Report

鈴木拡樹が「明日への活力に繋がる」と意気込む。「シリーズの“結び”」を迎える舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰が開幕!

鈴木拡樹が「明日への活力に繋がる」と意気込む。「シリーズの“結び”」を迎える舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰が開幕!

舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰が、6月2日(土)に東京・明治座にて初日を迎えた。“シリーズ集大成”と謳われる本作には、十二振りの刀剣男士が登場。彼らが戦い続けてきた先にあるものがついに明かされる作品となるのか、注目が集まっている。
前日夜に行われた囲み会見には、三日月宗近 役の鈴木拡樹をはじめとするキャスト12名が舞台への意気込みを語った。ゲネプロの模様と共にレポートする。

取材・文 / 片桐ユウ

初演から積み重ねてきたシリーズの“結び”の作品になる

名立たる刀剣が刀剣男士(とうけんだんし)と呼ばれる個性豊かな男性キャラクターとして登場し、歴史上の戦場を駆け巡りながら部隊を編成・育成していく人気シミュレーションゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」(DMM GAMES / Nitroplus)。 舞台版は同ゲームを原案にして、2016年5月に「虚伝 燃ゆる本能寺」を上演。その後「虚伝 燃ゆる本能寺~再演~」「義伝 暁の独眼竜」「外伝 此の夜らの小田原」「ジョ伝 三つら星刀語り」と、再演・特別公演を含め計5作品を上演している。

人気の若手俳優陣が集結、細部に至るまでこだわり抜かれたキャラクタービジュアル、それぞれの刀剣男士の持つ個性が伺える殺陣、謎めくストーリー……数々の要素が話題を呼び、屈指の人気を誇っている舞台シリーズだ。
最新作は、そのシリーズの “集大成”。囲み会見、ゲネプロ共に多くのマスコミと関係者が駆けつけた。

囲み会見には、三日月宗近 役の鈴木拡樹、山姥切国広 役の荒牧慶彦、骨喰藤四郎 役の三津谷 亮、不動行光 役の椎名鯛造、へし切長谷部 役の和田雅成、歌仙兼定 役の和田琢磨、鶴丸国永 役の健人、燭台切光忠 役の東 啓介、大般若長光 役の川上将大、鴬丸 役の前山剛久、大包平 役の加藤 将、小烏丸 役の玉城裕規が登壇。

鈴木拡樹は「長い戦いをしてきたことがわかる作品になっています。初演から積み重ねてきたシリーズの“結び”の作品になると僕は考えています。シリーズを通して観てきた方には今作を“結び”として楽しんでいただけると思いますし、今作からご覧になる方は今までの作品が気になって仕方なくなると思います。それを目指して一同、頑張っていきます」と、シリーズ作品の醍醐味を語る。

シリーズ全作品に出演してきた荒牧慶彦も「シリーズすべての物語に出演させていただき、体感してきたものとして、そして舞台『刀剣乱舞』の本丸の近侍として、今までに登場してきた刀剣男士たちの想いをすべて背負って今作にぶつけたいと思っています」と熱くコメントした。

今作がシリーズ初出演の三津谷 亮は「舞台は観に来てくださるお客様のお時間、人生をいただいているので、1ミリでも心を動かせるように頑張っていきたいと思います」と意気込む。

「虚伝 燃ゆる本能寺~再演~」以来の出陣となる椎名鯛造は「『虚伝』のときは本丸でワガママを言っていろんな刀剣男士に迷惑をかけていましたが、あの不動行光くんが今回どうなっているのか、ぜひ楽しみにしていただければと思います」と、成長を匂わせた。

和田雅成は、同じ名字の“和田琢磨”との共演に「“わだ・まさなり”です!」と、まずはハッキリ名乗り、会場から笑いを起こしつつ、「今回の物語は、ある意味では僕たちが辿り着きたかった場所なのかなと思います」と初演から出演してきた感慨を語った。

和田琢磨は「様々な刀剣、そして様々な人が持っている想いを、協力し合って結び合いながら、最後まで精一杯、舞台『刀剣乱舞』の世界を生き抜きたいと思います」と、タイトルに掛けてのコメント。

