Interview

ゆるふわリムーブ 自分たちのカラーをより鮮明に意識した新作で彼らはどんなことに挑み、どんな手応えを感じているのか?

ゆるふわリムーブ 自分たちのカラーをより鮮明に意識した新作で彼らはどんなことに挑み、どんな手応えを感じているのか?

昨年6月にリリースした初めてのミニアルバム『芽生』がじわじわとセールスを伸ばし、そのCDの動きに足並みを揃えるように各地でライブの魅力をアピールして支持を広げている。そうした着実な足取りの成果を伝える2枚目のミニアルバム『綻び』が届いた。前作以上に楽曲の表情が豊かになったこの新作の制作はどんなふうに進められたのか? 詞/曲を担当する網谷直樹とドラムの高宮蘭真に、この1年の活動を振り返ってもらうとともに、今回のアルバムの聴きどころについて語ってもらった。

取材・文 / 兼田達矢 撮影 / RYUSUKE  MIYAMOTO

お客さんの反応を見てると、(ライブでも)この4人の色がちょっとずつ出せるようになってきてるんじゃないかなと思います。

まず、前作リリースからの1年を振り返ってみてください。

高宮 本当に一瞬だったなあという感じで、もう1年経ったのかという気がしますね。

前回のインタビューで「ライブはまだ得意な気がしない」と話されていましたが、そのあたりこの1年の間に変わってきたところはありますか。

網谷 まだ他のバンドに比べるとペースは遅いですが、ちょっとずつ…、ホントに少しずつですが、いい方向には向かっているのかなというふうには思っています。

どういうところに変化を感じていますか。

網谷 ライブをするにあたってのメンバーの意識というか考え方が変わってきたなと思うんです。前は、自分たちもお客さんも楽しむというような感じだったんですけど、お客さんが楽しむというか音楽を感じることができるのは、やっぱりまず僕らの演奏が大事だし、演奏してるときの表情からまず変えていこうという話になって、そのあたりもちょっとずつ改善されていってるように感じています。

高宮 1年前と比べると、みんなで共通の意識を持ってやれてるかなという感じはあって、その僕らのなかの意識をお客さんとも共有できるようにするにはどうしたらいいのかなということを考えながら、今はやってます。

高宮さんはドラムだから、ステージでみんなの動きを見ながらやれる位置にいるわけですが、メンバー3人のパフォーマンスをどんなふうに見ていますか。

高宮 いやあ…、上から目線の話になっちゃいそうですけど(笑)、網谷くんについては、MCの内容が、多少ライブ前から決めて話してるところもあるとは思うんですが、ライブをやるごとにどんどん良くなってるというか、僕も聞いてて心打たれるような話をしてるし、ギターの真也とベースの智志の演奏はすごく頼もしいなと感じることが多いです。智志とは、二人でスタジオに入ったりして、そこで話したことがライブでもきっちりできてるなということも感じますね。

では、精神的な部分でも技術的な部分でも手応えを感じているということですね。

高宮 まあ、そうですかねえ…(笑)。

網谷 (笑)、まだまだこれから、というところもたくさんあるんですけど、去年の今頃と比べれば少しは前に進めているのかなということは感じています。

網谷直樹(VO&G)

網谷さんは、前回のインタビューの時点では「この4人ならではのグルーヴやアンサンブルというものをもっと追求したい」という主旨のことを話されていましたが、その「この4人ならでは」という部分も感じられるようになってきましたか。

網谷 前回のインタビューのときはまだ今の4人になって間もない時期だったので、本当に初歩的な音作りのところでいっぱいいっぱいになってたんですけど、今はいちばん新しいメンバーの智志まで含めて全員と意思疎通がずいぶんできるようになってきてるんです。だから、ライブもメンバーが共通の意識でやれるようになってきてるんだと思うし、お客さんの反応を見てると、この4人の色がちょっとずつ出せるようになってきてるんじゃないかなと思いますね。で、僕らは楽曲のタイプとかジャンルについてはいろんな音楽をやりたいと思ってて、そこをもっと磨いていけば、僕たちの色をはっきり持ったバンドになれるのかなと思っています。

