Report

上村祐翔、戸松遥ら10人の“コドモ達”初集結。「魂を削ってます」─ 『ダーリン・イン・ザ・フランキス』スペシャルステージ【AnimeJapan 2018】

上村祐翔、戸松遥ら10人の“コドモ達”初集結。「魂を削ってます」─ 『ダーリン・イン・ザ・フランキス』スペシャルステージ【AnimeJapan 2018】

3月24日、東京ビッグサイトにて開催の「AnimeJapan 2018」WHITE STAGEにて、“『ダーリン・イン・ザ・フランキス』スペシャルステージ”が行われた。ヒロ役・上村祐翔やゼロツー役・戸松 遥をはじめ、総勢10人の“コドモ達”が集結。アニメ本編ではストーリーにも緊迫感が増していっている中、イベント自体は対決コーナーも交えつつ楽しいもので、キャスト陣のチームワークの良好さを感じさせてくれた。

取材・文 / 須永兼次


叫竜のイメージスケッチで、いちばんシンクロ率の高かったペアは!?

司会を務めた天津 向が、同じフランクスに登場するペアごとにキャストを呼び込み。前述の上村・戸松を皮切りに梅原裕一郎(ゴロー役)、市ノ瀬加那(イチゴ役)、田村睦心(ゾロメ役)、山下七海(ミク役)、後藤ヒロキ(フトシ役)、早見沙織(ココロ役)、市川 蒼(ミツル役)、石上静香(イクノ役)が順に登場。田村と山下、市川と石上はそれぞれキャラクターになぞらえた寸劇を交えながらの登場で、作品ファンを登場から楽しませてくれる。

と、ここでいきなり会場内にはサイレンの音が。これはビッグサイト周辺での叫竜(※作中で戦う相手となる巨大生命体)の出現によるもの……と向から説明。時間とともに断片的にオープンされていく情報をもとに、全出演者が叫竜のイメージをスケッチ。ペアごとのシンクロ率の高さを争い、同時に配信されていたニコニコ生放送のアンケートで優勝者を決定する。

その趣旨を聞いて「うまいヘタじゃないんですね!」(戸松)、「よし!」(早見)となぜか喜びの声が飛び交うステージ上。実はイラストの不得手なキャストが多いという情報も入り、ドキドキもありながらのスタートとなった。

最初の情報“グーテンベルク級”とのサイズ感のみの情報で、なぜかペンの進み始める上村・戸松ペア。上村が「長いことパートナーやってますから」と、そのシンクロぶりに自信をのぞかせる。それから“空を飛んでいる”“角がある”と徐々に情報が出ていくにつれ各キャストがペンを走らせていくが、4つ目“手が長い”との情報で「手!?」(戸松)、「もうムリなんですけど!」(早見)と悲鳴が上がりだす。

そんななか、市川と石上が黙々と描き続けていることを指摘されると、「アニメ(=イクノ)同様寡黙なんです」とかわす石上。しかし市川、「僕たちのペアはかなり優秀なほう」とハードルを上げ、「なんで勝手にそんな事言うの!」と石上を焦らせることに。そしてラストに投下された“かわいい”との情報に、一同騒然。ここまでの情報からどう軌道修正するのか?というところでスケッチ終了。最後に「かわいく描けた気がする」と口にした田村にも、期待感が高まる。

タイムアップを迎えたところで、市川・石上ペアからイラストをオープン。上がっていたハードルを飛び越えるほどのかわいいイラストで、フォルムやポーズも近いもので会場からは拍手が起こる。続く後藤・早見ペアは“手が長い”をフィーチャーした、ほぼほぼ長い腕のみの後藤の叫竜と、“グーテンベルク級”との情報と繋がるよう、下部に地球を描いて大きさをアピールした早見の叫竜の長い腕とがリンク。田村・山下ペアは顔のパーツが、特に目が非常にかわいらしく似ており、情報との齟齬もなくシンクロ感もバッチリ。また、梅原・市ノ瀬ペアは梅原の叫竜の胴体につく縦長の手が若干怖いものだったが、「角の数が一緒」と梅原自身がアピール。そして上村・戸松ペアのイラストでも、若干おどろおどろしさもある戸松の叫竜で会場にどよめきが起こるも、上村が懸命に「長さと手の形が一緒」とアピール。

こうして各ペアのイラスト披露とアピールを経て、ニコ生投票の結果いちばんシンクロしたと判定されたのは市川・石上ペア。ふたりの描いた叫竜は、matoによる4コマ漫画『だーりん・いん・ざ・ふらんきす!』でキャラクター化され掲載されることが決定した。

男女チーム対抗で“新コード”案を発表!

