2018年春アニメ主題歌特集  vol. 8

Interview

アニメ『シンカリオン』を盛り上げまくる“ガンガンズダンダン!”というパワーワード。新しい自分を目指す「進化理論」BOYS AND MENインタビュー

アニメ『シンカリオン』を盛り上げまくる“ガンガンズダンダン!”というパワーワード。新しい自分を目指す「進化理論」BOYS AND MENインタビュー

名古屋発のエンターテイメント集団・BOYS AND MENが、TBSテレビアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』のオープニングで元気な歌声を響かせる! パワー感と疾走感に満ちたアッパーチューンの「進化理論」がガンガンズダンダンと日本列島を駆け巡る。そんな“ボイメン”のメンバーから田村侑久、勇翔、土田拓海、吉原雅斗に話を聞いた。

取材・文 / えびさわなち
撮影 / 小賀康子


子供たちも一緒に歌いたくなるだろうな。親御さんにも覚えていただけたら(土田)

土田拓海

アニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』のオープニング曲「進化理論」を歌われているBOYS AND MENですが、この曲を初めて聴いたときの印象はどんなものでしたか?

田村侑久 アニメの主題歌らしい曲だなって思いました。子供も覚えられるメロディと、サビの盛り上がりと爽快感。いい曲を頂いたなって思いましたね。

土田拓海 僕も爽やかだなって思ったし、カタカナの歌詞をテンポ良く歌うのって子供たちも一緒に歌いたくなるだろうなって。親御さんにも覚えていただけたら嬉しいですね。出だしからパワーワードとなる「ガンガンズダンダン!」って出て来ますし。

吉原雅斗 耳残りが良くて、前奏もすごくカッコいいですし、印象的なフレーズもそうですし、最初はわかりやすい曲だなって思ったんです。でも歌詞を見ていくと、意外と難しい言い回しも出て来るんですよ。そこはお母さんに「これってどういう意味?」って聞きたくなる、好奇心をも刺激してくれると思うと深いなぁ、と感じましたね。

勇翔 楽曲に出会う前に『シンカリオン』の動画を結構見ていたので、曲を聴いたときにはまず「作品にぴったりだな」と思いましたね。あとはレコーディングの時に「進化理論」というタイトルがついていて、歌詞にも出て来るんですけど、歌うときには「シンカリオン」って歌っているので、アニメにマッチしているなというのを再確認しました。

いろんな場面で自分が頑張っているときにこの曲を聴くと、より頑張れる(勇翔)

勇翔

今回の歌詞は『仮面ライダー』シリーズの楽曲の作詞でもお馴染みの藤林聖子さんなだけに、男の子のハートに響くワードが多いのかな、とも感じます。好きな部分はどんなところですか?

田村 「壮快ビュんビュん!」のとこはガンガン来ましたよね。あとはやっぱり出だしとかサビになっちゃいますね。メロとの連動もあるんですが、シンプルでまっすぐな歌なので、そういうところは好きです。特にサビは一番テンションがアガります。

吉原 僕は「響かせろ君だけのハートビート」のところがすごく好きで。このフレーズって必殺技っぽくてカッコいいですよね。ちょうど僕はここを担当させてもらっているんですけど、内に入って消えかかっているところからもう一度バン!と放つようなパワーもあって、歌っていてもちょっと必殺技を言ってるみたいで気持ちがいいですね。

土田 「進化それは時代逆らって起こす革命」という部分の流れの、盛り上がっていく感じは聴いていても気持ちがいいなって思うんです。出来る事ならここを歌いたかった!って思うくらい好きですね。

勇翔 僕もサビになるんですが「もっと強く」とか「もっと速く」ってところですね。僕はロードバイクに乗るんですけど、自転車に乗りながらこの部分が頭の中で響くんですよ。めちゃくちゃ合うんです。新幹線だけでなく、いろんな場面で自分が頑張っているときにこれを聴くと、より頑張れる、というのはあると感じますね。

1 2 >
vol.7
vol.8
vol.9