モリコメンド 一本釣り  vol. 60

Column

TRUMP 年齢、性別を超え、多くのリスナーの心を掴む、エモくて熱いメッセージ。

TRUMP 年齢、性別を超え、多くのリスナーの心を掴む、エモくて熱いメッセージ。

彼らのアーティスト写真を最初に見たときの印象は“湘南乃風×EXILE”(←あくまで個人的な感想です)。ワイルドで男くさいルックス、派手さと渋さをスタイリッシュにまとめたファッション、そして、“とにかくデカいことをやってやる!”という意志が感じられる表情。そう、匂い立つような“ヤバさ”が凝縮された4人なのだ、TRUMPは。

それぞれ異なるバックボーンを持った4人を“スペード、ハート、ダイヤ、クラブ”にたとえたTRUMP。まず紹介したいのは、メンバー4人の個性の強さだ。リーダーのSuGuRuはなんとジェットサーフのプロライダーという肩書を持つ。TRUMP結成前からダンサー、俳優として活躍し、映画「クローズZERO 2」「ドロップ」のほか、関ジャニ∞「キングオブ男」、湘南乃風「ハレルヤ」などのMVにも出演している。モデルとしてのキャリアを持つSHOJIは、繊細かつ伸びやかなボーカルが持ち味。ルックスと歌の両面でグループを支える存在だ。

鍛え上げられた筋肉で存在感をアピールしている角-KAKU-は、キャリア10年を超えるラッパー。渋谷を中心に数多くのステージを経験、強烈なテンションに貫かられたパフォーマンスによって、コアなヘッズたちからも一目置かれていたという。そこで鍛えられたステージングはTRUMPのライブでもしっかりと活かされている。グループの音楽的な土台を支えているのはTUNE。ストリートパフォーマンスで実力を蓄え、2013年からソロアーティストとして活動してきた彼のボーカル力とダンスセンスは、まさにTRUMPの要と言えるだろう。クセが強い4人の男たちによる予測不能のケミストリーも、このグループの魅力だ。

2017年9月には1stフルアルバム「FRIST」をリリース。楽曲の中心はもちろん(?)応援歌だ。“少年の頃に思い描いた未来を取り戻せ”というメッセージを込めた「サラリーマン戦柳」(アラフォーのサラリーマンを主人公にしたドラマ仕立てのMVもおもしろいです)、“明日を切り開くのは/今日の自分だけだと”というフレーズが心に突き刺さる「LET’S GET STARTED」。不景気がデフォルトとなり、“この先、状況が良くなることはありえない”というスタンスが当たり前になっている現在において、理由や理屈を超えたところで“がんばれ!”を率直に伝えようとする4人の姿は、年齢、性別を超え、既に多くのリスナーの心を掴んでいる。湘南乃風、FUNKY MONKEY BABYSなどに代表する“ストレートな応援歌”の流れを正統に引き継ぐグループと言えるかもしれない。

4月11日にリリースされるニューシングルにも、TRUMPの熱い人情がたっぷりと込められている。表題曲のタイトルは「オヤジおふくろ」。文字通り、両親に対する思いをまっすぐに描き出したナンバーだ。父親、母親との具体的な思い出を綴りながら、“ありがとう”という感謝の気持ちを率直に告げるこの曲は、幅広い層のリスナーの心を捉えることになるはず。何よりも印象的なのは、ただひたすらに思いを届けようとするボーカル。ヒネリや照れをまったく感じさせい歌声からは、4人の人柄がしっかりと伝わってくる。また、郷愁感に溢れたメロディ、アコギ、ストリングスを取り入れたオーガニックなサウンドも、楽曲のテーマにぴったりと寄り添っている。

「オヤジおふくろ」が初めて披露されたのは、今年1月に渋谷WWWで行われたワンマンライブ。この楽曲を歌う前にリーダーのSuGuRuは「もっと会いに行けば良かったし、もっとありがとうと言えば良かったと思います。みんなには、こんな想いをして欲しくない。たまにで良いから親と連絡取ってください」と涙ながらに語った。初めて「オヤジおふくろ」を聴いたオーディエンスが強く共感したことは、想像に難くない。そう、メンバー自身のリアルな感情が込められていることそが、この曲の根源的な力につながっているのだ。

本作のカップリングには、三味線のテイストを取り入れた和サウンドと勇壮なボーカルとともに“干支”をテーマにした歌が響き渡る「干支歌」、きらびやかな高揚感に溢れたトラック、恋人の女性に対し“君がいるから強くなれる”という意志を込めた歌詞がひとつになった「Magic」を収録。音楽的な幅広さもしっかりとアピールしている。

“見た目はちょっと怖そうだけど、話してみるとめっちゃイイ人たちだった”感たっぷりのTRUMP。エモくて熱いメッセージを響かせる彼らの歌のパワーに、ぜひ触れてほしいと思う。

文 / 森朋之

その他のTRUMPの作品はこちらへ。

オフィシャルサイトhttps://trump.futureartist.net

vol.59
vol.60
vol.61