『とびだせ どうぶつの森』 6年村長がいまでも尽きない魅力を発掘ランキング  vol. 4

Review

『とびだせ どうぶつの森 amiibo+』どうぶつたちのマル秘エピソード5選

『とびだせ どうぶつの森 amiibo+』どうぶつたちのマル秘エピソード5選

ニンテンドー3DSソフト『とびだせ どうぶつの森 amiibo+』の楽しさを振り返る特集第4回は、どうぶつたちにまつわるエピソード集! 今回も、前身である『とびだせ どうぶつの森』から今年で任期6年となる村長が、村生活のなかで垣間見たどうぶつたちの関係性や意外な一面をランキング形式でお届けする。これから本作を始めてみようかという人はプレイの手引きとして、また、久々に村長に復帰しようという人は見逃したイベントがないかチェックしていただきたい。

文 / 小泉お梅


どうぶつに歴史あり 村でくり広げられるドラマ 

どうぶつたちと何度も会話を重ねると、ポロリと本音をこぼしたり、過去の話をしてくれることがあります。そこから人間関係ならぬ“どうぶつ関係”が見えてくることも……。今回は、そんなエピソードを驚愕&興奮した順にご紹介しましょう。

5位 まいごちゃん改名す!? 

フレンドの村に遊びに行くなどの通信プレイをしたあと、たまに“まいこちゃん”がやって来ます。彼女はかつてニンテンドーDSソフト『おいでよ どうぶつの森』で、迷子の“まいごちゃん”として登場した少女です。改名というより、本当の名前はまいこちゃんだった、というわけですね。それからすっかり大きくなって、今ではひとりで村々を旅しているのだとか。

▲まいこちゃんの出現条件がなかなかキビシイので、会えるとは思っていなかったのですが、しっかりした子に成長していて何だか親戚の子のことのように嬉しくなりました

4位 トラウマを植え付けたのは…… 

博物館に務めるフクロウのフータは、ムシが大の苦手です。ムシを寄贈したときの狼狽ぶりは、毎度のことながら気の毒になるほど。なぜ彼はそこまでムシがダメになったのでしょうか? それはオートキャンプ場で判明しました。まだ幼かった妹・フーコの無邪気さが、彼をムシ嫌いへと追い詰めていたようで……。

▲小さな悲鳴を上げつつも、ムシを受け取ってくれます。前作では、ムシの恐怖体験やキモチワルイと思うポイントを話しては震えていました

▲オートキャンプ場に来ていたフーコ。おしとやかなイメージがありますが、意外とワイルドなんですね

3位 ペリカン三角関係

シリーズで恒例となっているペリカンたちの三角関係。郵便局で昼の窓口を担当するぺりこは、配達員のぺりおに片想いしています。しかし、ぺりおの想い人は、ぺりこの姉・ぺりみなのです。当のぺりみは、ぺりおからの好意をウザがっており、彼をチャラくてバカな男だと思っている様子。そんなぺりおに大事な妹が熱を上げているのが心配であり、歯がゆく思っているようです。本作では、三者のバランスに大きな変化はありませんが、ぺりおの純粋さというか、イラっとさせる言動に磨きがかかっています。

▲ぺりおは、オトナの女性であるぺりみと刺激的な恋をしたいと憧れているみたい。一方で、イイ子なぺりこと噂になっていることを迷惑そうに語ります。そのうえ、「もうぺりこちゃんでもいいかなって」などと言う始末

▲一途なぺりこは恋に恋をしているかのよう。ぺりおが姉にゾッコンだと知っているのでしょうか……

▲帰りにコーヒー2杯をテイクアウトで。ぺりみは愛想は悪いけれど、妹想いな姉です

2位 おねーちゃんランキング 

商店街のお店・エイブルシスターズは、ハリネズミの三姉妹が営む服屋さん。接客担当の三女・きぬよと話してみると、姉たちの幸せのためにがんばりたいと語ってくれます。なんて健気……と思いきや、「一番幸せになってほしいのは長女の“あさみ”、次女の“ことの”は二番目」とぶっちゃけるではありませんか。

これには、三姉妹の複雑な過去が影響しているようです。ことのには、姉妹と離れて暮らしていた時期がありました。あさみの反対を押し切って街に飛び出し、グレースの店で働きながらデザイナー修行をしていたのです。現在は和解して三姉妹仲よく店を切り盛りしていますが、きぬよにとって、あさみと過ごす時間のほうが長かったのは言うまでもありませんね。両親が他界したあと、親代わりとなってきぬよを育ててくれたのもあさみです。彼女たちの背景はWiiソフト『街へいこうよ どうぶつの森』で、ドラマのように続く会話イベントで語られていますが、本作でもコーヒーブレイク中のたぬきちから聞くことができます。

▲ことののもうひとつの名前“ケイト”は、修業時代にグレースから付けられた名。ちなみに、三姉妹の名前は服の素材が由来のようですね。あさみは麻、ことのはコットン、きぬよは絹、ケイトは毛糸、ですね

▲三姉妹はギンガムチェックがお気に入りで、エプロンやスカーフに取り入れています。ことのが昔グレースのお店で着けていた、いわゆる“グレース柄”のスカーフは、店の奥に飾ってあります

1 2 >
vol.3
vol.4