Interview

大人女子の恋愛あるある満載! 映画『ラブ×ドック』で親友役を演じる吉田 羊×大久保佳代子が本音トーク

大人女子の恋愛あるある満載! 映画『ラブ×ドック』で親友役を演じる吉田 羊×大久保佳代子が本音トーク

いくつになっても恋をしていたい。ときめいていたい。でも、恋で失敗して大切なものを失ってしまうのはもうこりごり…! そんな恋に億病になってしまった大人必見のラブコメディが5月11日(金)に公開された映画『ラブ×ドック』だ。35歳をすぎて恋に走ってしまったために大切な仕事も親友も失い、「遺伝子検査をすれば恋にまつわることがすべてわかる」という怪しげなクリニック「ラブドッグ」を訪れるヒロイン・飛鳥を演じるのは、確かな演技力と知的で親しみやすいキャラクターで今や押しも押されぬ人気女優となった吉田 羊。飛鳥の親友で未婚のシングルマザー千種を演じるのが、バラエティで活躍中のお笑いコンビ・オアシズの大久保佳代子だ。

本作が初監督作品となる鈴木おさむならではシュールでポップな笑いが炸裂する脚本を、等身大でチャーミングに演じている二人に、作品について、そして自身の恋愛・人生観について語ってもらった。

文 / 井口啓子 撮影 / 増永彩子


アラフォーあるある!「自分が傷付かないように防御線を張ってしまうところも共感できた」(吉田)

まず今回演じられた役についての思いを聞かせていただけますか。ご自身と似た部分はありましたか?

大久保 私が演じた千種はアラフォー子持ちで、世間一般の条件みたいなので言えば、決して良くはないのかもしれないけれど、すごくポジティブに楽しく生きてる。だから私自身は妊娠も子育てもしたことないし、シングルマザーの経験もありませんが、「ひとりで仕事して生きてる感」は重なるところもあって、無理なくすんなりと役に入ることができました。しかもあんなハッピーエンドが待ってるって…。ラストには生きる希望をもらいましたね(笑)。

吉田 私が演じた飛鳥さんは共感できるポイントがたくさんありました。仕事においては私も認められたい、評価されたいという思いで奮闘している最中なのですごくリンクしましたし、恋愛においても不器用ながらも心に正直に突き進んでしまうところも似ていて、それでいて自分が傷付かないように防御線を張ってしまうところも共感できました。もう飛鳥さんのひとつひとつの台詞が本当に身に詰まされて、リアルに発することができました。

監督もお二人にそれぞれ役と重なる部分を期待されたんでしょうか?

吉田 それもあるでしょうし、おさむさんからは「僕が言いたいことは全部台本に書いてあるから、それを踏まえた上でその役をどう演じるかは役者さんに任せたい。役にその人の“人(ニン)”が滲むのが正解だと思うから、好きなように料理して下さいって」って言われて。役者として信頼していただいたのかなって気持ちよくやらせていただきました。

飛鳥と千種はこれまで何度も恋に走って痛い目にあってきた経験から新たな恋に踏み出すことに億病になっています。個人的には、まさにアラフォーあるある!という感じで共感せずにいられなかったのですが、お二人にも似たような経験はありましたか?

吉田 「あなたはいずれ私と別れる。だったら今のうちに別れておきたい」って飛鳥が星矢に対して言う台詞は、私、実は言ったことあります(笑)。ああ、そういや、こういうことあったなーって。

大久保 そうなんだ! でも冷静に考えてアラフォーぐらいの年齢の人が星矢みたいな若い子に真っすぐ迫って来られても、何かあるだろお前? って疑わないわけがないよね。狙いはお店出す資金か?って(笑)。で、若い女と浮気されるんじゃないか? って疑いながら付き合うぐらいなら…って絶対思うちゃいますよね!

