Review

【2018春アニメ】“今期観るべき15本”徹底解説! 最新アニメのおすすめポイント総まとめ

【2018春アニメ】“今期観るべき15本”徹底解説! 最新アニメのおすすめポイント総まとめ

2018年春期(4月~6月)放送のアニメより、「エンタメステーション」的な注目作をピックアップ! 編集部の独断と偏見(趣味嗜好)が盛り込まれた“おすすめポイント”にも注目。気になる作品を見つけたらこの機会にぜひチェックを。

解説 / 阿部美香
構成 / エンタメステーション編集部


宇宙戦艦ティラミス

オフィシャルサイト
公式Twitter

漫画配信サイト『くらげバンチ』で連載中の同名漫画を原作にしたショートアニメ。宇宙暦0156年、地球連邦と「メトゥスの民」との抗争が膠着状態を続けるなか、全人類の希望は宇宙戦艦ティラミスの若き天才パイロット、スバル・イチノセに託された。戦闘では圧倒的な強さを誇る彼だが、その真の姿は専用機デュランダルのコックピットをこよなく愛する引きこもり青年で……? ハードなSFロボットアニメを全うするシリアスなビジュアルと、奇行を繰り広げるキャラクター、シュールなギャグが合体した意欲作。

キャスト 石川界人、櫻井孝宏、諏訪部順一、江口拓也、大塚明夫、新井里美、中田譲治、桃井はるこ

スタッフ 原作:宮川サトシ/伊藤 亰(新潮社「くらげバンチ」連載)、監督:博史池畠、シリーズ構成:佐藤 裕、キャラクターデザイン:横山 愛、メカデザイン:杉村友和、美術監督:畠山佑貴/若松栄司、色彩設計:歌川律子、モニターグラフィックス:南條楊輔、3DCGディレクター:白井賢一、撮影監督:林 コージロー、編集:廣瀬清志、音楽;石毛駿平、音楽制作:日本コロムビア、音響監督:郷文裕貴、音響制作:スタジオマウス、アニメーション制作:GONZO

【おすすめポイント】
キャラもロボットバトルも、見た目はガ〇ダ〇ばりにカッコいいのだが、中身はハチャメチャで奇想天外、全力でおバカ(=褒め言葉)。自分の陰毛(CV:中田穣治)と友情を育むヒーローパイロットが、この世のどこにいるというのでしょうか!! つまり最高!

ガンダムビルドダイバーズ

オフィシャルサイト
公式Twitter

カスタマイズした「ガンプラ」を操縦して戦う少年少女たちを描く「ガンダムビルドシリーズ」最新作。前作まではリアル対戦として表現されていたガンプラバトルが、今作はネットワークゲーム「ガンプラバトル・ネクサスオンライン(GBN)」が戦いの舞台に。GBN最強チャンピオンのクジョウ・キョウヤに憧れる中学生のリクは、ガンダムダブルオーダイバーを愛機に、親友のユキオ、同級生のモモカらと「GBN」をスタート。ガンプラに対する不思議な感性を持つ少女・サラと出会い、さまざまなガンプラバトルを経験していく。

キャスト 小林裕介、藤原夏海、稗田寧々、照井春佳、笠間 淳、速水 奨

スタッフ 企画:サンライズ、原作:矢立 肇/富野由悠季、監督:綿田慎也、シリーズ構成:木村 暢、キャラクターデザイン原案:ハラカズヒロ、キャラクターデザイン:戸井田珠里、アクション監督:大張正己、チーフメカアニメーター:久壽米木信弥/宇田早輝子、美術:スタジオなや、メカニックデザイン:大河原邦男/海老川兼武/阿久津潤一/石垣純哉/形部一平/寺岡賢司/寺島慎也/柳瀬敬之/鷲尾直広、音楽:木村秀彬、企画協力:バンダイホビー事業部、制作協力:ADK

【おすすめポイント】
電脳空間が舞台になり、ガンプラバトルの演出もよりダイナミックに。先日10周年記念イベントが行われ、再評価が高まる『機動戦士ガンダム00』ガンプラが主役機なのも心憎い。

銀河英雄伝説 Die Neue These

オフィシャルサイト
公式Twitter

80年代にもアニメ化され高い評価を博した、SF作家・田中芳樹の代表作『銀河英雄伝説』を、Production I.Gと松竹が新たにTVアニメ化。遠い未来の銀河系を舞台に、銀河を二分する銀河帝国と自由惑星同盟の壮大な闘争を、ラインハルト・フォン・ローエングラムとヤン・ウェンリー、対照的なふたりの提督の攻防を軸に描くスペースオペラ。奇策に長けた大規模艦隊戦は、大迫力の3DCGをフィーチャー。個性と人間味あふれる軍人たちの群像劇が描かれる。

