Report

『仮面ライダーアマゾンズ』ついに完結! 過激表現も満載で「3年前には夢にも思ってなかった」劇場版公開へ─キャスト大集結・舞台挨拶レポート【写真22点】

『仮面ライダーアマゾンズ』ついに完結! 過激表現も満載で「3年前には夢にも思ってなかった」劇場版公開へ─キャスト大集結・舞台挨拶レポート【写真22点】

あの『仮面ライダーアマゾン』のリブート作としてAmazonプライム・ビデオで2016年にスタートし、その衝撃的な内容で視聴者を驚かせた特撮ドラマ『仮面ライダーアマゾンズ』。その最新作『仮面ライダーアマゾンズ  THE MOVIE 最後ノ審判』が2018年5月19日(土)より公開となる。本作に先がけて、Amazonプライム・ビデオで配信された<Season1>、<Season2>をそれぞれ編集、再構成した劇場版も5月5日(土)、5月12日(土)の2週連続で公開されることになった。

これを記念した完成披露イベントが、4月16日(月)東京・丸の内TOEIにて実施。キャスト登壇付き舞台挨拶に加え「Season1 覚醒」と「Season2 輪廻」の2作品連続上映、さらに『仮面ライダーアマゾンズ  THE MOVIE 最後ノ審判』から最新映像も公開されるという、まさに“アマゾンズ尽くし”の大イベントになった。今回はそのオープニングを飾った舞台挨拶の模様をお届けしたい。

取材・文 / 柳 雄大 撮影 / 松浦文生

Season1~2、そして劇場版ゲストも加えたキャスト陣が集結

イベントには、藤田富(水澤悠 / 仮面ライダーアマゾンオメガ 役)、谷口賢志(鷹山仁 / 仮面ライダーアマゾンアルファ 役)、東亜優(泉七羽 役)、前嶋曜(千翼 / 仮面ライダーアマゾンネオ 役)、白本彩奈(イユ / カラスアマゾン 役)、三浦孝太(黒崎武 役)、俊藤光利(志藤真 役)、小林亮太(マモル / モグラアマゾン 役)、姜暢雄(御堂英之助 / 仮面ライダーアマゾンネオアルファ 役)というキャスト陣、そしてここに劇場版の監督である石田秀範を加えた計10名が集結した。

藤田富(水澤悠 / 仮面ライダーアマゾンオメガ 役)

まずは仮面ライダーに変身する水澤悠・鷹山仁を演じた藤田・谷口、そして劇中で鷹山を支える存在だった泉七羽役の東がそれぞれコメント。

「Season1を撮っているときに、僕と谷口(賢志)さんと石田監督で、映画まで行けたらいいね……って話をしていて。それがいつの間にかキャスト、スタッフみんなの目標となっていたので、叶えることができて本当にうれしく思います」(藤田)

「やっぱり映画って、撮ったからには大ヒットしないといけないと思っていて。そのためには今日来てくれたお客さん一人ひとりの力が必要だと思ってるんですよ。(自称“人類最強のヒモ役”である鷹山仁のキャラクターになぞらえて)ヒモに貢ぐ女性の気持ちってわかりますか?(笑)そのぐらいの気持ちをもって……。撮ったからには、この映画で天下取りたいんですよ! 本当に。キャスト、スタッフ全員で命がけで作ったので。皆さんよろしくお願いします」(谷口)

「(Season2の後には)私はもう……いなくなってしまうので(笑)だからどんな感じで自分が完結編に登場するのか、“あのまま終わったほうが良かった”とかって言われないかな? っていう不安はあったんですけど。最後まで(鷹山)仁さんを見守れて、すごく幸せでした」(東)

谷口賢志(鷹山仁 / 仮面ライダーアマゾンアルファ 役)

東亜優(泉七羽 役)

俊藤光利(志藤真 役)

そして、この日急遽駆けつけたという俊藤。俊藤らが演じた傭兵チーム=“駆除班”は、3月に新宿で行われた「テロ災害合同訓練」「安全安心フェア」で映画をPRするという機会があった。この件について俊藤が「イベントは本当に緊張したんですけど、(ファンと現場の)熱量は本当にすごくて! “お前らが行ったところで誰が来るんだ? 駆除班のファンなんていないぞ”って言われていたんですが……」とコメントすると、黒崎武役の三浦が「あのイベントの翌日に駆除班のメンバーと会ったんですが、みんなマスクと帽子をかぶっていて。“なにスター気取りしてんだ!?”って言ったら、“昨日すげーワーキャー言われたんだよ!”って」と振り返る。

すると、その様子を聞いていた谷口が「なんで駆けつけちゃったの!? 映画の話しないし!(笑)」と突っ込む。「作品ではすごく支えてくれてる駆除班なんですけどね、撮影以外ではホントにジャマなんですよ、うるさいし!(笑)俺らが支えてたから、駆除班を!」(谷口)という愛のこもったブーイングで会場が笑いに包まれると、俊藤も「本当にそう!(笑)」と頷いていた。

三浦孝太(黒崎武 役)

前述の話題に加わった三浦は、Season2から参戦した戦闘チーム“4C”のメンバーだ。

「Season1から出ているキャスト、スタッフの方々には現場の一体感があって、最初はちょっとビビっていたんですが。これを4Cがぶち壊すぐらいの気持ちでやろうと思って挑みました。Season2が終わったときには、もうこのまま終わるのかな……っていう気持ちでいたのですが、映画でまた4Cとして(アマゾンたちを)追い続けていくということになり、感無量でした」(三浦)

