Interview

SIX LOUNGE ライブ・シーンの視線を集める大分発3ピースR&Rバンドはどんなかっこよさを追い求めているのか?

SIX LOUNGE ライブ・シーンの視線を集める大分発3ピースR&Rバンドはどんなかっこよさを追い求めているのか?

大分から登場したこの3人組に、いまライブ・シーンの熱い視線が注がれている。歌ごころと熱情を兼ね備えたボーカルをフロントに据えたストレートなロックンロール・サウンドは、けれん味のないライブ・パフォーマンスと相まって、各地で圧倒的なステージを展開してきた。2015年に現体制になったあたりからにわかに活動が加速していき、今回リリースされる新作ミニアルバム『夢うつつ』では、無駄の無いタイトな構成の楽曲をストレートに聴かせて、現在の充実ぶりを伝えている。
ここでは、バンド結成から現在までの道のりを振り返りながら、彼らが何を意識し、何を求めて突っ走ってきたのかを、メンバー3人にざっくばらんに語ってもらった。

取材・文 / 兼田達矢 撮影 / 高木博史

最初のモチベーションは“モテたい”しかなかったです。下心しかなかったですね。

まずは、どんなふうに始まったバンドなのか、聞かせてください。

ヤマグチ 元々、俺がバンドをやりたくて、高校に入って誰かいねえかな?と思ったときに、ドカスカとドラムを叩いてたんで。シンタロウが。それで、誘いました。

どう言って誘ったんですか。

ヤマグチ 「一緒にやろうぜ」みたいな感じだったと思います。あまり憶えてないんですけど、とりあえずドラムの音がデカかったんで、ロックやりたいんだろうなと思って、何も考えずに誘ったら、何も考えずにOKしたんだと思います(笑)。

ヤマグチユウモリ(gt、Vo)

(笑)、ナガマツさん、そうなんですか。

ナガマツ 何も考えてないです(笑)。

ナガマツさんは、ドラムをずっとやってたんですか。

ナガマツ ドラムは小さな頃からやってました。ドラムに憧れて。

ヤマグチさんと組む前にもバンドをやってたんですか。

ナガマツ いや、バンドはやってないです。ずっとドラムだけを叩いてて。バンドはやりたいなとは思ってたんですけど…。

どんな音楽をやろう、というような話はしましたか。

ナガマツ いや、してないです。でも、徐々にわかってきたんですけど、聴いてたものが全然違ったんで、お互いに自分が聴いてたものを押し付けあって…。

それぞれ、どんな音楽を聴いていたんですか。

ナガマツ それまでは洋楽ばかり聴いてて。ドラムを始めたのもクイーンのドラムのロジャー・テイラーが好きで、それからハードロックとかメタルばかり聴いてました。

ヤマグチ 当時は斉藤和義さんが一番好きで…。いまも愛してやまないですが。

斉藤和義さんはソロ・アーティストだし、弾き語りもよくやりますが、彼のように一人でやることは考えなかったんですか。

ヤマグチ そうですね。なんでなんスかねえ…。モテたくて、という気持ちもあったからかなあ…。その頃はバンドの音楽はあまり聴いてなかったような気もするんですけど、でも斉藤和義さんがバンドでやるライブを見に行ったりして、いいなあと思ったのは憶えてるんで、やっぱりバンドやりたいなあという気持ちが強かったんですよね。

SIX LOUNGEの音楽を聴いていると、モテるということは重要なポイントなのかなという気がしていたんですが、やはりそのことは意識していたんですか。

ナガマツ めちゃめちゃありました(笑)。

ヤマグチ 最初のモチベーションはそれしかなかったです。下心しかなかったですね。

(笑)、でも、いまバンドをやったからといって、モテるようになりますか。

ヤマグチ いや、全然ダメですね(笑)。中学のときに人前で歌ったことがあって、そのときはかなりモテたんですけど、高校は全然ダメでした。でも、最初はそういう効果があるだろうなと思ってたし、バンドってブスがかっこよく見える場所だなと思いますね。

高校でバンドやっても、それほどモテないことがわかってきたときに、“中学でモテたのは、歌が上手いからかな”とは思いませんでしたか。

ヤマグチ 思いました、思いました! ずっと歌っとこうかなと思ってましたね(笑)。

あれはうれしかったですね。高校生のうちに初めてのアルバムを作って、それを売るっていう行為が。

ナガマツさんとヤマグチさんで詞と曲を手分けしているのがこのバンドの特徴のひとつだと思いますが、それは最初からですか。

ヤマグチ 俺たちはいちばん最初のライブからオリジナルをやってるんですけど、俺が曲を作って、シンタロウに聴かせて「これに、なんか乗っけて」って丸投げしたのが、オリジナル作りの始まりです。「俺、書けないから書いて」って言ったら、「書いてみるわ」っていう感じで。

ナガマツさんは、それまでに歌詞を書いたことはあったんですか。

ナガマツ いや、そのときに初めて書いたんですけど、意外に書けたんですよね。本を読むのは好きだったんで…。

ナガマツシンタロウ(Dr、Cho)

洋楽を聴いてて、歌詞の内容は気になってたんですか。

ナガマツ そうですね。歌詞の対訳を読みたいから、国内盤があったらそっちを買ってました。

歌詞を書き始めるときに、誰かの歌詞を参考にするようなことは?

