ZARDデビュー25周年記念特集【THE POP STANDARD】  vol. 1

Review

なぜZARD坂井泉水の「うた」はリスナーの心に響くのだろうか?

なぜZARD坂井泉水の「うた」はリスナーの心に響くのだろうか?

ZARDというアーティストから、贈られた珠玉のスタンダードナンバーの数々。デビュー25周年を迎えた今も、彼女の楽曲は全く衰えることなく、僕たちの脳裏に深く刻まれている。
なぜ坂井泉水の「うた」はこれほどに、リスナーの心に響くのだろうか?
この特集では、国内では極めてオリジナルな女性アーティスト、ZARDが現在も愛され続ける理由、そして、彼女の才能の凄さを検証してみたい。

『負けないで』
――なぜこれほど長きに渡り多くの人に「負けない」気分を供給することが可能なのだろう?

特別寄稿:小貫信昭

12

 久しぶりにZARD/坂井泉水の歌を、4枚組ベストという形で聴いてみた。デビュ-から25年。四半世紀の時の流れは、このア-ティストが残した“オ-ルタイム”な資質、つまり“スタンダ-ド性”を検証するのに絶好の機会だと思ったからだ。

 これはZARD/坂井泉水に限らず、一世を風靡した人達に共通することだが、それらの作品というのは壁のポスタ-のように不特定多数の目(耳)に触れ、でも同時にある人にとっては、人生の指針となるような重みのあるメッセ-ジとして受取られる。

 ポピュラリティを得るということ自体、多かれ少なかれ、こんなアンビバレンスと無関係ではないわけだが、特に25周年という機会には、前者である人達にこそ、かつて通り過ぎた“ポスタ-”を見つめ返すキッカケともなったらと思う。

 それはとても素敵なことなのだ。歌は記憶の栞(しおり)のようなもの……。イントロの響きや歌い出し、サビの言葉……、それらに触れた瞬間、ある大切な心のページが開かれ、そこに綴られた言葉が息を吹き返し、見覚えある景色が拡がり始める。でもヒット曲がたくさんあるってホント、凄いことだ。

08

 ここからは具体的に書く。まずサウンドや曲調に関して。トレンドを纏いつつ、根っこで50~60年代のポップなエッセンスを受け継いでいるものが多い。紛れもなくロック・サウンドでありつつ、ギタ-のリフが心地良く緩いサ-フィン・ホットロッド系の味付けになってたりというものもあるし、ボサのリズムが基調のもある。

 そもそもあの「負けないで」の♪タツタツという立ったドラムの音は、ソウル・ミュ-ジックの流儀に則ったものに他ならない。こんな側面から改めて聴きなおすのも楽しいだろう。特に今回、高音質企画のCDでの発売ということで、よりクリアに、再会を果たすことも出来るだろう。

 曲調について少し書いたが、もちろん彼女の詞作があってこそ、歌として成熟したものばかりだ。そしてそれは、いまの耳で聴くと実にオトナっぽい。当時はさほど感じなかっただけに、自分でも驚いた。その後のJ-POPシ-ンがやや歌詞の劣化(幼児化)を露呈したがゆえ、余計、そう思うのかもしれない。これはあくまで僕個人の感想ではあるが…。

 作詞家・坂井泉水の特色として、流行の言葉や外国語に逃げなかったことが挙げられる。もちろん時には英語のフレ-ズを使ったが、しかしそのことでワン・クッションを得て、さらに真意を伝わりやすくするための工夫でもあった。推理小説の女王・アガサ・クリスティは、登場人物が纏う洋服のモ-ドを、あえて具体的にはしなかったという。なので、彼女の小説は、いまも読み継がれている。坂井泉水の作風にも似たところを感じる。これが“スタンダ-ド性”のひとつの理由かもしれない。

 彼女は粘って粘って、推敲しつつコトバを見つけていったと聞くが、それはつまり表現の普遍を見つける旅だったのだろう。残念ながら、実際にインタビュ-して作業の詳細を訊ねる機会には恵まれなかったが、「伝える」ことを第一義に考えていたことが、残された歌詞からビシビシと伝わる。おそらく拘っていたのは、誰の心にも覚えがあり、しかし未だコトバに切り取られてない感情の可視(歌詞)化だったのではなかろうか。

 そしてそれはシンガ-・坂井泉水へ渡された。となれば声だ。芯があって柔らかい、彼女の声。特に必殺技と思しきは、メロディが仰角を指し示した時に溢れる切なさだ。改めて今回、収録された52曲のいくつかで、まさにそれを感じた。ひと頃流行した“ディーヴァ”と呼ばれる人達みたいな「どう、私、上手でしょ?」という押しつけはなく、気がついたら心のなかに居てくれる、そんな歌声だ。

09

 今回の52曲のなかで何か一曲を選べと言われたら、僕なら「この愛に泳ぎ疲れても」である。中盤でテンポ・アップするところが特に良くて、つまりいったんは泳ぎ疲れ、流されそうになった主人公が、再び全身の力を絞り出し愛という名の潮流へと泳ぎ始める様が浮かぶ。何度聴いてもグッとくる。でも明日再び一曲を選ぶなら、別の曲かもしれない。心に響く歌は変わっていく。今回は有り難いことに、オールシーズン対応な曲順となっている。今は冬。だったら冬の歌を聴こうか。いやそれよりも、待ち遠しい春の歌? こんなこと書いている間にも、季節は少しずつ移ろうのだ。

