POP UP GIRLS!  vol. 7

Interview

みみめめMIMI

みみめめMIMI

2015年はリリースのみならず、自主企画イベントの開催など大きく飛躍したみみめめMIMI。
2016年がスタートし、1月29日には「天手古舞」に続く、魔法の合言葉シリーズ第2弾「チャチャチャ」、2月3日には、ニッポン放送「ミューコミ+プラス」×みみめめMIMI によるバレンタインソング「チョコレート革命」を立て続けに配信リリース!
2016年スタートにあたり、ボーカルのタカオユキが2015年の振り返りから、新曲の手応えを語る。

text:もりひでゆき photo:森崎純子


昨年のみみめめMIMIは非常に充実した活動を見せてくれていたと思います。振り返るといかがですか?

タカオ 去年1年を振り返ると、まず真っ先に出てくるのはライブですね。北は札幌から南は福岡、さらには台湾まで、本当にいろいろなイベントに出させていただくことができたんです。そういう経験ができたことで、ライブが今まで以上に大好きにもなりましたし、自分たちの音楽をより多くの方々に届けるにはどうしたらいいんだろうっていうこともすごく考えるようになったんですよね。

pug_mimi_01

曲作りにも影響を与えたところもあったということですか。

タカオ はい。今までは“対自分”として歌詞や曲を作っていたところがあったんですけど、それが“対お客さん”になったというか。

確かに歌詞に関しては、デビュー当時に比べて開けた印象になってきていますよね。

タカオ デビューしたときは、自分の夢を叶えたい、自分に気づいて欲しい、そのために私は諦めない、みたいなことを歌っていたと思うんです。それは、私にとっての音楽が、自分の心を映し出す日記のようなものだったから。でも、ライブなどを通してたくさんの出会いがあったことで、聴いてくださる人のために曲を作るようになったところがあるんですよね。もっともっと“みみめめメイト”の輪を広げたいというか(笑)。そういう意味では、まさに心が開いてどんどん大きくなってきた感覚は自分の中にもありますね。それはひとつの成長でもあると思うので、2015年は本当に大事な年だったなってあらためて思います。

pug_mimi_02

そんな経験を経て迎えた2016年。しょっぱなから新曲が立て続けに配信されますね。まずは放送中のアニメ「きょーふ!ゾンビ猫」のテーマソングとなっている「チャチャチャ」。新年にふさわしいハッピー感満載のナンバーで。

タカオ まさにみんながハッピーな気持ちになれるような、みみめめMIMIのおもちゃ箱とも言える明るい曲です。今回は童謡の「おもちゃのチャチャチャ」をテーマにして作ったところがあって。童謡って絵が浮かぶ音楽だと思うんですけど、私たちもイラストレーターのちゃもーいと一緒にやっているということで、そういう部分はすごく大事にしているんですよね。

目と耳を刺激する“新世代視聴覚ユニット”としてデビューしたわけですもんね。

タカオ はい。ただ、今までは音楽と絵がそれぞれ独立しているところがあったんじゃないかなっていう反省もあって。なので今年からはそこをもっともっとリンクさせて、音楽と絵が一体になっている作品を作りたいなって思っていたんです。結果、「私たちはみみめめMIMIとしてこういう音楽を届けたかったんだ!」ってあらためて言える曲ができたと思いますね。

pug_mimi_03

歌詞の内容的には、昨年リリースされた「天手古舞」に続く、魔法の合言葉シリーズ第2弾ということで。“チャチャチャ”のフレーズが心地よく脳内をループします。

タカオ “チャチャチャ”のフレーズを唱えることで、大人になって忘れてしまった子供心、遊び心をもう一度思い出して欲しいなって思ったんですよ。子供の頃って地面に転がってる小石ひとつでも遊べたり、身近にある何でもないものでも感動できたりしたじゃないですか。それと同じで、大人になったとしても案外、身近にあるもので幸せを感じられることってあるんじゃないかなって。見逃しがちな小さな幸せを、みんなと一緒に発見できるような曲になればいいなと思って書きましたね。

その中には、ままならない日常さえも楽しんでしまえばいいんだっていうポジティブなメッセージも込められていますよね。

タカオ まさにそうですね。四六時中、すべてが理想通りに進むことなんてほとんどないですもんね。でもそれを楽しめたらいいんじゃないかなって。そういう気持ちになってもらえるように歌詞では“チャチャチャ”“無茶苦茶”とか、楽しげに韻を踏んだりとか、けっこうはちゃめちゃに遊んじゃいました(笑)。

そういう遊び心は、CHRYSANTHEMUM BRIDGEのプロデュースによるサウンド面にも満載です。

タカオ サビ中で転調したりとか、いきなり三拍子になったりとかしますからね(笑)。CHRYSANTHEMUM BRIDGEさんは生の音にこだわってくださる方だったので、トイピアノとかカスタネットとか、あとは心臓の音とかも全部生音で入れたんですよ。それによってより楽しい雰囲気が出たんじゃないかなって思います。

心臓の音はタカオさんの?

