Interview

陳内 将&本田礼生&野口 準が、これから迎える熱い“夏”=MANKAI STAGE『A3!』。抜群のチーム感で本ステージの楽しさを発信

陳内 将&本田礼生&野口 準が、これから迎える熱い“夏”=MANKAI STAGE『A3!』。抜群のチーム感で本ステージの楽しさを発信

2017年に配信開始後、500万ダウンロードを突破した、イケメン役者育成ゲーム『A3!(エースリー)』が、今年6月に初舞台化!
夏組の皇 天馬(すめらぎてんま)役の陳内 将、斑鳩三角(いかるがみすみ)役の本田礼生、向坂 椋(さきさかむく)役の野口 準が、この取材日に初鼎談! 夏組チームならではの明るさが感じられるトークを繰り広げた。

取材・文 / 片桐ユウ 撮影 / 中原幸


みんなで夏っぽいことしたいよね?

みなさん、原作のゲームはプレイされていますか?

本田礼生 はい、もちろん! 僕は「夏組」のメインストーリーまで終えたところです。ハマり過ぎてしまいそうなので(笑)、この舞台の稽古が始まったら再開しようと思って、今はちょっと温めています。

陳内 将 僕も「秋組」のメインストーリーを進めている途中くらいですね。

野口 準 僕は「冬組」までのメインストーリーを終えて、第二部に入りました。

陳内 すごいじゃん!

本田 早い!

野口 でも唯一、自分が演じる椋くんのSSRを持っていないんですよ……。

陳内 僕も天馬がこないんだよなあ。

本田 僕は三角、持っています。

野口 さすがですね!

陳内 将

ゲームもやり込まれているみなさんから見た、それぞれが演じるキャラクターの性格や印象はいかがですか?

本田 僕が演じる斑鳩三角は天真爛漫で、すごく明るい子という印象でした。ゲームを進めていくうちに彼のことがだんだんわかってきて、いろいろなことを抱えながらも笑顔でいられる強さを持っている人なんだなと。ひと言でまとめると、素敵なヘンな子です(笑)。

本田礼生

三角は、登場シーンもインパクト大ですよね。

本田 そうなんですよ! ゲームでは「壁やら天井やらを走って逃げ回る」と……(笑)。まだ稽古前なのでどうなるかわからないんですけれど、うまく表現できたらと思っています。

野口 僕が演じる向坂 椋くんは、とにかく優しくて人のことを考えられる男の子で、周りを見られる人物です。なので、僕も周りをちゃんと見つつ、自分の持っているものも突き通していきたいと思います!……コメント、大丈夫ですか?

陳内 バッチリだよ!

野口 ちょっと緊張していて……(苦笑)。

陳内 全然大丈夫だよ!(笑)

本田 うん。大丈夫、大丈夫!

陳内 僕が演じる皇 天馬は、両親が役者で自身も天才子役上がりなので、それだけにお芝居に対するこだわりや責任感がある人。でもストーリーが進むうちに自分を許すというか、人に甘えることができるようになるので、僕も夏組の中では最年長ですけど、しっかりみんなに甘えて、自分が何者かということを惜しみなく出すことで、そこをつくっていけたらいいなと思っています!

野口 準

役者の方が“役者の役”をやることになりますが、特殊な難しさを感じる部分などはありますか?

本田 役者の僕が“役者の役”って、どういう感覚になるのかなと思ったりはします。

野口 役者が“役者の役”をやって、その“役者の役”が劇中でまた“役”を演じるので、複雑さはありそうだなと思います。

本田 でも、関係性を突き詰めていけば、スムーズに飲み込めるかなと。

陳内 そういう意味では、特別に変わるところはないかもね。“役を演じる”といううえでは一緒なので。一貫して、劇中劇をやっているような感覚にはなりそうだけど(笑)。

本田野口 たしかに!

では役づくりとして今から始めていることはありますか?

陳内 僕は筋トレとランニングを増やしました!

本田野口 おお~!