ナガマツ いや、和訳の歌詞はあまり参考にはならかったんで…。でも、日本のバンドの歌詞よりも和訳っぽい感じのほうが好きだったりはしたんですけど、特に“こういう詞を書こう”というようなことはなかったです。

ヤマグチさんは、丸投げしたものの、歌うのは自分だから、“こんな歌詞を渡されても…”みたいなことはなかったですか。

ヤマグチ ありましたよ。例えば「第一次母乳大戦」という巨乳の歌を、語り有りで歌わされたりしましたけど、でもそれを俺もノリノリで歌ってましたから。“ティーンエイジ・パンクロック”と名乗ってて、パンクロックをはき違えてる気もしますけど(笑)。

(笑)、自分が抱えている気持ちをまっすぐ吐き出すということだと思いますが、それでも地元のコンテストに出てグランプリを獲ったりしたわけだから、そこで“俺たち、イケてるな”と思ったりしたんじゃないですか。

ヤマグチ イケてるな? そういうふうにはあまり思ってなかったかもしれないですね。いや、思ってたか? あんまり憶えてないな。何も思ってなかったような気がしますね。

ナガマツ 僕もあまり憶えてないですけど、でも若干調子に乗ってたかもしれないですね(笑)。

ヤマグチ ただ、あれはうれしかったですね。高校生のうちに初めてのアルバムを作って、その自分らが作ったものを売るっていう行為が。“この歳でもう、そういうことをやってるんだ”という充実感もあったし。

ライブをやると、“まだまだやれるな、もっとかっこよくなりたいな”ということしか考えてなかったです。

イワオさんは、どういうタイミングでSIX LOUNGEを知るんですか。

イワオ 高校の後輩なんで、チケットが売れないときに「来いっ!」て言われて…。

ヤマグチ (笑)、マジで、チケット売れないときはリクにいちばん最初に声かけてましたね。絶対、来いって。

それでも、SIX LOUNGEのライブが楽しいから観に行くんですよね。

イワオ それもありますけど、ライブハウスに行くきっかけになったというのは大きいかもしれないですね。SIX LOUNGEの曲をめっちゃ聴いてたとか、そういうわけでもないんですけど、ライブハウスという場所に行って、いろんなバンドを観れるというのが単純に楽しかったというのはあると思います。

イワオリク(Ba、Cho)

そのなかで、SIX LOUNGEについてはどういう印象だったんですか。

イワオ 同世代で、オリジナルをやってるのは1つか2つくらいしかなかったから、単純にすごいなとは思ってましたね。

そういう彼が加入して、現在の体制になって事務所も決まって、活動はどんどん加速していくわけですが、いわゆるプロになるということはどのあたりから意識していたんですか。

ヤマグチ 始めたときは全然意識してなかったですけど、コンテストとかで大人の人たちと一緒にやらせてもらえるようになって、それからツアーバンドが地元に来て俺らがサポートして、みたいなことが続いていくうちに“かっこよくなりたいな”という気持ちが強くなっていって、その気持ちでどんどん前に出ていくようになって、それで気づいたら地元のワンマンライブがソールドアウトなったりして、それで“あれっ?”って。気づいたら、支持してくれる人が増えたな、っていう感じでした。

イワオさんは、バンドに入ったらいきなりここまで来てしまったという感じですか。

イワオ 俺も何も考えてなかったですから。考える隙を与えてもらえなかったというか。ウチの事務所の社長が、俺らが何をしようか考える前にどんどんライブを入れてくれてたんで、それをやっていくのに必死で。で、ライブをやると、“まだまだやれるな、もっとかっこよくなりたいな”ということしか思えなかったというか、それしか考えてなかったですね。それは、いま思うとすごくありがたかったと思いますね。他のことは考えなくてよかったというのは、他のバンドよりも恵まれていたと思います。

そのライブに明け暮れる毎日にも、ふと我に返るという瞬間があると思うんですが、そのときに“先輩にチケット買わされたのがきっかけで、ずいぶん遠いところまで来ちゃったなあ”みたいに思うような場面はなかったですか。

