Interview

The Folkees 博多発めんたいロック直系の4人組は、フォーキーなサウンドとパンクなスピリットで東京を目指す

The Folkees 博多発めんたいロック直系の4人組は、フォーキーなサウンドとパンクなスピリットで東京を目指す

福岡・博多から登場した4人組だ。その名の通り、日本のフォーク・ミュージックからの影響も受けながら、一方で博多のバンドらしく、めんたいロックやそのルーツにあるブリティッシュ・ビートへのシンパシーもうかがわせるサンドを聴かせてくれる。メンバー全員が出演した、シーナ&ロケッツの半生を描いたNHKドラマ「you May Dream」が全国放送されて注目度が高まるなか、1年半ぶりの音源をリリースする。
ここでは、そのバンドのプロフィールや今回の制作、さらには博多への思いをメンバー全員に語ってもらった。

取材・文 / 兼田達矢 撮影 / 田中和彦

ていねいに伝えるためにはちゃんと歌うバンドでないとダメだなと思いました。

The Folkeesはどんなふうに始まったバンドなんですか。

糸永 ドラムが僕の小学校の同級生、ギターが中学の同級生、ベースが高校の同級生なんですけど、中学生になった頃にバンドやりたいという話になって、そこから始まりました。

中学のときに始まったということは、その時々でそれぞれとバンドをやっていたということですか。

糸永 いや、ドラムとギターとは中学の時に一緒に始めて、それからずっと一緒です。

スンジン 中3のときに、この3人と、もうひとり別の人間と4人で組んでずっと活動してたんですけど、そのもうひとりがバンドをやめるとなったタイミングでそのバンドは解散して、でも僕ら3人は続けたかったから、マエソンを入れて…。

腕利きのベーシストだったんですか。

マエソン いや、入るときは全然弾けなかったです。

スンジン ほぼ初心者でしたけど、仲が良かったから。

糸永 いいヤツなんで。

マエソン ヒマだったしね(笑)。

糸永直幸(Vo,Gt)

(笑)、そのタイミングがThe Folkees結成ということになるんですか。

糸永 そうです。その前はNew Clear Familyというパンク・バンドをやってて、“閃光ライオット”とかも全国大会に出るくらいバリバリ活動してたんですけど、でも初期衝動で動いてたバンドなのでうまくいかず、それでいまやってるような音楽になったということですね。

初期衝動で動いていても、うまくいかないですか。

糸永 そうですね。初期衝動だけじゃていねいに伝わらなくて…。ていねいに伝えるためにはちゃんと歌うバンドでないとダメだなと思いました。

ということは、The Folkeesを始めるときには、みなさんのなかではテーマというか方向性ははっきりしてたわけですね。

糸永 前は初期衝動でワーッと叫ぶばかりのバンドだったんですけど、たまにゆっくりした曲を歌うと、それがいいと言ってもらえて。だから、歌い方はこうだなと思って。でも、その初期衝動もいまだに忘れてはいないです。

マエソン(Ba)

