esゲーム記事執筆陣が総力でおすすめする“こだわり“ランキング  vol. 3

Review

『DEAD OR ALIVE XTREME 3』9人の美女を彩るセクシー水着 5選+α

『DEAD OR ALIVE XTREME 3』9人の美女を彩るセクシー水着 5選+α

編集部より、好きなゲームを選んで個人的な愛の表現をランキング形式で紹介、といったすばらしきお題を頂いたので、迷うことなく『DEAD OR ALIVE Xtreme 3』(以下、『DOAX3』)を選んだ。以前、本作を遊びたいがために、嫁に頭を下げてPlayStation®4本体を買ってもらったぐらい、好きだ。『DOAX3』は、2016年3月24日に発売されたPlayStation®4用のタイトルで、格闘ゲーム『DEAD OR ALIVE』(以下、『DOA』)シリーズから派生したバカンスゲーム。同シリーズとしては、2003年1月23日にXbox用ソフトとして『DEAD OR ALIVE XTREME BEACH VOLLEYBALL』が、2006年11月22日にXbox360用ソフトとして『DEAD OR ALIVE XTREME 2』が発売されており、10年以上ぶりの新作となっている。『DOAX3』は2年以上前の発売だが、いまだに水着やアイテム集めが楽しめるボリュームで終わりが見えない。それでは、お気に入りの写真とともに本作の魅力を力強くお伝えしていくぞ。

文 / ドロシー伊藤


やわらかエンジン対応の美女が南の島でバカンス

“個人的なベスト5“を紹介するまえに、ご存知のない方にゲーム内容を少しだけ解説。本作を含むシリーズは、格闘ゲーム『DEAD OR ALIVE』シリーズに登場する女の子たちが、ザックアイランドと呼ばれる南の島でバカンスを楽しむ数日間を切り取ったゲーム。“女の子と”ではなく、“女の子が”といった部分がポイントで、女の子たちと島のオーナー(今回は代理)であるプレイヤーが深く関わることはない。プレイ開始時に選択した女の子になってミニゲームであるアクティビティを楽しんだり、それで稼ぐことができるゲーム内通貨“ザック”で、水着やアイテムなどを購入することが目的だが、途中でオーナーモードに切り替え、アクティビティで遊ぶ女の子をぼーっと眺めていたり、オーナーしか買えない水着をプレゼントしたりもできる。また、本編を繰り返し遊んでオーナーレベルを上げると、“オーナーズパラダイス”が利用可能になる。ここでは、以前見たイベントシーンなどを、すでに所持している好きな水着を着せていつでも鑑賞できる。スクリーンショットの撮影もできるので、お気に入りの女の子を好きなだけ撮っていられる。女の子たちがにぎやかに遊ぶアクティビティも面白いのだが、自分としてはこのモードを使った女の子の視聴や撮影が”メイン”ではないかと思っている。ゲームのプレイも楽しいけど、可愛い女の子を眺めているほうがもっと楽しいでしょ。

▲『DOA』シリーズに登場する女性キャラクターが増えたためか、本作では登場させたいキャラクターが人気投票で決められた。前作からは、かすみ、 あやね、 エレナ、ヒトミ、こころの5名。そして『DOA5』以降のキャラクターとして、マリー、ほのか、女天狗、紅葉の4名が選ばれた。ちなみに、筆者はレイファン好きなのだが、人気投票の存在を知らなかったので投票を行っていない

▲アクティビティはビーチバレー、どんけつゲーム、ぴょんぴょんゲーム、つなひき、ビーチフラッグ、ロッククライミングの6種類。いろいろなアクティビティを楽しんでもいいし、得意なものだけでザック稼ぎに専念するのもいい。自分は、「またそれをやっているの……。好きねえ……」と嫁に言われるほど、ロッククライミングをひたすらに遊んでいる

▲各エリアで“のんびりする”を選ぶと、女の子ごとに異なるイベントシーンが見られる。同じエリアでも複数あるので、全種類を視聴しておきたいのだが、なぜか埋まらない。一度見たものは、グラビアパラダイスに登録され、再視聴や撮影が自由にできるようになるので早くコンプを目指したい

ゲーム性にはあまり関係ないが、重要な要素として独自の日焼けシステムがある。本編は、島で14日間のバカンスを楽しむことになるのだが、日数が経過するにつれ女の子は日焼けをしていく。そして、その日焼けは着ている水着の跡が付くのだ! 「水着の跡が付いても脱がないとわからないじゃん。でも裸にはなれないでしょ?」とお思いかもしれないが、そうではない。たとえば、ワンピースの水着で日焼けをしたあと、ビキニを着せたらどうなるのか! そう、賢明な読者ならもうおわかりだろうが、下の写真のようになる。最高ですね。というわけで、本作のシステムと水着(デザイン)の重要性を知ってもらったところで、筆者が好んでいる水着ベスト5、そして水着を着た女の子の鑑賞や撮影を行えるモードベスト5を続けて紹介していこう。

▲日焼け跡のためには露出が高い水着だけでなく、逆の水着も重要だと思わせてくれる。オーナーパラダイスでは、水着の選択による日焼け跡&日焼けの濃さを指定できる。至れり尽くせりの仕様で、大満足である

