2018年春アニメ主題歌特集  vol. 7

Interview

女の子のための憧れアニメ! 大人気「プリティーシリーズ」最新作『キラッとプリ☆チャン』主題歌で届けたい思い Run Girls, Run!インタビュー

女の子のための憧れアニメ! 大人気「プリティーシリーズ」最新作『キラッとプリ☆チャン』主題歌で届けたい思い Run Girls, Run!インタビュー

昨年7月、“Wake Up, Girls! AUDITION 第3回アニソン・ヴォーカルオーディション”に合格した林 鼓子・森嶋優花・厚木那奈美の3人によって結成された声優ユニット、Run Girls, Run!。今年2月にアーティストデビューを果たした彼女たちが早くもリリースする2ndシングル「キラッとスタート」は、テレビアニメ『キラッとプリ☆チャン』のオープニングテーマ曲に起用されている。本稿では楽曲に込めた想いに加え、その楽曲にちなんで“憧れ”といった話題を中心に、彼女たちに話を聞いた。

取材・文 / 須永兼次 撮影 / 山本哲也


憧れる側にいた少女たちは、この曲で届ける側に

林 鼓子

今回リリースされる2ndシングル「キラッとスタート」はテレビアニメ『キラッとプリ☆チャン』のオープニングテーマに起用されていますが、その前身となる『プリティーリズム』『プリパラ』『アイドルタイムプリパラ』から続く“プリティーシリーズ”自体へはどのような印象をお持ちですか?

林 鼓子 ちっちゃい頃からずっと見ていた作品だったので、こうして関われるなんて夢のようだし恐れ多いなっていう部分もあります。その主題歌を歌われていたPrizmmy☆さんにもすごく憧れていたので、自分がそのPrizmmy☆さんや、先輩であるi☆Risさんたちと同じ立場で主題歌を歌わせていただけることを、すごくうれしく感じています。

森嶋優花 プリティーシリーズは、本当に女の子の憧れがギュッと詰まったシリーズだなと思っていましたし、私自身の憧れでもありました。しかも、特に私はキャラクターソングもすごく好きだったというのもあってアイドルたちそれぞれのキャラソンもたくさん聴いていて……これからは逆に私がオープニングテーマを歌う側に立つことになるので、気を引き締めて頑張っていきたいです。

厚木那奈美 私もプリティーシリーズがずっと大好きで。特に『プリパラ』が好きだったんですけど、「もし自分が声優になれたとしたら、いつかプリティーシリーズに出たい!」という夢があったので、こうしてキャストとして関われたうえにまさかオープニングも担当させていただけるとは思っていなかったので、決まったときにはとってもうれしかったです。

では、『キラッとプリ☆チャン』に対してはどういった印象をお持ちでしょう?

 今回はまたちょっと今までの作品とは違って、アイドルだけじゃなくて動画配信サイトがテーマになってるんですよ。

森嶋 現実の流行りとのリンク性がすごいよね。

 そこがプリティーシリーズらしいところなんだよね。だから、今までとはちょっと違った観点で様々なことに「やってみよう!」っていうキャラクターの姿を観られると思うんです。たとえば1話ではやっぱり「アイドルっていいな」ってなりますし、2話だと「お花屋さんっていいな」って思いますし。それに、マネージャーという立場のりんかちゃんも「素敵だな」と思ってもらえたり……いろんなものに憧れてくれたらいいなって思います。

森嶋 そのいろんな憧れに手を伸ばす役割を、はやまる(=林)が演じる(桃山)みらいちゃんと、一緒にチームを組む(萌黄)えもちゃんが率先してやってくれているので……もし私が小さい頃にこのアニメを観ていたら、毎週違うものに「なりたい!」って夢が更新されていっていたような気がします(笑)。

厚木 それに、これからスポーツ系の熱血! みたいなお話もあるので、スポーツ好きな子が観るととてもワクワクできると思うので、楽しみにしてほしいです。あと、さっきはやまるも言ってたんですけど、私が演じてる青葉りんかちゃんは、ふたりを支えるマネージャーという立ち位置なんです。

『プリパラ』シリーズではクマさんとかふゆふゆしたかわいいマスコットがアイドルたちのマネージャーを担当していたんですが、『キラッとプリ☆チャン』ではサポート役が人間になったんです! そんなマネージャーのお仕事も素敵なお仕事なんだなぁっていうのも、りんかちゃんを通じて知ってもらえたらうれしいですね。

夢を叶えようと頑張る人たちに、元気を与える表題曲

森嶋優花

そのオープニングテーマとなっている「キラッとスタート」を、最初に聴いたときの印象はどのようなものでしたか?

  イントロから明るく元気で始まりを感じさせるところが、本当にプリティーシリーズのオープニングらしくて。自分たちとしてもこれまでロック調のかっこいい曲が多かったのでとっても新鮮でした。

始まり感が強い曲なので、ちょうど新生活が始まったばかりの人もこの曲で元気づけられるような気がします。

 そうですね。私自身も新学期が始まったんですけど、聴いてくれる方の中には進学したばかりの人も新入社員の人もいるかもしれないし。そういう人たちの背中を、ちょっとでも押せるような曲になったらいいなと思いますし、自分たちもそういう存在になりたいです。それに歌詞にも「パティシエも モデルにも なれるかな?」っていうフレーズもあるので、『プリ☆チャン』と同じように、この曲で新しい女の子たちの夢が膨らんで、スタートしてくれてもうれしいですね。

森嶋 私は最初「この曲、初めて聴いた人でもノリノリになれる曲だ!」って思いました。初めて聴いたはずなのに勝手に体が動き出して、元気になれるパワーを持っている曲だなと感じました。しかも歌詞も私自身勇気づけられるようなものだったので、「歌にその気持ちを乗せて、聴いてくれた人たちを勇気づけられたらいいな」と思いました。

厚木 プリティーシリーズのオープニングテーマって、どれも女の子の夢を応援してくれるような曲だと思うんですけど、「キラッとスタート」もまさに夢見る女の子の応援ソングだと思いました。私自身、オーディションを受ける前にプリティーシリーズのオープニング曲を聴いて「よし!」って気合いを入れたりもしていたので、夢を叶えるチャンスがあるんだよとこの曲を聴いたみなさんに思ってもらえるように歌いたいなと思いました。

1 2 >
vol.6
vol.7
vol.8