Report

楠木ともり、日笠陽子らキャスト陣の結束を感じさせた『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』ステージ【AnimeJapan 2018】

楠木ともり、日笠陽子らキャスト陣の結束を感じさせた『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』ステージ【AnimeJapan 2018】

4月より放送開始となったTVアニメ『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(以下:GGO)』。その主要キャストによるスペシャルイベントが3月25日、AnimeJapan2018のREDSTAGEにて開催された。当日の模様はニコニコ生放送で中継されたほか、会場には1000人を超えるファンが詰めかけ、作品の期待の高さを伺わせる熱気がステージを覆っていた。

取材・文 / 鈴木遼介


『GGO』(電撃文庫刊)は、川原礫による大人気小説作品『ソードアート・オンライン』(同刊)の世界に登場する架空のVRMMO《ガンゲイル・オンライン》で繰り広げられる人間模様と戦場での戦いを描いたもう一つの『SAO』の物語。『キノの旅』『一つの大陸の物語』(いずれも同刊)など数々の作品を生み出した作家・時雨沢恵一によって手がけられた本作は、実際に存在する銃器を用いたリアルな戦闘や緻密な描写が魅力となっている。

楠木に向けられた優しい表情はまるで母親!? 家族のような仲の良さを披露!

イベント定刻。司会のニッポン放送・吉田尚記アナウンサーの呼びかけで、レン役の楠木ともり、ピトフーイ役の日笠陽子、エム役の興津和幸、フカ次郎役の赤﨑千夏が登壇すると、場内のファンからキャスト陣へ盛大な拍手が送られた。出だしからフレンドリーな会話を始めるキャスト陣に吉田は「バトル物の作品なのにみなさん平和な家族みたいで、アフレコの雰囲気も伝わってきますね」とひと言。

3月で高校を卒業したばかりだという楠木にアフレコの感想を伺うと「先輩ばかりなのでアフレコに入る前はとても緊張していたんですが、皆さん優しい方たちでいつも楽しく収録しています」と笑顔で語ってくれた。一方、日笠は「楠木さんとは彼女のデビュー作品からご一緒しているので、まるで我が子の成長を見ているようです。この作品でも一緒に参加することができてとても感慨深いです」と懐かしそうな表情を浮かべる。

続いて楠木の印象を聞かれた興津は「レンというキャラクターは戦いのシーンになると僕(エム)の指示通りに的確に動いてくれるんですけど、楠木さんもレンさながら的確に演技をされていますよね。僕の半分以下の年齢なんですけど、とてもしっかりしているなあ」としみじみ語る。また、赤﨑演じるフカ次郎はバトルシーンに登場するのが少し先の話数になるとのことで、赤﨑は「(レンと)お互いちっちゃいキャラクターなので、可愛く画面を動き回るのを楽しみにしててください」と今後の展開への期待を語ってくれた。

モデルガンに大興奮! 楠木の擬音語銃声音に戸惑いも

その後、ステージ上に各キャラクターたちが使用している銃器のモデルガン(P90=レン、KTR-09=ピトフーイ、M14・EBR=エム、MGL-140=フカ次郎)が登場すると、そのマニアックなラインナップに会場からは拍手が。各々の銃器を手に取ったキャスト陣がその重さに驚く中、吉田がそれぞれ銃の名前を紹介していると、一人ずつ銃を構えてキメポーズをとるというサービス満点な姿を見せてくれた。

ここで、ミニコーナー“どっちが鳴るか! 構えてエア・ガンゲイル・オンライン”がスタート。各キャストにはA・Bいずれかを事前に選択してもらい、どちらが実際に劇中で使用される銃の発射音かを予想してもらおうというコーナーだ。なお、異なった場合は楠木が事前に収録した発射音の擬音語が再生される。

最初の回答者は楠木。自身がA型ということでAを選んだ彼女は、見事発射音を的中させ、場内にはリアルなP90の発射音が再生された。この発射音は実銃のサウンドを録音したものではないが、無類のガンマニアである原作者・時雨沢先生監修のもと、より実銃のサウンドに近づけるためSEの調整が施されているとのこと。軽快な発砲音に混じった薬莢の掠れる金属音など、マニアもうなるこだわりの出来栄えにキャスト陣たちは驚きの声を挙げていた。

