Interview

日常ときどきダイビング! アニメ『あまんちゅ!~あどばんす~』ひと夏中聴いていたい極上サントラ─あの“ゴンチチ”が手がけた25曲を徹底解説

日常ときどきダイビング! アニメ『あまんちゅ!~あどばんす~』ひと夏中聴いていたい極上サントラ─あの“ゴンチチ”が手がけた25曲を徹底解説

2016年に放送されて好評を博したTVアニメ『あまんちゅ!』が、この春に待望の第2期シリーズ『あまんちゅ!~あどばんす~』として帰ってきた。スキューバダイビングに打ち込む少女たちを中心に、人びとの心温まる触れ合いと日常のふとした感動を切り取った本作。その物語をリラックスムードたっぷりのサウンドで彩っているのが、アコースティックギターデュオのゴンチチによる劇伴音楽だ。第1期に続き極上のサントラを届けてくれた彼らの発言を軸に、その魅力を紐解いてみたい。

取材・文 / 北野 創


僕らの過去の曲を例に出していただいたものも多かったので、僕らとしてはやりやすかったですね(松村)

『ARIA』などで知られる漫画家の天野こずえによる同名の人気コミックをアニメ化した『あまんちゅ!』。主人公となるのは、地元の伊豆でダイビングのアマチュアインストラクターをしている〈ぴかり〉こと小日向光と、東京から伊豆へ引っ越してきた〈てこ〉こと大木双葉という2人の少女。アニメ第1期では、彼女たちの出会いから始まり、高校のクラスメイトとなった2人がダイビング部に入部、てこがCカード(ダイビングの認定証)を取得するまでのストーリーが描かれた。2期はその続きでありながらも、物語の中に〈夢〉の要素が入り込むことによって、より叙情的な世界が展開されていくことに。それにより劇伴音楽も前作に比べてロマンチックな楽曲の比重が増すこととなった。

ゴンチチ

ゴンザレス三上「1期の音楽では『あまんちゅ!』がどのような作品かを説明するような明るさを多く求められたんですけど、2期ではまず最初の段階で〈しっとりめのもの〉、内省的というか内側に入る感じの音楽というのを言われました。弾けた感じのものよりもバラードを主体にしてほしいというお話だったので、今回はそういう曲作りにしてます」

チチ松村「僕らは実際にお話がどうなっていくのか知らない状態で曲を作ったんですよ。例えば〈こういう場面なのでこんな曲がほしい〉という指定があったり、第1期で使った曲の違うバージョンというお話もありました。それと、僕らの過去の曲を例に出していただいて〈こういう感じの曲を作ってほしい〉というものも多かったので、僕らとしてはやりやすかったですね」

自分たちの曲を客観的に聴けるというのは感動的ではありました(三上)

実際に今回のサントラには、第1期で印象的に使用された楽曲をリアレンジしたものが多く収録されている。例えば作品のテーマソング的な位置づけである「海と空と太陽と」。こちらは第1期のサントラにおいても複数バージョンが制作され、『あまんちゅ!』を象徴するような楽曲となっていたが、今回新たにウクレレバージョンの「海と空とウクレレと~prologue~」、ドラムブラシやカスタネットなどを入れてリズミカルに聴かせる「海と空と太陽と~sunshower~」などが登場。特にピアニストの黒木千波留によるゆったりしたテンポの演奏が端正な「海と空と太陽と~piano tune~」、フルオーケストラ編成で優美に生まれ変わった「海と空と太陽と~epilogue~」は、ゴンチチの二人が演奏に参加していないという意味でも新しい。

三上「オーケストレーションされた楽曲で自分たちが(ギターを)弾くことは今までのゴンチチのサウンドにいくらでもあるんですけど、自分たちが全く関わることなく、自分たちの楽曲がフルオーケストラになるのは経験がなかったんです。自分たちの曲を客観的に聴けるというのは感動的ではありましたね。この曲のミックスダウンが(作業の)最後ぐらいだったんですけど、ちょっと泣きそうになりましたからね(笑)」

さらに前作収録のオーケストラをバックにした優雅なワルツ「landscape」は、室内楽的な小編成のアンサンブルによる「Ensemble of Landscape」、そして「もともとワルツだったのを4ビートに変えてほしいと言われて〈えぇっ!〉って思いましたね(笑)」(松村)というマーチング風の「Structure of Landscape」へと変化。ゴンチチらしい2本のアコースティックギターの絡みが美しい情景を生む「マジックタイム」も、演奏のテンポを落としてさらに切なさを掻き立てる「夕涼み」として、新たな魅力を獲得している。

三上「これも最初は心配だったんですよ。(曲のテンポが)速いと音足も短いですし、リヴァーブ感も短くなるので、ハーモニーがぶつかって濁ってもあまり気にならないんですけど、(テンポを)ゆっくりにするとそれを白日の下にさらしたような状態になるので。でも、こうやって聴いてみると様になってますし、また違う表情が出たので、ゆったりしてる方が良かったかもわからないですね(笑)」

1 2 >