Review

【2018春アニメ】“今期観るべき15本”徹底解説! 最新アニメのおすすめポイント総まとめ

【2018春アニメ】“今期観るべき15本”徹底解説! 最新アニメのおすすめポイント総まとめ

Butlers~千年百年物語~

オフィシャルサイト
公式Twitter

とある宿命を背負った千年の歴史をもつ一族の守護者「バトラーズ」のひとりであるジェイは、時空の歪みにのみ込まれ、100年後の世界で目覚める。かつて暮らしていた屋敷が現存する京常見学園で神宮司高馬と名乗り、生徒会長となった彼は、かつての日々を取り戻すため、過去の手がかりを探すのだった――。運命と宿命に導かれた個性豊かなバトラーズたちが織りなす時空を超えた物語は、学園ドタバタコメディと異能力バトルが融合。

キャスト 鈴木達央、佐藤拓也、豊永利行、斎賀みつき、永塚拓馬、KENN、山下誠一郎、小林千晃、河本啓佑、前野智昭、杉山紀彰、三澤紗千香

スタッフ 原作:「Intouchable Butlers」(SummerACG)、監督:高橋 賢、シリーズ構成:清水 恵、キャラクター原案:湖住ふじこ、キャラクターデザイン:佐藤秋子、美術監督:前田 実、色彩設計:月野えりか、撮影監督:頓所信ニ(チップチューン)、CG監督:岸 これみ、編集:瀧川三智(REAL-T)、音響監督:土屋雅紀、音楽:TOMISIRO、音楽制作:ランティス

【おすすめポイント】
鈴木達央、佐藤拓也、豊永利行、KENN、前野智昭など、人気イケボ声優が顔を揃え、乙女心をがっちりキャッチ。重厚な背景とイケメン学園男子たちのドタバタ劇のギャップがクセになる。

ピアノの森

オフィシャルサイト
公式Twitter

森に捨てられていたピアノをおもちゃ代わりに育った主人公・一ノ瀬海が、かつて天才ピアニストと呼ばれた師・阿字野壮介、偉大なピアニストの息子・雨宮修平らと運命的な出会いを果たし、ショパン・コンクール出場を目指す感動物語。原作は、コミックス累計600万部を記録し、第12回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞した一色まことの大ヒット漫画。アメリカのドリームワークス・アニメーションでCGスーパーバイザーとして『ヒックとドラゴン』『マダガスカル3』を手掛けた中谷 学が、初めて日本のTVシリーズの監督を務める。

キャスト 斉藤壮馬、諏訪部順一、花江夏樹、白石涼子、大地 葉

スタッフ 原作:一色まこと(講談社『モーニング』所載)、監督:中谷 学、シリーズディレクター:鈴木龍太郎、シリーズ構成:伊丹あき/あべ美佳、キャラクターデザイン・総作画監督:木野下澄江、美術監督:栫 ヒロツグ、色彩設計:吉村智恵、撮影監督:臼田 睦、編集:三嶋章紀、音響監督:長崎行男、音楽:富貴晴美

【おすすめポイント】
CGの専門家、中谷 学が監督しているだけあって、アニメで表現するのが難しい(とても面倒!)ピアノ演奏シーンをリアルかつ非常に丁寧に描いているのが素晴らしい! さすがNHK!

ひそねとまそたん

オフィシャルサイト
公式Twitter

『シン・ゴジラ』などSF特撮大作で知られる樋口真嗣を総監督に、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』ほか名脚本家として名高い岡田麿里と個性的な作品作りで知られるアニメーションスタジオ・ボンズの3者が原案から手掛けたオリジナルTVアニメ。生きづらい性格の航空自衛隊員・ひそねは、ひょんなことから戦闘機(F-15J)に擬態するドラゴン=「OTF(変態飛翔生体)」のパイロットに任命されてしまうが……? ユーモラスな演出と温もりに満ちたビジュアルが心地いい、新感覚の“お仕事”ストーリー。

キャスト 久野美咲、黒沢ともよ、河瀬茉希、新井里美、名塚佳織、朴 璐美、梶 裕貴、徳本恭敏、釘宮理恵、諏訪部順一、中田譲治

スタッフ 原作:BONES/樋口真嗣/岡田麿里、総監督:樋口真嗣、監督:小林 寛、シリーズ構成:岡田麿里、キャラクター原案:青木俊直、キャラクターデザイン:伊藤嘉之、メインメカニックデザイン:河森正治

