Interview

BRADIO 3人の新体制に。夢への情熱やふとした日常に感じる幸福感を詰め込んだ、今、この国でこの時代に鳴らす音とは?

BRADIO 3人の新体制に。夢への情熱やふとした日常に感じる幸福感を詰め込んだ、今、この国でこの時代に鳴らす音とは?

BRADIOのメジャー第2弾シングル「きらめきDancin’」は、バンドの核となる“踊り”をテーマにした、この上なくストレートなダンス・ミュージックだ。メジャー第1弾「LA PA PARADISE」で出会ったサウンド・プロデューサー藤井丈司とのコンビネーションがますますスムーズになって、あちこちに遊び心にあふれたフックが仕掛けられていて、イントロからアウトロまで楽しく一気に聴ける。
「きらめきDancin’」の最大の魅力は、“グルーヴ”だろう。この1月にドラムの田邊有希が脱退。バンドは史上最大のピンチにおちいった。それが一転して、最高のグルーヴにたどり着いたのだ。
BRADIOに一体、何が起こったのか。ただの“ラッキー”とは思えない。彼らがいつも歌ってきた夢への情熱や、ふとした日常に感じる幸福感が、そのまま「きらめきDancin’」に詰め込まれている。この奇跡のシングルについて、新体制になったBRADIOの真行寺貴秋(ボーカル)、大山聡一(ギター)、酒井亮輔(ベース)の3人に聞いてみた。

取材・文 / 平山雄一

くたばってるやつが夢見て、もがいて、女の子と出会って恋に落ちて、踊っちゃうみたいな(真行寺)

「きらめきDancin’」の制作は、どんな風に始まったんですか?

大山 メジャー1枚目のシングル「LA PA PARADISE」を出したあとに、次もシングルを出したいって話があったんで、そのシングルに向けてネタを書き始めたんです。当然その先に、アルバムを作りたいっていう思いはもちろんあるので、アルバムの曲を意識してなかったというと、完全にしてないわけではないですけど、とりあえずゴールとしては「シングルになる曲を作る」っていう、そういう発想からの制作ではありました。

酒井 なので、いっぱいあるネタの中の一個でした。最初は「きらめきDancin’」とは違う感じの曲がシングル候補にあがっていて、試しにプリレコーディングをさせてもらったんですけど、録ってみて改めて考えたときに、「なんか違うよね」ってアレンジャーの藤井丈司さんを含めて話し合いをして。

地味だったの?

酒井 ちょっと爽やかな感じになったんですよね。

BRADIOにとっては微妙なとこだね(笑)。

酒井 曲自体はすごくよかったんですけど、こういう曲をシングルにするのはもっと先の話なのかなって、個人的に思ってました。今はもっと勢いのある曲をやりたいなと思ってた。サビの歌詞の♪いくぜDance to the music♪ってフレーズが最初からあったんで、「この曲は“いくぜ感”がむちゃくちゃ出るだろうな」っていう(笑)。そういう予想のもと、「きらめきDancin’」が次のシングルでいいんじゃないかなと思って。

これも録ってみたいって思ってた?

酒井 はい。なんかいいものができそうだなっていう予感が、してたっていう感じだったです。

その時点で藤井さんも話し合いに入っていたんだ。ちなみに、80年代に大ヒットした“アース・ウインド&ファイアー”のブラスのフレーズがモロに入ってて、遊び心たっぷりで面白かった(笑)。あれは藤井さんのアイデア?

大山 藤井さんには、いろいろ面白がって相談してます。藤井さんは「こうすべきだ!」みたいな感じでやらない。「君たち、ホントはどう思ってんの?」って、こっちの引き出しをどんどん開けてくれるみたいな感覚でやってくれるんで、こっちもどんどん面白くなってきちゃって(笑)。

楽しいスタジオ作業だったんだろうなぁ。

大山 なんかセッション感がどんどん増していってる。準備は大変ですけど、楽しいですし、すごく音楽的な感じがしてるっていうか。我々にとったら、すごく・・・。

自分たちがやりたいことに近い?

大山 近い感じがしてますね。どんどん音楽してきてるっていう感覚が、今はすごくあります。

それは楽しいね。歌詞はあんまり悩まずに?