お客さんの反応ということで言えば、『芽生』という音源を出して、それが広く行き渡ったことの効果というものを感じる場面も少なくなかったんじゃないかと思うんですが、いかがですか。

網谷 やっぱり一緒に歌ってくれてるが増えてるように思いますし、そういう人とは通じ合えてるのかなということも感じますよね。それに、先に音源を聴いてきてくれてる人は僕らが言わなくて自然に手が上がったり、その曲に合わせた体の揺らせ方をしてくれたりして、すごくやり甲斐を感じるし、だからこそもっとがんばらないといけないということも思います。

『芽生』の曲についての反応で何か印象に残っていることはありますか。

網谷 やっぱりPVも作った「スカーレット」という曲で涙を流している人がけっこういて、あの曲をやったライブの後にはわざわざそれがうれしかったということを話しかけてくれる人もいたりするんですよね。

高宮蘭真(DS)

高宮 「かくれんぼ」という曲は僕らのなかでもかなり変化球で、ライブではどうなのかな?と思ってたところもあったんです。でも、例えば昨日のライブはお客さんが好きな曲を1曲リクエストできるという企画だったんですけど、そのリクエストにも「かくれんぼ」がけっこう入っていたし、普段のライブでも「かくれんぼ」が聴きたいと思って来てくれてる人もけっこう多いみたいで、そこまでライブでも人気があるんだというのは、僕はちょっと意外でした。それから「泡になる前に」という曲は、『芽生』を出す前にシングルとしても出した曲で、そのシングルで出した当時からお客さんの反応がけっこう良くて、僕たち自身も気持ちが高ぶる曲でもあるし、「泡になる前に」はライブでひとつポイントになってる曲かなという気がしています。

最近は曲全体についてクオリティーを高めるためにみんなで協力して仕上げるというふうに自然になってきましたね。

さて、今回のアルバムを作り始める時点ではどんなことを考えていましたか。

網谷 まずアルバム1枚を通してドラマがあるような作品にしたいなと思っていました。だから結婚する人に向けての曲だったり、「シオンの涙」という曲は僕が小学校の頃に見た「1リットルの涙」というドラマの女性の気持ちを自分ありに解釈して、その人の目線で書いた曲だったり、そういうふうに歌詞の部分でいままでに無かった感じの曲が入っています。そういうふうに、自分が実際に体験したこと以外のことを題材にして書くのは初めてだったんですけど、でもそれは僕にとっても新鮮で、新しい世界を広げられたかなと思っています。

高宮 僕もストーリーのある感じにはしたいなと思っていたんですけど、1曲1についても曲調がこういう感じがいいなとか、例えばリフから始める曲とかサビから始まる曲とか、いろいろイメージはあったので、それを全部網谷くんに伝えて、それを彼がうまく形にしれくれたという感じです。

網谷 それに、一人ひとりの音作りとか、そういう細かいこともメンバーみんなで話し合ったりしたし、曲作りについてもいままでは僕一人で作ってたんですけど、今回は僕が1コーラス作ってきたのをみんなで声を出しながら展開を考えていったりしたので、いままでにない楽曲ができたかなと思っています。

曲作りにメンバー全員が関わる度合いが増えたというのは、そういうふうにしようというような話し合いがあったんですか。

網谷 いや、みんなで話した結果というわけではなくて、それぞれがいろんなことを言ってくれるようになってて、特にベースの智志が曲の展開などについて「こうしたら、どう?」というようなことを言ってくれるんですよね。それは多分、みんなの意識のレベルが上がった結果だと思うんです。前は、僕が曲を作って、それぞれは自分のパートのアレンジを考えるというのが基本的なパターンだったんですが、最近は曲全体についてクオリティーを高めるためにみんなで協力して仕上げるというふうに自然になってきましたね。

本田智志(Ba)

今回のレコーディングを振り返って、何か印象に残っていることは?

