2018年春アニメ主題歌特集  vol. 4

Interview

【インタビュー】声優・悠木碧が語った歌手活動の信条。アニメ『ピアノの森』での楽曲作りに垣間見る“演技者としての”新たな目標とは?

【インタビュー】声優・悠木碧が語った歌手活動の信条。アニメ『ピアノの森』での楽曲作りに垣間見る“演技者としての”新たな目標とは?

誉子は計算をしないで、自然に演じられるんです

先ほど、悠木さんはこれまで「芝居での引き算」をされてきたとお話されましたが、これまで演じられた中では例えばどんなキャラクターがそれに当たりますか?

悠木 『僕だけがいない街』の雛月(加代)とか『キノの旅』のキノは、引き算のキャラクターですね。なるべく自分の主観を抜いていきました。感情の波をフラットに持っていくけれども、メカのようにはならずにバランス感を盛って引いていくという感じですね。

最近はそうしたキャラクターを演じさせていただくことが多くなりました。逆に「盛っていく」キャラクターは――言葉はよくないかもしれませんが――簡単な類で、それはなぜかというとお話も絵も感情が高ぶる方向に持っていっているし、作り手も視聴者も気持ちがひとつになって、「泣ける場所」を作っているからなんです。でも日常シーンでも泣けるように引き算をしていくのは難しい。それができたら役者として一人前なんだろうなと思います。

これは声優のお芝居ではないのですが、樹木希林さんが目の見えないおばあさん役を演じられているCMで縁側で孫とぽちぽち喋っていて、彼女がゆっくりと笑うだけで、もう泣けてくるんです。CMという15秒だけでそれを感じさせる、すごい演技なんです。でも声優だって決してそうした感動のさせ方ができないわけではないはず。いつかそんなふうになりたいなと思いましたし、この歌がそんな第一歩になればいいなと。

本作には丸山誉子役としても出演されています。このキャラクターは悠木さんの中ではどんなプランで演じられていますか?

悠木 誉子は盛るとか引くといった計算をしない方が良いかなと思いました。役に任せるというか。この作品のいちばんの主役というのは、言ってしまえば、ピアノの音楽だと思うんです。私たちがどんなに感動した表現を作るかどうかではなく、そこで弾かれるピアノによって画面が変わる話なんですよね。

私にもすごい音楽を聴いて心が震えた経験はあるし、自分の表現がうまく伝わらなくて悔しい思いをしたこともあります。そして誰かのすごい表現が世の中に伝わらないことが悔しいと思ったこともあります。子供の頃から(一ノ瀬)海の音楽に人生を変えられてしまう彼女の激情がそこできちんと表現できたら良いと思います。

それに誉子の出す表情って多分みんなが共感できると思うんです。真っ向勝負をしつづけているのがすごくかっこいいんですよ。女の子の奏者はほとんど出てこないので、女子だからこその強さと負けていない輝きをきちんと併せ持ったようにできたら良いなと思っています。今のところ、白石涼子さん演じる子供時代の海とのお芝居なのですが、まっすぐ受け止めてくださって、まっすぐ応援してくれてすごく優しいんです。あれなら他人の音楽を聴いて元気になったり清らかな心になる理由も分かります。だから自然と演じられるんです。

ひとりで生演奏のみで歌うのは初めてなので、イベントがとても楽しみです

キャラクター自体にすごく引力があって悠木さん自身もそれに呼ばれているというか。

悠木 説得力があるんですよね。『ピアノの森』のキャラクターたちは、きちんと生い立ちが描かれていて、それが理由となって、だからこの表現ができるのだということがきちんと描かれているんです。だから、こちらが一生懸命キャラクターを組み立てなくても最初からすごくきれいに組み上がった状態のキャラクターを演じられてるのでとても演じやすいです。最初から持っている情報が多いと表現できることが増えますし、私自身も誉子の考えていることに共感できることは多いので、ことさら誉子は(役を)降ろしやすかったですね。

さて、6月24日にはこの「帰る場所があるということ」を引っさげてのライブ&トークイベントが予定されています。

悠木 今回はすごくいい感じの環境でピアノ伴奏で歌えるらしいんです。個人的にはひとりで生演奏のみで歌うのは初めてなので、とても楽しみです。環境がめちゃくちゃ良くて、『ピアノの森』の世界観が好きだと思ってくれる人に、その空気から感じてもらいたいなと思うものが表現できる場所になっていると思うので、ぜひリリース・イベントも楽しみにしていただけたらと思います。梅雨の始まりの時期になるのでかわいい雨具を用意して待っていてくださいね。

TVアニメ『ピアノの森』

NHK総合テレビ 毎週(日)24:10~ 放送中

※関西地方は同日24時50分からとなります
※放送日時は変更になる場合があります

原作:一色まこと(講談社『モーニング』所載)

関連リンク
悠木碧 日本コロムビアオフィシャルサイト
悠木碧 公式Twitter
TVアニメ『ピアノの森』オフィシャルサイト

< 1 2
vol.3
vol.4
vol.5