Interview

「舞台ならではのエンターテイメントを!」良知真次&吉谷光太郎が語るミュージカル「Code:Realize ~創世の姫君~」の魅力

「舞台ならではのエンターテイメントを!」良知真次&吉谷光太郎が語るミュージカル「Code:Realize ~創世の姫君~」の魅力

いよいよ、5月17日より東京公演が幕を開けるミュージカル「Code:Realize ~創世の姫君~」。女性向け恋愛アドベンチャーゲームを原作とする本作は、猛毒を全身に宿し怪物と恐れられる少女・カルディアが泥棒紳士と名乗る男、アルセーヌ・ルパンと出会い、仲間と共に機鋼都市ロンドンを舞台にしたテロ計画に立ち向かう姿を描くストーリー。稽古も終盤に差し掛かった5月某日、本作の見どころについて、ルパン役の良知真次と演出の吉谷光太郎に話を聞いた。

取材・文 / 近藤明子 撮影 / 冨田望


クールでかっこいいルパンを演じられるかプレッシャーが!?

稽古場の雰囲気はいかがですか?

良知真次 僕は、君沢ユウキさん以外のキャストの方々とは、今回が初共演になります。スケジュールの関係で、皆さんより遅れて稽古に合流したのですが、比較的年齢が高めのキャスト陣ということもあり、なんだか落ち着いた感じの現場だなと感じました。なにより演出の吉谷さんが楽しそうで、現場の雰囲気はとてもいいんですよ(笑)。

吉谷光太郎 演者の皆さんに対して要求することが多い過酷な現場なので、雰囲気だけでも楽しくしようと思ってます(笑)。僕は良知くんが遅れて参加するのには慣れていますから。

良知 あはは! 以前ご一緒した作品でも直前に別の舞台があって、僕の稽古期間が1週間なかったりして、皆さんに心配をかけてしまいましたからね。あの時は申し訳ありませんでした!

吉谷 それでも良知くんは本番の幕が開けるまでに完成させてくるから、今回も全然心配してない。合流直後からキャスト同士でいろいろ話している姿を見かけるし、キャスト間のコミュニケーションは問題ないでしょう。どう?

良知 そうですね。ヴァン(エイブラハム・ヴァン・ヘルシング/秋沢健太朗)、フラン(ヴィクター・フランケンシュタイン/仲田博喜)、インピー(インピー・バービケーン/鷲尾修斗)とは同じチームということもあり、よくしゃべっていますね。吉谷さんは、稽古場で閃くと「これ変えよう」と突然言い出すので、キャスト同士で密にコミュニケーションを取り合わないと本当に大変ですから(苦笑)。

吉谷 キャストからいろいろ“もらえる”ものがあると、つい欲張っちゃう(笑)。昨日の稽古でも、良知くんと君沢くんの冗談のようなやり取りを見て、新たにちょっと笑えるシーンを入れたりしたんだよね。そういう部分はキャスト側から提示してもらわないと僕には思いつかないこと。アイデアが増えるのは、キャストの素の感じや「こうやりたいんだろうな」っていうのを感じ取ってのことだったりするんだよね。

良知 原作は決して明るいだけの物語ではないけれど、全編通してシリアスのみだと演じる方も観る方もキツイじゃないですか。シリアスの中にも届けたいメッセージがある作品なので、メリハリをつけることで、そのメッセージがより伝わると思うんです。そういう意図もあり、昨日の稽古ではエッセンスとして楽しいシーンを入れてみました。

吉谷 ミュージカルなので、やはりショーアップしたものを作りたいし、テロが起きる物語なので、明暗のバランスは取りたいなとは考えています。何より良知くんがエンターテイメントの人なので、彼の歌とダンスをフューチャーした“良知真次”が主演であるからこそ創れる『Code:Realize』にしたい。良知くんが主演じゃなかったら、また違った感じの『Code:Realize』になると思うから、今作での君の力は偉大だよ、ホントに!

現段階で、良知さんは今作でどんなアルセーヌ・ルパンを創り上げていきたいと考えていますか?

良知 原作のルパンは、カッコ良さとユニークさを併せ持つキャラクターなので、そこをどう舞台上で表現していけるか試行錯誤している真っ最中です。ルパンの可愛らしさが垣間見えるシーンは、僕1人だけでは表現できない部分なので、キャラクター同士のやり取りの中で自然と出していけたらいいなと考えています。一番重要なのは「カルディアを魅力的に見せられるルパン」であることなんですけど、実は少なからずプレッシャーが……。

え? プレッシャーですか?

