Interview

【スペシャル対談】中島美嘉、戸松遥に「2.5次元」の意味を教わる!? アニメ『ダーリン・イン・ザ・フランキス』でリンクするふたつの世界観

【スペシャル対談】中島美嘉、戸松遥に「2.5次元」の意味を教わる!? アニメ『ダーリン・イン・ザ・フランキス』でリンクするふたつの世界観

アニメーションスタジオTRIGGER(『キルラキル』『リトルウィッチアカデミア』)と、A-1 Pictures(『アイドルマスター』『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』)共同制作によるオリジナルTVアニメーション『ダーリン・イン・ザ・フランキス』。本作のOPテーマを歌う中島美嘉と、メインキャラクター・ゼロツーを演じEDテーマの歌唱にも参加している戸松 遥の対談が実現した。初対面のふたり、いったいどんな話が飛び出すのか?

取材・文 / 森 朋之


自分とゼロツーを重ねてしまうところがあるんです(中島)

中島美嘉

中島さんは『ダーリン・イン・ザ・フランキス』(以下、『ダリフラ』)で戸松さんが演じている「ゼロツ―」がお気に入りのキャラクターだそうですね。

中島美嘉 はい。ちょっと自分と重ねてしまうところがあるんですよ。ゼロツーはクールでミステリアスなところがあるじゃないですか。私もそういうイメージで見られることが多いので……。実際はぜんぜん違いますし、けっこうボーッとしてるんですけど(笑)、ゼロツーを見てると「同じ状況だったら、私もこうするかも」みたいなところがあって。主題歌「KISS OF DEATH」のビジュアルでもツノを付けてますからね(笑)。

戸松 遥 中島さんが『ダリフラ』の主題歌を歌ってくれて、すごくうれしいです。たしかにゼロツーにはミステリアスなところがあるし、ストーリ―が進みにつれて、見えてくるところと謎めいた部分が混在してくるんですよね。ギャップがある子なんですよ、ゼロツーは。ダークな雰囲気と無邪気なところが共存していて、戦闘態勢に入るとすごく獰猛で。アフレコのときも挑むような気持ちで臨んでいるし、かなり心のエネルギーを使いますね。

戸松 遥

「ダーリン」はこの作品で大事な意味を持つワード(戸松)

ゼロツー

パワーを求められるキャラクターなんですね。中島さん、好きなゼロツーのセリフはありますか?

中島 あるんですけど、ご本人の前では恥ずかしくて言えないです(笑)。

戸松 えー?! ぜひ知りたいです!

中島 えーと「KISS OF DEATH」の歌詞のなかにも入ってるんですよね。“ボク”という一人称だったり、“ダーリン”という言葉だったり。できれば“ねえ”が付いていたらいいんですけど。

「ねえ、ボクのダーリン」ですね。

中島 はい(笑)。

戸松 そうなんですね! うれしいです。

中島 そのひと言だけで、ゼロツーというキャラクタ―の状態がよくわかるんですよね。いっぱいセリフがある子ではないでしょ?

戸松 そうですね。

中島 でも、「ボクのダーリン」という言葉だけで、その背景にあるものだったり、寂しさや強さが伝わってきて。この言葉って「すごく寂しがりやなんだな」という印象もあるし、「キミは自分のものだ」という強気なイメージもあると思うんです。いろんな感情が混ざっているところが印象的だなって。

戸松 そう言ってもらえると、すごくうれしいです。たしかに“ダーリン”という言葉はいろんな場面で発してますからね。言葉だけだと甘い印象があるかもしれないけど、タイトルにも使われているし、この作品にとっては大事な意味を持つワードなので。

そうですね。中島さんはもともと、アニメをよく観るほうなんですか?

中島 そこまで詳しくはないんですけど、楽曲で関わらせてもらったり、人から「いいよ」って勧めてもらった作品は観ますね。『ダリフラ』も観させてもらっているんですけど、すごく面白いです。

中学生の頃に『新世紀エヴァンゲリオン』が大ヒットして、一世を風靡していたんですが、『ダリフラ』にも同じ会社(スタジオカラー)が関わっているじゃないですか。そういう作品で主題歌を歌わせてもらっているのは、すごく不思議な感覚ですね。

1 2 >