『アマゾンズ』に詳しすぎる!? 強力な応援隊長も登場

この日はさらに“『仮面ライダーアマゾンズ』応援隊長”として、あのガチャピンとムックが登場。彼らは『アマゾンズ』の緑・赤のライダー2人と体の色が同じであることから応援隊長に任命されたとのことだ。舞台挨拶ではキャストたちの間に参加して、作品内容にかなり切り込んだトークや物まねも披露しつつ会場を和ませた。

作品を観たというガチャピンが「“養殖と野生”って真反対のテーマがとっても深いなって思いました」と感想を述べる一方、ムックは「わたし達5歳児が観てもいいのかな、っていうような内容だったんですけれども。中でもマモルくんのキャラクター! これが特にね、弱肉強食の世界を表してて。わたし達キャラクターの世界も弱肉強食の世界でしょ? 観ていてシンパシーを感じたんですよ」とコメント。主演の谷口も「けっこうまじめなこと考えてんだね、2人とも……(笑)」と思わず感心していた。

仮面ライダーアマゾンズの変身ベルト「アマゾンズドライバー」を巻いて登場したガチャピンとムック。

ガチャピンとムックに「仮面ライダーアマゾンアルファ」変身ポーズのお手本を見せようとするも、「…ビルド」と(他作品のライダーの名前を)言ってとぼける谷口賢志。

仮面ライダーアマゾンズの2人になりきるガチャピンとムック。ガチャピンは「ウォォォォオッ!アマゾン!」という気迫のこもったかけ声を、ムックは鷹山仁の“生卵を片手で割って丸飲みする”ポーズも再現するなど芸が細かい。

小林亮太(マモル / モグラアマゾン 役)

ムックも痺れたというキャラクターであり、俊藤らと同じ“駆除班”に所属するマモル役の小林は以下のようにコメント。

「駆除班っていうのは本当に家族のような存在で、撮影以外のところでも一緒にいる時間が長かったんです。その分(Season1の終盤以降)いろいろあったときにはやっぱり、本当につらい部分がありました。自分自身と役がすごく近かったので、本当に今までで一番役にのめりこめたのかなっていう作品がこの『アマゾンズ』で。マモルを演じられてすごく楽しかったなって思いますね」(小林)

白本彩奈(写真左。イユ / カラスアマゾン 役)、前嶋曜(写真右。千翼 / 仮面ライダーアマゾンネオ 役)

また、Season2の中心的キャラクターだった千翼(ちひろ)・イユに関して、あらためて「お互いはどのような存在でしたか?」というMCからの質問に、演じた前嶋・白本はこう答えた。

「やっぱり、イユがいなかったら千翼は一生価値のない人生だったと僕は思ってるんで。必要不可欠な存在ですね」(前嶋)

「なんか照れますね(笑)イユにとっては、千翼がいてくれて初めて感情を出せたわけですから、たぶん千翼がいないと本当に“ただの死体”になってしまうので。千翼がいるからイユとして成り立ててるのかなと思います」(白本)

さらに、「それだけ、おふたりはお互いなくてはならない存在だったんでしょうか」という質問には、「そうですね」(前嶋・白本)と2人の答えがハモる場面もあった。

姜暢雄(写真中央。御堂英之助 / 仮面ライダーアマゾンネオアルファ 役)

そして、シリーズの完結編『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』のゲストとして初登場するのが姜だ。

「僕は39歳なんですけど、変身していいのかな。ごめんなさいっていう気持ちでありつつ(笑)Season1のときから劇場版を目指してやってきた作品に入れていただいて、光栄であり、やりがいがありました。この熱量が高い作品の中で、御堂としてのあり方を模索しながらやらせていただいて。本当に楽しい日々を過ごせたなと思います」(姜)

石田秀範監督

最後に、『アマゾンズ』のシリーズ当初より携わる石田監督による感謝のコメントを紹介したい。

「(Season1の企画が始まった)3年前は、こういうことになるとは夢にも、微塵にも思っていませんでした。ご存知のとおり『アマゾンズ』には過激な表現が盛りだくさんで、ちょっとキツいところも多々あると思うんですけれども、それに付いてきてくださる皆さんの応援があればこそ、今この映画化、完結編につながってると思うんです。そういう意味では、あらためて皆さんには感謝したいと思います。皆さんのおかげで僕たちは映画を撮れました。本当にありがとうございました」(石田監督)

ステージの最後には、藤田富、三浦孝太のふたりの誕生日を祝福し、なんと“豚の丸焼き”をプレゼントするというサプライズも。

『劇場版 仮面ライダーアマゾンズ Season1 覚醒』は2018年5月5日(土)、『Season2 輪廻』は5月12日(土)、そして『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』は5月19日(土)より全国で公開される。

フォトギャラリー

作品情報

『劇場版 仮面ライダーアマゾンズ Season1 覚醒』
2018年5月5日(土)公開

『劇場版 仮面ライダーアマゾンズ Season2 輪廻』
2018年5月12日(土)公開

『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』
2018年5月19日(土)公開

劇場版「仮面ライダーアマゾンズ」製作委員会 ©石森プロ・東映

『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』オフィシャルサイト