22/7 2ndシングル『シャンプーの匂いがした』発売記念 出身エリア別座談会  vol. 2

Interview

22/7、2ndシングル『シャンプーの匂いがした』発売記念座談会。 倉岡水巴、西條和、帆風千春、涼花萌に訊いた「メンバーに言えてない秘密」

22/7、2ndシングル『シャンプーの匂いがした』発売記念座談会。  倉岡水巴、西條和、帆風千春、涼花萌に訊いた「メンバーに言えてない秘密」

秋元康とアニプレックス、ソニー・ミュージックレコーズが組んで世に送り出したデジタル声優アイドルグループ、22/7(ナナブンノニジュウニ)。昨年9月のデビューから半年、待望のセカンドシングル『シャンプーの匂いがした』が、4月11日にリリースした。
エンタメステーションでは、11人のメンバーを出身地によって「チーム関東」「チーム関西」「チームいろいろ」の3つに分けて、グループインタビューを敢行。
リリース日を挟む3日連続で、硬軟織り交ぜた彼女たちのトークをアップデートしていく。
第2回は倉岡水巴(滋賀)、西條和(兵庫)、帆風千春(兵庫)、涼花萌(京都)の「チーム関西」が登場。『シャンプーの匂いがした』についてはもちろんカップリング曲、また心境や環境の変化などについて、ツッコミやらオチやらを交えつつ”しゃべくって”もらった。

取材・文 / 平田真人 撮影 / 荻原大志

『シャンプーの匂いがした』のミュージックビデオの見どころは、キャラクターたちが見せる表情の豊かさと関係性!

デビュー曲『僕は存在していなかった』リリース時から数えて、約半年ぶりの「エンタメステーション」登場になります。プロフィールも更新されたようなので、あらためて自己紹介をお願いします。

帆風 はい、帆風千春と申します。趣味が以前とちょっと変わりまして、「ゲーム、オクラ、大喜利(答える方)」となっているんですけど、ラジオ(FM FUJI『タイムマシーン3号と帆風千春の俺たちの穴』)の番組をやらせていただいていて、大喜利をする機会が増えまして、特訓がてらファンの方からネタを振られていいように、自分から趣味の欄に加えました。よろしくお願いいたします!

西條 はい、西條和です。…(プロフィールは以前と変わらず)そのままです。

西條さんの夢にちなんだひと言が「いつか生きててよかったと思えるようになりたい」。あの、これはいったい…。

西條 え…何か、生きててよかったと思ったことないな、って思って。

涼花 ふぇっ!?

22/7のメンバーとして、日々得がたい経験ができているのではないかと思いますが…。

西條 …がんばります(笑)。

早くその日がくるといいですね。では、続けましょう。

涼花 はい、涼花萌です。私も以前と変わらず鳥が好きです。でも、前は「鳥の情報を集めること」って書いていたんですけど、最近は全然集めていないので、「鳥を見る、触る、一緒に遊ぶ」に変えました(笑)。私、本当に動物が一番好きなんですよ。自分を犠牲にしても、動物を助けたいタイプです!

倉岡 (ボソッと)いい子や〜。

あ、ナイスなフォローですね。今回は、そういう感じでワチャッとした感じのトークを繰り広げてもらいたいんです。特に関西チームなので、ボケたりツッコんだりを期待してしまうんですが…

倉岡 あ、でも、わりとみんな話にオチを求めますよ。

帆風 うん、そだね〜。

倉岡 上京してきている私の地元の友達もみんな、東京の新しい友達としゃべっている時に「え、これで終わり?」って言って、新しい友達をイヤな気持ちにさせたっていうことを、よく聞きます(笑)。

帆風 人間関係、難しいな~。

倉岡 なんて、やりとりをしている場合じゃないですよね。あらためまして、倉岡水巴です。私のプロフィールの特技欄に「お餅を丸めること」って、自分で追加したんですけど、「なんで、これを追加したんやろ?」って、今さらながら思っていて(笑)。

帆風 誰の前でも披露してないよね。正月もあったのに(笑)。

倉岡 前に学校の授業で、和菓子作り体験というのがあってですね、ひとクラスの中から1人のデザインが選ばれて、それを本物の和菓子職人の方がつくってくださるという時に、私のデザインが選ばれたっていうのが発端だと思います。スタッフさんから「プロフィール変えたい人は、今日の何時まで」って連絡がきて、締切の1時間くらい前にハッと思い出して、「どうしよう〜、みんなたぶん面白いの考えてるはず〜!」ってなって、よし、誰も書かないことって何やろうって考えて…「あ! お餅かな」って(笑)。

帆風 そこでウケを狙いにいったんだ(笑)。

さすが、というか…(笑)。では、本題へと入っていきましょう。デビューから半年あまり、みなさんの周りだったり環境はどんなふうに変わりました?