健人も自身の演じる鶴丸国永が“驚き”を求める性質であることに掛けて、「舞台『刀剣乱舞』の鶴丸国永として精一杯生き、驚きを求めて頑張っていきます」とコメントした。

「義伝 暁の独眼竜」以来の出陣となる東 啓介は「自分が帰ってきたことで、この本丸に何をどう与えられるのか、どんな想いを皆さんに届けられるのかを考えながら稽古してきました」と、シリーズ経験者ならではの姿勢を明かす。

初出演となる川上将大は「キャストの先輩方や末満さんはじめ、カンパニーの皆さんが培ってきたものを大切にして、全55公演を一緒に戦い続けたいと思います」とシリーズへのリスペクトを込めてコメント。

これまでのシリーズを客席で観劇していたという前山剛久は「今ここにこうして立てることをとても光栄に思っています。鶯丸として、そして同じ古備前派の大包平とコンビで、しっかり頑張っていきます」と喜びと決意を語った。

加藤 将は、シリーズ初出演らしく「観てくださる皆さんに大包平のまっすぐさや元気さ、全力さがすべて伝わるように演じていきたいと思います。鶯丸と大包平が登場することによって物語がどうなるのか、ぜひ皆さん楽しみにしていてください!」と元気良くコメントし、会場を和ませていた。

同じくシリーズ初出演となる玉城裕規は「この作品に出演する意味や「悲伝」の世界に生きることを考えてお客様の前に立ち、少しでも心を動かせたらと思います」と意気込んだ。

会見の最後は、鈴木拡樹が「個人の意見になってしまうかもしれませんが、刀剣男士たちの物語は観ていただく方すべての“明日への活力”に繋がる力を持っていると思います。タイトルは「悲伝」ですが、あったかい気持ちも乗せて届けますので、ぜひ劇場とライブビューイングの会場にご来場ください。よろしくお願いします」と、あたたかい微笑みと共に結んだ。

“三日月宗近”という刀剣男士の在り方をすべてにおいて顕わしていた

このあとは、舞台のあらすじとゲネプロの模様に言及する。
今作のストーリーは、舞台『刀剣乱舞』の本丸にも多くの刀剣男士が増えた頃。

刀剣男士たちは、歴史改変を目論む「歴史修正主義者」に対峙するために、西暦2205年の政府が歴史の守りとして派遣した「審神者(さにわ)」が持つ、物の心を励起(れいき)する力によって生み出された刀剣に宿りし付喪神。

ある日、永禄八年「永禄の変」へ出陣する。戦国の世では、室町幕府第十三代・征夷大将軍 足利義輝が三好義重・松永久通らの手によって最期の時を迎えようとしていた。

一方、刀剣男士たちの歴史を守る戦いは激化の一途を辿り、終わりの見えぬ戦いに刀剣男士たちは徐々に疲弊していく……。
と、ネタバレ厳禁につき、内容について触れられるのはあらすじのみ。それだけに、迎える結末も衝撃的なものになっている。

これまで見守ってきた観客にとっては、シリーズ作品の断片が今作のセリフや場面と結び付き、ハッとする瞬間が多々あるだろう。なぜなら、シリーズを通して絡み合ってきた謎がさらに絡み合い、紐解かれ、そして結ばれようとする様が描かれていくからだ。さらに、そのストーリーを繋げるべく、真摯に舞台『刀剣乱舞』の世界に向き合ってきたカンパニーの熱意が凄まじい。

初演時から「戦い続ける座組でありたい」と宣言し、甘んじることなく作品に取り組んできた鈴木拡樹が演じる三日月宗近には、只ならぬ気迫と貫禄が備わっていた。 斬り捨てる重みと煌めくような素早い動きを瞬時に切り替えていく、立ち回りの緩急に目を奪われる。芝居においてもひとつひとつの仕草に意味が含まれており、“三日月宗近”という刀剣男士の在り方をすべてにおいて顕わしていた。