マエソンさんは前のバンドのライブを見に行ったりしてたんですか。

マエソン しょっちゅう行ってましたよ。

どういう印象だったんですか。

マエソン いまとは全然違う顔して歌ってましたね。坊主にしてるときもあったし(笑)。僕はいまの歌ってる感じのほうが好きです。

前のバンドでパンクをやってたのは、何かに腹を立ててたんですか。

糸永 学校が厳しかったですよね。高校がとにかく厳しくて、それの反動というか。

それでも、バンドはやれたんですね。

糸永 いや、もちろん先生たちには内緒です。“閃光ライオット”の決勝で東京ビッグサイトに出たときも、先生にバレると怒られるので、内緒でズル休みして行ったんです。

ということは、その当時の初期衝動の内容としては「先公、バカヤロー!」ということですか。

糸永 それとか、モテない自分に対する歌とか…。

カミムラ モヤモヤしてる童貞の歌とかね。

カミムラさんもスンジンさんもモヤモヤしてたんですか。

カミムラ 糸永が特にずっとイライラしてたんで、そのイライラを緩和させないように、僕らも激しいビートで煽ってたという感じです(笑)。

糸永 (笑)、スンジンが当時はベースだったんですけど、そのイライラをかっちり音にしてくれてたんで。

当時はベースだったんですか。だったら、マエソンさんが入るときにはギターやってもらったほうが楽だったんじゃないですか。

スンジン いや、マエソンがベースを持ってたんで。で、僕はギターとベースをほぼ同時期に始めてて、一応どっちも弾けてたんで、僕がギターということになりました。

そのThe Folkeesでは、ていねいに歌を伝えるというテーマだったわけですが、糸永さんとしてはワーッと叫んでた頃と比べると、“歌ってやったぜ!”みたいな感覚が減ったような感じはなかったですか。

糸永 いや、音楽の形は変わって、心の中ではずっと叫んでるので、そこにギャップはないですね。

4人が共通して通らざるを得なかったのは、やっぱりめんたいロックで、サンハウス、ルースターズとかには、みんな影響されてます。

バンド名にFOLKという言葉が入ってるくらいだから、フォーク・ミュージックをやるバンドなんだろうと受け取る人も少なくないと思いますが、そういう名前をつけたということはやはり、みなさんはフォーク・ミュージックを好きなんですか。

カミムラ まず僕とスンジンはレコードが好きで、お父さんのレコードをあさったりするなかで加川良さんの音楽に出会って、そこでフォークにハマっていったんです。僕は個人的には60年代のUKロック、リバプール・サウンドと言われたような音楽が好きで、ビートはそういう感じを目指しています。

スンジン 僕も60年代のUKは大好きなんですけど、僕の音楽の趣味は高校の頃からいつも行ってるレコード屋のおじさんが勧めてくれるもののほぼ受け売りというか、それでほとんど構成されてますね。例えば僕がレコード・プレイヤーを買うきっかけになったのは、そのおじさんが勧めてくれたドクター・フィールグッドの『ダウン・バイ・ザ・ジェティ』です。

糸永 僕も高校の頃、そのレコード屋によく行ってたんですけど、先輩のバンドに「高田渡がいいから、聴け」と言われて、そのレコード屋で聞いたら、そのおじさんが「オレは高田渡は好かんけん、これ聴け」と渡されたのが、はっぴいえんどの『風街ろまん』だったりしたんですよ。「これが、日本のビートルズじゃ」って(笑)。そういうおっちゃんです。

(笑)、すごく博多的な話ですね。マエソンさんは?

マエソン 僕はまったく違ってて、クラブ・ミュージックばかり聴いてました。フォークに出会ったのはこいつらに出会ったときですね。でも、聴いてみると、すごく視野が広がった感じがしましたけど。

糸永 4人が共通して通らざるを得なかったのは、やっぱりめんたいロックで、博多で音楽をやるには避けては通れない音楽ですよね。サンハウス、ルースターズとかには、みんな影響されてます。

自主制作盤の頃はスキルがなかったからすごく時間がかかってたけど、レコーディングの回数を重ねるほどに上手くなってるのを実感できるんですよ。

さて、今回の作品は音源としては約1年半ぶりのリリースということになるわけですが、どういう流れで制作は進んだんですか。

糸永 2017年がCDを作れなかったので、今年は絶対出したいと思って絞り出して作ったCDですね。

「作れなかった」と言われましたが、去年は曲ができなかったということでしょうか。

糸永 そうですねえ…。

スンジン 単純に、ライブが忙しい年だったということもあるんですけど…。

The Folkeesでの曲作りのパターンというのはどういう形なんですか。

糸永 基本的には、僕とスンジンと二人で作ってて、僕が鼻歌程度のものを彼に渡してギターで音をつけてもらう形と、彼が作った曲に僕が詞を乗せるという形と2パターンですね。

スンジン(Gt)

