2018年春アニメ主題歌特集  vol. 2

Interview

『銀英伝』新TVアニメ主題歌、実物大ユニコーンガンダム立像テーマ曲も。新たなサウンドアプローチを拓く一作 SawanoHiroyuki[nZk]インタビュー

『銀英伝』新TVアニメ主題歌、実物大ユニコーンガンダム立像テーマ曲も。新たなサウンドアプローチを拓く一作 SawanoHiroyuki[nZk]インタビュー

『UC』の新しいスタートを飾る「Cage」

一方の「Cage」は、昨年からお台場にて展示中の「実物大ユニコーンガンダム立像」のテーマソングで、今回が初の音源化という形になります。Zepp DiverCityのライブ帰りに見ていく人が多いですよね。

僕も前回のZepp DiverCityでのライブ以降、行ける時は見に行ったりしています。OVAシリーズが終わったと思ったらテレビ版があって次は立像と、なんだかんだで毎年『機動戦士ガンダムUC』(以下、『UC』)に関わっている感じで(笑)。これから何年かお台場に立像が立つということで、ある意味では『UC』の新たなスタートですから、やり甲斐があって嬉しかったですね。当初からガンダムという枠に縛られない曲作りをしてきたシリーズですから、それこそ「RE:I AM」や「Into the Sky」と同様に、『UC』という作品に対して今の自分が書ける曲を素直にぶつけていきました。

シリーズの主題歌の中では肩の力を抜いたポップなサウンドで、サビには「You see(UC)」という歌詞も入っていたり。

あれ、引っ掛けてると思いますよね。僕から指定を入れたわけではなく、作詞のmpiさんやBenjaminに聞いてみたら偶然だったみたいで(笑)。サウンド面で言うと、アルバム『2V-ALK』の後に制作したので、当時アメリカでヒットしていたタイプのポップサウンドの要素を取り入れていく流れが「Cage」にも入っていると思います。

3曲目「Roller Coaster」はGemieさんの歌唱になります。

表題2曲がバラードとミドルテンポだったので、カップリング曲はアップテンポ寄りのノリの良い曲にしていきました。『2V-ALK』収録の「Club Ki3ε」という曲が、Gemieさんの歌声とダンサブルなサウンドがすごくハマっていて気に入っているんです。あの曲でのGemieさんのアプローチを更に詰めたものができたらいいな、と意識しながら作った部分がありますね。また、新しいポイントとしては、バックコーラスに作詞のBenjaminの声を入れています。彼の入れた仮歌のニュアンスが洋楽チックで格好良く、音の厚みを含めて自分の求めるサウンドに近づいたので、彼のコーラスをそのまま活かす流れになりました。

過去最多のボーカリスト達と共演する5周年ライブ

5月13日には、パシフィコ横浜にて“澤野弘之 LIVE [nZk]005”が開催されます。リリース直後からUruさんが早速のご出演になるほか、昨年から楽曲プロデュースで関わられているDo As Infinityのおふたりも登場されるという。

どうなるか楽しみですね。このシングルが4月に出たばかりのタイミングですから、やはり新曲はやっておきたいのでUruさんにもお願いしました。一日に出演していただくボーカリストの方々の人数が過去最多になり、一人ひとりの曲数は普段よりも絞られてしまいますが、お客さんとみんなで盛り上がっていきたいです。5周年という節目を迎える気持ちで臨みたいですね。

2018年の今後の活動のご予定は?

現段階で今年やらせていただく作品は決まっているので、劇伴でもnzkプロジェクトでも、まずはその作品で面白いことができたらと思います。それ以外にも、Do As Infiniteyさんとやったようなサウンドプロデュースや楽曲提供で、またどなたかと繋がっていける機会があればうれしいです。ゆくゆくは新たなアルバムの構想も練っていきたいですね。

ライブ情報

“澤野弘之 LIVE [nZk]005”
2018年5月13日(日)
OPEN 16:00 START 17:00
パシフィコ横浜 国立大ホール
出演:澤野弘之
Guest Vocal:Aimee Blackschleger、Aimer、Benjamin、Cyua、David Whitaker、Do As Infinity、Eliana、Gemie、mizuki、mpi、Tielle、Uru、Yosh
チケット:SOLD OUT

関連リンク

澤野弘之オフィシャルサイト

SawanoHiroyuki[nZk] オフィシャルサイト

< 1 2
vol.1
vol.2
vol.3