真行寺 そうですね。前作の「LA PA PARADISE」にもあったような、くたばってるやつが夢見て、もがいて、女の子と出会って恋に落ちて、踊っちゃうみたいな漠然としたものはありました。

「ダンスや恋愛が夢へのアッパーなモチベーションになるよ」っていうのは、BRADIOがずっと表現してきたテーマだね。

真行寺 そんなに深い狙いはないですよ(笑)。ただ、なんか面白いものが書けたらいいねって話をしてて。藤井さんも歌詞作りに入ってもらいました。

サウンドだけじゃなくて、歌詞も藤井さんに相談したの?

真行寺 いろいろ言ってくれるんですよ、「ここはもっとこうしたほうがいいんじゃないかな?」とか、「ここで女の子が出てきたほうがいいな」とか。

登場人物を設定してくれるの? それは面白い!

真行寺 歌詞のことや「曲の全体の印象がキラキラしてない」とか、あれこれ言ってくれますよ。とにかく藤井さんは、歌詞に女の子を出したがりますね(笑)。「貴秋、これ、女の子が出てないよ」とか、「雰囲気が濡れてないよ」とか。

あはは、キーマンとして大事な存在なんだね。

真行寺 面白いです。今まで自分の中で「これはないでしょ」とか、さっきのアースのフレーズだったりとか、「これ入れたらまずいでしょ」みたいなのを、藤井さんは平気で入れるので、そういう後押し的な部分で踏ん切りがついたり、思い切れてますね。

最初はびっくりした? これ、やっちゃっていいんだみたいな。

真行寺 そうですね、最初は「何、言ってんだ、この人は?!」みたいに思ってました(笑)。

(笑)面白いな。

真行寺 面白いですね。

で、上がった音を聴いてみて、心配するほどではなかった?

真行寺 全然。「俺は何を心配してたのかな」っていうぐらい、馴染んでます。

このブラスのフレーズって、シンセで入れてるの? それとも本当にブラスをスタジオに呼んで録ったの?

大山 全部、生です。

酒井 全生録りです。 

大山 今回はパーカッションもブラスも、オール生で録れたんで、レコーディングがめちゃくちゃ楽しかったですね。皆さん、ホントにうまいんで、ベーシック録りも、ドラム、パーカッション、ベース、ギターで一緒にドンでやったから、フェードアウトの曲なんですけど、楽しくなって演奏を止めないでずっとやってました(笑)。

引き算が美しい音楽っていうのが多くなってきてる中で、今回、BRADIOは全部足しました!(笑)(大山)

(笑)それはいい経験だったね。

大山 「グルーヴってこうだよね」みたいなのが体感できた。ベーシックのグルーヴがこれぐらい熱量を持ってると、その上に乗っかってくるものってどうしたってよくなってくる。やっぱり基本の設計図って、すごい大事なんだなって思いました。

オール生なんだ。それを藤井さんが整理してくれて。

大山 整理もなにも、全部入れましたよ(笑)。引き算が美しい音楽っていうのが多くなってきてる中で、今回、BRADIOは全部足しました!(笑)。

頭悪そうな音だ(笑)。

大山 頭悪そうな(笑)。全部足してるんだけど、逆にそれは「全部勝負してるな」っていう感じがあって。足し算するのは難しいことではあると思うんで、うまく足し算できてるし、「俺たちって面白いバンドだな」って改めて曲を聴いてて思いました。

全部が生音って、歌にも影響出るでしょ?

真行寺 それはありました。特に今回はドラムが変わったんで。

誰に叩いてもらったの?

大山 今回、サポートしていただいてるヤツは、俺と亮輔の学生のときの同級生で、今、ドラマーとして活動してる。もともと知り合いだったんですけど、前のドラムが抜けて急にバタバタしてしまったんで、僕らとしてはそいつぐらいしかいなかった。でもタイミングがちょうど合ったんです。すぐレコーディングだったんですけど、曲を送って、レコーディング・スタジオで会って、「一緒にやるの、久しぶりだよね」みたいな感じの状況でやってみたら、すっごくいいグルーヴで。昔のモータウンの頃のレコーディングじゃないですけど、急に呼び出して、叩いてもらって、「ハイ、オッケー」みたいな(笑)。