【おすすめポイント】
主人公・甘粕ひそね役・久野美咲のフレッシュな演技がいい! 熱血主人公役の多い梶 裕貴のナチュラルなお芝居にも注目したい。万人におすすめしたい超良作! ジブリファンにもおすすめ。

魔法少女  俺

オフィシャルサイト
公式Twitter

個性派ギャグ漫画家として知られる毛魂一直線の同名コミックをアニメ化。駆け出しの売れないアイドルユニット「マジカルツイン」の卯野さきは、ユニットの相方・桜世の兄であり、トップアイドルユニット「STAR☆PRINCE」の御影桃拾に夢中。ひょんなことから魔法少女の契約を結んでしまったさきと桜世は、なぜか変身するとムキムキのイケメン魔法少女となり、日夜、妖魔と戦いを繰り広げることに……!! 変身後の魔法少女の声には、石川界人、羽多野 渉、谷山紀章、鈴木達央ら人気男性声優がキャスティングされている。

キャスト 大橋彩香、石川界人、三澤紗千香、羽多野 渉、豊永利行、遊佐浩二、森久保祥太郎、久川 綾、一条和矢

スタッフ 原作:毛魂一直線(「ふゅーじょんぷろだくと」刊)、監督・シリーズ構成・脚本:川崎逸朗、キャラクターデザイン・総作画監督:伊部由起子、サブキャラクターデザイン:翁長くみこ、美術監督:平間由香、美術設定:有本妃査恵、色彩設計:中尾総子、撮影監督:村野よもぎ子、音響監督:清水勝則、音楽:中塚 武、プロデュース:ジェンコ

【おすすめポイント】
男女を問わず誰が観ても素直に笑える、王道魔法少女物のパロディが満載。百合&魔法少女&人気男性声優陣のおネエ言葉バトル&シュールなギャグがテンポよく詰め込まれ、とにかく痛快!

メガロボクス

オフィシャルサイト
公式Twitter

不朽の名作『あしたのジョー』を原案とした、連載開始50年記念のオリジナルアニメ。『進撃の巨人』のビジュアルコンセプトや、『甲鉄城のカバネリ』のコンセプトアートなどを手がけてきた森山 洋が初監督を務める。肉体とギア・テクノロジーを融合した究極の格闘技「メガロボクス」。実力がありながらも、未認可地区の地下八百長試合でしか生きる道のない主人公ジャンクドッグは、最強のメガロボクサー・勇利に打ち勝つため、“ジョー”の名を手に入れて隻眼のトレーナー・南部贋作と共に世界王者決定戦「メガロニア」に挑む!

キャスト 細谷佳正、斎藤志郎、安元洋貴、森 なな子、村瀬迪与、木下浩之

スタッフ 原案:「あしたのジョー」(原作:高森朝雄、ちばてつや/講談社刊)、監督・コンセプトデザイン:森山洋、脚本:真辺克彦/小嶋健作、キャラクターデザイン:清水洋、総作画監督:清水洋/石川晋吾/八崎健二、ギアデザイン:形部一平、プロップデザイン:嶋謙一、メカデザイン:水村良男、美術監督:河野次郎、色彩設計:茂木孝浩、撮影監督:江間常高、撮影:T2studio、編集:今井大介、音響監督:三好慶一郎、音響効果:倉橋裕宗、音響制作:東北新社、音楽:mabanua、オンライン編集:キュー・テック、協力:週刊少年マガジン編集部/少年マガジンエッジ編集部、ボクシング取材協力:ピューマ渡久地ジム

【おすすめポイント】
濃厚なビジュアル、ハードボイルドなストーリー、ハングリーなキャラクターの全てに、男のロマンが詰め込まれた野心作。設定は近未来ながらも、これはまぎれもなく『あしたのジョー』。ジャンクドッグ/ジョー役・細谷佳正の熱演が光る。

鹿楓堂よついろ日和

オフィシャルサイト
公式Twitter

都会にひっそりと佇む、隠れた人気和風喫茶「鹿楓堂」。店主のスイはお茶、ぐれはラテアート、ときたかは料理、椿はスイーツ。4人のスペシャリストが心のこもった「おもてなし」で、鹿楓堂を訪れる老若男女、さまざまな人々の心を解きほぐし、悩みを解決していくハートフルストーリー。原作は『月刊コミックバンチ』連載中の清水ユウの同名漫画。個性的なイケメンたちを、諏訪部順一、中村悠一、小野大輔、山下大輝ら人気の男性声優が演じているのも話題に。