良知 昨日の稽古の合間に、カルディア役の長谷川愛さんとお芝居以外の話をする機会があったんですけど、彼女は“風男塾(ふだんじゅく)”という男装ユニットでも活動されていると聞きビックリしたんです。僕、初共演の方に先入観を持たないように、事前にその方の経歴など調べないし、実際にお会いして話をした印象を大切にしたいと思っているんですね。男装している写真も見せていただいたのですが、なにあの美少年! 長谷川さんは、本作ではカルディアという可憐な女性を演じますが、風男塾での男前な彼女を知っているファンがステージを見て「愛ちゃんのルパンの方が良かったんじゃない?」って思われないように、かっこいいルパンを演じなければというプレッシャーがハンパない!

吉谷 それに昨日気づいたんだ(笑)。大丈夫! 良知くんのルパンや長谷川さんのカルディアはもちろん、ほかのキャストの皆さんも本当に素敵だから。

公式サイトのビジュアルを見て、観劇されるみなさんとても楽しみにしていると思います。話を戻して、作品の内容についてですが、今回はミュージカルということで、歌はどのくらいのボリュームがあるのでしょうか?

吉谷 全部で15~16曲くらいです。僕が演出を担当するミュージカル作品の中ではやや少な目ですけど、原作の世界観が色濃く表現されたドラマチックな楽曲をはじめバラエティ豊かな曲がそろっていて、全然少なく思えない。

良知 最近、凄く思うんですけど、2.5次元作品の音楽ってすごく難しいですよね。たとえばブロードウェイ作品ならやはり“THEブロードウェイ”的な印象の曲が多いし、韓国ミュージカルはK-POP寄りの楽曲が多いという特色がある中で、2.5次元に関してはポップス寄りの曲や、ちょっとジャジーなものなど、ひとつの作品の中に様々なジャンルの音楽があるので、それを歌いこなすのはもちろん、原作のイメージを崩さないように説得力を持たせるのが本当に難しい。だって原作のアニメでもゲームでも、物語の中で登場人物たちは歌っていないですからね。今回、メインになる曲が2曲あるのですが、明るい曲の方が耳に残るという人もいれば、逆に暗い曲の方がいいという人もいると思います。でも、どちらも聴き手の胸に刺さる曲であることは間違いない。どの曲も歌いながら「これはいいシーンになるな」という手ごたえを感じています。楽しみにしていてください。

このキャストだから表現できるパフォーマンスで、原作の魅力を何倍にも増幅させる化学反応を楽しんで!

初共演の方が多い現場で、良知さんはどうコミュニケーションをとっていますか?

良知 自分から距離を詰めて行こうとは思っていなくて、やっぱり自然と役を通して話しながら親しくなる感じですよね。特に僕は遅れて合流したということもあり、皆さんの方から「今、ここまで稽古が進んでいて、こういう状態で……」って教えてくださるんですよ。みんないい人たちだし、変わっている人も多いし(笑)。

たとえば、どんな風に変わっているのでしょうか?

良知 スリッパを履きながら稽古する人がいたり。

吉谷 普通は「走る気ないだろう!」って怒るところですけど、なんだか怒れない空気感を持っているんですよ、“その人”は。一応「危ないからケガをしないように気を付けろよ」って声をかけるんですけど……まぁ、君沢ユウキなんですけど。

良知 言っちゃった(笑)。

吉谷 でも、君沢くんはカンパニーにとってとても大きな存在。良知くんといい感じにジョークを飛ばし合って場の空気を和ませてくれる影響力がハンパない(笑)。年齢的にも他のキャストより上なので引っ張ってくれるところもあるのですが、全体的に若すぎないカンパニーだからなのか皆さん慣れ合うことなく適度にいい距離感を保っているし、最近は稽古場の会話の中でも余裕が感じられるようになってきたかな?

良知 そうですね。そしていろんな意味でここから本番までの残り少ない時間が勝負だなと言葉にせずとも皆さんの雰囲気からも感じるものがあるので、きっとこれからどんどんいい方向に変わっていくと思います。それは僕もすごく楽しみですね。

吉谷 今日から稽古に全キャストが揃うので、いよいよ最後の詰めの作業に入ります。ダンスはフォーメーションで決まるけど、アクションは呼吸で変わるし間違えたらケガにもつながりますから、そのあたり詳細に詰めていかないと……。なので現場はなるべく明るく、重たい空気にならないようにするのが演出の僕の役目なんです(笑)。

原作ファンとしては、どの部分を主に描くのか気になるところだと思います。見どころとしてはどんなシーンがありますか?