タカオ 私とちゃもーいのを聴診器で録りました。ちゃもーいは心臓がここらへん(あばら骨の下あたり)にあると思ってたらしく、「私、心臓ない!」とか言い出してましたけど。「大丈夫なのかな、この人」って、彼女の人生がちょっと心配になりました(笑)。

pug_mimi_04

そんなちゃもーいさんが描いたイラストは今回もいい雰囲気ですね。楽曲との相乗効果で世界観をより膨らませてくれます。

タカオ 今回は珍しく黒バックで、「今からあなたに“チャチャチャ”の呪文をかけるよ」みたいな雰囲気になってます。MIMIちゃんもちょっとミステリアスな雰囲気で。後ろに散りばめられたおもちゃたちが良く見るとみんな眠っている状態なんですよ。

なるほど。呪文を唱えると目を覚ますわけだ。

タカオ そうなんです。この曲をきっかけにみんなのハッピーな気持ちが開いたらいいなっていう思いが、イラストでもちゃんと表現されていて。ちゃもーいの描き方もデビュー当時に比べるとすごく成長しているなって思います。2人ともまだまだ成長する余地はあると思うので、これからももっともっと頑張っていきたいですね。

そして、2月3日にはさらなる新曲「チョコレート革命」が配信限定でリリースされます。これはラジオの企画から生まれた曲だとか。

タカオ はい。昨年末に出させていただいたニッポン放送の「ミューコミ+プラス」内でバレンタインソングを作ってみようっていう企画が持ち上がったので、年明けからの約3週間で書き上げました。世の中はお正月ムードでしたけど、私はず~っとバレンタイン気分で(笑)。そのことばっかり考えてました。

pug_mimi_05

バレンタインという一大イベントに向き合う男女の気持ちをグイっと後押ししてくれる内容になっていますね。

タカオ 歌詞にある通り、「バレンタインってなんだろう?」「恋ってなんだろう?」ってことをものすごく考えた結果、恋することを一言であらわすなら“勇気”だと私は思ったんです。で、その“勇気”を最大限に発揮する日がバレンタインじゃないかなって。なので、チョコを渡す女の子の勇気と、それを受け取る男の子の優しさ、そしてその2人を応援するチョコレートの気持ちを歌詞では表現してみました。
別次元でとらえると、中高6年間ずっと女子高でキュンキュンするバレンタインを一度も経験したことがない私が憧れるバレンタインを描いた感じでもあるんですけど(笑)。

みみめめMIMIらしいポップ感あふれるサウンドでも、バレンタインデイがハッピーに彩られそうです。

タカオ アレンジは大石昌良さんにお願いしました。4回も転調するし、変拍子も入ってるし、Aメロは1番と2番でメロディが違うしっていう、ある意味セオリーを無視して書いた曲だったんですけど、私が詰め込んだそういういろんな要素を全部くみ取ってものすごく素敵なアレンジにしていただけましたね。私のこだわりに、大石さんの魔法がさらに加わって最高の曲になったと思います。みんなにキュンキュンしてもらえたら嬉しいですね。

pug_mimi_06

この曲があればタカオさんも素敵なバレンタインを過ごせそうじゃないですか?

タカオ 今年のバレンタインは……三重で歌ってますね(笑)。私、毎年手作りチョコをスタッフさんに渡してるんですけど、いつもマズイって言われるんですよ。なので、今年は「リベンジ革命」をテーマに頑張りたいと思います。今年こそは美味しいと言わせてみせるぞ!

3月と4月には自主企画イベント「視聴覚アカデミー」の開催も決定しています。今年もいい勢いで突っ走ってくれそうですね。

タカオ はい! 3月3日、“MIMIの日”に地元・神戸でイベントができることがすごく嬉しくて。さらに4月のイベントでは私とちゃもーいが大好きなfhanaさんと共演できるので、ほんとに楽しみです。みんなと最高のクラスメイトになれるように楽しい時間を作ろうと思ってますので、ぜひぜひ遊びにきてください!

pug_mimi_07

リリース情報

chachachaJK

「チャチャチャ」

6th Single 2016.1.29 Release ※配信限定
テレビ東京ほかアニメ「きょーふ ! ゾンビ猫」テーマソング
「天手古舞」に続く、魔法の合言葉シリーズ第2弾。おもちゃのチャチャチャがテーマになっており、トイピアノやカスタネットなどおもちゃの音を使用するなど遊び心を混ぜつつ、前作「天手古舞」に続き、みみめめMIMIのポップさを追求し、ドリーミーかつキュートな世界観を表現!

chocoJK

「チョコレート革命」

ニッポン放送「ミューコミ+プラス」×みみめめMIMIによるバレンタインソング完成!
New Single 2016.2.3 Release ※配信限定
昨年末にニッポン放送「ミューコミ+プラス」にみみめめMIMIがゲスト出演した際に、番組内でバレンタインソングを作ろうとなり、リスナーに意見を募った楽曲が完成。
アレンジはOxtとしても活躍中のオーイシマサヨシが担当し、バレンタインに向けて一歩が踏み出せないもどかしい思いを応援する、恋と勇気のポップソング。

みみめめMIMI

シンガーソングライター、声優の<タカオユキ>とイラストレーターの<ちゃもーい>からなる目と耳から刺激する新世代視聴覚ユニット。
2013年8月にTVアニメのOPテーマ「センチメンタルラブ」にてデビュー。音楽活動だけにとどまらず2014年8月にリリースした1stアルバム「迷宮センチメンタル」全11曲をモチーフにした完全オリジナルノベライズ企画「憧れパンデミック」が電子書籍で発売中。
ユカ名義にて中学より本格的な作曲活動を開始、数々のデモテープオーディションに申し込むも落選を繰り返しながら創作活動やライブ活動を続けてきた。声優としても活動中。
インターネットで初めてデジタルイラストの世界を知って大きな衝撃を受け、もの心つく前から好きだったお絵かきを本格的な創作活動へ転換し徐々にポップでキュートな世界観を確立。

vol.6
vol.7
vol.8