そのドラマー、黒人じゃないだろうな(笑)。

大山 (笑)。

酒井 でもけっこう要素はあるかもしれないですね(笑)。アメリカに2年ぐらい行ってたヤツで、「明日、レコーディングなんだけどさ」みたいな感じで電話して。

何年間も会ってないのに。

大山 いやいや、飲みに行ったりはしてました。

酒井 “ヤス”っていうドラマーで、仲間みたいな感じでちょくちょくは会ってた。それで去年の年末に、たまたま一緒にライブを見に行ったときがあって、「久しぶりに一緒にスタジオに入ろうよ」みたいな話をしてたら、ホントのレコーディングをやることになっちゃった(笑)。「あれ?」みたいな。

大山 楽器勢しかいなかったんで、「チック・コリアとかのコピーバンドとかやりたいね。リハーサル・スタジオでインストをやりたいよね」とか言ってたら、本物のレコーディングだったみたいな(笑)。

(笑)で、アースをやらされて。

一同 (笑)

大山 バンドとしては、すっごいピンチだったんですけど、そうやってちゃんと力になってくれる人たちがいて、すごく生かされてるというか、やらせてもらえたのもすごく嬉しかった。

バンドとして止まらずに済んだってことだよね。

大山 はい。あそこでレコーディングができないってなったら、けっこうクラってたと思っていて。すごく音楽をやりたいって思ってたのに、できなかったことが、昔もあったから。バンドがポシャったりして、何年間かバイトだけしてるみたいな時期があって、その時もやっぱりクラってたんで。今回はそういう状況でも、チームというか、レコード会社の人も、うちのマネージメントも「やべえけど、とにかくやろう。勢いでやっちまおうぜ」みたいな空気をキープしてくれてたから、レコーディングに入ることができたんです。

ラッキーだったね。あ、それ以上か。

大山 ホントに周りの人に助けられた。藤井さんも前日に電話くれて、「大丈夫だから、とにかく俺の大船に乗ったつもりで明日はレコーディングに来い」って言われたり(笑)。みんな優しいなと思いながらやれて、そういう空気が音にもすごく表れてる気がする。こっちの勝手な想いですけど、気持ち的には「これを逆に力にしてやろうぜ」ぐらいの音になってる気がしていて。そういうのもグルーヴになってんじゃないかなって思ってます。

久しぶりに「音楽っていいな」っていう体験ができたのが、すごい嬉しかったです(酒井)

その状況は“足し算”だな(笑)。

大山 (笑)生々しい曲なんですよね、そういう意味でも。

酒井 ドラムも初めてやるし、パーカッションの朝倉(真司)さんが入って、みんなでパーンってやったときに、「あ、これ!」みたいな感じがあって、レコーディングもすごい盛り上がった。その時点で「これはいけるかもしれない!」って感触があって。それを見た貴秋が「俺、ちょっと今日、帰って練習するわ」「どうしたの?」みたいな(笑)。ホントそれぐらい、エネルギーを込めれたなって。久しぶりに「音楽っていいな」っていう体験ができたのが、すごい嬉しかったです。もちろん藤井さんのスピリッツもすごく入ってますよ。

踊ってるから楽しくなってくるほうが圧倒的に多い(大山)

3人体制になって、今、打ち出したいことは?

大山 とにかく今、この国でこの時代に鳴らす音として、やっぱりダンス、踊る楽しさに重きを置くべきバンドだと思ってます。部屋の片隅で聴く音楽というよりかは、楽しむ音楽をっていう。もちろんその一面だけじゃないものをいっぱい作っていきたいって思いも同時にある中、僕らの提案はやっぱり“ダンス”なのかな。楽しいから踊るんじゃなくて、踊るから楽しいみたいなことをやりたいなって個人的にはすごく思っていて。人間としても生きてきて、すごく楽しいことがあって、あまりに楽しいから踊っちゃうっていう経験はそんなになくて。踊ってるから楽しくなってくるほうが圧倒的に多い。

落ち込んでいても、踊ってみたら楽しくなっちゃったっていう。

大山 そうですね。海外の人って、すごくハッピーなことがあったときに踊っちゃう、楽しくて踊っちゃうみたいなのってあるのかなって思うんですけど、あんまり自分はそういう経験がない。みんなで踊ろうよっていって踊ったときに、楽しいなって思うほうが多いので。