前作よりも入手しやすくなった水着

作中に登場する水着の数を数えたことはないのだが、各キャラクターで購入できるものが約25種類、オ―ナーショップで購入できるものが約50種類。キャラクターは9人いるので、合計270種類くらいだろうか(コラボ水着は含まず)。ただ、各水着とも色違いが3、4個あるのでデザインは80種類程度になるのだろう。各キャラクターで購入できるものは、女の子モードでザックを稼ぎ、スポーツショップで購入することで手に入れられるが、各女の子限定でしか買えない水着やオーナーショップに並ぶアイテムは、おもにオーナーが購入して、お目当ての女の子にプレゼントすることになる。たとえば、オーナーショップに売っている“パフ”をかすみに持たせたい場合、[オーナーモードに切り替えてザックを稼ぎパフを購入]→[女の子モードのかすみに切り替えてアクティビティを遊び、満足度を上げる]→[満足度がある程度上がったらオーナーモードに切り替え、かすみに水着をプレゼント]→[かすみがプレゼントを受け取るor受け取らないで返却]といった流れになる。女の子によって水着の好みがあり、”嫌い・大嫌いなもの”は満足度が最大でも受け取ってくれないことがある。運が悪いと、[水着を買う]→[満足度を上げる]→[渡す]→[失敗する]→[次の周回で満足度を上げる]→[渡す]→[また失敗する]の繰り返しになるので心が折れそうになるのだ。ちなみに本作はオートセーブで、プレゼントを渡した直後に自動的にセーブが行われる。外部ストレージを使った、セーブデータのバックアップを行わない限り、ロードしてやり直すことは不可能。では、何故前作より入手しやすいのかというと、“過去作では受け取り拒否された水着は捨てられる”のである。大金を溜めて購入した水着を捨てられたら、またザックを貯める作業から始めなければならないのだ。それに比べれば、水着が返却される本作は本当に神仕様! とはいえ、手間暇かかるのは変わらないので、受け取ってもらえたときの喜びもひとしおではある。今回は、オーナーショップで手に入れた水着のなかで個人的に気に入っている5点を紹介していく。

▲オーナーショップで販売される水着の一部は、課金アイテムである“プレミアム引換券”と交換することも可能。ただ、若干お高いのと、ザックでの購入コンプリートを目指しているので筆者は利用したことがない

水着5位 パフ

言わずと知れたバニーガール。赤や青、シルバーなどの色もあるが、やはりオーソドックスな黒が好み。光沢のあるエナメル感とヒールがお気に入りポイント。胸元に深い切れ込みのあるデザインなので、谷間が強調される女の子に着せたいところ。もちろん、マリーちゃんに着せても可愛い。1色ずつでいいので、全キャラに1着は持たせておきたい。というか持っている。

水着4位 ウェイクアップ

裸ワイシャツ。男のロマン。本作は水に濡れた際のシズル感の表現が素晴らしく、どんけつゲームやつなひきなどに負け、水中に没すると衣装や肌がセクシーになる。水着によっては肌が透けて見えるので、開発陣には感謝したい。とくに、白いワイシャツやTシャツなどは、肌への張り付き具合がもう、いろいろとたまらなくなるので、ソフト所持者は確認してみてほしい。未所持の場合は、ゲームショップにダッシュ! なお、オーナーパラダイスでは“濡れ”の状態を0から100パーセントの範囲で指定できるので、いつでも自分好みの状態で見ることが可能。このシステムを考えた開発者を賛美したい。最高。こころとほのかにしか持たせていないので、全キャラコンプを狙いたい。

水着3位 フォーチュン

『DOAX』シリーズファンにはおなじみの水着。というか、水着と呼んでいいのか悩む。こちらはPlayStation®4版で入手可能となっていて、PlayStation®Vita版では同じように宝石をモチーフにしたヴィーナスが入手可能。マリーちゃんに着せると申し訳なくなるので、注意が必要。PlayStation®4のシェア機能を使ってツイッターに画像をアップすると、“いいね!”がたくさん付く。もちろん、全キャラに持たせてる。

水着2位 マンボウ

アメリカンポリス的なマンボウ。「露出が高ければなんでも好きなんだろ!」と言われることを回避するために選んだ。とはいえ、ほのかに着せると谷間全開。あと、オヘソ。同じアメリカンポリスをモチーフにしたイソギンチャクも好き。こっちは露出が低いのだが、濡れたときに下着が透けて見える感じなのでしあわせな気分になる。記事作成のため急遽入手したので、ほのかの分しかない。

水着1位 のりまき

おいしですよね、のりまき。昔は苦手だったかんぴょう巻が大人になったらおいしく感じるようになった。あと、ネギトロ巻も大好き。もちろん、全キャラクターに持たせてる、オレンジ色を。

6位以下にも、V字紐型のピースや露出は低いものの着くずれ状態がすばらしいマキアートなど、お気に入りがひしめいているのだが、紹介し始めるときりがないので今回はトップ5だけ。ただ、撮り溜めた400枚以上の画像があるので、記事最後のフォトギャラリーに少しだけ掲載。

1 2 >
vol.2
vol.3
vol.4