22/7 2ndシングル『シャンプーの匂いがした』発売記念 出身エリア別座談会  vol. 3

Interview

22/7 2ndシングル『シャンプーの匂いがした』発売記念座談会。 天城サリー、白沢かなえ、花川芽衣、宮瀬玲奈が明かす「メンバーに言っておきたいこと」

22/7 2ndシングル『シャンプーの匂いがした』発売記念座談会。 天城サリー、白沢かなえ、花川芽衣、宮瀬玲奈が明かす「メンバーに言っておきたいこと」

秋元康とアニプレックス、ソニー・ミュージックレコーズが組んで世に送り出したデジタル声優アイドルグループ、22/7(ナナブンノニジュウニ)。昨年9月のデビューから半年、待望のセカンドシングル『シャンプーの匂いがした』が、4月11日にリリースされた。
エンタメステーションでは、11人のメンバーを出身地によって「チーム関東」「チーム関西」「チームいろいろ」の3つに分けて、グループインタビューを敢行。リリース日を挟む3日連続で、硬軟織り交ぜた彼女たちのトークをアップデートしていく企画も最終回。
リリース直後、満を持して登場するのは、天城サリー(アメリカ・ロサンゼルス)、白沢かなえ(佐賀)、花川芽衣(青森)、宮瀬玲奈(福岡)の「チームいろいろ」の4人。『シャンプーの匂いがした』についてはもちろん、カップリング曲、また結成およびデビューからの心境や環境の変化などについて、話を広げてもらった。

取材・文 / 平田真人 撮影 / 荻原大志

メンバーそれぞれが思っていることを表現した、個性あふれる間奏の振付に注目してほしいです。

デビュー曲『僕は存在していなかった』リリース時から数えて、約半年ぶりの「エンタメステーション」登場になります。『シャンプーの匂いがした』リリースに合わせて、プロフィールが更新されていますが新たな要素が加わったメンバーはいますか?

花川 あ…はい。花川芽衣です。私は、趣味のところに「動物を眺めること」と、特技に「音楽リズムゲーム」が追加されました。

天城 私、天城サリーは…更新の締切を忘れてしまっていて、前回と変わらずです(笑)。

白沢 白沢かなえです。私も少し変わっていて、特技に「模写」を追加しました。趣味の「ゲームの実況動画を見ること」と「電車に乗ってぼんやりすること」も、です。それと特技の「裁縫」を「洋服づくり」に変更しました。前回までのプロフィールは、22/7に入ってすぐの頃につくっていただいたんですけど、メンバーのみんながどういうふうに書くのか、わからなかったんですよ。なので、私はちょっと淡泊な感じで書いたんですけど、みんなのを後から見て、「こんなに長く書いてる!」って思ったので、次に更新する時は追加しようとタイミングを待っていたんです(笑)。

存分にアピールをするぞ、と(笑)。宮瀬さんは、何かあります?

宮瀬 私も変えました。前回のプロフィールをつくった時は、まだ将棋にハマっていなかったので、まったく将棋に触れていなかったんですけど、今では趣味と言ってもいいかなと思って、足してもらって。で、特技のところに、いつも将棋を指す時に使っている攻め技の「四間飛車(しけんびしゃ)」も付け加えました。

オンラインで対戦した相手が「四間飛車」の使い手だったら、宮瀬さんかもしれない、と(笑)。では、次の質問です。デビューから半年あまり、みなさんの周りだったり環境はどんなふうに変わりました?

宮瀬 先日、1人でとんこつラーメンのお店に行って、カウンター席に座って注文したら…『僕は存在していなかった』が流れてきたんです! たぶん有線放送だったと思うんですけど、1人でいたので動揺しまくってしまって(笑)。でも、心の中で「あ、私が歌っているパートだ」とか、いろいろと思いながら聴いていました。昨年の9月のリリースだったので、半年くらい経っていたんですけど、日常生活の中で自分たちの曲がBGMとして流れてくるっていうのが、すごく新鮮で。同時にビックリもしたんですけど、「私たちの楽曲が、世の中に出ていったんだな」とも感じて…うれしさと驚きが入り混じった気持ちをおぼえました。

天城 私はネットで拡大…?(※天城はロス育ちなので、ほんの少しだけ日本語がわからないところがある)

白沢 ん、拡散かな?