イワオ いや、元々バンドはやってたし、このバンドに入れたのはすごく運がよかったと思いますよ。2人のテンションがすごく高いんで、ついていくのに必死というか…。で、そのふと我に返る瞬間というのはありましたけど、そのときに思うのはやっぱり“明日もライブか。もうちょっとかっこよくなんねえかな”ってことですよね。

意味がある♪I LOVE YOU♪もない♪I LOVE YOU♪も乗っけちゃえば全部正解になるのがロックンロールだと思うんですよね。

曲作りについても聞かせてください。この3人になって今回のアルバムができるまでの期間を振り返って、ヤマグチさんは曲を書くということに関して気持ちの部分で何か変化はあったように思いますか。

ヤマグチ 気持ちの部分での変化はないですけど、構成やコード進行を考えて作るようにはなりました。特に今回のアルバムでは。元々は3コードでバーンとやってる音楽、特に“激しけりゃいい”みたいな感じの時期もあったんですけど、いまはコードをいっぱい使ってる曲をいいなと思ったり、J-POPの凄さみたいなものを感じたりします。“J-POPのほうが頭イカれてるな”と思ったりすることもありますし、ストレートじゃないメロディやコード進行をちょっと好むようにもなりました。逆に、シンプルな曲が作れなくなってきたというか…。昔はかっこいいと思ったらバーンとやって、“これでいい”と思えていたんですけど、最近は“もうちょっと考えてみようかな”と思っちゃうんで。考えてしまうという部分は、良くもあり悪くもあるのかなあという気はします。

ナガマツさんは、この2年くらいを振り返って、歌詞を書くことに関して何か変化はあったように思いますか。

ナガマツ 特に意識していることはないんですが、言葉選びとか変わってきたかなという気はしています。昔はすごく優しい詞を書いてましたね(笑)。いまはもうちょっとトガッてる感じですけど。それと、同じことを歌ってても、表現が違ってたり、見方が違ってたり。ものの感じ方も変わってきたなと思うし、昔より言葉の引き出しが増えたかなということも思ったりしますね。でも、それも出来上がってみたときに思ったりすることで、書いてるときには何も意識していないんですけど。

例えば「STARSHIP」にも出てきますが、♪I LOVE YOU♪というフレーズは、多分普段は使わないですよね。

ナガマツ 使わないですね。

それでも、歌詞では使えるんですね。

ナガマツ そうですね。かっこいいし…。ロックンロールってかっこつけてるイメージがあるんですけど、それでも歌ってることは強いところもあれば弱いところもあって、それがどう乗っかってもかっこいいし、♪I LOVE YOU♪にしても、意味がある♪I LOVE YOU♪もない♪I LOVE YOU♪も乗っけちゃえば全部正解になるのがロックンロールだと思うんですよね。

では、同じく「STARSHIP」の♪星くず集めたら首輪を君にあげる♪というフレーズは、普段の生活のなかで使いそうなフレーズですか。

ナガマツ 使わないですね。

これも、歌詞だから言えるフレーズですか。

ナガマツ まあ、俺は歌わないんで(笑)。

(笑)、さっきと同じ話になりますが、ヤマグチさんは例えば「♪星くず集めたら首輪を君にあげる♪はさすがにやめようよ」とは言わないんですか。

ヤマグチ 俺が好きな人たちの曲にはわけのわからない歌詞が多くて、でも例えばチバユウスケさんが歌うから許される言葉とかあったりして、それはロックンローラーが歌うからかっこよくなる歌詞だと思うんですね。俺としては、そういう人になりたいという気持ちもあるから、だからこういう歌詞も全然抵抗がなくて、“かっこよく♪I LOVE YOU♪と言ってやろう”くらいの気持ちで歌ってますね。

(ライブは)とにかく落ち着いて、“俺たちが世界でいちばんかっこいい”というくらいの気持ちでやるようにしています。

新作の初回盤には、去年12月の渋谷クラブ・クアトロでのライブを21曲も収めたDVDが付いていますが、あのライブはいまから振り返るとどういうライブだったように感じていますか。

ヤマグチ 俺はやりきったなという感じでした。

ナガマツ 俺はあのときは緊張してて…。最近はまり緊張しなかったんですけど、あのときは変な緊張があって、余計なことを考えてる間に始まっちゃった、みたいな感じでずっとフワフワしてたんです。それが、どこだったか思い出せないんですけど、どこかでプツンと切れるような感じがして、それでいつもの感じに入っていけたんですよね。全然憶えてなくて、この間映像を見て“こんな感じだったんだ”と思ったんですけど。あの頃は、いろいろ曲ごとに考えることもあって、でも考え過ぎるとダメだから、考えつつ考え過ぎないっていう、そのいいところにスッと入っていけたらいいんですけど…。