帆風 私の周りで変わったことは…ファンのみなさんの反応です。ラジオ番組のアシスタントをやらせていただくようになってから、自分がどこまで言っていいのか、やっていいのかというところで、少しずつ攻められるようになってきて。ファンのみなさんからは当初、「真面目でとっつきにくいタイプ」と思われていたみたいなんですけど、番組で大喜利コーナーを担当したり、日ごろのSHOWROOM配信でもふざけたりするうちに、ファンの方々からもイジられるようになって。前よりも距離が近づいたかな、という気がしています。私、妄想とか好きなんですけど、結構突拍子もない妄想話をしても…若干引きつつ(笑)、「ちはるん(帆風)のそういうところもいいね」と、受け入れてくださるんだなとわかったのが、変化でした。

倉岡 私は…デビューさせていただいてから、取材などで写真を撮っていただく機会が増えて、自分を客観的に見ることも増えた結果、前髪の大切さに気がつかされました。

帆風 そこか(笑)!

倉岡 そこ(笑)。以前は、女の子やアイドルさんが「前髪命!」と言っているのが理解できなかったんですよ。みんな、朝からヘアアイロンで髪を巻いたり、「今日は前髪のコンディションが悪い」と嘆いている中、「何が変わるの?」って、私はいっつもそのまんまなナチュラルの状態で生きてきたんですけど、写真を撮ってもらうようになって、確かに”前髪がある/ない”で顔が変わるし、プラス前髪がきれいにそろっていると、すごく清潔に見えることに気がついて。それから、ふだんも出かける時、鏡を見て前髪がワシャワシャってなってると、手グシでスッと整えるようになりました。

倉岡水巴

帆風 前に水巴の家にお泊まりに行った時…あ、これ言っていい?

倉岡 うん。

帆風 寝起きのまま、髪ボサボサの姿でコンビニへ行っていたくらい無頓着だったんですけど、最近は小ぎれいにしているみたいです(笑)。

倉岡 前まで、まったく気にすることなくコンビニとか余裕で行っていたんですけど、最近は私もすっかり「前髪命!」です(笑)。

涼花 私は何やろ…あ、ずっと「妖精とか人魚になりたい」って思ってたんですけど、親とか親戚から「それ絶対、外で言ったらあかんで」って言われていたんですよ。

倉岡西條帆風 アハハハ!

涼花 いやいや、これ真剣なんですよ、キャラとかじゃなくて! 本当にお花の妖精になりたくて、服を買うときも「これは妖精が着てそうか、着てなさそうか」で選んでたりしているんです。

倉岡 (笑いをこらえながら)それで、それで?

涼花 でも、それは誰にも言わないようにしてきたんですけど、22/7に入ってから、言ってもいいんだってなって。なので、真剣に妖精への道に向かってるんですよ。

え~と、涼花さんは最終的に人ではなくなりたい、ということですか?

涼花 本物の妖精にはなれないことはわかってるんです。サイズ的にも。

帆風 サイズ(笑)!

涼花 元が人間の大きさなので、それはわかっているんです。でも、前は、お花の妖精っぽい…羽の付いた服を着て、街中は歩けないだろうなと思っていたんですよ、私の人生では。

倉岡 いやいや、今もそんなふうにして街中歩いたらアカンやろ~(笑)。

帆風 いや、原宿あたりだったら許されるかも。

倉岡 あぁ、アイドルやったらキャラとして成立するからな〜。

涼花 そうなの。だから、今は22/7のメンバーとして、そういう格好をしても許される人間になれたことがうれしいんです。

涼花萌

そ、そうですか。それじゃ、ゆくゆくは「涼花萌妖精化計画」なんていう企画も、やってみてはどうでしょうか?

