Interview

【インタビュー】『ガンダムSEED』キラ・ヤマト役でおなじみの保志総一朗 25年の声優活動で転機になったのは“キャラクターソング”だった!

【インタビュー】『ガンダムSEED』キラ・ヤマト役でおなじみの保志総一朗 25年の声優活動で転機になったのは“キャラクターソング”だった!

『機動戦士ガンダムSEED』のキラ・ヤマトや『戦国BASARA』シリーズの真田幸村などを演じ絶大な人気を誇る保志総一朗が、声優活動25周年に新たな楽曲群を収録する<新録盤>と25年の歴史を振り返ることの出来る<クロニクルベスト盤>の2枚組アニバーサリーアルバム『Voice&Harmony』をリリース。今の想いを聞く。

取材・文 / えびさわなち


25年経ってようやく、自分の中であらたなステージに踏み出し始めたかなと思っています

声優活動25周年のアニバーサリーイヤーということですが、ここまでやってきたことに対してはどのような印象や感想をお持ちですか?

保志総一朗 25年もあっという間に経ってしまった感じですね。アニメはもちろん、ラジオなどいろんな仕事を積み重ねてきて、そのなかで、それ以外のことにも目を向けだしてきて。音楽活動なども始めさせていただくうちに、徐々に気持ちの変化や、いろいろなことをやってみたいという欲や興味が湧いてきて。25年経ってようやく、自分の中であらたなステージに踏み出し始めたかなと思っていますね。

今、25年前のご自身を思い出してみると、声優を始めたばかりのときというのはどのような印象がありますか?

保志 今考えると、気持ち的には全然違っていて。やっぱり若かったので、いろいろと怖いもの知らずと言いますか。良くも悪くもあの頃はあまり周りが見えていなくて、突っ走ってしまうところはありましたね。今考えるとそれは若さの象徴なので、こういう、余計なことを考えずに単純に目の前のことに向かっていけていたというのは、今考えるとよかったですよね。だんだんいろんなことを知ってきて、大変さであったり怖さを知ってくるので、そうなるとあまり何も考えずに突っ走るだけというのは難しくなってきますからね。

でも時代の流れのようなものも変わってきていて。声優さんの表現の場も多岐に渡ってきているのかなとも思うのですが。

保志 そうですね……。昔もいろんなジャンルというか、声優の仕事に限らず求められ始めてきた時期でもあったように思うので、なかなか、若くてあまりなにも考えていなかった頃というのは、声優以外の仕事の話があったとしてもできていたのかな、という疑問はあるんですけど。

いろんなことを学んできて、大変さや厳しさを知った頃というのは世の中的にもマルチでの活動も本格的に求められるようになってきたんですけど、その頃の自分はどちらかというと声優の仕事だけやりたいな、という思いがあったんです。特に30代の頃はそういう感覚だったので、顔を出すような仕事や、イベントへの出演もあまり得意ではなくて、どちらかというと不得意ではあったんです。

でもやっていくうちに楽しさとか、作品とお客さんとの温度感みたいなものもわかってきて。これはこれですごく楽しいし、作品としてひとつ残したことに対しての生の反応みたいなものがわかってきて、純粋に声優の仕事だけというよりは、作品があって、ファンの人たちとのライブ感みたいなものも感じられるのがすごく楽しかったりしたので。声優の仕事はメインにありつつ、それ以外のプラスアルファと言いますか、ライブ感も楽しめるようになったのも30代だったなと思います。

待っていてもなかなか余裕は生まれないなとも思ったので、自分から目を向けていこうと

そのライブ感が音楽活動に繋がったのかなとも思いますが、そのライブ感を「楽しい」と思えた転機のようなものはあったんでしょうか。

保志 イベントをやっていくにつれて、ですね。イベントの数もすごく多くなってきて、その中で出る共演者の方々と現場を通じて仲良くなっていったりだとか、そういうのが大きかったので、仕事というよりも純粋に楽しめていたのが大きくて。そこでキャラクターソングというのは欠かせなかったんですね。実際、歌う機会も徐々に増えて、いろいろと歌わせてもらったりもしてきて、そのなかで歌うこと自体も楽しいなって思えたのと、歌自体が好きだったことも大きかったですね。

キャラクターとして歌うことの難しさに苦手意識もあったりもしたんですが、それよりも歌うことであったり、ファンの皆さんが真剣に聴いてくださったり、一体感がすごかったり、応援してくれている空気感もすごく伝わってきて。生でみんなと一緒に歌うのが楽しいなっていうところから、自分的にはなかなか踏み出せなかった部分の、個人としての歌の活動に繋がったかなと思っていますし、ファンの皆さんが後押ししてくれる声もあったので、繋がっていったかなと思います。考えてみると、声優活動25年なんですが、音楽活動を本格的にやりはじめてからあまり時間は経ってないので……。

でも2012年までは本当に声優の活動をがむしゃらにやっていらしたんだろうと想像ができます。

保志 余裕がなかったというのもあるし、日々声優の仕事に没頭しちゃうとほかに目を向ける余裕もなかなかなかったりというのもあったんだけど、それでも待っていてもなかなか余裕というのは生まれないなとも思ったので、自分から目を向けていかなきゃな、と。そういった気持ちもあってだんだんいろんなことをやってみたいという想いと共に音楽活動への欲も形成されてきたんですよね。

そうしてソロアーティストとして本格的に始動。今年は6年目になるんですね。

保志 そうなんですけど、ただ実際には音楽のアーティストさんたちとは違って、どうしても声優という仕事をメインでやっていて、そのなかでCDを出せる時期であったりとか、ライブが出来る時期であったり、メインとなる声優の活動があるうえで出来ることをやる、という活動の仕方なので、随時定期的にできているわけではないのは自分の中で歯がゆい部分ではあるんです。でもそこは途切れないように継続的に活動をしていきたいなと思っているんですけれども。

作詞作曲もされる保志さんですが、楽曲や歌詞が出来るのはどんなときなんですか?

保志 気分が乗ってるときです(笑)。今から作るぞ、とモチベーションを持っていったタイミングなので、この時期にCDを出そう、という目標があると自分の中でも「作ろう」という心持ちになるんです。自分的にも追い込まれるとやれる。本当に何もないときって生まれてこないんですよね。追い込まれないとなかなかやる気が出ないみたいで(笑)。

ただ今回収録した曲に関しては、あまり追い込まれることなく作れましたね。CDを作れそうだな、となったことで動き出せたというか。あまりストックとかしておきたくないんです(笑)。熟成されちゃうのも、それはそれでいいのかもしれないですけど、できるだけ新鮮なうちに出したいなというのもあるので、何もない時期には逆に考えないようにしています。

1 2 >