天城 あ、拡散だ。そう、「英語を話せる」ということをネットで拡散していただいて、海外の方々が動画を観に来てくださったんですけど、そのコメント欄にロス在住の同級生が「私、この子の友達だった」って書いてくれて。ありがたかったんですけど、そんなに親しいわけではなかったんです(笑)。そんなふうに、一度話したかどうかという同級生や顔見知りが「友達だった」と書き込んでくれるたびに、ちょっと複雑な気持ちになりました。

へぇ~、有名人になった瞬間、「俺、あいつと友達!」みたいな吹聴が増えるのは、日本もアメリカも変わらないんですねぇ。

天城 そうなんですよ。しかも、エピソードも”盛られて”いたりして。「えっ、そうじゃないんだけどな…」って思ったんですけど、スルーしておきました。

白沢 私はコスメとかを買いに行った時、「アイドルの方ですか?」と言われることが多くなりました。あと、ラーメン屋さんに1人で行っても、お店の人に同じことを聞かれたりして。でも、「はい」とは言えなくて…「あぁ~、はい?」みたいに曖昧な返事をしてしまって(笑)。そういう時、どう答えたらいいのかなって考えちゃいますね。

天城 私は逆に、社内にいてもスタッフさんだと思われたりするからね(笑)。

花川 (笑)。私も、かなえる(白沢)とちょっと似ているんですけど、マスクをつけて外出して歩いていると、周りがザワザワすることが増えてきました。「わ、あまり見ないでください…」って心の中で思うんですけど…。

白沢 キャップもかぶる?

花川 あ、キャップはかぶってなくて、マスクだけ。気にしすぎかなぁ。

宮瀬 気になるよね。そう、この間、なごみん(西條和)と2人でタクシーに乗って移動していたら、運転手さんがたくさん話しかけてくださる方だったんです。「学校、休み?」とか「2人はお友達?」って聞かれるたびに「はい」って答えてたんですけど、「2人ともアイドルになれそうだね」って言われて…2人してドキッとしてしまって。「ありがとうございます」って御礼をしたんですけど、次は「22/7の人ですか?」って言われるようになりたいですね。

ラーメンを食べに行った時、「アイドルだからサービスします」と言われるようにもなるといいですよね。では…続きまして、グループ結成から1年3ヶ月、自分自身が成長したなと実感できる部分はどこでしょう?

天城 喉のケアをするようになって、加湿器プラス冬場も暖房を付けずに寝るようになりました。グループに入る前は、朝起きると声がガラガラの状態で(笑)。それでも温かさ重視で生きていたんですけど、今はデジタル声優アイドルの自覚をもって、声を大切にしようと思っています。あとは…同世代の女の子たちと気軽に話せるようになったのも変化ですね。「人見知りの無駄な言語力」をキャッチフレーズにしていた私にしては、成長かなぁって。まだ、まったく新しい現場ではメンバーの後ろにスッと隠れてしまうことが多いんですけど、それくらいメンバーに対しては心を許しています。

天城サリー

白沢 この前、(天城と)2人でイベントのお仕事をさせてもらったんですけど、私は逆にサリーちゃんを頼りにしていて。実際は対応力がすごく高いんですよ。

天城 そんなことないよ、お客さんとの距離がすごく近いイベントだったんですけど、みなさんの顔を見ることができなくて、かなえるとばっかり目を合わせてしまって…。

白沢 そういうところが、かわいいんです(笑)。

天城 わぁ、うれし~!

ディファ有明でのライブでも、天城さんは英語とスペイン語で見事なスピーチをしていましたよね。花川さんたちはどうでしょう?

