2018年春アニメ主題歌特集  vol. 18

Interview

【インタビュー】綾野ましろ史上いちばんエモいMVに! アニメ『グランクレスト戦記』後期EDテーマは登場人物の「信頼」を表現

【インタビュー】綾野ましろ史上いちばんエモいMVに! アニメ『グランクレスト戦記』後期EDテーマは登場人物の「信頼」を表現

アニソンシンガー綾野ましろ7枚目のシングル「衝動」は、前作「starry」に続きTVアニメ『グランクレスト戦記』とのタイアップ! 表題曲を含む収録曲について、そして7月から開催されるライブツアーについて、たっぷり語ってもらった。

取材 / 市川太一(クリエンタ/学園祭学園)
文 / リスアニ!編集部


ひとつの作品で前・後期の両方関わらせてもらえたことはとても光栄なこと

7thシングル「衝動」は、これまでの綾野さんのイメージとはまた違う、新しい方向性が打ち出されたのではないかと感じました。

綾野ましろ そうですね。「衝動」という漢字のタイトルも、タイアップシングルでは初の試みなんです。ジャケットも出来上がったものを見たらインパクトがあって、不思議な気持ちです。

「衝動」は、TVアニメ『グランクレスト戦記』の後期EDテーマとして制作したのですが、EDといっても私の中でしっとりとしたバラードのイメージがなくて。ミディアムテンポでありつつも、各楽器のリズムが合わさることで疾走感が出た楽曲になりました。

前作の「starry」が『グランクレスト戦記』の前期OPテーマだったのですが、ひとつの作品で前期と後期の両方関わらせてもらえたことは、アニソンシンガーとしてもとても光栄なことで。だから私も一生懸命歌わせていただきましたし、それに応えられる楽曲になっていると自信を持って言えますね。

レコーディングはいかがでしたか?

綾野 バンドで演奏したときに力強さが映えるよう、プリプロを何度も重ねました。CDは、いきなりサビのメロディから始まるんですけど、アニメでは、そのあとのイントロから始まって、切ない曲なのかと思いきや、その後ドカンと激しくなるドラマチックな展開になっていて。2コーラス目からは更に激しくギターが刻んでいたり、Dメロのハイトーンの部分もライブで映えるなと思っています。

そのDメロのハイトーンボイスはとても印象的でしたね。

綾野 あそこはいつもだったら地声で出してるかもしれないんですが、今回は何度も思考錯誤しながら、いちばんしっくりきたテイクを使いました。「衝動」という気持ちの昂ぶりを感じてもらえるように、しっかり作り込んだというよりは、毎回クリアな気持ちで、心の中の叫びを解き放つ感じで歌いましたね。歌詞も、前回の「starry」に続いて星がキーワードになっていて。『グランクレスト戦記』の登場人物たちを星に例えて、相手への信頼という意味合いをテーマにしています。

「衝動」のMusic Videoは、綾野ましろ史上いちばんエモいMVに

「衝動」のMusic Videoもかなりパワフルでしたね。ハードな印象のレザージャケットで、袖にフリンジが付いていましたが、あれは鳥の羽のようにも見えました。

綾野 歌詞にも鶫(つぐみ)って出てくるんですけど、そういう小さな存在が一生懸命叫びを上げている様子をイメージしています。でもあれがあることで、MVにも動きが出たと思っているんです。ジャケットにも反映されているし、ラメが入っているのでキラキラ光っていて。

以前、貯水槽として使われていた地下施設で撮影したのですが、個人的に廃墟とか退廃的な世界観が好きだったので、ここで撮影できてすごくアガりました(笑)。映像も力強くて、綾野ましろ史上で一番エモいMVになりました。

ではカップリング曲についてもお聞きしていきます。まず「MATOROSKA」はyukarikoさんとのタッグ作となりますが、共同作詞をされる際には単独での作詞と意識の違いなどあるのでしょうか?

綾野 yukarikoさんとご一緒するときには、yukarikoさんの持つ世界観を大切にしたいと思っていて。私が先に歌詞を出すというよりは、「どういうアイデアがありますか?」と最初に聞いて上げていただいたものに、私の思ったことや同意できる部分を追加して構築していく形で進めていきました。

サビはとても献身的な世界観という印象を受けました。

綾野 「衝動」とも共通しているんですけど、どんな存在でもひとりぼっちではなく、誰かを想ったり誰かに想われたりしてるんだっていうことを歌詞で表現したかったんです。背中を押してあげたいとか、逆に君がいるから頑張れてるというような関係性が見えるように、「君」や「僕」という言葉が多くなっています。

タイトルは、みんなが知ってるあのマトリョーシカの人形って、可愛くてポップな世界観の中に、ちょっと怖さが含まれているなと思ったところからつけました。マトリョーシカってどの個体が本体なのか分からないじゃないですか。「まだ出てくるんだ!?」と思うのが、私たちのアーティスト性や人間の本質に重なるというか。自分ですら本当の自分に気付いてなかったり、自分が思ってる自分と、他人が見てる自分が違ったりっていう、その世界観を表したくて。

サウンドもハードな印象ですね。

綾野 ハードだけどダンサブルな曲にしたいと思っていて。拳を上げる曲というよりは、みんなで楽しく踊れる曲という感じですね。クラブで流れていそうな音を目指しました。

1 2 >
vol.17
vol.18
vol.19