Interview

UVERworld メンバー6人が迷いなく突き進む“行く末のない先”とは。新曲「ODD FUTURE」「PLOT」「CORE STREAM」を語り尽くす!

UVERworld メンバー6人が迷いなく突き進む“行く末のない先”とは。新曲「ODD FUTURE」「PLOT」「CORE STREAM」を語り尽くす!

僕らっぽい感じと前に進んでる感じが絡み合ってるところがいい

カップリングの「PLOT」はこれまでのUVERworldらしさを継承しつつ、次の一歩を踏みだした楽曲だいう印象を受けました。これはTAKUYA∞さんが作詞・作曲を手がけられていますね。

TAKUYA∞ 音数の少ないものが欲しいなと思って作ったんです。音数が少なくてオシャレな、それでいてロックな曲にしたいなと思って。サビが一番最初に出来たのかな。最初ってサビだけ聴かせなかった?

克哉 そうやった、TAKUYA∞が“ちょっと聴いて”って持ってきて、すぐに“あ、ええやん!”みたいな。アレンジも「ODD FUTURE」はメンバーそれぞれが考えたものを組み立てていく感じでしたけど、「PLOT」はみんなでやっていって。それがここにきて逆に新鮮でしたね。しかも最近は各自で考えたものを持ち寄ることも多かったから、みんなで一緒にやっていてもアイデアとか音とか出すのが早くなってるんですよ。そういうところで成長も感じられた曲というか。

 TAKUYA∞くんの中で具体的に“こういうアレンジにしたい”っていうのがあったからすごくやりやすかったんですよ。イメージがフワフワしてないから“これやって”って言われたら、すぐ対応できるというか。「ODD FUTURE」に関しては結構模索してたんですけど、この曲はホントすぐ出来た感じですね。

出だしのゴリッとしたギターからしてインパクトがありました。

克哉 TAKUYA∞も言ったように、とにかく音を最小限にして、その最小限の音がすごくいいっていうのを目標に掲げて制作してるんですよ、年明けぐらいからずっと。なので出だしにしても音数少なく、アコースティックギタ一1本でやってみようって話をしてて。

弾いているのは彰さん?

 はい。TAKUYA∞くんがアコギの弾き語りで作ってきたんですけど、そのアコギを録り直してるときに僕がワンフレーズ、ちょっと入れたのがアタマに採用されて。

信人 そのあとにも4小節に一回ぐらい入ってるフレーズが前に来たっていう、な。

 そう。これも“こういうゴリッとした音で、アコギ1本だけで持っていける音でいきたい”っていうイメージがTAKUYA∞くんにあったから、すごく前向きに打ち込めたんですよ。

それにしても強い曲になりましたよね。こっちが表題曲でも全然いいくらい。

TAKUYA∞ 俺もホンマ、この曲はめちゃくちゃ強いと思ってて。『TYCOON』のときに出来ていたら1曲目に持っていったぐらいパワー感のある曲だなと思いますもん。

信人 僕らっぽい感じと前に進んでる感じが絡み合ってるところがいいですよね。でも、やっぱりTAKUYA∞の歌い方が一番大きいかな、これは。特に平歌(メロディの最初からサビまでの部分)の印象が強い。

克哉 たしかに歌い方がこうじゃなかったら、もっと印象は違ってたかも。

それは思います。かなり太くて低いがなり声というか、一瞬、誰が歌ってるんだ? って思ってしまいましたから。

TAKUYA∞ ホントですか! それ、最高ですね。

信人

「ODD FUTURE」とのギャップにも驚かされましたし。これもいろいろと自分の歌声を探った結果ですか。

TAKUYA∞ 全然探ってないです。一発目からこれでしたね、最初から“これでいこう”って。この歌声を出すのはわりと楽勝なんですよ。

「ODD FUTURE」と「PLOT」はTAKUYA∞さんの声の魅力を存分に味わえる2曲とも言えそうです。あと、この曲は歌詞に宿ったメッセージ性も強いですよね。“誰よりも悲しみ知って 涙流したなら/僕よりも君の歌は響くんだよ”とか、聴いた人のエネルギーになるような。

克哉 実は年始に6人で話す機会があって、そこでTAKUYA∞が“自由度高くいきたい。誠果が歌う曲とかあってもいいし、信人がボーカルしてもいいと思うねん。誠果でないと伝わらへん歌もあるやろうし”って言ってたんですよ。それがそのサビの歌詞になってたから、なんかええな、ハマってるなと思って。

TAKUYA∞ この歌詞に関しては自然に出てくるものを書いただけなんですけどね。ただ、昔と少し変わってきたなと思うのは……昔だったらそのサビは“誰よりも悲しみ知って 涙流したから/君よりも僕の歌は響くんだよ”だったんですよ。それが今はこういうふうに書けるようになったというか。