吉谷 今回、アニメのストーリーに添って描きますが、その中でも「この事件が起きて、この人と出会う」というシーンは絶対に入れなければいけない。元々仲間であるルパンとインピーは会話の中でその関係が成り立ちますが、ヴァンとルパンが出会った瞬間や、カルディアとフィーニスの出会い、そして何よりルパンとカルディアの出会いのシーンは丁寧に描きたいですね。“出会いの瞬間”にドラマが生まれる作品ですし、それがクライマックスのルパンとカルディアのシーンに生きてくると思うので。そのために前半戦は華やかに、闘いのシーンも激しくどんどん温度を上げていって、最後は二人だけの世界に……そういう美しいシーンを描きたいです。

良知 吉谷さんの演出の魅力は、ストーリーが交差して様々な感情の動きが観る側の感性を震わせるところ。なので、どこか1シーンを選んで「ここを観てくれ!」というのではなく、作品全体を見て世界観に浸ってもらいたいです。

いよいよ数日後には幕を開けますが、楽しみにしている皆様にメッセージをお願いします。

吉谷 いかにミュージカル作品として『Code:Realize ~創世の姫君~』の世界を舞台上に再現できるか。そして我々にしか表現出来ない『Code:Realize ~創世の姫君~』を創りたいと思っています。今作は良知くんと長谷川さんの二人でなければ、また違った色合いの作品になると思いますし、「このキャストが創るミュージカル」は、魅力的な原作にさらにオリジナルの要素を加えた最高のパフォーマンスが完成するはず。その化学反応を楽しんでいただけたらと思います。

良知 ゲームファンのお客様、アニメファンのお客様が注目して本作を観に来てくださると思います。今、キャスト&スタッフが一丸となって、原作に負けない熱量で創り上げていってます。一人でも多くの方に観ていただいて、この『Code:Realize ~創世の姫君~』をさらに愛してもらえるように……。「ゲーム、アニメ、ミュージカル、全部面白かったね」と言ってもらえるような作品にしたいなと思っています。いや、します! ぜひ期待して劇場にお越しください。


【募集終了】抽選で2名様に良知真次さんの直筆サイン入りチェキをプレゼント!

※賞品はお選びいただけませんので予めご了承ください

応募期間

※募集期間は終了致しました。

5月15日(火)~5月22日(火)23:59

・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


良知真次(らち・しんじ)

1983年3月16日生まれ。東京都出身。主な出演作に【舞台】『陰陽師』、『幕末Rock』、『さよならソルシエ』、『ダンス・オブ・ヴァンパイア』、ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』など。【ドラマ】『帰郷』、『都市伝説の女』【映画】『群青 愛が沈んだ海の色』、『タイガーマスク(実写映画版)』がある。

オフィシャルサイト
オフィシャルブログ

吉谷光太郎(よしたに・こうたろう)

1976年4月30日生まれ。大阪府出身。主な演出・脚本舞台に、舞台『男水!』、ミュージカル『少女革命ウテナ ~白き薔薇のつぼみ~』など。演出作品に『人狼 ザ・ライブプレイングシアター』、ミュージカル『スタミュ』、ミュージカル「ヘタリア」シリーズなど多数。

オフィシャルTwitter

ミュージカル「Code:Realize ~創世の姫君~」

東京公演:5月17日(木)~20日(日) シアター1010
大阪公演:5月26日(土)~27日(日) 森ノ宮ピロティホール

原作:オトメイト (アイディアファクトリー/デザインファクトリー)
原作協力:Code:Realize PROJECT
演出:吉谷光太郎
脚本:浅井さやか
音楽:tak
振付:MAMORU

出演
アルセーヌ・ルパン 役:良知真次
カルディア 役:長谷川 愛
エイブラハム・ヴァン・ヘルシング 役:秋沢健太朗
ヴィクター・フランケンシュタイン 役:仲田博喜
インピー・バービケーン 役:鷲尾修斗
サン・ジェルマン 役:滝澤 諒
フィーニス 役:星元裕月
エルロック・ショルメ 役:君沢ユウキ
ランパール・レオンハルト 役:大力

アンサンブル
仲田祥司
澤邊寧央
山口 渓
多田 滉
下村 彩
熊田愛里
藤縄雄大
熊田健大朗

企画・プロデュース:4cu
制作:ポリゴンマジック
主催: MUSICAL Code:Realize PROJECT

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter

©IF/DF ・ MUSICAL Code:Realize PROJECT

Code:Realizeのゲーム一覧