Interview

花岡なつみ 恐るべき19歳の所信表明

花岡なつみ 恐るべき19歳の所信表明

久々に、正統派、王道を期待させる女性アーティスト/シンガーの出現である。卓越した歌唱力と可憐なルックス。 その若さゆえ、彼女の今後の可能性は計り知れない。 エンタメステーションでは、いち早く、彼女のこれまでのキャリア、そして未来への展望を訊いた。

interview&text:佐伯 明 photo:森崎純子


DANCE&SINGを学ぶスクールに通う10代の初期から、いつしか弾き語りに憧れ、鬼束ちひろの詞曲の楽曲でデビュー。VOICEもLOOKSも正統派ながら、その正統さに、どこかしら“押し出し”の強さを決めかねている姿こそ、おそらくは未来を獲得する引き金になるはずである。未来をつかむであろう正統派ヴォーカリスト:花岡なつみに、初インタビューを試みた。

hanaoka_01

花岡さんは、鬼束ちひろさんの詞曲の「夏の罪」でデビューされましたが、その前に、オーディションのときにも鬼束さんの曲をお歌いになったんですよね。

花岡 はい、鬼束ちひろさんの「月光」を歌わせていただきました。

今日のインタビューのはじめは、たぶん鬼束さんの楽曲は花岡さんがすごく好きになって練習したのちにそのオーディションで歌ったと思うんですけど、それ以前の音楽体験、たとえば家の中でこんな音楽が流れていたとか、幼少の頃とかはどういう音楽がありました? そこから始めましょう。

中学校・高校とかは、いきものがかりさんとか、絢香さんとか、よく聴いてましたね。

それ以前に、たとえばお父さんやお母さんが好きで、聴かされたというのも変だけど、流れてた音楽っていうものはありますか?

ジャズ系とか、クラシックとかけっこうかけてたりして、ピアノだけのものとか聴いてたり、あとは、小さい頃はモーニング娘。さんとかの曲を聴いたりしてました。

ジャズとかピアノとかは、お父さんが好きだったの?

お母さんがけっこう音楽が好きで、私もピアノを小さい頃からやってたんですけど、その影響もあってピアノの曲とかも聴いてましたね。

ピアノは何歳から?

幼稚園の年長から中1ぐらいまでやってたんですけど、一回そこでやめて、高3でまた弾き語りを1年間やりました。

なら、ピアノは5歳から12歳ぐらいまでやってたんだね。

そうですねえ。

で、高校のときにもう一回弾き語り、ピアノを弾こうと思ったのは、楽器を演奏しながら歌いたかったんですか?

そうですね、何か特技っていうものを見つけたくて、そのときに、やっぱりピアノを今までやってたので、弾き語りに挑戦してみたいなあと思って、それで始めました。

hanaoka_02

それまで特技はなかったんですか。

これといった特技がなかったので(苦笑)、探して、その中でやっぱり弾き語りができたらカッコいいなあと思って、それがきっかけでやり始めました。

なるほどね。音楽の授業とかはどうですか、お好きでした?

ああ、好きでした。音楽が一番やっぱり好きでしたね。

歌うこと?

歌うことも好きでしたし、楽器を弾くことも好きでした。

音楽の授業をやって好きになった楽器って何かありますか?

小学校のときは木琴とか鉄琴とか(笑)、あと、アコーディオンをやってました。

へぇ! 基本、鍵盤好きですね。

そうですね、鍵盤が好きみたいです(笑)。

ギターとかはやらなかった?

ギターはやったことがなくて。小学校中学校でもギターを弾く機会がなかったので、全然やってなかったんですけど。

一番最初に人前で歌ったのっていつですか?

人前で、ソロで歌わせていただいたのは、中学3年生のときに、奥華子さんの「笑って笑って」っていう曲を歌わせていただきました。

それはどういうシチュエーションのときに歌ったんですか?

中学2年生のときから歌とダンスのスクールに通っていて、そこでオーディションに受かったらソロも出られるんですけど、そのときに、まだ声も高くて全然今みたいに深みというか低い音とか出なかったんですけど、それで素直に歌うことしかできなくて、そのときに奥華子さんの曲が、先生が合うんじゃないか? と言って持ってきてくださって。

薦められたんだ。歌ってみてどうでした?

すごく曲調も好きだったので、お気に入りでした。

ご自分の声に対してはどういう印象を持ってますか? よくほら、マイクを持って歌ったり録音したりすると、耳で聞いている自分の声と違って変な感じがするっていう人もいるじゃないですか。花岡さんはいかがでした?

私は、昔、すごく声が籠もっていて、でも籠もってることに気付いてなくて、なので、始めに聴いたときにビックリして、ちょっとショックでした(苦笑)。

あまりいい声じゃないなと思ったんですか?

って思いましたね。

それから何か自分に心掛けることっていうのはあったんですか? 練習みたいな。

ああ、でもやっぱり、籠もっているのがすごく気になっていたので、籠もらないようにもっと声を張って歌ったりとか、先生のご指導で自分で録ってみたりして、それで直していくことが多かったです。

hanaoka_03

録音して、それを自分で実際に聴いて、「ああ、自分はこんな感じなんだ」っていうのを確かめて、次に歌うときにはそれを直すというか。

はい、注意して、心掛けて歌いました。

それはもう長いことやってるの?

そうですね、歌を習い始めてからずっと録音して。やっぱり録音したら、次に注意することとかもすごく明確になるので、ずっとやってますね。

それでボーカルの幅をだんだん広げてきたんだね。

はい。

ひとりカラオケとか行くんでしょ?

あ、そうなんですよ、すごく好きで、はい。うふふ!

それは練習なの?

練習でも行きますし、あとはストレス発散というか、そんな感じで行ったりしますね。

何を歌うんですか? 男性ボーカルの曲も歌います?

女性アーティストのほうが多いかもしれないですね。やっぱり、いきものがかりさんと絢香さんがすごく好きだったので。あとはSuperflyさんだったり、歌います。

なりたいなっていう声の特徴みたいなイメージは持ってますか?

声は絢香さんが好きですね。あのハスキーな感じとかが憧れます。

そうだね、ハスキー成分はあんまりないもんね。

そうなんですよ、ふふふ!

キレイな、澄んだ声だからね。花岡さんはデビューシングルが鬼束さんの詞曲になる「夏の罪」でしたが、けっこう鬼束さんの書いてくる曲って、ヘヴィーなというか、世界が、まあ言ってみればフワフワした感じじゃないですよね。厳しいっていうか重いっていうか、そういう世界ですけど、鬼束さんからいただいたときには「ああ、これは鬼束さんっぽいな!」と思って歌ったんでしょうか。

そうですね。もともとデモテープも鬼束さんの声でいただいたので、その歌詞の世界観とかが、やっぱり鬼束さんだなあって感じましたね。

どうして鬼束さんが好きになったんですか?

スクールの先生が薦めてくださって「月光」を初めて聴いたんですけど、出だしのサビの部分とか、あとは歌詞の世界観だったり、そういうのがすごく気に入って、「私もこういうふうに歌えるようになりたい」っていうところから、「月光」を歌い始めました。

鬼束さんもピアノを弾くしね。

そうですね、はい。

なら、けっこう憧れてたんだね。

憧れてましたね、ふふ。