キャスト 諏訪部順一、小野大輔、中村悠一、山下大輝、前野智昭、鳥海浩輔、天﨑滉平

スタッフ 原作:清水ユウ(新潮社「月刊コミックバンチ」連載)、監督:神谷友美、シリーズ構成:赤尾でこ、アドバイザー・音響監督:佐藤卓哉、キャラクターデザイン:安食 圭、サブキャラクターデザイン:郷津春奈、料理デザイン:伊藤憲子、色彩設計:品地奈々絵、美術監督:小倉宏昌、撮影監督:口羽 毅、編集:平木大輔、音楽:渡辺 剛、プロデュース:GENCO

【おすすめポイント】
まさに“飯テロ”アニメのスイーツ版。小野大輔演じる“ぐれ”は、イタリア人と日本人のハーフという設定で、カタコト風味のはっちゃけ方が十四松テイストで楽しい 。

LOST SONG

オフィシャルサイト
公式Twitter

LIDENFILMSとドワンゴの共同制作によるミュージカルテイストのファンタジーアニメ。初めて本格的に声優に挑戦するアニソンシンガー・鈴木このみと、アーティストとしても人気の声優・田村ゆかりがダブルヒロインを務めている。物語の舞台は、架空大陸ヌーナシア。辺境の村・ダンデラに住む歌の好きな少女・リンと、王子の妃候補であり華やかな王都で民衆から愛されている歌姫・フィーニス。対照的なふたりには、歌うことでさまざまな奇跡を呼ぶ特別な力があった。戦争の影が王国を襲い、2人の過酷な運命が交わるとき、最後に歌われる歌は――?

キャスト 鈴木このみ、田村ゆかり、久野美咲、たかはし智秋、山下誠一郎、瀬戸麻沙美、芹澤 優、茅野愛衣、小山剛志、鈴木裕斗、小形 満、糸 博

スタッフ 原作・監督・脚本:森田と純平、キャラクター原案:福田知則、アニメーションファシリテーター:櫻井親良、メインキャラクターデザイン:金子志津枝、サブキャラクターデザイン:原 修一/藤澤俊幸、デザインワークス:バーンストーム・デザインラボ、美術監督:大久保錦一、背景美術:でほぎゃらりー、色彩設計:大西峰代、撮影監督:山本弥芳、作詞:畑 亜貴、音楽:白戸佑輔

【おすすめポイント】
さまざまな場面に歌が登場する正統派ミュージカル仕立てが新鮮。鈴木、田村以外にも、たかはし智秋、瀬戸麻沙美など歌唱力抜群のキャストが顔を揃えている。とにもかくにも、“王国民”は必見!

ヲタクに恋は難しい

オフィシャルサイト
公式Twitter

pixivの投稿から誕生した同名人気漫画が原作。隠れ腐女子のOL・成海は転職先で、ルックスが良く有能だが、重度のゲームヲタクである幼なじみ・宏嵩と再会する。以前から成海に好意を持っていた宏嵩からのアプローチで、とりあえずふたりは付き合い始めるが、不器用なヲタク同士の恋愛はなかなか上手くいかず……? 劇中にはアニメネタ、ゲームネタやネットスラングが随所に登場、オタク趣味を持つ者なら誰もが共感するエピソードが語られている。

キャスト 伊達朱里紗、伊東健人、沢城みゆき、杉田智和、梶 裕貴、悠木 碧

スタッフ 原作:ふじた(「comic POOL」連載/一迅社刊)、監督・シリーズ構成:平池芳正、キャラクターデザイン:安田京弘、プロップデザイン:朝井聖子、美術設定:袈裟丸絵美、美術監督:諸熊倫子、色彩設計:坂本いづみ、撮影監督:青嶋俊明、音楽:本間昭光、音響監督:土屋雅紀、音響制作:HALF H・P STUDIO

【おすすめポイント】
今まであまりアニメでは語られてこなかった、日常に潜む女おたくの生態が痛快。フィクション(転職した成海、いきなりオタクに出会いすぎw)ではあるが、キャラクターの心情変化は意外なほどリアル。

< 1 2