イワオ 僕もあのときはめっちゃ楽しくて、やりきった感があったし、サイコー!みたいな感じだったんですけど、でも映像を見ると“まだ、やれるな”と思いました(笑)。というか、あのときはあのときで全力でやれたので、そういう意味ではOKなんですけど、あれから時間も経ってるんで、その間にまたライブをやってるし、いまの自分から客観的に見ると“もうちょっと見せ方、あるな”とか、思っちゃいますね。

ライブに明け暮れる毎日にずっとライブのことだけ考えていたという話がありましたが、それはいま話してくれたようなことを考えていたわけですか。

イワオ それを考えなくなったら終わり、というか…。俺のなかでは、怒りとかそういう衝動的なものもあるのはあるんですけど、それよりもかっこよくなりたいというのがバンドをやっていく上での核にあるんで。だから、ライブのことをいろいろ考えるのはバンドをやめるまで続くと思いますね。

終盤のMCで、ヤマグチさんが「ライブはいつも特別だけれど、今日のライブはまたちょっと違う感じがする」という意味のことを話していましたが、その「ちょっと違う感じ」とはどういう感じだったんでしょう?

ヤマグチ 東京でいちばん最初にライブした場所もクアトロで、そういう気持ちからだったと思うんですけど。

初めてやったときより、何か進歩はしてましたか。

ヤマグチ 2億倍くらい進歩してたと思います。初めてやったときは、本当に一歩も動けなかったんですよ。マイクの前から。それはこの間のクアトロのときには、それこそ2億倍動けましたから。

それは、ヤマグチさんの精神状態が違っていたからだと思いますが、どういうふうに違ったんだと思いますか。

ヤマグチ 自信がついたんでしょうね。初めての頃よりも。でも、その分、緊張もしたんですけど、気持ちよくやれたし、すごく楽しめましたね。

いまライブに臨む際に意識することは?

ヤマグチ とにかく落ち着くようにしています。テンションが高いと空回りすることが多いんで、そうすると何も伝わらずに終わったりするんです。だから、とにかく最初は落ち着いてということをみんなで言い合ってますね。とにかく落ち着いて、“俺たちが世界でいちばんかっこいい”というくらいの気持ちでやるようにしています。

最後に、ツアーに向けての意気込みを聞かせてください。

ヤマグチ 日頃一緒にやらせてもらってる先輩と、大先輩のバンドもありますけど、そういうバンドとの対バンで、自分らのツアーなんですけど、負けない気持ちで食らいついてこうと思ってます。

SIX LOUNGEさん画像ギャラリー

その他のSIX LOUNGEの作品はこちらへ

ライブ情報

TOUR 2018“夢うつつ”

5月12日(土)福岡・福岡LIVEHOUSE CB
5月13日(日)広島・広島CAVE-BE
5月16日(水)兵庫・神戸太陽と虎
5月17日(木)京都・京都MUSE
5月22日(火)宮城・仙台LIVE HOUSE enn 2 nd
5月23日(水)茨城・水戸LIGHT HOUSE
5月24日(木)千葉・千葉LOOK
5月26日(土)静岡・静岡UMBER
5月27日(日)滋賀・滋賀B-FLAT
5月29日(火)香川・高松DIME
5月30日(水)高知・高知X-pt
6月2日(土)北海道・札幌COLONY
6月10日(日)大分・大分T.O.P.S Bitts HALL
6月12日(火)愛知・名古屋E.L.L.
6月13日(水)大阪・梅田CLUB QUATTRO
6月17日(日)沖縄・沖縄Output
6月20日(水)東京・恵比寿リキッドルーム
*全公演とも対バンあり

SIX LOUNGE

ヤマグチユウモリ(gt、Vo)、ナガマツシンタロウ(Dr、Cho)、イワオリク(Ba、Cho)。大分県発日本語ロックバンド(現在も大分在住)。2012年、ヤマグチとナガマツを中心に結成。大分ロックンロールハイスルクールvol.6とvol.7でグランプリを連続獲得。2015年、イワオが加入し、インディーズレーベルTHE NINTH APOLLOに所属。11月に1 stシングル「メリールー」をリリース。2016年3月には1st フルアルバム『東雲』をリリースし、約30本におよぶツアーを敢行。2017年1月、ミニアルバム『大人になってしまうなよ』をリリースし、ワンマンライブ・ツアー「SIX LOUNGE ONEMAN“LOVE”」を開催。2018年4月25日、ユニバーサルミュージック/ZEN MUSICよりミニアルバム『夢うつつ』をリリース。

オフィシャルサイト
https://six-lounge.com