何か理由があるんでしょうか。

TAKUYA∞ どうなんでしょうね。自分たちはもうずいぶんやりたいことをやってきて、まだまだ納得はしていないものの、今はしっかり自分の人生を生きられているなと思ってるんですよ。一方で、僕たちが今いる位置にいきたいと思って必死にもがいている後輩たちがいて、中には自分らのインディーズ時代以上に厳しい日々を過ごしてるヤツらもいたりして。いや、インディーズバンドが金ないなんてのは当たり前なんですよ。僕らも昔、電子ジャーを持ってライブハウスを回ってましたとか言ってるけど、それが普通のことで。ただ、その中でもとびきりツラそうなヤツには“オマエが歌うと俺よりも響く歌があるから頑張れよ”って言ってやりたくなるというか……中にはメンバーに恵まれずに解散してひとりでやってるヤツとかいますし、そうやって頑張ってるヤツらに向けて歌いたくなったっていうのはありますね。具体的に誰っていうことではないんですけど。

自分たちも同じようにもがきながらやってきたからこそ。

TAKUYA∞ とはいってもホント自然に曲に呼ばれて出てきた感じでしたけどね、歌詞は。一番最初のデモの段階で“♪ラララじゃ伝わらへんから、何か日本語を付けてみるわ”って出てきたのが、そのまま残ったのがこの言葉たちで。心のままに呼ばれるものをババッと書いていったらこうなったっていう。

「PLOT」というタイトルにはどんな想いが込められているんです?

TAKUYA∞ あんまり意味はないです(笑)。辞書を調べたそのまんま、“ここまでくるための筋道”みたいな感じで。もともと仮タイトルが「PLOT」だったんです。

真太郎

3曲目はインストゥルメンタルナンバーの「CORE STREAM」、これは昨年のツアー“UVERworld TYCOON TOUR”のために作られて演奏されてきた曲ですよね。今回、改めてレコーディングしてみた感想はいかがでしょう。

 ツアーに出る前もアレンジを決めるために、わりとしっかり仮レコーディングとして録ってるんですよ。そこからツアー1本回ったことで“やっぱりここはこういう音にしよう”“フレーズはこっちにしよう”って改めて考え直せたのがよかったし、おかげでサクッと録れましたね。出来上がったのを聴いても、より完成されてるなって思えましたし。

インストバンドは別として、ロックバンドでインスト曲を音源化してリリースするバンドって最近は少ないと思うんですけど、UVERworldはこうやってちゃんと形にしていますよね。そこにインストへの思い入れの深さを感じるわけですが。

信人 やっぱりライブと繋がってるからかな。音源に入れたほうがお客さんもちゃんと聴いて盛り上がってくれるかなって。“あの曲、なんやったん?”で終わらへんっていうか(笑)。

克哉 そういう意味でも出しとかな、と(笑)。

ライブであれだけ派手に演出してるんだから“なんやったん?”にはならないと思いますけどね。

TAKUYA∞ トイレに行く時間やと思われてたりして(一同爆笑)。

信人 絶対いる! “タバコ吸いに行こうや”とか(笑)。

克哉 ちゃんと書いておいてくださいね、休憩ちゃうぞって(笑)。

誠果 ふはははは! でも俺はツアー中にいろんな人から“今までのインストの中で一番好き”“いつ出るの?”って言われてたから、やっと出せる、やっと届けられるなって感じやけどな。

真太郎 僕もようやく出せるなって思ってますね。僕、わりとライブで観た曲をあとでCDで聴くのが好きなんですよ。その楽しさも味わってもらえたらな、と。

7月25日からスタートするホールツアーも新たに発表されましたしね。現在は次の音源制作が進行中だと思うのですが。そちらはいかがですか。

TAKUYA∞ いい感じです!

先日はTAKUYA∞さんと彰さんでL.A.に行かれたそうですね。

 はい。いろいろ勉強になりました。

TAKUYA∞ すごく良かったですよ。帰ってきてからもその感じがずっと残っていて今も心躍ってます。


【募集終了】抽選で2名様にUVERworldさんの直筆サイン入りクリアファイル(非売品)をプレゼント!

※賞品はお選びいただけませんので予めご了承ください

応募期間

※募集期間は終了致しました。

5月2日(水)~5月9日(水)23:59

・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


UVERworld(ウーバーワールド)

TAKUYA∞(vocal,programming)、克哉(guitar)、信人(bass)、誠果(sax,manipulator)、彰(guitar)、真太郎(drums)。
滋賀県出身。バンド名は“自分たちの世界を超えて広がる”というドイツ語を変形させたUVERとworldから名付けられた。2005年にアニメ『BLEACH』主題歌「D-tecnoLife」でデビュー。2008年に発表された12thシングル「儚くも永久のカナシ」で、初のシングルウィークリーランキング1位を獲得。 さらに同年末には日本武道館、大阪城ホールでの単独公演、2010年には初の東京ドームライブを実現。2012年からはアリーナツアーも敢行。2014年3月、サポートメンバーだった誠果がメンバーとして加入し6人編成に。2017年8月2日に約3年ぶりとなる9thアルバム『TYCOON』をリリース。昨年2月に23,000人の動員を記録した、日本最大規模の男性限定ライブ『UVERworld KING’S PARADE 2017 Saitama Super Arena』の映像作品を2018年3月14日にリリース。7月18日にはオールタイムベストアルバムの発売も決定している。

オフィシャルサイト

< 1 2