Review

『暴れろ 動物たちよ! スマホでパーティー』盛り上がること間違いなしのゲーム3選!

『暴れろ 動物たちよ! スマホでパーティー』盛り上がること間違いなしのゲーム3選!

ゴールデンウィーク直前の2018年4月26日に発売された『暴れろ 動物たちよ! スマホでパーティー』というゲームをご存じだろうか……これはまさしく、みんなでキャッキャッするため、いやワイワイギャーギャー騒ぎながら楽しくプレイするために生まれたゲーム! なんと自分のスマホやタブレットがコントローラーになるという現代ならではの代物。PlayStation®4のコントローラーがひとつしかなくても、スマホが人数分あれば最大4人で遊べるのだ! ふむふむ……我が家は自分と夫、息子の3人家族だけれど使えるスマホは2台しかない。おや、そういえば最近スマホを買い替えたばかりの兄(暇)がいたな……ということで、兄(暇)に新旧2台のスマホを持って来てもらい、そのままゲームにつき合ってもらった。今回は2親等内という小規模な範囲で行われる大規模なバトルをお届けだー!

文 / 大部美智子


ゲームを始める下ごしらえ

『暴れろ 動物たちよ! スマホでパーティー』はダウンロード専用販売なので、いつでもカカッと購入できる。使用するスマホ・タブレットに“『暴れろ 動物たちよ! スマホでパーティー』コンパニオンアプリ”(無料)をダウンロードしたら準備完了!

すべてのスマホ・タブレットが同じWi-Fiで接続されている必要があるけれど、Wi-Fi環境がない場合でもPlaystation®4がWi-Fiスポットになってくれるので安心。ゲームのタイトル画面から“オプション”に進み、そこで“Wi-Fiスポット”をオンに。あとはスマホからWi-Fi接続の設定をすればオッケー。スマホの音量を上げておいたほうが楽しいよ!

▲ゲームの司会者Mr.フォックス。ずる賢く、プレイヤーを転がすようにゲームを進行してくれる。ちなみに妻子持ちで、ゲーム開始時に甘い会話が聞ける

パーティーのはじまりだ!!

まず目に留まるのがファンキーな動物たち。粘土細工のような質感と、このなんとも言えないブサ可愛さ、ワキワキとした機敏な動きがだんだんとクセになってくる。この動物たちがプレイヤーキャラクターになるのだけれど、まずゲームを始めるまえにプレイヤーアイコンを撮影する必要がある。これがまた顔写真を使えるというアメリカンな仕様! ふぇぇ、今回の筆者はスッピンなので無理でしゅう……。ということで、部屋にあった花をパシャリ。すると「君に似ているのはこの動物だね」と、写真から自動的に動物を割り振ってくれた。実際の顔写真で似た動物を選ばれる感覚は、きっとドキドキするに違いない。

▲ニワトリだったりイヌだったり。全部で12種類の動物がいる

ゲームの種類は14種類。遊びかたは大まかに3パターン。好きなゲームをひとつ遊ぶ「ミニゲーム」、Mr.フォックスが取り仕切る「フォックスのパーティー」、そして任意のミニゲームを組み合わせた「セッションをカスタム(ゲームパック)」。タイトル画面で△ボタンを押すとゲームモードを変更できる。ちなみに、4つのゲームとボーナスチャレンジが組み込まれているフォックスパーティーでも30分前後でできるので、「ちょっと一戦交えようぜ!」というときも気軽に遊べる。

ルールは単純明快なうえ、本番まえに練習ができるので安心。さらに、スマホ操作はタップやスワイプ、スマホを傾けるといった簡単なアクションのみなので、プレイヤーの年齢も関係なく遊ぶことができる! いや、さすがに赤ちゃんは無理かもしれないけれど、いろいろな動物が画面のなかでわちゃわちゃしているのを見るのはきっと楽しいと思う。高所から落下した動物は粘土細工よろしく、ベチャッと潰れたりするし……(笑)。

さてさて、この14種類あるゲーム、名前はどれもどこかで聞いたことがあるようなないような……(笑)。今回は私が遊び倒した結果、ぜひともオススメしたい3つのゲームを紹介! あと、先にお断りしておくけど、このゲームは白熱するがゆえにプレイ中のスクリーンショットが撮れないことが多かった! 撮りにくい!! そこがこのタイトル唯一の気にしなくてもいい欠点(笑)。なので、スマホ(ゲームに使用できないほど古いやつ……)で撮影し、しかも揺れてしまっている写真が混じるけれどあしからず……。

▲ちなみに、ソロプレイのときはMr.フォックスが「一緒に遊ぶ友達がいない? じゃあ ボッチなキミのためにカタチだけの友達(NPC)を呼んであげよう」と、ライバルを用意してくれる……(笑)

1 2 >