Interview

【インタビュー】声優・戸松遥、“10年間温めていた”新曲の構想を明かす。アルバム『COLORFUL GIFT』からの…楽しみすぎる10周年ライブツアーへ!

【インタビュー】声優・戸松遥、“10年間温めていた”新曲の構想を明かす。アルバム『COLORFUL GIFT』からの…楽しみすぎる10周年ライブツアーへ!

前作から3年ぶりとなるオリジナルアルバム『COLORFUL GIFT』をリリースした声優・アーティストの戸松 遥。ソロデビューから10周年を迎える記念すべきタイミングで制作されたメモリアルなアルバムは、どんな作品になったのか? 彼女に話を聞いた。

取材・文 / 青木佑磨(クリエンタ/学園祭学園)


ソロで大きなフェスに参加させていただいたことで、とてもいい勉強になりました

3rdアルバム『Harukarisk*Land』のリリースから3年の間に、アーティスト活動に対する姿勢に変化などはありましたか?

戸松 遥 いろいろな仕事をして、いろいろな方のライブを見させてもらって、とても濃い3年間でした。昔のライブ映像を見返したときに「こんな歌い方だったんだな」と思うくらい、歌をうたう表現への姿勢も変わったと思います。その間にありがたいことにベストアルバムを出していたので、自分自身のソロの歌と向き合う時間がたくさんあって。それとソロで大きなフェスに参加させていただくのはここ3年で初めて経験したことで、とてもいい勉強になりました。

ソロで出演するフェスは、ユニットでの感覚とは違いましたか?

戸松 やっぱり緊張感が全然違いました。寂しさもあり、誰も助けてくれない訳ですからね。でもそのぶん視線は全部自分に集まるので、それをいかに楽しめるか。見られて緊張するよりも、せっかくならこの場をどう自分色に染めていくか。そういう楽しさも知ることができました。共演者のパフォーマンスを直接観て勉強できる機会になったのも大きかったですね。

実際にパフォーマンスを観て影響を受けているアーティストは?

戸松 宮野真守さんのライブが好きで、時間が合えばいつも観に行かせてもらっています。持っているポテンシャルが凄まじすぎて、アップテンポもバラードも上手いし、そのうえ、途中のお芝居も全部面白くて。一体どれだけの表情を持っているんだと(笑)。バラエティに富んだライブで、でも面白いだけじゃなくて見ていて飽きないんですよ。こうやって人が笑顔になっていくんだって勉強になるし、個人的にもいつも楽しませていただいている先輩のライブです。

10周年を思いっきり派手で、特別で幸せな楽しい1年にしたいという想いがこもったアルバムです

そんな3年間を経てリリースされる4thアルバム『COLORFUL GIFT』は、どのような作品になりましたか?

戸松 10年目という節目にアルバムが出せることがまずご縁だなと思っていて。でも10周年だから作ったという訳ではなくて、最初は「そういえば10周年ですよね」って自分から発信して周りも「言われてみれば」って気付くみたいな感じでした(笑)。3年の間に「次にアルバムが出せるなら絶対にこういう曲を入れたい」と決めていた曲もあって、かなり具体的に内容を提案してそれをすくってもらいましたね。10周年を思いっきり派手で、特別で幸せな楽しい1年にしたいという想いがこもったアルバムです。

リード曲の「オレンジレボリューション」はどのような楽曲になりましたか?

戸松 『COLORFUL GIFT』ということでタイトル的にも色を意識した曲が多くて、リード曲に色を入れるならやっぱり私も好きなオレンジだなと(笑)。オレンジは元気をくれる色というイメージもあるし、楽曲にぴったりですよね。

ライブではサビでみんなで同じ動きをして、心をひとつにして思いっきりアゲアゲでお祭り騒ぎみたいに盛り上がりたいんですよ。歌詞で何かを伝えたい曲は他にもあるので、「空気感だけで、もう楽しい!」みたいな。そういう曲って私も好きだし、元気が出るじゃないですか。アルバムがどんな曲から始まるんだろうと思ってくれているみなさんに、ドカーンと楽しさが伝わればいいなと思っています。みんなで踊ってスカッとしてもらえるリード曲でありたくて、「これが戸松 遥だ!」という勢いと疾走感を優先しました。

イメージカラーのオレンジを冠した楽曲ですが、歌詞の雰囲気はご自身に近いと感じられますか?

戸松 自分に近い人間だとは思いましたね。私は根が明るいタイプなので、テンションが上がるとそのまま進んでいって帰ってこないみたいな感じなんですよ。ただ元気というか、ちょっと面白人間みたいな部分があるので……(笑)。歌詞も「元気でかわいい」というよりちょっと面白い人って感じですよね。そういう部分が自分と近いなと思いました。

1 2 >