Interview

声優・鈴村健一に訊く、ベスト盤とアーティスト活動10周年の”決意表明”「記念日は大切だけど、まだ通過点」

声優・鈴村健一に訊く、ベスト盤とアーティスト活動10周年の”決意表明”「記念日は大切だけど、まだ通過点」

「INTENTION」でメジャーデビューを果たしてから10年という時を重ねてきた鈴村健一。ラジオ番組に寄せられるメッセージへ返信するように、応援してくれる声に応えるように音楽を紡いできた彼の10年分の想いの結晶となるベストアルバム『鈴村健一 10th Anniversary Best Album “Going my rail”』が完成した。10年間ぶれることのない彼の想いに本作で触れたい。

取材・文 / えびさわなち 撮影 / 小賀康子


10年間で成長させてもらえたなと感じられるベストになったかなと

デビュー10周年のベストアルバム『鈴村健一 10th Anniversary Best Album “Going my rail”』が完成! こちらのアルバムは聴いているとまさに鈴村さんのライブを見ているような、躍動感のある楽曲の並びになっていますね。

鈴村健一 よかった! そう言ってもらえるとうれしいです。まさにライブが見えるベストアルバムを、というのを狙って曲順を組んだので。「ライブっぽい」並べ方。楽曲リリースの時系列順で並べるのがベストアルバムとしては親切な気がするんですけど、そうじゃなく、ベストっていう形状にこだわらず、まるでライブに来たような感じを目標として作りました。

こうして楽曲を並べられて、改めて10年という活動を振り返られるとどんな時間でしたか?

鈴村 わりとあっという間だったな、という感じかなぁ。でも一つひとつを振り返れば「いろいろなことがあったなぁ」とも思うんですけど……複雑な感じはするなぁ。あっという間だったけど、でも得たものもいっぱいあって。10年やってきた甲斐があったなっていう感じは、今していて。新曲を作ってみて改めて、今しか書けないだろうなぁ、10年やってきたからこそ書けた歌詞だなと感じるし、作り直した楽曲たちも、10年経ったから出来たようなこともいっぱいやれたと思いますね。こうして並べてみると、あっという間だったけどいろんなことがあったし、いろいろと自分が成長させてもらえたんだなぁ、ということはちゃんと感じられるベストになったかなとは思います。

10年前の楽曲たちを今年のバージョンにする、という企画もありますが、そうなると改めて10年前の音に触れた今、当時の事をどのように思い出されますか?

鈴村 改めて全部を聴き直しましたけど、今までもライブでやるから自分の楽曲は結構聴いているんですが、「これ10年前だもんな」と思い出しながら聴くことはなかったんです。でも今回はこうしてベストの中で並べるので「これは10年前の曲か!」という気持ちで聴いて、なんだか新鮮だったり、初々しかったりする部分があって。

特にこのベストに入れた楽曲はライブでやってきた曲ばかりだから、そういう意味で言うと、ライブで育ってきたのが今の曲の形だとしたら、レコーディングした当時は当たり前だけど、「はじめまして」の曲なんだよな、と改めて感じるんです。あの時にしかできなかったこともたくさんあって、それはすごく今見てもいいなぁ、と思います、単純に。

そのときにしか出来なかったことがこうして形になっているのは幸せなことだと思うし、だからこそこうして「New Vocal」ということで録り直すのはめちゃくちゃ緊張しましたね。本当に「なんでこんなに簡単に、録り直そうなんてことを始めてしまったんだろう」って(笑)。それくらい大変な想いをしましたね。

「この曲を持ってまた新しいことをやっていきます」という決意表明が「Go my rail」という曲になった

そんな10年を網羅したベストアルバムに、10年の先、未来を感じさせる新曲も収録されています。どんなお気持ちで作られたんでしょうか。

鈴村 ベストっていうものが僕にとってはうまく向き合うことが難しかったんです。自分が好きなアーティストさんのベストって当然買うけど、「(そもそもCDを)全部持ってるな」って思うんですよ。だから「10年間ありがとう」の気持ちはもちろんあるんですけど、もうひとつ大きな気持ちとしては「10年間ありがとう。ここまでみんなで育てて来ることができました」というのは楽曲に全部詰まっているので、だからこそ「この曲を持ってまた新しいことをやっていきます」という決意表明をしなきゃいけないと思ったんです。

それで「Go my rail」という曲になって。新しい路線図を探すということを自分の中でやっていかなきゃダメで。「停滞しているようにはなりたくない、と10年経った今も言える人間であろう」という姿勢に大きな意味がある、と思って作ったんですよね。

その「Go my rail」は大きな決意の元、というのもありつつ、近年の鈴村さんの“音楽で遊ぶ”というスタンスがグルーヴや歌声にすごく出ている印象です。

鈴村 そこも大事にしました。ライブチューンでとにかくアガるものを、それこそ「JOYFULオブJOYFUL」を作ろう、ということで曲を作り始めたんですけど、上がって来た曲がとにかく明るいものだったので、ここに「ありがとう!Yeah!!」っていう歌詞を乗せてしまうと平たくなりそうな気がして嫌だったんです。楽曲は十分に、僕が求める“遊べる”要素が入っているので、歌詞に関しては少し角度を変えて、文面だけを見たらちょっとドキッとするようなものにしようかなと思って作ったんです。

だからライブで見れば、僕が書いた歌詞なんてどうでもよくなるような、物凄く盛り上がる楽曲になるはずなので。すごく楽しめる楽曲が出来たなぁと思うんです。それにこの曲はアルバムのリードになる曲でもありますし。だからこの曲には二つの面があると思っているんです。10年の活動の中でこうした楽曲も作ってきましたから。ライブで盛り上がるけど歌詞を読むと意外とドキッとする、ということはこれまでにもやってきたことなので、そのセオリーも踏襲した面と、さらにアルバムのリードとして引っぱっていく、という面と。

1 2 >