高宮 1曲目の「碧き青春」について、僕のなかでは曲作りの段階ではどうなるんだろう?と思ってたところがあったんです。でも、もちろん納得してないわけじゃなかったから、そのまま制作が進んでいって、歌入れをしてミックスしたものを聴いたときに“この曲、こんなにいい曲だったんだ”と思ったんですよ。それは、どうも僕だけじゃなくて、みんなもそういう感じが強かったみたいで、なので1曲目になりました(笑)。

網谷 (笑)。

「ブレイブ」という曲のストレートなビート感が、個人的にはちょっと意外というか、ゆるふわリムーブはこういう曲もやるんだと思ったんですが、この曲についてはどんな印象ですか。

高宮 僕自身は、こういうタイプの音楽をやってるバンドってあまり聴かないんですけど、だからドラムについても智志にいろいろ聞いたりしながら仕上げていきました。

「ブレイブ」はそもそもどんなふうに生まれた曲なんですか。

網谷 攻撃力のある曲というか、ライブで威力を発揮するような、それまでの流れを一気に変えてくれるような曲が欲しいなと思ったんです。僕らは、基本的にはお客さんが聴き入ってくれるような曲を作るようにはしてるんですけど、そういう曲ばかりだとやっぱりライブにメリハリがつけられないなと思って、だからそういう曲が作りたかったんですよ。智志からは、ちょっと激し目というか、BPMがちょっと速めの曲がほしいということは前から言われていて、それをいま作るしかないと思って作ったのが「ブレイブ」です。

久保真也(Gt)

網谷さんは、今回の制作を振り返って何か印象に残っていることはありますか。

網谷 僕が個人的に好きなのは「碧き青春」なんですけど、思い入れが強いのは最後に入っている「愛の花束」という曲で、というのも僕が前に働いていた職場でお世話になった先輩が結婚したんですけど、その先輩から書いてほしいと言われて書いたのがこの曲なんです。結婚式場で実際に歌ったときにも二人とも涙してくれて、書いて良かったなと思ったし、その曲をバンドで音源化できたこともすごくうれしかったですね。それから、テレビ新広島に「全力応援プロジェクト」というキャンペーンで、そのタイアップ曲として依頼されて書いたのが2曲目の「明日を鳴らせ」という曲で、これは毎日を過ごしていくなかでがんばってるけどうまくいかないという人の背中を押したいなと思って書いた曲です。

生々しさを残したいから曲にする、という感じですね。時間が経つと別の考えになったりすることもあるので。

先に話してくれた「シオンの涙」も含め、これまでの自分の体験をもとにして書き始めるのとは違う歌詞の書き方をやってみて、どんなことを感じましたか。

網谷 僕はいつも歌詞からイメージして曲を書くんですけど、今回のように自分の経験じゃないことから歌詞を書き始めると、曲調やメロディの展開もいままでにない感じになったりして、そういう意味でも今回のアルバムはいままでにない新しいものを感じてもらえるんじゃないかなと思っています。

今回のそうした曲の作り方をやってみて、人からお題を提供される形でもなく、と言って自分の経験をもとにするわけでもない形で曲を書くということもやっていくことになるでしょうか。

網谷 どうなんでしょう…? 最近は、自分の語彙力を高めるためにたくさん映画を見てるんですけど、そうしてるとただ語彙力を高めるということだけじゃなくて、いろんな視点を持てるようにもなるのかなという気がしてるんですね。ただ映画を楽しむというだけじゃなくて、そこで監督が何を言おうとしているのかということを自分なりに理解するということを見るたびにやってて、それをこの後の曲作りに生かせるといいなと思っています。

何度か話が出た「シオンの涙」ですが、単純に興味を惹かれるのはピアノで始まってピアノで終わるというアレンジです。あのアレンジは、誰がピアノを弾いてるのかということも、どういうふうに進んでいったんですか。

網谷 ピアノの音って、脆くて割れやすいガラスのようなイメージが僕のなかにはあるんですけど、「1リットルの涙」というドラマを見てすごく考えさせられたのは人のいのちというのも当たり前に生きてはいてもいつ終わるかわからないということで、だから曲の始まりと終わりのピアノでそういう人のいのちがいかに脆く儚いものなのかということを表現したかったんです。で、そういういつ終わってしまかわからないものをいかに大切にできるかということを聴いた人にも感じてもらえるとうれしいなと思います。

