Report

「まそたんが愛おしくて仕方ない!」久野美咲・黒沢ともよらが『ひそまそ』の魅力を語る! アニメ『ひそねとまそたん』放送前夜祭トークイベントをレポート!

「まそたんが愛おしくて仕方ない!」久野美咲・黒沢ともよらが『ひそまそ』の魅力を語る! アニメ『ひそねとまそたん』放送前夜祭トークイベントをレポート!

4月から放送が始まり、話題となっているアニメ『ひそねとまそたん』の放送前夜祭トークイベントが2018年4月11日(水)に東京・新宿ピカデリーで行われた。イベントにはアニメの第1話と第2話の先行上映後、樋口総監督、久野美咲(甘粕ひそね役)、黒沢ともよ(貝崎名緒役)、さらにOPテーマを担当する福本莉子が登壇しトークを繰り広げた。ここでは、『ひそまそ』の魅力が語られたイベントの様子をお届けする。

取材・文 / 菊地真由


甘粕ひそねは変わった子? アニメーションでしか描けないキャラクターの魅力とは

1・2話の上映が終わると、樋口総監督、久野、黒沢、福本の4名が登壇しトークイベントがスタート。「(見終わって)どうでしたか?」というMCからの問いかけに観客からはあたたかい拍手が贈られ、樋口総監督を始め登壇者たちからは安堵の笑みがこぼれた。

上映された1・2話の印象を問われると、黒沢は「岐阜に行けば会えるのではないかと思う世界観」とリアリティのあるファンタジーに自身も魅力を感じたと話す。

福本からも「ひそねが初めてまそたんに乗って飛行するシーンが印象的。視界が拓けた時の景色がすごくキレイ」と感想が語られると久野も「あのシーンは感動できるよね」と賛同した。

久野自身も「演じながら変わった子だと思っていた」という主人公の甘粕ひそね。これに対して樋口監督は「アニメーションに出てくる女の子ってこれくらいコントラストが強いものだと思う」と、自身の過去作でもある『ふしぎの海のナディア』のナディアや『新世紀エヴァンゲリオン』のアスカを例に挙げ、ひそねは監督自身の思い描く魅力的な女の子であることを力説。久野からの「監督の理想なんですか?」という問いかけに「そうかもしれない」と戸惑いながらも答えた。

また、“嘘のつけないあまりマジな言葉を口にして人を傷つける”というひそねの素直で真面目な性格について黒沢は「(名緒としては)ムカつきましたね(笑)」とアフレコ当時の思いを暴露。またその分ひそねの真っ直ぐな言葉が演じる自身の胸にも深く刺さったとも語った。

名緒に対しては「ヤンキーでツインテールって最高!」と笑顔を見せた黒沢。名緒自身の境遇や性格を分析し「まだ大人になる途中の女の子」と表現した。

さらに「ひそねも名緒もアニメでしか描けない女の子だと感じた」と語る黒沢に監督からは「黒沢さんが真面目に答えたら俺も真面目に話さなきゃいけない(笑)」と笑いを誘う。

「まそたんが愛おしい」独特なファンタジーの描き方にキャストも興奮

本作の収録は、先にアフレコした声に合わせて後から絵をつけていく部分が多いということで、役者さんに期待も込めて自由に演じてもらったという。これを受けて久野も「映像を観て、想像していたものをはるかに超えた!」と『ひそまそ』のファンタジーの表現に興奮した様子を見せた。

OTF(変態飛翔生体)のまそたんについて、1話の出会いから「ひそねは相当怖かっただろうな」と語る久野。話数をかさね、まそたんの感情と気持ちを通わせていくうちに「今は愛おしくて仕方ない」と笑顔も見せた。

黒沢は「(まそたんの中は)ぬるぬるしてるけどあったかそう。お昼寝したらよく眠れそう」と独特な感想を語り周囲を驚かせた。

OPテーマの「少女はあの空を渡る」を担当した福本は、声を出しやすくするためにジムで20分走ってからレコーディングに挑んだという。曲の印象を聞かれると「壮大な曲だったので歌う時も空や海をイメージした」と話した。

樋口監督は曲のデモを新宿から新大久保の山手線の中で聴き、「いい歌だな」と涙を流したという。ボーカルの選出については「何色にも染まっていない声が欲しい」ということで福本が選ばれたことも明かされた。

また、EDテーマについて聞かれた久野と黒沢からは「みなさんビックリしませんでしたか?(久野)」「ドッキリかと思いました(黒沢)」と、衝撃的で壮絶だったというレコーディングを振り返った。

イベントの最後には観客へ向けて登壇者それぞれが挨拶。樋口監督の「(今後の展開を)何も知らないみなさんの顔を見るのは、笑いが止まらない」という言葉に観客はざわついた。

「ぜひSNSで拡散してください」という樋口監督の言葉に対し、久野は「そういえば私、ガラケーなんです!」と『ひそまそ』の1つのキーワードでトークイベントを締めくくった。

TOKYO MX他にて絶賛放送中のアニメ『ひそねとまそたん』。「Dパイ」メンバーから今後も目が離せない。

樋口総監督が『ひそねとまそたん』を語ったインタビューはこちら
【インタビュー】特撮映画の名手・樋口真嗣が描く“お仕事アニメ”の本気度。航空自衛隊とドラゴンと…異色だらけの話題作『ひそねとまそたん』

【インタビュー】特撮映画の名手・樋口真嗣が描く“お仕事アニメ”の本気度。航空自衛隊とドラゴンと…異色だらけの話題作『ひそねとまそたん』

2018.04.15

TVアニメ『ひそねとまそたん』

TOKYO MX にて 毎週木曜 24:00~
BS フジにて 毎週木曜 24:00~
岐阜放送にて 毎週木曜 24:45~
MBS にて 毎週火曜 26:30~
Netflixにて 毎週金曜配信

※放送日時は変更になる場合があります。

<スタッフ>
原作:BONES・樋口真嗣・岡田麿里
総監督:樋口真嗣 監督:小林 寛 シリーズ構成:岡田麿里
キャラクター原案:青木俊直 キャラクターデザイン:伊藤嘉之 メインメカニックデザイン:河森正治
モンスターコンセプトデザイン:コヤマシゲト コンセプトデザイン:okama ミリタリーアドバイザー:小柳啓伍 美術デザイン:平澤晃弘 美術監督:金子雄司 色彩設計:小針裕子 撮影監督:佐々木康太
3DCG 監督:安東容太 編集:奥田浩史 音楽:岩崎太整 音響監督:山田 陽 音響効果:野口 透
アニメーション制作:ボンズ

<キャスト>
甘粕ひそね(あまかす・ひそね):久野美咲
貝崎名緒(かいざき・なお):黒沢ともよ
星野絵瑠(ほしの・える):河瀬茉希
絹番莉々子(きぬつがい・りりこ):新井里美
日登美真弓(ひとみ・まゆみ):名塚佳織
樋本貞(ひのもと・さだ):朴 璐美
小此木榛人(おこのぎ・はると):梶 裕貴
財投豊(ざいとう・ゆたか):徳本恭敏
柿保令美(かきやす・れみ):釘宮理恵
幾嶋博己(いくしま・ひろき):諏訪部順一
曽々田弘(そそだ・ひろし):中田譲治
まそたん:神田松之丞

©BONES・樋口真嗣・岡田麿里/「ひそねとまそたん」飛実団

『ひそねとまそたん』オフィシャルサイト
『ひそねとまそたん』公式Twitter
『ひそねとまそたん』公式Instagram