陳内 それまではアップ程度だったけど、ランニングも5キロから10キロに変更しました。体力をつけないと、17歳役を演じるのは難しい!(笑)

全員 (笑)

本田 僕は三角形に対して敏感になりました。

陳内野口 (爆笑)

三角形、日常生活の中で見つかりますか?

本田 意外にあるんですよ。おにぎりはもちろん、ピザのカットも三角形ですし、標識にも三角形って多いんです。「三角(みすみ)だったら、丸い標識は好きじゃないんだろうな~」と思いを巡らせるようになりました。役づくりとは言えないかもしれないんですけど(笑)。

野口 僕はキービジュアルを撮影したあたりから、ダイエットを始めました。18時以降は食べない、飲まない。でも、椋くんはチョコレートが好物なので、僕自身はそれまでそんなに好きではなかったんですけど、試しに食べてみたらハマってしまったんです。ダイエットを始めたと同時にチョコレートにハマるという……(苦笑)。

陳内 大変だね、それは(笑)。

野口 朝はしっかり食べて、お昼をチョコレートにして、夜は食べないという生活にしています。

本田 すごくストイック! どうしよう、僕は「三角探し」とか言っちゃったのに。

全員 (笑)

陳内 でもダメだよ、ちゃんと食べなきゃ。

本田 そうそう。本番入ったら自然に痩せるし、大丈夫だと思うよ。

野口 でも僕、顔が丸いので……美顔ローラーでコロコロしたりもしています(笑)。効果が出ているのかはわからないんですけど……。

陳内 出てる、出てる!(笑)だって、今日会ってすぐに「あれ? 痩せたな?」って思ったもん。

野口 ありがとうございます(笑)。陳内さん、優しいんです、本当に。控室でもずーっと優しくしてくださる。でも甘えちゃダメだと思っているので、厳しくしてください!

陳内本田 (笑)

みなさんのチーム感を感じます! 夏組にはあとお2人、瑠璃川 幸(るりかわゆき)役の宮崎 湧さんと三好一成(みよしかずなり)役の赤澤 燈さんがいらっしゃいますが、チームワークをさらに高めるために5人でやりたいことは?

陳内 そうだなあ……公演は6月からですけど、みんなで夏っぽいことしたいよね?

本田 いいですね!

野口 やりたいです!

陳内 じゃ、川釣りとか?

本田 あれ? 結構、動かない感じですね?

全員 (笑)

本田 もうちょいアクティブなのを予想していました(笑)。でもケガはしなさそうですね。それ重要です!

陳内 そうでしょ? 日焼けもできないし!(笑)

野口 あはは。僕も賛成です!

では5人で川釣り、ということで(笑)。夏組として、春組には負けない強みを出すとしたら、どんな部分になりそうでしょう?

野口 僕は、お客様を“クスッ”とさせたいです。

本田 いいね、コメディが得意な夏組らしく!

陳内 野口くんは関西出身だもんね。

野口 そうなんです。やっぱりどこかで笑わせたいなって。……って、エラそうに言っちゃっていいのかな? 心配ですけど。

陳内 大丈夫! みんなで笑かそう!

ちなみに野口さんはボケ? ツッコミ?

野口 僕自身はツッコミが好きなんです。ボケるのも全然好きですけど、わりとツッコミが多いかも。

陳内 いいね~最年少がツッコミ役! 年上キャスト、全部ボケよう。

本田 それは大変なチームになりますよ(笑)。

野口 (笑)

陳内さんと本田さんが考える“夏組”の強みは?

陳内 春組はポカポカ系の暖かさなので、夏組は“ギンッ”とした太陽みたいなインパクトを残したいですね。夏といえば「暑いっ!」ってイメージですけど、公演をご覧になったお客様が夏を待ち遠しくなればいいなと思います。

本田 答えが出ちゃった(笑)。でも本当にそうだなと思います。僕も初めて夏組のチームを見たときにすごくインパクトを感じたので、あのときに受けた気持ちをそのままお客様に伝えられたらいいのかなって。……チームメイト的に、春組との違いは勝手に出そうですけど(笑)。

陳内 そうだね、間違いない!(笑)

1 2 >