それはすごく“ジャパニズム”だね。

大山 そういうことをやっていきたいっていうのが、感覚的にはあります。僕が典型的なジャパニズムの人間なんでしょうね(笑)。

北国・新潟のマイナス面なんじゃないの?(笑)

大山 (笑)確かに、新潟もプロサッカーチームができたときの盛り上がりは尋常じゃなかったもんね。そういうのがあると、すごい盛り上がるんだけど、なかったら別にそんなことないみたいな(笑)。

(笑)BRADIOは新潟らしいダンスバンドになる。

大山 でも貴秋は関係ない(笑)。

真行寺 どっちかっていうと、新潟出身じゃない俺のほうが新潟っぽい(笑)。

酒井 いちばん雪国っぽい(笑)。

暗いけど、踊ると明るい(笑)。今回、ピンチをチャンスに変えて、気付いたことは?

大山 大ピンチを力に変えて、今年を強いものにしたいなっていう思いはすごくあって、大チャンスにしていきたいですね。

「きらめきDancin’」を聴くと、そうなりそうな予感がするよね。

大山 勢いは、全然落ちてない。予想外の出来事を打ち破っていく姿を、みんなに見せれたらって言い方は偉そうですけど、普通にしぼんでっちゃうんだーみたいなよりかは、むしろ「勢い増してない?」みたいなほうが(笑)、楽しいし。

そうだね。それは音に出るよな。

大山 なので、今年も人間くさくやっていきたいなって気持ちがすごくあります。よろしく!!

ありがとうございました。

その他のBRADIOの作品はこちらへ

ライブ情報

TOUR エイリアンサーカス2018

6月15日 北海道 PENNY LANE24:SCOOBIE DO
6月22日 福岡 福岡 BEAT STATION:鶴
7月17日 東京 LIQUIDROOM:ORIGINAL LOVE

*その他のイベント&ライブ情報はオフィシャルサイトへ

BRADIO

~Break the Rule And Do Image On~
日常の世界(Rule)に、素敵な時間・空間のイメージを加え(Do Image On)、良き変化(Break)を。
「日常に彩りを加えるエンターテインメント」をコンセプトに結成された3人組ロックバンド。
2013年10月に1st mini album”DIAMOND POPS”でCDを全国リリース。
2014年夏にはT.M.Revolution西川貴教主催イナズマロックフェス2014に出演。その後各地のサーキットイベントにも勢力的に活動を広げる。

2015年1月期アニメ「デス・パレード」オープニングテーマ、10月期アニメ「Peeping Life TVシーズン1 ??」オープニングテーマ、さらに”京都きもの友禅” 全国CMのイメージソングのタイアップの数々を担当。2015年夏には国内邦楽最大級フェスティバル”ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015″に初出場にしてステージのトリを努め、”COUNTDOWN JAPAN 15/16″では年明けのステージで会場を大いに沸かす。
2016年には夏フェスに数十カ所に出演。そして7都市で10回のワンマンライブを開催。年末にはキャリア最大規模のZepp DiverCity満員御礼のライブで注目度を増す。COUNTDOWN JAPAN 16/17では2年連続大晦日に出演。
2017年1月 週刊漫画ゴラク連載中の人気漫画「ミナミの帝王」を実写化したドラマ「新・ミナミの帝王」主題歌を担当。初のドラマ書き下ろしを担当。

2017年4月の中野サンプラザ公演にてWARNER MUSICからメジャーデビューを発表。
日本全国の主要フェスへの出演や学園祭のオファーも殺到。
年間にして100公演近くのライブパフォーマンスを実施し、生粋のライブバンドであることを知らしめた。
1st Singleリリースツアーでは東名阪Zeppツアーを敢行し、ファイナルのZepp Tokyoを見事ソールドアウト。
楽曲ごとに異なるサウンドを鳴らすドラムンベースを軸に、さらに熱唱&ファルセットを使い分ける個性の強さが魅力のヴォーカリスト真行寺の歌声で見に来たFUNKY PARTY PEOPLEを虜にするエンターテイナー集団BRADIO。

オフィシャルサイトhttp://bradio.jp