花川 そうですね…オーディションを受けて合格したころの自分と比べると、だんだん自分の素を出せるようになってきたかなって感じています。

天城 自分から何かを言わないと人に伝わらないことがわかってきたので、極力言おうというふうに私もなってきました。

それぞれ成長を感じていると。そんな22/7にとっての2ndシングル『シャンプーの匂いがした』について、思いのほどを語っていただこうと思います。

天城 『シャンプーの匂いがした』は、ハッピーなメロディーと切ない歌詞のギャップが本当に大好きで。デビューシングルの”僕存(=僕は存在していなかった)”も悲しいメロディーに前向きな歌詞というギャップがあったんですけど、今回は逆なんです。その分、最初はどっちの気持ちで歌えばいいのかとまどったんですけど、聴き込むにつれ前向きな曲調が素敵だなと思うようになりました。
ミュージックビデオでは、(天城がCVを担当するキャラクターの)藤間桜ちゃんと(花川がCVを担当する)斎藤ニコルちゃんの絡みが結構多いんですけど、桜ちゃんが窓からニコルちゃんに「ワッ!」っていう顔をして無視された瞬間、アホ毛が立つんですよ。それが、かわいすぎて! なので、そこが鑑賞のおすすめポイントです(笑)。

白沢 パフォーマンス面で言うと、『シャンプーの匂いがした』は全体的にかわいい振付なんですよ。そこも見てほしいんですけど、間奏ですごくかっこいいアレンジになって、リズムも振付も複雑になるんですね。その部分を踊るにあたって、振り付け師さんから「間奏ではみんなが思うことを表現してみて」と言われたので、各々が違うことを表現しているんです。私がメロディーから思い浮かべたのは、恋のキューピットが弓を引いて狙う、みたいなイメージだったので、そこはちょっと真剣に相手のハートを狙うぞっていう感じで踊っていて。サビとかでは笑顔なんですけど、間奏での表情の変化も見ていただきたいです。

花川芽衣

花川 ミュージックビデオは、前作の『僕は存在していなかった』に比べて、キャラクターみんなが表情豊かになっていて。ウキウキ…いや、ワクワク…じゃない、何だろう? あ、生き生きだ(笑)。その、生き生きしているなっていうのを、すごく感じているんですね。また、キャラクター同士の絡みがすごく多くなっていて、各キャラの関係性がちょっとずつわかってくる感じが、私はすごく好きです。

宮瀬 私は、こんなにかわいらしい歌を歌わせていただくとは思ってもみなかったので、ビックリした部分があって。ミュージックビデオもすごくかわいくて、それぞれキャラクターの新たな一面が見えたりして、これからが期待できる1曲になったなって思います。今回は(宮瀬がCVを担当する)立川絢香ちゃんと(西條和がCVを担当する)滝川みうちゃんが主人公になっているんですけど、2人の関係性も気になりました。ミュージックビデオでもリアルのライブでも、最後にみんなが帰り道を進むように仲良く歩く中で、絢香ちゃん1人が振り返るんですけど、私の中では、満開の桜に気づいて手を伸ばす、という感じで(キャラクターのモーションキャプチャーを)演じていたり、ライブでもそういうイメージでパフォーマンスしているんですけど、その時の気持ちとして、みんなの方を見て、ついていこうというふうに自分では感じていて。舞台上には自分だけなんですけど、手を伸ばす時にメンバーみんなの顔が浮かぶんです。…って、長くなってしまったんですけど、結論はこの曲が大好きだっていうことです(笑)。

この『シャンプーの匂いがした』の歌詞には「人に言えないくらい好きだった」という一節がありますが、そこにちなんで、「メンバーに言えないくらい好きなもの」を、それぞれ告白してもらえるでしょうか。

天城 私は…取材などで趣味を「小説を読むこと、書くこと」ってお話させもらっているんですけど、その小説の内容をメンバーは知らないと思います。実は…ゴリゴリッ、ドロドロの、お互いにサバイバルして血の海に染まるような、読んだだけで2日間くらい寝込みそうな精神的ダメージを与えられそうな内容が、めっちゃ大好きで。見るのはダメなんですけど、活字で読むのは大丈夫なんです。有名な作家さんではなくて、ネットに投稿されているアンダーグラウンドな作品なので、描写も濃厚なんですよ。