続いては、“ヒロになりたい”と題された、男女キャラ別のチームでの対決コーナー。それぞれ考案済みの新コード案を発表していくコーナーで、こちらも勝者のキャラは前述の4コマ漫画への登場が決定している。

両チーム、事前に考えてきたコード案を順番に発表していく。男性キャラチームは“Code:651”こと“ムゴイ”。性別は男で“まぁまぁエロい性格”、“ピンクの着物を着ている”との特徴に、特技として“吟じがち”“ロケバス運転しがち”と披露されたところで、向からたまらず「相方(天津 木村)やないかーい!」とツッコミが。しかし上村は「みんなの才能しか感じない」と自信満々だ。

一方女性キャラチームは“Code:320”ことミツオ。性別は男性で、特徴は“詩を配る”。そこから性格として「フランクスの中にゴミがあるのが許せない」「ママチャリに乗る」等若干寄り道したものの、最後の特徴の書かれたスケッチブックには「つまづいたっていいじゃないか 320」と見慣れたフレーズが見慣れた書体(書:早見)で描かれていた。

ここでもニコ生視聴者による審査が行われ、上村の「なんだかいけそうな気がする」との最後のプッシュも効いたのか、57.5%の支持を集めた男性キャラチームが勝利。コード:651が近日4コマ漫画に登場することとなった。

今後の本編ストーリーにも期待が膨らむ

楽しかった対決コーナーも終了し、視聴者に向けてのメッセージがひと言ずつおくられる。

放送直前の11話になぞらえた「当事者です。すごいことになってます」(後藤)などの言葉が続く中、早見からは「11話なのに、まだまだ序盤に感じられる」と今後のさらなる展開のすさまじさを期待させる言葉も。また、田村・山下は「10話でゾロミクの絆を感じてもらえたと思いますが、これからまだまだふたりで頑張っていきます」(山下)、「10話のような不穏な話は今後も出てきたり、明るくなったりいろいろありますので、楽しんで観てください」(田村)とふたりが主軸になったエピソードを踏まえてのコメント。

市ノ瀬は11話について触れたのち、イチゴとして「みんな……今日は来てくれてありがとう」とひとセリフ言って締めくくった。そして最後に戸松から「正直まだまだこれからな感じの展開で、毎週毎週見逃せない展開になってます。キャスト一同魂を削って演じているので、今後の展開も応援してくださったらうれしいです」、上村から「コドモ達10人が揃うのは今日が初めてで、とても感慨深いです。こんな楽しいメンバーで熱を込めて、作品を作れる幸せを感じています。これからの展開も、いろんな角度でこの作品を楽しんでいただければうれしいです」と語られ、今後のストーリーに期待を高まらせたところでイベントを締めくくったのだった。

TVアニメ『ダーリン・イン・ザ・フランキス』

放送中

<放送局>
TOKYO MX 毎週土曜23:30~
とちぎテレビ 毎週土曜23:30~
群馬テレビ 毎週土曜23:30~
BS11 毎週土曜23:30~
朝日放送テレビ 毎週土曜26:10~
メ~テレ 毎週土曜26:44~
広島ホームテレビ 毎週木曜27:00~
BSS山陰放送 毎週金曜26:14~
BBCびわ湖放送 毎週月曜26:45~

※放送開始日・放送日時は編成の都合等により変更となる場合がございます。予めご了承ください。

【スタッフ】
原作:Code:000
監督:錦織敦史
副監督:赤井俊文
シリーズ構成:錦織敦史/林直孝(MAGES.)
キャラクターデザイン/総作画監督:田中将賀
メカニックデザイン:コヤマシゲト
アクション監修:今石洋之
ミストルティンデザイン:中村章子
叫竜デザイン:岩崎将大
美術設定:塩澤良憲
美術監督:平柳 悟
色彩設計:中島和子
3Dディレクター:釣井省吾/雲藤隆太
3DCG:スタジオカラー/A-1 Pictures
モニターグラフィックス:座間香代子
撮影監督:佐久間悠也
音楽:橘 麻美
音響監督:はたしょう二
編集:三嶋章紀
制作:TRIGGER/A-1 Pictures

OP主題歌
アーティスト:中島美嘉
「KISS OF DEATH」(Produced by HYDE)
作詞・作曲:HYDE 編曲:HYDE/Carlos K.

ED主題歌
アーティスト:XX:me(キス・ミー)
作詞・作曲・編曲:杉山勝彦

【キャスト】
ヒロ:上村祐翔
ゼロツー:戸松遥
イチゴ:市ノ瀬加那
ミツル:市川蒼
ゾロメ:田村睦心
ココロ:早見沙織
フトシ:後藤ヒロキ
ミク:山下七海
ゴロー:梅原裕一郎
イクノ:石上静香
ナナ:井上麻里奈
ハチ:小西克幸
フランクス博士:堀内賢雄

©ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会

関連リンク

TVアニメ『ダーリン・イン・ザ・フランキス』オフィシャルサイト

TVアニメ『ダーリン・イン・ザ・フランキス』公式Twitter