Interview

日本酒はこれからもっとおいしくなる! 進化する日本酒の世界とは? 酒ジャーナリスト葉石かおり『はじめての日本酒』

日本酒はこれからもっとおいしくなる! 進化する日本酒の世界とは? 酒ジャーナリスト葉石かおり『はじめての日本酒』

ここ数年盛り上がる、日本酒ブーム。雑誌などメディアでコンスタントに特集が組まれ、飲食店には様々な銘柄が揃い、日本酒イベントや酒蔵見学に足を運ぶファンも確実に増えている。でも、「日本酒は難しそう」「どうやって選んだらいいのかわからない」なんて声が聞こえてくるのも確か。

そんな方にこそ読んでもらいたい、ちょっと変わった入門書『まんが&図解でわかる はじめての日本酒』が上梓された。

日本酒初心者を主人公とした漫画を織り交ぜながら、日本酒の基本、飲み方、そして食事との合わせ方まで、日本酒の奥深さがコンパクトにわかりやすく紹介されているのだが、なんといっても注目は日本酒をキャラクターに例えて擬人化した「日本酒キャラクター図鑑」だ。

日本酒を擬人化するというユニークな入門書を出版した理由、そして日本酒の“通”な楽しみ方から注目の蔵元まで酒ジャーナリストで著者の葉石かおりに聞いた。

取材・文 / 田中 憬 撮影 / エンタメステーション編集部

ゴージャスマダムな純米大吟醸酒、さわやかイケメンな本醸造酒…日本酒が擬人化キャラクターに!

©葉石かおり/イラスト・大崎メグミ/マイナビ出版

まず、日本酒をキャラクターに例えるという、ちょっと変わった本をつくろうと思ったきっかけを教えてください。

これだけ日本酒がブームになっていると、“純米大吟醸”と“純米吟醸”のちがいなど、「基本的な部分がわからないけど、今更聞けない!」という方たちが多いんじゃないかなと思ったのが出発点でした。私はジャパン・サケ・アソシエーションという日本酒のエキスパートを育てる協会の理事、講師として、セミナーで使用するテキストをプロ向けに作っていることもあって、初心者の方にも日本酒に親しんでもらえるようなタイプの本を作れたらいいなと思っていて。そこで浮かんだのが、日本酒を擬人化するというアイデアだったんです。

なるほど。それで、日本酒がゴージャスマダムや、さわやかなイケメン、いぶし銀のおじさまに(笑)。酵母や麹の説明もキャラクターになっていると、とてもわかりやすいし、不思議と覚えちゃいますよね。

擬人化して、とにかくわかりやすくしたいと思っていたのでよかったです! キャラクターの設定などは独断と偏見ですが(笑)。例えば、「純米大吟醸酒は精米歩合50%」といわれても、どんな味なのかはイメージしづらいですよね。でも、「純米大吟醸酒はマリーアントワネットみたい」と説明されたら、なんとなく「華やかでいい香りがするんだろうな」とイメージがわきやすいのではないかと。
私自身は乳酸菌の名前や酵母の写真などが載った専門書を読んで必死に学んだけれど、そういう本は内容が難しくて。だから、漫画やイラストの力を借りて、内容も、本当に基礎的なことや初心者の方が抱きやすい疑問に絞ったりして、最後まで楽しく読み進められるように工夫したんです。

まずはイラストで覚えると、知識として自分の中に根付くので、キャラクターの風貌から味をイメージして頼みやすくなりますね。そもそも、葉石さんが日本酒に興味を持ったきっかけは何だったのでしょうか。

実をいうと、最初は日本酒が嫌いでした。学生時代に罰ゲームでよく飲まされていたのが日本酒で……。だから日本酒に目覚めるまではワインばかり飲んでいたんです。
でも、ラジオでレポーターの仕事をしていた頃、日本酒好きなパーソナリティーの方との食事中に勧められて、おそるおそる飲んでみたら、すごくおいしくて。「日本酒ってこんなにおいしかったんだ!」って。その時から日本酒に持っていたイメージが変わりました。その後、週刊誌の記者として働くうちに、何か専門分野を持ちたいと思い、「お酒が好きだから」という理由で、日本酒の資格をとったことが、いまの仕事を始めるきっかけだったと思います。
ただ、当時は資格をとったものの、日本酒のことはまだ全然わからない状態。酒蔵に取材に行ったり、自分で勉強したりして、やっと理解する、の繰り返し。そうやって、私自身が学ぶのに苦労した経験もあって、この本はとっつきやすい内容にしたかったんです。

初心者だと、なかなか好みの日本酒を見つけるのが難しいと思いますが、お店の方と接する時に、コツのようなものはありますか?

甘口・辛口を伝えるだけでなく、フルーティなものがいいとか、すっきりしたタイプがいいとか、余韻は長いのが好みといった、自分の好きな味わいを細かく伝えることがポイントですね。また、合わせる料理の内容を伝えると、より好みに合ったものを選んでもらえるはず。例えば、一緒にいただく料理が白身魚の刺身かすき焼きかで、合う日本酒のタイプもかなりちがいます。好みだけでなく、飲むシチュエーションも伝えると、納得できるお酒と出合いやすくなると思います。

本書には「贔屓の酒販店をつくる」というアドバイスもあります。

そうですね。酒販店が近くにない場合は、百貨店や高級スーパーもおすすめです。どちらも最近、蔵元を呼んだイベントや試飲会を催したり、バイヤーが酒蔵へ直接足を運んで選んでいるところもあったりと、日本酒に力を入れています。お店に並ぶ日本酒のラインナップも幅広くなってきているので、きっと好みのお酒に出合えると思いますよ。

1 2 >