「ウソヲツク」という曲はどういうふうに生まれた曲ですか。

網谷 これは、当時付き合っていた女の子と結局は別れてしまうことになって、そのときに僕は彼女に「君が幸せになれれば、それでいいよ」と言ったんですけど、でも僕自身はじつはそんなことはまったく思っていなくて(笑)、だから皮肉な気持ちも込めてこの曲を作ったという感じです。

曲にする時点でのその体験は、網谷さんのなかではまだまだ生々しい状態なんですか。それとも、もう過去のことになった感覚があるから曲にできる、みたいな感じですか。

網谷 生々しさを残したいから曲にする、という感じですね。時間が経つと別の考えになったりすることもあるので、まず生々しく感じている時点で思ったことを曲にしてみるんです。

あの曲が印象的に思われたのは曲調が穏やかでアコースティックなサウンドなのに歌われている内容はかなり切ないということで、網谷さんのなかではその女の子と別れたという出来事はああいう曲調のような体験だったんですか。

網谷 いやいや、本当は地面を叩き割ってやろうかってくらいの感じでしたけど(笑)、でも“俺はへっちゃらなんだぞ”というふうに見せてやろうという気持ちもあって、だから青空の下で鼻歌を歌いながら“嘘つきだなあ”と思ってるっていう、そういうシーンを思い浮かべながら書きました。

高宮 この曲は今回のアルバムのなかではちょっと違う雰囲気の曲ですけど、網谷くんが落ち込んでたのも見てるから、彼の心の中を見た感じというか、彼の面白い一面が出てる曲だなあと思います。

1年後には、僕たちの色をはっきりわかってもらえるようなライブができるようになっていたいと思います。

『綻び』というアルバム・タイトルは、どのタイミングでどういうふうに決めたんですか。

網谷 僕らのなかで勝手に“ネガティブポップ”を作っていこうという話をしてて、それは二面性というか、ネガティブな一面とポップな感じと両方持ってるよという意味なんですけど、そのことを表現するのにどういう言葉があるだろうと考えてて、ベースの智志がこの言葉を持ってきてくれたんです。この言葉は“顔がほころぶ”みたいにいい意味で使われることもあるけど、“服がほころんでる”みたいに良くない意味で使われることもあって、つまりプラスの意味とマイナスの意味がある言葉ですよね。ネガティブポップもプラスとマイナスの両方ということだから、この“綻び”というのは自分たちの音楽を表現するいいワードだなと思ったんです。このアルバムの7曲も同じようにメリハリのある並びだから、タイトルとしてもぴったりの言葉だなと思って決めました。

なるほど。最後に1年後のゆるふわリムーブはどうなってると思いますか。

網谷 ワンマン・ツアーはやれるようになってたいなとは思うんですけど…。そのライブ自体も、今はまだ僕たちらしさというものが20%とか30%くらいしか出せてないと思ってるんですけど、1年後には初めて見た人も“これがゆるふわリムーブだな”というふうに僕たちの色をはっきりわかってもらえるようなライブができるようになっていたいと思います。

期待しています。ありがとうございました。

フォトギャラリー

ライブ情報

6月3日(日)広島・広島クラブ・クアトロ

ゆるふわリムーブ

網谷直樹(VO&Gt)、久保真也(Gt)、本田智志(Ba)、高宮蘭真(Ds)。
広島を拠点に勢力的に活動中の4ピースバンド。2015年8月度のMUSH A&R MONTHLY ARTISTに選出され、同年12月にはスペースシャワー主催オーディションDay Dream Believerにて全国3569組より最終選考4組に残る。2016年1月にはタワーレコードFIRE STARTERレーベルよりワンコインシングル「透明な藍のようにe.p.」をリリースするも、発売より9日で完売。以降一年間にタワーレコードEggsレーベルより3枚のシングルをリリース。2017年3月には、広島で開催された新たなサーキット・イベント“HIROSHIMA MUSIC STADIUM-ハルバン’17-”にて1日目トリを飾った。同年6月にリリースした初のミニアルバム『芽生』は第10回CDショップ大賞2018中国ブロック賞を受賞した。その楽曲の良さと、胸に刺さり時に包み込むようなVo.網谷の声を武器に、広島から全国へ挑戦し続ける。

オフィシャルサイト
https://www.yurufuwaremove.com