キャスト 宮野真守、鈴村健一、梅原裕一郎、梶 裕貴、諏訪部順一、小野大輔、中村悠一、川島得愛、遠藤 綾、三木眞一郎、石塚運昇、水内清光、藤原貴弘、楠見尚己、竹内良太、ふくまつ進紗、目黒光祐、櫻井トオル、畠中 祐、小野友樹、下山吉光

スタッフ 原作:田中芳樹(東京創元社刊)、監督:多田俊介、助監督:森山悠ニ郎、シリーズ構成:高木 登、キャラクターデザイン:菊地洋子/寺岡 巌/津島 桂、総作画監督:後藤隆幸、特技監督:竹内敦志、メカデザイン:竹内敦志/臼井伸二/常木志伸、オリジナルメカデザイン:加藤直之、プロップデザイン:太田恵子、プロップデザイン・紋章デザイン:秋篠Denforword日和、3D:I.G3D、3D監督:森本シグマ、美術:Bamboo、美術監督:竹田悠介、美術設定:塩澤良憲/曽野由大/藤井一志、美術デザイン:渡部 隆、色彩設計:竹田由香、音響監督:三間雅文、音楽:橋本しん(Sin)/井上泰久、撮影監督:荒井栄児、編集:植松淳一、監修:らいとすたっふ、企画協力:ROOFTOP、制作協力:徳間書店、製作協力:DMM pictures

【おすすめポイント】
ラインハルト(CV:宮野真守)と、親友であり腹心のキルヒアイス(CV:梅原裕一郎)が、原作以上にドラマティックに気持ちを通い合わせるイチャコラ演出に萌える!(ヤン派だけど!)

ゴールデンカムイ

オフィシャルサイト
公式Twitter

明治時代末期の北海道。ある目的のために一攫千金を狙っていた「不死身の杉元」の異名を持つ日露戦争の英雄・杉元左一と、彼をヒグマから救ったアイヌの少女・アシ(リ)パ。ふたりは、24人の網走監獄脱獄囚の身体に刻まれた刺青が在処を示すという、アイヌの埋蔵金を追ってサバイバルを続ける。原作は、現在も連載が続く野田サトルによる同名漫画。アイヌ語で語られるアイヌたちの会話や、アイヌ独特の文化や料理がふんだんに登場。超個性的な登場人物たちが織りなす、陰謀渦巻くドラマとハードなバトルシーンも魅力。

キャスト 小林親弘、白石晴香、伊藤健太郎、大塚芳忠、津田健次郎、細谷佳正、中田譲治、乃村健次、菅生隆之

スタッフ 原作:野田サトル(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)、監督:難波日登志、助監督:川越崇弘、シリーズ構成:高木 登、キャラクターデザイン:大貫健一、メインアニメーター:羽山淳一、銃火器設定:渡辺浩二、プロップ設定:浅沼信也、動物設定:墨佳 遼、美術監督:森川 篤、色彩設計:茂木孝浩、撮影監督:戸澤雄一郎、CGディレクター:奥村優子/濱田康平、編集:定松 剛、音響監督:明田川 仁、音響制作:マジックカプセル、アイヌ語監修:中川 裕、音楽:末廣健一郎

【おすすめポイント】
シリアスで強面のストーリーの中に、突然ギャグシーンが紛れ込んでくるから油断禁物!物語が進むと、クセの強い“変態”キャラクターがますます増えるらしいので、見逃せません! 

STEINS;GATE 0(シュタインズ・ゲート ゼロ)

オフィシャルサイト
公式Twitter

人気SFアドベンチャーゲームを原作に、2011年にTVアニメ化されたヒット作『STEINS;GATE』(シュタインズ・ゲート)の正統的続編。タイムリープと、過去改変によるαとβふたつの“世界線”を軸に巻き起こる惨劇の行方を描いた前作の後、β世界線に戻り、大学生・岡部倫太郎と仲間たちはそれぞれの道を歩んでいた。牧瀬紅莉栖を救えなかった後悔に苦しみながらも日常に埋没していた岡部は、天才少女・紅莉栖がかつて提唱していた理論を推し進めた人工知能「アマデウス」の存在を知り、再び世界が動き出す――。