山姥切国広 役の荒牧慶彦は、初演の「虚伝 燃ゆる本能寺」から「ジョ伝 三つら星刀語り」まで全作品の経験値を伺わせ、“山姥切国広”の成長をしっかりと感じさせる。

三津谷亮が演じる骨喰藤四郎は焼身したために記憶を失っている。複雑な経緯のある骨喰藤四郎の儚げな佇まいと、ひたむきな強さを三津谷は好演していた。

シリーズを経てきた不動行光 役の椎名鯛造、へし切長谷部 役の和田雅成、歌仙兼定 役の和田琢磨、鶴丸国永 役の健人、燭台切光忠 役の東 啓介の、役として、役者としての進化も見逃せない。初登場組となる大般若長光 役の川上将大、鴬丸 役の前山剛久、大包平 役の加藤 将、小烏丸 役の玉城裕規も、それぞれの役割と関係性をテンポ良く描き出していた。

どの刀剣男士、どの歴史に焦点を合わせても見応えのある作品。
舞台『刀剣乱舞』の刀剣男士たちが何のために戦い、何を得てきたのか。ぜひ見届けて欲しい。

本公演は、明治座特別公演の後、京都、福岡、東京2劇場にて順次上演。7月29日(日)に行われる千秋楽公演は日本全国147の映画館にて生中継ライブビューイング上映されることも決定している。

舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰

明治座特別公演:2018年6月2日(土)~6月6日(水)明治座
京都公演:2018年6月14日(木)~7月1日(日)京都劇場
福岡公演:2018年7月4日(水)~7月6日(金)北九州ソレイユホール
東京公演:2018年7月19日(木)~7月22日(日)日本青年館ホール
東京凱旋公演:2018年7月25日(水)~7月29日(日)天王洲 銀河劇場

※千秋楽ライブビューイング:7月29日(日)17:30上映開始
詳細はこちら


STORY
西暦2205年。
歴史改変を目論む「歴史修正主義者」が過去への攻撃を開始した。
対峙する時の政府は歴史の守りとして「審神者(さにわ)」なる者を過去へと派遣する。

物の心を励起する審神者の力によって生み出された、刀剣に宿りし付喪神「刀剣男士」たちは、審神者と共に歴史を守る戦いへと身を投じる。


本丸にも、今や多くの仲間たちが増えていた。
ある日、永禄八年 永禄の変へ出陣する刀剣男士たち。
戦国の世では、室町幕府第十三代・征夷大将軍 足利義輝が三好義重・松永久通らの手によって最期の時を迎えようとしていた。

一方、刀剣男士たちの歴史を守る戦いは激化の一途をたどっていた。
出陣に次ぐ出陣。終わりの見えぬ戦い。
本丸の仲間も増えたとはいえ、刀剣男士たちは徐々に疲弊を色濃くしていく。

山姥切国広はとある出陣先で、《正体不明の敵》と出会う。
それはあらゆる時代に現れ、まるで刀剣男士と対等に戦うチカラを得るために経験を積み重ねているように思えた。

「ぼくは……よしてるさまを……しなせやしない……」

その敵と対峙した三日月宗近が取った行動とは―――――――。


原案:「刀剣乱舞- ONLINE-」より(DMM GAMES / Nitroplus)
脚本・演出:末満健一
音楽:manzo テルジ ヨシザワ

出演:
三日月宗近 役:鈴木拡樹
山姥切国広 役:荒牧慶彦

骨喰藤四郎 役:三津谷 亮
不動行光 役:椎名鯛造
へし切長谷部 役:和田雅成
歌仙兼定 役:和田琢磨
鶴丸国永 役:健人
燭台切光忠 役:東 啓介
大般若長光 役:川上将大
鶯丸 役:前山剛久
大包平 役:加藤 将

小烏丸 役:玉城裕規

足利義輝 役:中河内雅貴
鵺と呼ばれる 役:碓井将大

主催:マーベラス/ニトロプラス/東宝/DMM GAMES

オフィシャルサイト
公式Twitter(@stage_touken)

©舞台『刀剣乱舞』製作委員会

舞台「刀剣乱舞」悲伝 結いの目の不如帰 Blu-ray&DVD発売

2018年10月31日(水)
Blu-ray(3枚組)¥11,800(税別)
DVD(3枚組)¥10,800(税別)
発売元:マーベラス
販売元:東宝