続いてBを選んだ日笠だが、こちらは惜しくもはずれてしまい、楠木による擬音語のKTRの発射音が流れると、会場はなんともいえない雰囲気に。さらに、その後挑戦した興津と赤﨑も楠木の音声を引き当てるという結果となってしまった。しかし、時雨沢先生が監修されたという楠木の音声には「あれ? これはダメだな(笑)」といった声もそのまま収録されており、そのかわいらしいリアクションに会場は終始和やかなムードに包まれていた。

そんなイベントも終了の時間が迫り、キャスト一人ひとりがメッセージを述べていくと、最後に楠木が「放送が近づくにつれて新しい情報もどんどん増えてきました。本作は『もう一つの“SAO”』ということで、『SAO』とはまた違った魅力にあふれた素敵な作品となっております。放送を楽しみにしていてください!」と語りステージを一度締めくくった。

楠木による「To see the future」のサプライズライブにファン歓喜!

その後、会場に集まったファンだけのために楠木によるスペシャルライブが実施されることに。楠木が歌う「To see the future」は本作のEDテーマであり、このライブで楽曲のフルバージョンが初解禁となった。突然のサプライズに会場のファンは期待の目で楠木を見守る。

一方、デビュー以来、1000人を超える観客の前で初めて歌唱するという楠木はかなり緊張した様子。だがイントロがかかった瞬間、彼女からあどけない笑顔が消え、憂いを帯びた表情を覗かせた。白いワンピースで軽快にステップを刻む姿が象徴するように「To see the future」のイメージを色濃くステージに反映させていく。胸に当てた手が彼女の固い決意を物語っているようにも見える。そして、ハイトーンのテクニカルなサビが印象的な四つ打ちのダンスミュージックを圧巻のパフォーマンスで歌いきった楠木は、観客を盛大に盛り上げて本イベントを締めくくった。

『GGO』はTOKYO MXほかにて毎週土曜日放送中。その濃厚な戦いの記録を楽しみにしていてほしい。

TVアニメ『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』

放送情報
TOKYO MX、とちぎテレビ、群馬テレビ、BS11 毎週土曜24:00~
MBS 毎週土曜27:08~
テレビ愛知 毎週月曜26:05~
CS日テレプラス 4月20日より 毎週金曜21:00~

配信情報
・AbemaTV 毎週土曜24:00~ ※地上波同時配信
・dアニメストア、GYAO!、フジテレビオンデマンド、バンダイチャンネル、ひかりTV、J:COMオンデマンド、ビデオパス、アニメ放題、U-NEXT、Amazonプライム・ビデオ、NETFLIX、あにてれ、Rakuten TV、DMM.com、ビデオマーケット、HAPPY!動画 4月14日より順次配信開始
・niconico(ニコニコ生放送/ニコニコチャンネル) 4月14日より毎週土曜23:30~
・ムービーフルplus 4月16日より毎週月曜
・PlayStation™Video 4月18日より毎週水曜
・Hulu 配信開始日調整中

※放送開始日・放送日時は編成の都合等により変更となる場合がございます。予めご了承ください。

<Introduction>
銃と鋼鉄の世界《ガンゲイル・オンライン》でソロプレイを満喫している女性プレイヤー・レン。可愛いものが大好きな彼女は全身をピンクの装備で統一し、コツコツと地道にプレイを重ね、実力をつけていた。そしてとあることからPK――プレイヤー狩りの面白さに目覚めたレンはPKにのめり込み、ついには「ピンクの悪魔」と呼ばれるまでになる。
そんなレンは美人でミステリアスなプレイヤー・ピトフーイと出会い、意気投合。彼女に言われるがまま、チーム戦イベント《スクワッド・ジャム》に参加することになる。

【STAFF】
原作:時雨沢恵一(電撃文庫 刊)
原作イラスト・キャラクターデザイン原案:黒星紅白
監督:迫井政行
シリーズ構成・脚本:黒田洋介
キャラクターデザイン・総作画監督:小堺能夫
アニメーション制作:Studio 3Hz

【CAST】
レン:楠木ともり
ピトフーイ:日笠陽子
エム:興津和幸
フカ次郎:赤﨑千夏

オープニングテーマ:「流星」 藍井エイル
エンディングテーマ:「To see the future」 レン(楠木ともり)

©2017 時雨沢恵一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/GGO Project

関連リンク
TVアニメ『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』オフィシャルサイト

TVアニメ『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』公式Twitter