キャスト 宮野真守、花澤香菜、関 智一、今井麻美、後藤沙緒里、小林ゆう、桃井はるこ、田村ゆかり、矢作紗友里、潘 めぐみ、山本彩乃、本多真梨子、木野日菜、上田燿司、にしむら まや

スタッフ 原作:志倉千代丸/MAGES.、監督:川村賢一、シリーズ構成:花田十輝、シナリオ監修:林 直孝/松原達也/西村卓也/安本 了、キャラクター原案:huke、未来ガジェット原案:SH@RP、キャラクターデザイン:稲吉智重、プロップデザイン:稲吉朝子/コレサワシゲユキ/灯夢、美術設定:灯夢/コレサワシゲユキ、美術監督:小髙 猛、色彩設計:佐藤美由紀、特効監修:谷口久美子、撮影監督:塩川智幸、3Dディレクター:ヨシダミキ、モデリング:相馬 洋、編集:須藤 瞳、音響監督:山口貴之、音楽:阿保 剛/信澤宣明/日向 萌、音楽プロデューサー:金谷雄文、音楽制作:MAGES.

【おすすめポイント】
1期序盤のハッチャケ中2病丸出しだった岡部(CV:宮野真守)と、同じ人間とは思えない2期序盤のどシリアスな岡部に胸が痛む。今作だけでは意味が分かりにくいので、ぜひ前作から観て!! 

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン

オフィシャルサイト
公式Twitter

大ヒットアニメ『ソードアート・オンライン』(SAO)をベースに、『キノの旅』で知られる時雨沢恵一・著の同名スピンオフ小説をアニメ化。舞台となるゲームは、『SAO』ファントム・バレット編に登場したVRMMOFPS「ガンゲイル・オンライン」(GGO)。長身がコンプレックスの女子大生・小比類巻香蓮は、友人のすすめでVRゲームを始めるが、低身長の可愛いアバターが入手できたのは「GGO」だけ。熱心にプレイするうちに、凄腕プレイヤー“レン”へと成長した彼女は、チーム戦イベント「スクワッド・ジャム」に参加することになる――。

キャスト 楠木ともり、日笠陽子、興津和幸、赤﨑千夏

スタッフ 原作:時雨沢恵一(電撃文庫 刊)、原作イラスト・キャラクターデザイン原案:黒星紅白、監督:迫井政行、シリーズ構成・脚本:黒田洋介、キャラクターデザイン・総作画監督:小堺能夫

【おすすめポイント】
無類の銃器マニアである原作者・時雨沢恵一のウンチクが、第1話から炸裂。各銃器の射撃音の違いにもこだわった作りは、ミリタリーファン感涙! P90を操る全身ピンクのレンちゃんが超キュート!

多田くんは恋をしない

オフィシャルサイト
公式Twitter

銀座の一角に佇む多田珈琲店を舞台に繰り広げられる、オリジナル青春ラブコメディ。キャッチコピーは“この恋を、一生忘れない”。亡くなった父の影響でカメラマンを目指す高校生・多田光良は、ある日、日本に憧れてヨーロッパのラルセンブルク国から留学してきた美少女・テレサに出会う。テレサは多田の所属する写真部に入部し、仲間たちと学園生活を謳歌するが……? アニメーション制作は動画工房。山﨑みつえ監督以下、『月刊少女野崎くん』のメインスタッフが再集結しているのも話題。

キャスト 中村悠一、石見舞菜香、宮野真守、下地紫野、梅原裕一郎、石上静香、下野 紘、水瀬いのり、櫻井孝宏

スタッフ 監督:山﨑みつえ、シリーズ構成・脚本:中村能子、キャラクターデザイン・総作画監督:谷口淳一郎、副監督:藤原佳幸、サブキャラクターデザイン:菊池 愛、プロップデザイン:中島千明、美術監督:中村千恵子、色彩設計:石黒けい/伊藤裕香、撮影監督:伊藤邦彦、編集:武宮むつみ、音楽:橋本由香利、音響監督:土屋雅紀、音響効果:白石唯果

【おすすめポイント】
多田珈琲店の愛猫の心の声を担当する大塚明夫と、『文豪ストレイドッグス』好きにも激しく刺さる伊集院薫役・宮野真守の演技がめちゃ楽しい! オーイシマサヨシのOPテーマ「オトモダチフィルム」も必聴。

1 2 >