黒川文雄のエンタメ異人伝  vol. 16

Interview

FFイラストレーター天野喜孝氏(下)尽きない創作意欲、若手クリエイターへのメッセージ

FFイラストレーター天野喜孝氏(下)尽きない創作意欲、若手クリエイターへのメッセージ

音楽、映画、ゲームなどを総称するエンタテインメントは、人類の歴史とともに生まれ、時代に愛され、変化と進化を遂げてきました。 そこには、それらを創り、育て、成熟へ導いた情熱に溢れた人々がいます。この偉人であり、異人たちにフォーカスしインタビュー形式で紹介するエンタメ異人伝。

静岡で生まれ、絵を描くことが好きだった少年は、中学卒業とともに、東京に旅立つ。そして、今は亡き「竜の子プロダクション(現在はタツノコプロダクション)」の創業者 吉田竜夫のもとで、テレビアニメーションの仕事に就いた。当時、黎明期だった日本のテレビアニメーションの発展とともに、少年は成長し、自らの世界観を表現するべく、世に自身を問うことになり、今に至る。

その少年の名は天野喜孝。

絢爛な色彩は日本を越えて世界へ、孤高のテイストはカテゴリーを越えて様々なカルチャーと融合し、その世界観は今なお飽くなき探求心を具現化する。

今回の「エンタメ異人伝」は、天野義孝のエンタテインメント感、クリエイティブにかける想いのルーツを探り、彼を動かすモチベーションに迫るものである。

※本記事は3回にわたってお届けするインタビューの最終回です。第1回(上)第2回(中)はこちら

インタビュー取材・文 / 黒川文雄


そのときにいいと思ったものが、たまたま出ちゃっているだけだと思うんですよね

ひとつお聞きしたいんですが、僕が天野さんの絵で、すごく気になっているのが「目」なんですよ。天野さんの描かれるキャラクターの目というのはすごく印象的で、繊細な中にも力があって。ある種、歌舞伎的というか、日本的な目の描き方を感じるんですけど、天野さんが何か感じた上で、あのような表現になっているというのはありますか?

天野 どうなんでしょうね。ただ、絵の中の人たちや生き物も生きていますから、やっぱり意志があると思うんですよね。それが目に出ているのかもしれないです。もちろん、指とかにも出ているんでしょうけど。

ええ、ええ。

天野 あと、人間ってやっぱり顔を、目を見ちゃいますよね。だから、そう感じるというのもあると思います。

なるほど、そうですね。それでも、僕は天野さんの絵のポイントというと「目」という感じがします。

天野 どうなんでしょうね。

ディテールの部分の描き込みの密度がすごく高いっていうのも常に感じますね。あと、その描かれる年代によって色の感じとか、たとえばタッチも変わっているように思うんですけど、それはやっぱりご自身のお気持ちの変化みたいなものが現れているのでしょうか。

天野 結果論というか、そのときにいいと思ったものが、たまたま出ちゃっているだけだと思うんですよね。それが繋げてみたら、だんだん変わってきているように見えるっていう。でも、自分は変化するつもりとかなくて、そのときいいと思ったものを正直に出しているだけなんです。多分、みんなそうだと思うんですよね。

「天野喜孝展 天馬」(注20)で、入ってすぐ左側に80年代の絵がありましたよね。あの絵はトーンが淡い感じだったんですよ。ところが、最近の天野さんの作品を見ると、すごく色がはっきりしていて力強さを感じるんです。もしかしたらお気持ちの変化とかがあるのかなと思いまして。

注20:天野氏がファンタジー小説の挿画や『ファイナルファンタジー』シリーズなどで描いてきた騎馬やペガサス、ユニコーンなどの作品を展示する「馬」をテーマとした個展。馬の博物館とJRA競馬博物館で2018年6月24日まで開催。

天野 それは枚数にもよりますね。5枚描けって言われて、全部ハデな感じでやっちゃうと飽きてきますから、ちょっとおとなしいのもやろうかなっていう。そういったバランスみたいなものは、あるのかなあと思います。もっと引いて俯瞰で見てみたら、何か大きな流れみたいなものが、あるのかもしれないですけどね。

あと、色は季節によっても違いますね。今の季節(インタビューが行われたのは4月)だと、けっこう淡い色の絵を描くことが多いです。パステルな感じというか、そっちに魅かれるんですね。たとえばティーの葉とか、今だと黄緑色ですが、季節が進むと強い緑になりますよね。色の場合はね、そういうのもあるのかなと思います。

今回の展覧会で最近の作品も拝見したのですが、すごくタッチが強いというか、もしかしたら色使いなのかもしれませんけど、やはり力強さを感じたんです。

天野 今回は「馬」がテーマなので、そういう絵が多いんじゃないですか。馬に乗って戦ってるとか(笑)。

なるほど(笑)。そういうイメージですかね。

天野 それはあると思うんですよね。今回のこの展覧会をやることになって、それで自分の絵を見ていったんですが、けっこう馬の絵が多いなと思って。『グイン・サーガ』(注21)とか『アルスラーン戦記』(注22)とか、『エルリック』(注23)もそうですし。で、だいたい馬に乗って戦ったりしてるんですね。だから、そういう絵が結果的に多くなったんだと思います。

注21:豹頭の戦士グインを軸に、さまざまな人々の織りなす人間ドラマを描いた栗本薫原作の大河ファンタジー。130巻にも及ぶ長大な作品だが、2009年に著者が死去したため未完となった。
注22:パルス王国の王太子で、のちに王となるアルスラーンと、その仲間たちの戦いを壮大なスケールで描いた田中芳樹原作のヒロイック・ファンタジー。本作の最初の発行元である角川文庫版のイラストを天野氏が手がけた。
注23:マイケル・ムアコック(注18参照)の『エターナル・チャンピオン』シリーズのひとつである『エルリック・サーガ』のこと。メルニボネ帝国の最後の皇帝であるエルリックを主人公に物語が展開していく。

馬と人間を組み合わせた絵が多かったというのは、何か思いがあってのものなんでしょうか。

天野 物語の中に馬というのは当たり前に出てくるんです。ファンタジーは特にね。ファンタジーじゃなくても舞台が現代でなければ……たとえば100年前なら自動車とかもそんなにないでしょうし、移動手段は馬や馬車になるじゃないですか。もっと辿っていけば騎馬戦っていうんですかね、馬に乗って戦ったりするものも多いですし。

なるほど。天野さんの作品は世界的にもすごく評価を受けていると思うんですが、日本と世界で評価のポイントの違いみたいなものを感じることはありますか。

天野 どうなんでしょうね。ブルゾンちえみさんじゃないですけど70憶人の中に日本人って1憶ちょっとじゃないですか。そういう風に考えると分かりやすいですよね。たとえば世界が日本だとしますよね。そうすると、日本は○○県とか××市とかになりますよね。そんなの日本全体のレベルから見ると、ごく一部じゃないですか。そういう風に考えると、日本と海外の評価っていうのは違って当然で、スケールの違いだけだと思うんですよね。世代が同じというほうが国別よりも考え方とか近かったりしますし。

なるほど。

1 2 >
vol.15
vol.16
vol.17