Interview

【インタビュー】TRUE、“アニソンシンガー”の定義を見つめ直した革新の3rdアルバム。「きっかけは『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』だった」

【インタビュー】TRUE、“アニソンシンガー”の定義を見つめ直した革新の3rdアルバム。「きっかけは『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』だった」

「こういう表現もお前にはありだぞ」と許していく作業

今回のアルバムで見せたいTRUE像というのははっきりしていたのでしょうか?

TRUE 「分身」や「終わりたい世界」は最初の方に制作したこともあって、見せたいTRUE像がはっきりしていました。もがき苦しんでいるような、今まで表に出してこなかった自分ですね。イメージとしては、みんなで作ってきたTRUE像というきれいな丸をザクザク切り取っていく、という感じですね。

でも、切っていくうちにどんどんと丸が失われていくじゃないですか? それはそれで面白かったんですけど、モヤっとした形になればなるほど、自分で自分のことがわからなくなってしまって……。ただ、制作過程の後半戦で作った「パズル」は、そこをそのまま楽曲にできたという気がしています。私って実は臆病だし、自分に自信がないし、1日の中でもひとりで悶々と悩んでいる時間が多いんです。それをそのまま言葉にしたら面白いんじゃないかなと思って作詞をしていました。

アニメやキャラクターのために作った楽曲も、100%TRUEの音楽

今回のアルバム制作を経て、結果的にご自身ではどのように変化できたと思いますか?

TRUE すごく柔軟になったと思います。「アニソンはこうあるべきだ」という考え方から、音楽の捉え方、言葉の選び方に、それこそ歌い方までも。すごく頑固に考えていたところから解放されたということが今すごく心地いいですね。それは多分、聴いてくれる方にも伝わるんじゃないかな。

私は「アニソンシンガー」って、アニメがあり、アニソンを作ることが好きで仕事にしている人が名乗るべきだと思っていました。だからこそ、アニソンはアニメにとって100%いい音楽でなければいけないし。でも、2ndアルバムを完成させ、ツアーで歌っている頃に「もっと自由でいいんじゃないか」って気づき始めたんです。そして、「Sincerely」のときにはそれが確信に変わりました。

アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のために、私と茅原実里さんと結城アイラさんが曲を作っていますけど、どの曲も全然違うじゃないですか? 「アニソンってそんなガチガチに考えるものじゃない」って気づくきっかけになったんです。なので、今回のアルバムに収録されたタイアップ曲も、アニメやキャラクターのために作ってはいますけど、100%TRUEの音楽ですって言えます。

では、100%TRUEが解放されているアルバムと言えますね。

TRUE そうですね。今回のアルバムを通して、すごく成長できたと思っているんです。2ndアルバムまではどこか、TRUEって人のキャラソンを作っているようでした。それが私のしたいことでしたし、そうすべきだと思ってはいたんですけど、でも、今回でそれらを削ぎ落とせました。

作家としての自分と、アーティストとしての自分がちょっと結びついたというか、「こういう表現もお前にはありだぞ」と、自分自身を許していくような作業でしたね。なので、このアルバムはいちばん楽で自由でしたし、「私」になっているんじゃないかな。私にとって必要な作業を経験できた、必要な1枚になっていると思います。

関連リンク
TRUE Official Site
ランティス HP TRUE アーティストページ

< 1 2