 いい機会なので、最後に代表曲『負けないで』についても書かせて欲しい。よくこの歌は“励ましソング”などとカテゴライズされる。でもなぜ、これほど長きに渡り多くの人に“負けない”気分を供給することが可能なのだろう。こんな理由があるのではなかろうか。 そもそも“励まし”というと叱咤激励を連想するけど、この歌はだいぶ違う。知らないうちに“負けない”暗示を掛けてもらっちゃってるみたいな、そんな“励ましソング”なのである。だから一切、鬱陶しくないわけだ。

01

ZARD (ザード)

坂井泉水を中心としたユニット名。
6才からピアノを始める。大学卒業後、モデルエージェンシーに所属し活動。その後、音楽プロデューサーと出会い、アーティストとして才能を見出されZARDを結成する。
1991年2月10日『Good-bye My Loneliness』でデビューして以来、J-POPシーンを代表する女性アーティストとして、『負けないで』『揺れる想い』『マイフレンド』などに代表される数々のヒット曲を発表し続け、現在までに45枚のシングル、20枚のアルバムを発表。
2008年4月に発表された『翼を広げて/愛は暗闇の中で』でシングルTOP10入り通算42作品で歴代1位(当時・オリコン調べ)となる。
他に、アルバム連続ミリオン獲得数 9作連続 (歴代1位)、アルバム1位獲得作品数11作(女性ボーカルグループ 歴代2位)の記録をもつ。
自身の作詞活動以外にも、他アーティストへの作詞提供多数(ミリオンセラー作品多数)。
2007年5月27日の坂井泉水逝去から8年を超えてなお、世代を問わず幅広いリスナーから、彼女の作品に励まされたという感謝の声、詞・歌声・言葉に対する惜しみない賞讃の声が止むこと無く寄せられており、彼女の作品の持つパワーの大きさを物語っている。

リリース情報

デビュー25周年記念究極のオールタイムベスト、デビュー記念日・2016年2月10日リリース!

zard_foreverbest_box_ok_151210_2_d

『ZARD Forever Best ~25th Anniversary~』
JBCJ-9055~9058 ¥3,700+税

・デジタルリマスタリング&高品質CD Blu-spec CD2(TM) 4枚組
・歌詞ブックレット封入
・ZARD制作スタッフによるライナーノーツ付

初回生産分のみ
・三方背ブックケース仕様
・フォトブックレット封入 [未公開写真含む全32P]
・ZARD Cruising & Live 映像視聴用ID入りカード封入 [モバイルのみ対応] ※視聴期限:2017年2月10日まで

【disc1 ―早春―】
1. Don’t you see!
2. マイ フレンド
3. この愛に泳ぎ疲れても
4. Good-bye My Loneliness
5. WAKE UP MAKE THE MORNING LAST~忘れがたき人へ~
6. 君に逢いたくなったら・・・
7. 息もできない
8. 今すぐ会いに来て
9. ハイヒール脱ぎ捨てて
10. Forever you
11. 明日を夢見て
12. 翼を広げて
13. 愛は暗闇の中で featuring Aya Kamiki

【disc2 ―初夏―】
1. 星のかがやきよ
2. 夏を待つセイル(帆)のように
3. 君がいない
4. 心を開いて
5. 揺れる想い
6. 素直に言えなくて featuring Mai Kuraki
7. Oh my love
8. 雨に濡れて
9. I still remember
10. 来年の夏も
11. あなたに帰りたい
12. 愛が見えない
13. 果てしない夢を /ZYYG, REV, ZARD & WANDS featuring 長嶋茂雄

【disc3 ―盛夏―】
1. かけがえのないもの
2. 遠い星を数えて
3. 風が通り抜ける街へ
4. DAN DAN 心魅かれてく
5. 突然
6. Today is another day
7. Season
8. 眠れない夜を抱いて
9. こんなにそばに居るのに
10. 永遠
11. サヨナラは今もこの胸に居ます
12. 眠り
13. あの微笑みを忘れないで

【disc4 ―秋冬―】
1. もう少し あと少し・・・
2. Get U’re Dream
3. IN MY ARMS TONIGHT
4. 運命のルーレット廻して
5. 少女の頃に戻ったみたいに
6. きっと忘れない
7. こんなに愛しても
8. promised you
9. GOOD DAY
10. My Baby Grand ~ぬくもりが欲しくて~
11. グロリアス マインド
12. あなたを感じていたい
13. 負けないで

著者紹介:小貫信昭

80年代より、雑誌『ミュ−ジック・マガジン』を皮切りに音楽評論を開始。
以後、主に日本のポップス系ア−ティストのインタビュ−、各媒体への執筆などに携わりつつ今日に至る。主な著書には日本の名ソング・ライタ−達の創作の秘密に迫る『うたう槇原敬之』(本人との共著)、小田和正『たしかなこと』『小田和正ドキュメント 1998-2011』(本人との共著)、人気バンドの凝縮された1年間を繙いたMr.Children『es』(本人達との共著)、また評論集としては、ロック・レジェンド達への入門書『6X9の扉』、J-POPの歌詞の世界観を解き明かした『歌のなかの言葉の魔法』、また、ゼロからピアノ習得を目指した『45歳・ピアノ・レッスン!』などなどがある。現在、歌詞のなかの“言葉の魔法”を探るコラムを「歌ネット」にて好評連載中。

vol.1
vol.2