その形で今回も「絞り出した」ということですか。

スンジン 音源を出すことに決めてから作ったわけじゃなくて、1曲1曲作っていったので、できた曲をライブに取り入れたりしながら曲をためていきました。

今回収録されたなかで、「タイムトラベル」は『Folkee Life』という自主制作のミニアルバムに入っていた曲のリテイクですよね。

スンジン そうです。

スンジン 「キャッチ」「大人になっても」はライブでやってきて音源化した曲で、「レイニー」が完全な新曲になります。

例えば「タイムトラベル」は、今回の音源を聴くと、ギターが3本鳴っていますから、おそらくライブとは違うアレンジになっているということだと思いますが、そういうふうに音源にするバージョンはそういうものとしてアレンジしてレコーディングするという考え方なんですか。

スンジン 僕らはそういう考え方です。ライブとは違う、音源でしかできない表現もあると思うので。

逆に、例えば「キャッチ」という曲ができたとして、それをライブでやるときにはそのためのアレンジとして仕上げるということですよね。

スンジン そうですね。ただ、あの曲についてはライブでは安定しなかったというか、完成した形でライブでは見せられなかったんですよね。

糸永 ライブをやっていくなかで完成した曲ですね。

スンジン 「大人になっても」も同じように、ライブで固めていった曲です。

カミムラコウタ(Ds)

カミムラさんは、今回の制作を振り返ってみて、何か印象に残っていることはありますか。

カミムラ 「タイムトラベル」は当初入れるつもりはなくて、エンジニアの人にも4曲のレコーディングと伝えてありました。でも、レコーディングを始めてみると、思ってたよりもスムーズに進んで時間が余っちゃったんで、それで「タイムトラベル」を録ろうかという話になったんです。それで、早速取りかかったんですけど、なんだかしっくりこなくて、いったん録るのはやめて、アレンジを練り直して、せっかくだから音源にしかできない形にしようということで、いろんなアイデアを盛り込んでかなりブラッシュアップした形の「タイムトラベル」になりましたね。

その時間が余ったところで「タイムトラベル」をピックアップしたのはどうしてなんですか。

カミムラ ウチのレーベルの社長がお気に入りの曲なんです(笑)。

糸永 (笑)。ウチの社長が夢で、武道館で「タイムトラベル」をやったのを見て、朝イチで電話かけてきて、「あの曲を録ろう!」って。

マエソンさんは、今回の制作を振り返ってみて、いかがですか。

マエソン やっぱり自主制作盤の頃はそもそもスキルがなかったからすごく時間がかかってたんですけど、それがレコーディングの回数を重ねるほどに上手くなってるのを実感できるんですよね。

スンジン 成長の幅がいちばん大きいですよね、マエソンが。

そういう意味では、前作からの1年半の間、ライブを忙しくやっていたことも大きかったんじゃないですか。

カミムラ そうですね。ライブがいちばん反省点がみつかりますからね。

ライブでみつけた反省点は今回のレコーディングにも生かされていますか。

カミムラ そうですね。グルーヴ感とか…。

スンジン コウタが練習するようになったんですよ(笑)。元々は練習しない人で、というのも前のバンドのときにドラムを始めて1年くらいでいろんな人に褒められて、それから甘やかされて、甘やかされて(笑)。それで、いままでまったく練習せずにやってきてたんですけど、でも前回のアルバムで反省したやろ?

カミムラ やっと気づけた(笑)。

どんなことに気づいたんですか。

カミムラ レコーディングはクリックを聴いてやるんで、“俺って、好き放題叩いてたけど、リズム感ないな”って。それで練習してやってみると、余裕が生まれたんで、前は正確に叩くことで精一杯だったのが、今回は“ここをこうしたら、かっこよくなるな”とか気づけたりして、そういうこともレコーディング中に相談しながらやっていけました。

自分たちの気持ちが広く届くといいなという思いを込めて、アルバムのタイトルを『LETTER』にしました。 

演奏のスキルということとは別に、曲を作るということについてこの1年半の間ライブを重ねたことは何か影響はあったように思いますか。

糸永 ライブでお客さんと面と向かって自分たちの曲を聞かせるということを繰り返していると、曲を作るときにもその風景が眼に浮かぶというか、その気持ちを歌に乗せることができる感じがあるし、それを今回は音源化できたなという感じはあります。だから、そういう自分たちの気持ちが広く届くといいなという思いを込めて、アルバムのタイトルを『LETTER』にしました。