涼花 (目を輝かせながら)エンタメステーションさんで、ぜひお願いします!

考えさせてください(笑)。西條さんはどうでしょう?

西條 私は…誰にも何も話さずに上京してきたんですけど…。あ。(西條が担当するキャラクター・滝川みうをデザインした)堀口悠紀子さんのファンだった同級生から一度、「アイドルになったの?」っていう連絡がきました。でも、あんまり話したことがない子だったから、何て返そうか迷って…「やってなくは、ない」って。

帆風 否定も肯定もしてない(笑)。

倉岡 絶妙な返事(笑)。

西條さんは言葉数少ないですけど、深いことを言いますよね。

涼花 哲学者なんです、なごみん(西條)は。

帆風 後世に残りそう。

倉岡 西條和語録、的な(笑)。

帆風 教科書に載ってたりして。詩的だよね、ブログとか読んでても、選ぶワードのセンスが独特で。

本人的にはどうなんでしょう?

西條 ん…面白いことを言おうとは思ってないです(笑)。

西條和

そうでしたか。では、続きまして…グループ結成から1年3ヶ月、自分自身が成長したなと実感できる部分はどこでしょう?

帆風 やはりラジオ番組絡みになるんですが、積極的に喋れるようになりました。ちょっと前までは、遠慮していたり、出すぎた印象を与えないかっていう、ちょっとした恐怖があったんですけど、それが最近はなくなってきて、11人でSHOWROOM配信をする時も、率先して喋ろうっていうふうに意識が変わって。それによって、人前で話すということにも慣れてきたかな、と思っています。

倉岡 マジメか(笑)。

涼花 でも、ちはるんが話してくれると、安心感がある。

西條 優しいです。

帆風 もちろん、みんなに支えられているから、というのが大きくて。

そうやって支え合えるのがグループのいいところですよね。はい、次はどなたが…?

倉岡 はいっ。私は声優志望でオーディションを受けたんですけど、まさかの”デジタル声優アイドル”、女の子たちが憧れるアイドルさんの末席に自分も加えていただいて。私のイメージするアイドルさんは、清楚で、あまりバーッと喋らず、かわいらしいイメージだったので、写真とか撮られる時も澄ました感じでいるべきなのかなと思っていた期間があったんですけど、これは自分の個性を潰しているな、と。私が憧れてきた人たちは、笑顔で面白いこととか言って、人前に出るときは不安な気持ちみたいなものはいっさい見せることがなくて、ずっと楽しませてくれたなぁって。でも、自分は本番中に何か”しくったな”って思ったら…あ、”しくった”って関西弁なので言い直しますと、しくじったなって思った時に──。

帆風 つまり、「やっちまった」ってことだよね(笑)。

帆風千春

倉岡 それ(笑)。そういう時に下を向いて、言葉を発さないみたいなことが多いんですね。で、MCの方に「倉岡さん、喋らないけど大丈夫ですか?」って言われて、「あ、反省してました…」って返してしまって。後からスタッフさんからも、「反省するのは本番が終わった後にしなさい」って注意されてしまったんです。前置きが長かったですけど(笑)、「絶対的に明るくて、絶対に落ち込んでいる姿を人前では見せない声優アイドルを目指すぞ、自分の笑顔でたくさんの人を幸せにするぞ、笑う門には福来たる!」っていう志を持って活動していこう、と今は思っています。

涼花 私は注目されるのがイヤで、授業中とかも先生に当てられないように身をかがめているような子だったんですけど、このお仕事ってステージに立ったら、たくさんの人から見られるじゃないですか。昨年の7月22日(サプライズで人前に姿を披露することになった初ライブイベント)は、急に何かパーッみたいになって、ワーッて人前に出たんですけど…。

倉岡 全部、擬音で表現するっていう(笑)。

涼花 エヘ。で、池袋のサンシャインシティ(9月21日に行われたデビューシングル発売記念イベント)で、人前で初めてパフォーマンスをした時は、「どうしようどうしよう、死ぬんと違うか」と思うくらい今まで一番緊張したんですけど、だんだんとパフォーマンスをしていくうちに楽しくなってきて。そういう部分で変わったなと思います。自信をもってステージに立つことが目標なんですけど、実際はいつもそれを忘れていて、気づいたらステージが終わっているという感じなので、全然まだまだなんですけど、教室で身を隠していた時から考えると、成長したかな〜って。

