友達とお酒を飲んだんですよ。その帰り道ですよ。誰もいないから鼻歌を歌いながら歩いてたら、サビのメロディが降ってきたんです。それを、家に着いたらすぐにPCに起こして。そこからアレンジがちょっと変わったりしてるんですけど、それにしても音楽がやっと自分のところに帰ってきたと思ったことを歌にした感じです。

「フジムラっぽくない」という話になった曲は、確かにフジムラらしくない曲だったんですか。

フジムラ その曲を作るときに、作り方を変えたんですよね。歌を大事にしないと、ということを意識してたんで、自分でメロディを起こすという作り方をしたんです。オケも、違うアプローチをし過ぎてしまって、サイダーガールに合ってなかったというところもあったし。それに、前のアルバムの自分の曲は気に入ってて、それを比べてしまうというか、どうしてあれくらいの曲がかけないんだと思ったりもして…。

つまり、自分が作りたい曲のイメージが拡散してしまっていたということですか。

フジムラ そういうことだと思います。

より広く聴いてほしいと思って、その通りに進んでいってるなかで、一人になって新しい曲を作ろうとしたときに、聴いてくれる人が広がっていることが思ってもいない作用を及ぼしてしまう、というようなことでしょうか。

Yurin 新しいことをしようと思っても、それがうまく作用しない、という感じなのかな。

フジムラ 新しいことをしようとして違う方向に振り切るときのその加減がわからないということがあったり、新しいことをしたいんだけど、それに対する知識と技術が追いついていないとか。

 僕は新しく聴いてくれる人が増えてくると“誰が本当に僕のことを好きなんだろう?”という悩みが出てきちゃうんです。僕である必要があるのかな?というところにたどり着いてしまう。でも、実際そうだろうとも思うんです。自分でなくてもいいんじゃない?みたいに思っちゃうんですよね。たくさんの人に見られると。そこに対する悩みなのかなと思ったりするし。

曲それぞれの色を出しつつ、でも誰が書いたのかわからなくしたいっていう(笑)。

広がっていこうとすることと自分を押し出すことの間に、ともすると矛盾を感じてしまうという局面にあるのかもしれないですね。

Yurin いままでは自分たちのなかだけで作りたいものを作ってたと思うんですけど、タイアップみたいにありがたいは話をいただく機会も増えたりして、いろんな人が関わってくると、そういうことも意識したりして書くことになるわけですが、そういう曲は自分純度100%にするのはなかなか難しいと思うんです。でも、いまこの局面を乗り越えられれば、これからいろんなことに振り回されずに作っていけるんじゃないかなと思っていて。環境が変わるというのはすごく大きくて、良くも悪くも影響は出てくると思うし、そのなかでまったくブレずにやっていくのは難しいことだなと思うんですよ。まさにしょうがないよなというか、この先に行くためには通らないといけない道なのかなと思うし、そういうことが今回はあったかもしれないですね。

自分純度100%は確かに難しいかもしれないですが、それでもどこかに自分らしさみたいなものを表したいという欲望もありますよね?

Yurin 以前、知り合いに「誰が書いたかわからないほうが面白いんじゃない」みたいなことを言われたことがあって、この間のアルバムはそれがけっこうできてた気がするんです。個人的には、曲の記名性みたいなことが隠せるようになるといいなと思ってて、「これ、フジムラの曲でしょ?」「いや、僕だよ」みたいなことになったら、もっと面白くなるんじゃないかなと思うんですよね。

フジムラ 僕は「誰が曲を書いたかわからない」という言葉がすごくうれしくて。元々VOCALOIDで活動してて、たまに「この曲、昔のフジムラがボカロのときに作った感じの曲だね」みたいなことを言われると、その当時から俺は何も進歩してないんだと思っちゃったりするんです。そういう意味では、昔の曲が好きだと言われると、けっこう複雑なんですよね。で、この間のアルバムのときは、自分のなかでは二人のほうがいい曲を書いてると思ってるんだけど、どれが誰の曲かわからないと言われると、自分もけっこういい曲が書けたんだなと思ったわけです。そことのギャップで、違うことをしてみようとか新しいことをやってみようとして、気づかないうちに“フジムラ感”というものを失ってしまってたのかなということを、いま話を聞いてて思いました。と同時に、“フジムラ感”を残しつつ、これからどういう曲を作っていけばいいのかなということも悩まなきゃなと思いました。

ただ、誰の曲かということは措くとして、3曲あったらそれが3曲3様になっているということは望むところなんですよね。

Yurin そうですね。でも、曲それぞれの色を出しつつ、誰が書いたのかわからなくしたいっていう(笑)。

(笑)。それでも、1枚フルアルバムを作った、その次のシングルらしく、ちゃんと新しい何かが始まってるんだけど、それが何なのかをみなさんも探っているという感じでしょうか。

Yurin そうですね。新しいことをやりたいとは思ってるんですけど、それをいかにサイダーガールの範囲内でできるか、というところが難しいなとも思ったし、それでも僕は椎名林檎や東京事変が好きなんですけど、曲の振り幅はあるのに椎名林檎感、東京事変感ってあるじゃないですか。同じように、サイダーガール感というものは残しつつ広げていきたいと思っていて、サイダーガール感というのは僕ら演奏すれば勝手についてくるものだといままでは思ってたんですけど、意外とそうでもないんだなということをいま感じてるっていう。そこを固めていけたら、次のステップにどんどん進んでいけるんじゃないかなと思いますね。

そのほかのサイダーガールの作品はこちらへ

サイダーガール

知(Gt.)、Yurin(Vo/Gt.)、フジムラ (Ba.)。
シュワシュワとはじける炭酸の泡は爽快感、その泡はあっという間に消えてなくなってしまう儚さ。そしてどんな色にも自在に変化していく。そんな“炭酸系サウンド”を目指し、2014年5月、動画サイトを中心に活動していたYurin(Vo&Gt)、VOCALOIDを使用して音楽活動していた知(Gt)、フジムラ(B)で結成。2014年7月26日、下北沢CLUB251にて初ライブを敢行。チケットは即日完売した。2015年6月、1st ミニアルバム『サイダーのしくみ』をライブ会場限定でリリース。インターネットを含むメディアでは一切顔を出さず、ライブ会場でのみ本人たちの姿を目撃できるということと、“炭酸系”サウンドが相まって話題となり2016年2月、タワーレコード限定発売の2nd Mini Album『サイダーの街まで』がスマッシュヒット。初の全国ツアー”サイダーガール TOUR 2016 サイダーのゆくえ-君の街まで-“を成功させた。夏には、続々と大型フェス、イベントへの出演、10月11月には2ヵ月連続ミニアルバムをリリース、初のワンマン・ライブ@代官山UNITを含む東名阪ツアーは全公演ソールドアウトとなった。そして初ライブからちょうど3年後の2017年7月26日にユニバーサルJよりメジャー・デビュー。秋には初のフルアルバムとなる『SODA POP FANCLUB 1』をリリース。彼ら自身最大規模となった、全国ツアー“サイダーガールTOUR 2017-2018 サイダーのゆくえ-JUMP ON THE BAND WAGON-”は全国各地でSOLD OUTとなるなど、各方面で注目を集めている。

オフィシャルサイトhttp://cidergirl.jp