前のバンドのときには、例えば厳しい学校生活の鬱屈を吐き出すとか、そんなふうにテーマがはっきりしてたんだと思いますが、いまのバンドで何を歌うか、『LETTER』というタイトルに沿って言えば、その宛先や内容についてはどんなふうに考えていますか。

糸永 それは、いまの自分の行く宛の無い感情、“こうしたいんだ!”という思いだったり、あるいは自分に向けて“こうしようよ”という思いだったり、そういうことを、ある意味では一方的に投げつけて、誰かに当たればいいなと思ってる感じですね。

とるすと、例えば1曲目の「夜を越えて」という曲ができたときには、そういう思いをひとつ投げつけられたなという感触があるわけですか。

糸永 あの曲は本当に絞り出した曲で、いろいろ詞を書いてたんですけど全然形にならなくて、“もう嫌だ!”と思ってギター弾いたときに出てきた詞とメロディで、本当に偽りのない感情で歌えた曲だと思いっています。

The Folkeesはていねいに歌を伝えるというテーマで始まったバンドという話が冒頭にありましたが、そこで何を伝えるかということについては前身のパンク・バンド的な“どうなんだ。俺は!”みたいな感情をダイレクトに伝えるところに戻ってきているのかもしれないですね。

糸永 戻ってきたというよりは、あの頃から何も変わっていないんだと思います。歳を重ねるなかで悩みの中身は変わってくるけれど、根本的な心の中はずっと変わっていないのかなと思います。

今はやっぱり、博多でNo.1ということが目標ですね。

この新作がリリースされると、さらに活動が展開していくことになると思いますが、自分たちの活動の未来をどんなふうに展望しているんですか。

糸永 今はやっぱり、博多でNo.1ということが目標ですね。福岡で応援してくれている人がいっぱいいるので、その人たちに僕らが東京でバンと爆発してる姿を見せられたら最高だなと思います。

過去のめんたいロックのバンドと同様、The Folkeesもやはり東京進出を目指すんですか。

スンジン 福岡を拠点に活動してても、東京でライブを見せることは可能だし、だから「東京か、福岡か」みたいなことはそんなに考えなくてもいいのかなと思うんですけどね。

糸永 博多のバンド、として続けたいですけどね…。シーナ&ザロケッツのNHKドラマに僕ら出させてもらったんですけど、そこでも博多の音楽の歴史というものを肌で感じたんですよね。

なるほど。最後に、1年後にはThe Folkeesはどうなってると思いますか。

カミムラ 福岡の顔になってると思います。

スンジン ライブの映像とか見ると、まだ磨くべきところがいっぱいあると思うんですけど、そういうところを全部無くして、心の底から納得したものをちゃんと世に出せるようになっていたいですね。

糸永 僕は、どこの土地に行ってもいっぱいの人の前でライブをやるバンドになってると思います。

マエソン 1年後…、雑貨屋やってると思います(笑)。

(笑)、脱退してるの?

マエソン それは冗談ですけど、僕がバンドやってるのは生活の一部分になってるようなというか、例えば洗濯物を干してるときに聴いてもいいような、そういう曲を作れるバンドでありたいと思ってるので、そこに一歩でも近づいていたいですね。

期待しています。ありがとうございました。

フォトギャラリー

The Folkees

糸永直幸(Vo,Gt)、カミムラコウタ(Ds)、マエソン(Ba)、スンジン(Gt)。
福岡在住の4人組ロック・バンド。2012年結成。福岡を中心に、どこか懐かしく新しい楽曲と熱いライブが話題を呼び、九州のメディア、イベントには引っぱりだこ。福岡の大神フェスにも多数出演。シーナ&ロケッツの半生を描いたNHKドラマ「You May Dream」に出演し、俳優デビューも果たした。

オフィシャルサイト
http://modpop.wixsite.com/thefolkees