確かに。では、西條さん。

西條 何だろう…グループに入る前、学校ってみんな一緒というのを求められるじゃないですか。それが私はすごく生きづらくて…みんなが盛り上がってるのに、私は別に楽しくないしなぁと思うことがすごくあって。でも、学校ってそれが許されない空気があって、それがすごくしんどかったんですけど、このグループ(22/7)に入ってからは、素のままでいても、みんな許してくれるので…みんなに合わせなくなりました(笑)。あんまり、良くないのかもしれないですけど…。

メンバーが西條さんの性格をわかっているからこそ、だと。で、ここからが本題でして、2ndシングルの表題曲『シャンプーの匂いがした』について、ミュージックビデオの見どころもふくめて語っていただこうと思います。

帆風 はい、『シャンプーの匂いがした』は明るい曲調に対して歌詞は切なくてキュンとする内容なので、そういうギャップも楽しんでいただきたいですね。パフォーマンスも、かわいらしい振付から感情を開放的に爆発させるような──緩急があって見どころが多いので、そういうところにも注目してほしいです。ミュージックビデオはキャラクターたちの表情がすごく生き生きしているのと、私のキャラクターである佐藤麗華ちゃんが踊っている時にカメラ目線を向けてもいるので、注意深く見ていただけたらと思います。

倉岡 すごくキャッチーなメロディーになっていて、1回聴いただけで覚えちゃう感じの曲だなと思っていて。この先、桜が咲く季節になって春を感じると、この曲が頭の中でBGMとして流れるような感じで、みなさんにも連想していただけるくらい愛される曲にしたいなと思いました。ミュージックビデオは…私も(担当するキャラクターの)河野都ちゃんの話をしますと…どのエピソードにしよう? あ〜、2番で、都ちゃんが戸田ジュンちゃんに「ねぇ、ねぇ」って、よく小学生が相手を振り向かせた時、ほっぺに指をプニッとやるじゃないですか。それに対してジュンちゃんが本気で怒って、都ちゃんを追いかけ回しているシーンがすごく…あの2人の無邪気な雰囲気を”要チェック”していただけたらと思います(笑)。

帆風 ”要チェック”ね(笑)。

涼花 今回は明るい曲調で…この間の「AJ Night 2018」でも、私たちを初めて観てくださった方たちもノってくださっていて。やっぱり盛り上がる曲なんやなって思ったのと、かわいいし、イメージ的にも桜だからか、めっちゃピンクが浮かぶなーって。しかも、この季節って期間限定で、桜の香りのシャンプーとかがいっぱい売っていて、シャンプーで桜でピンクって…「めちゃめちゃ今やん!」と思って、この時期にピッタリやなって思っているんです(笑)。ミュージックビデオは…都ちゃんとジュンちゃんが机を挟んでいるところでのやりとりが、めっちゃかわいいので、そこを観てほしいです。

西條 何だろう…歌割りを見て、『僕は存在していなかった』に続いて歌い出しを歌わせてもらうことがわかった時、正直、私で大丈夫なのかなって思いました。『僕は存在していなかった』はまさに自分っていう感じの歌詞だったのと、声が低いので曲に合っている感じがしたんですけど、『シャンプーの匂いがした』は明るい曲だったので、最初はごく不安で…。振付とかもかわいくて、私はかわいいことをするのが得意じゃないから、踊れるのかなぁって思っていたんです。そしたら振付の先生が、私の踊り方は滝川みうちゃんらしいし、私らしくもあるので、そのままでいいよ、って言ってくださって。それからは、『シャンプーの匂いがした』が少しずつ好きになっていって、今はすごく楽しく踊れています。
ミュージックビデオは…前回、みうちゃんはほとんど1人でいたんですけど、日常シーンを撮っていた時も、私はほかのメンバーと実は一緒じゃなかったんです。でも、今回はみうちゃんも(宮瀬玲奈が担当するキャラクター・立川)絢香ちゃんをはじめとして、みんなと絡んでいるシーンがすごく多くて、そこがすごくうれしかったです。

1 2 >
vol.1
vol.2
vol.3