野村周平、吉田鋼太郎、玉木 宏の印象は?「どこまで計算かわかんないけど、常にドキドキさせてくれる」(大久保)

その野村周平くん演じる年下ボーイ・星矢に、吉田鋼太郎さん演じるカリスマパティシエの淡井さん、玉木 宏さん演じるジムトレーナーの野村さん。本作には年齢もキャラクターも異なる魅力的な俳優さんが3人も登場するわけですが、それぞれの印象を教えていただけますか?

吉田 野村くんに関しては、彼のパプリックイメージってヤンチャじゃないですか? でも実際の彼はとても誠実で役に対して真面目で、今回は私に恋をする役だったので現場でも「羊さん可愛いわー、素敵だわー」ってわざわざ声に出して言ってくださって。それは自分を鼓舞する気持ちもあっただろうし、私を気持ちよくさせたいという思いもあったんだろうけど、それぐらい役と真摯に向き合って星矢を作ってくださったので、私も本当に素直に可愛いなっていう気持ちで恋愛ができました。でも、違う日には大久保さんを可愛いわーって褒めてたんだよね(笑)。

大久保 そうそう、で、これは気持ちよくなっちゃうよね!って話を現場でしたよね。どこまで計算かわかんないんですけど、常にちょっとドキドキさせてくれるんです。若いんだけどちょっと昔の男の子っぽい感じもあって…。

吉田 好きなものは好きってちゃんと言う、真っすぐさがあってね。話してても本当におもしろい。

大久保 もう、まんまと掴まれましたね。

吉田 玉木さんはねえ、もう声が良すぎる! お顔が本当にきれいな造形をされてて、それでいて、あの肉体美で…。

大久保 コントみたいな赤いランニングでね。あれ普通の人が着たら絶対コントに転がっちゃうコスチュームなのに、真顔で着こなして、見事に二枚目に見せてしまう。もう別世界の住人のような方で、彼が真っすぐ来てくれたら絶対クラっときますよね。また待ち時間も優しくて、何このスマートな会話!?って。

吉田 そうそう、スッと道を譲って下さったり。今回の宣伝でご一緒した時も、私が自虐的に「吉田 羊の恋愛映画なんて観たい方がいるのか」って言ったら「そんなことないですよ」って言ってくださって。それが大袈裟じゃなく、あくまでさりげなくてね…。鋼太郎さんは大人!って感じですよね。セクシーだし、独特のロマンチックな表現が…。もちろん淡井さんの台詞として言ってるんですけど、鋼太郎さんはあとどれぐらいこういう引き出し持ってるのかなって想像しちゃう、奥深さを感じました。

大久保 確かに、私生活でもこういうこと言っててもおかしくない感じですよね。

吉田 ただ今回は私に惚れられる役だったので、鋼太郎さんもあえて距離をおいて、私から話しかけられるのを待っていらした気がします。

大久保 おお、テクニシャン!

吉田 だから、シャイな方でもあるのかな?

なるほど、参考までに、どの方がいちばんタイプですか?

吉田 どうだろう、それぞれに魅力的だからな。

大久保 それって私、大久保佳代子としての発言でいいです(笑)? どういう目線かな、恋人として? 結婚相手として?

吉田 じゃあ恋人で行こう!

大久保 それだと、やっぱり玉木さんかな。赤いランニングシャツ、上ちょっと羽織ってとは言うけど(笑)。やっぱり二年とか付き合いたい相手は玉木さんでしょ。で、最後は私がどんどん億病になっていって、勝手に浮気してると勘違いして破滅してゆくっていう(笑)。で、一晩とか一回、熱烈でムーディな恋愛をするなら鋼太郎さんかな。

吉田 確かに、素敵な夜を過ごせそうだよね。私は不倫じゃなければ付き合うのも鋼太郎さんかな。鋼太郎さんというか淡井さんだけど(笑)。先輩としても励ましあえるし、プライベートでもたくさん女性を喜ばせる言葉の引き出しを持ってそうだから、明日はどんな言葉をくれるのかな?って。

大久保 やっぱり年の功だけあってダンディな色気があるし、それでいてお茶目だもんね。

1 2 >