白沢 いつもiPadで読んでいるんですけど、英語で書かれているのを読んでいるので、何が書いてあるのかは全然わからなかったんですよ。

白沢かなえ

天城 そうなんです。英語が読める人が隣にいる時は、絶対に内容で引かれてしまうので隠しながら読んでいるんですけど、メンバーは読めないから大丈夫だろうと思って、堂々と読んでいます(笑)。でも、前に一度、インタビューまでの待ち時間が5分くらいあって読んでいたんですけど、内容が悲しすぎて号泣してしまって、そのままインタビューに向かうっていう失敗をやらかしてしまって…。スタッフさんにも「今、読むヤツじゃないでしょ」って言われてしまったことがあります。

白沢 これ、イメージ的に話していいのかなぁ。私、アニメはいろいろなジャンルを見るんですけど、ドラマはあまり見る方じゃなくて。でも、唯一好きで見るのが、ドロドロの人間関係を描いたドラマなんです。

天城 あ、それめっちゃわかる!

白沢 ホント!? そうなんです、何かわからないですけど、ドロドロの人間関係がテーマのドラマを見ると「うぅ…ッ」ってなるので、家で1人で見ていて(笑)。でも、あまり人に勧めるのもどうなのかなぁ、と思って──。

天城 かなえるとは、読むマンガの趣味とかが合うんですよ。”デスゲーム”系とか。

白沢 あと、アクションもののマンガも好き。って、ドラマの話をして大丈夫だったかなぁ…。

天城 あれだよね、試練を乗り越えるのが好きなんだよね?

白沢 あ~、それ(笑)。

いいフォローが入りました(笑)。花川さんはどうですか?

花川 ん〜…あんまり刺激的な話じゃないんですけど、私、ずっと「ウサギが好きだ」って言ってきたんですけど、実は結構ペンギンも好きで…。あと、鳩も結構好きで。でも、ペンギンとか鳩を出しちゃうと、本当はウサギが好きじゃないのかなって思われそうで…言ってませんでした。でも、一番好きなのはやっぱりウサギです(笑)。

白沢 鳥っていうと、もえぴょ(涼花萌)のイメージがあるからねー。

花川 そうなの〜。

天城 その気持ちはわかる。私も実を言うと、ウサギが好きで。でも、めいっち(花川)みたいにいろいろなウサギのことを当てられるとかじゃなくて、アメリカの学校にいた時に、クラブ活動で野放しにされているウサギを救助したり、住むところのないウサギを保護したりするっていうことをしていたんです。でも、めいっちの存在がウサギそのものなので、それを言ってこなくて…。

花川 えっ! それ、私も参加したい!

宮瀬玲奈

宮瀬さん、何かあります?

宮瀬 私は…みんなにどう思われているかわからないんですけど…実は意外ときれい好きなんです。

白沢 え、そんなガサツな感じじゃなくない?

宮瀬 何だろう、メンバーと楽屋にいると、みんなのカバンのチャックをちゃんと閉めたくなるっていうか…。あと、リモコンがいくつかあると、それをちゃんと整えて並べたくなる。そういうところをメンバーには見せてこなかったんだけど、実は…っていう告白でした(笑)。

たとえば、箱の束があったとして、角が全部ピシッとそろっていないと気が済まないタイプですか?

宮瀬 う〜ん…潔癖症っていうわけではないんですよ。電車のつり革とかも掴めますし。でも、そうですね…そういった感じで向きばバラバラだと、ちょっとソワソワする方かもしれないです。何でだろう? A型だからかなぁ。両親も祖父母もみんなA型なので、代々の気質なのかも(笑)。

天城 じゃ、これからはカバンのチャックが開いてたら、閉めてもらおうっと(笑)。

1 2 >
vol.2
vol.3