Report

黒木メイサ、原田知世の美しさにも注目!ドラマ『不発弾 ~ブラックマネーを操る男~』 いよいよ放送開始!

黒木メイサ、原田知世の美しさにも注目!ドラマ『不発弾 ~ブラックマネーを操る男~』 いよいよ放送開始!

食肉偽装問題が題材の『震える牛』など、社会の闇をえぐり出す小説で注目を集める相場英雄の小説『不発弾』(新潮文庫刊)がドラマされ、6月10日夜10時よりWOWOWプライムにて放送(初回放送:無料)が開始される。

「連続ドラマW 不発弾 ~ブラックマネーを操る男~」は、7年間で1,500億円の「不適切会計」を発表した大手総合電機メーカー三田電機産業を舞台に、その裏で暗躍するひとりの男と、彼を取り巻く人々の人間模様を描いた骨太の社会派ヒューマンサスペンスだ。

連続ドラマW『不発弾 ~ブラックマネーを操る男~』より

主人公の金融コンサルタント・古賀遼を演じるのは椎名桔平。貧しい炭鉱町で育ち東京の証券会社に入った古賀は、ある出来事を機に欲深い人間たちへの復讐を始め、証券業界ひいては経済界の影の立役者にのし上がっていく。また、古賀を追って不適切会計の真相を暴こうとする警視庁捜査二課管理官・小堀弓子を黒木メイサが好演。
さらに、財界に広い人脈を持つ三田電機産業相談役・東田章三役に宅麻伸、和装小物店を営みながら古賀と暮らす内縁の妻・村田佐知子役に原田知世、古賀を証券マンに育て上げた元上司・中野哲臣役に奥田瑛二ら実力派俳優が集結。 主人公と捜査二課の対峙、バブル期から現代に生きた強欲な権力者たちとの駆け引き、過去の因縁、そして裏切り――。過去と現在が交錯するエンターテインメント作品が完成した。

放送直前となる6月4日(月)に完成披露試写会が行われ、椎名桔平、黒木メイサ、宅麻伸、原田知世、奥田瑛二、星野和成監督が登壇した。

登壇すると椎名は「この作品は、相場先生の原作を忠実に、しかもエンターテイメント性も加味している素晴らしい脚本でした。そこに星野監督の繊細な演出が現場ではとても楽しく、宅麻さんと奥田さんの先輩の胸を借り、黒木さんと原田さんの美しさに魅了されながら、この現場を乗り切りました。自信を持ってお届けできる作品になりました」と充実した作品の仕上がりとアピール。

椎名桔平

登壇者挨拶の後に、著者の相場英雄からメッセージが披露された。「映像化の決定の話をいただいた時、専門的なセリフや長期間の舞台設定はどうするのかという懸念を抱いたものの、第1話を観はじめた瞬間、不安は一気に吹き飛んだ。原作にないエピソードを巧みに織り交ぜて下さったおかげで、ドラマが持つ独特なうねりが生まれ、著者としてだけではなく、一視聴者として引き込まれた」と著者絶賛のコメントが紹介された。
これを受け、星野監督は「先生ともお会いして、“現在と過去が入り混じった見せ方が難しいね”と話されてまして。我々も脚本を作る段階で、そこを意識しながら、ここにいる皆さんのキャラクラ―をどう作り上げていくかというのも苦労しました」と熟考を重ねて脚本が完成したことを明かしていた。

星野和成監督

椎名も撮影を振り返り「現在と過去を行ったり来たりしながら撮影していったんです。時間軸通りに撮影はしてくれない、そういった撮影するのは初めての経験だったので、めまぐるしくメイク、衣装チェンジしながらの2カ月間でした」と時代背景を前後しながらのめまぐるしく変化のある撮影だったことを披露。

撮影前には、この役を果たせるのか不安と言っていた黒木は「素直に言えば、難しいセリフが多すぎるんです(笑)。この豪華な俳優さんに交じって、小堀弓子という役を全うできるか不安な気持ちもあったんです。後半に古賀さんと対峙するシーンがあるんですが、撮影の2、3日前から毎晩、古賀さんにうなされて、頭でずっとこの作品のことを考えてる日々でした。撮影が終わって、そこから抜け出した解放感ありますし、やっと見ていただけるといううれしい気持ちでいっぱいです」と振り返った。古賀と対峙するシーンで、黒木は10ページにも及ぶ文量のセリフを完璧に覚えて臨んだというエピソードを椎名から披露されたが、黒木の圧倒的な存在感のある演技はこのドラマのポイントだ。

黒木メイサ

財界に広い人脈を持つ東田章三役を演じた宅間は、相場先生のメッセージを踏まえ「とにかく台本でさえあれだけ難しい作品。その原作は膨大な情報をきっちりした骨組みにして、人間ドラマを貼りつけていくわけですから、(演じる上では)一歩間違えると押しつぶされる気がするんです。共演者と監督の明るさに助けられながら、楽しく撮影させて頂きました」と重厚な作品を演じ終えたという充実感が感じられるコメントだった。

宅麻伸

原田は古賀と20年以上連れ添った佐知子役を演じているが、「佐知子さんは、とてもやわらかな雰囲気の女性で、自分の信念というか軸の部分がしっかりしている女性だと思いました。嘘がない女性なので、きっと古賀さんも唯一心を許せる女性。本来古賀さんが持っている奥底の部分みたいなものが、佐知子さんと過ごす時間に表現されていくので、そういった意味ではとても大事な役割をいただいた気がします」というコメントにある通り、椎名と原田が絡むシーンは本ドラマでも注目したいところだ。

原田知世

奥田はバブル期を生きた人物を演じているが、自身のバブル体験を振り返りながら、「ちょうどバブルの時、役者で売れて、世間でキャーキャー言われた時だったので、全部覚えてますよ(笑)。役者にバブルはないのに、世の中がバブルだから、ギャラが上がったりしないのに、もらったギャラをバブルと勘違いして使いまくっちゃって(笑)。(ドラマでは)僕が一番長い年月を演じているんですね。ドラマ観ましたよ、いやー見事だった(笑)。さすが奥田瑛二!バブルを乗り越えたなと思ってます」と、奥田のようなベテランの俳優が実際に生きたきた時代にリンクした役を演じているということが、このドラマの深みへ繋がっている。

奥田瑛二

星野監督は、演出について「これだけの顔ぶれですので、僕が細かく演出したという記憶はあまりないんですけど、それぞれのシーンは話合って、アイデアをもらって撮影しました。作品は骨太なんですが、撮影現場は楽しくやらせていただきました」と緊張感のある撮影だと思うが、現場の雰囲気はとてもよかったようだ。

撮影中のエピソードを訊かれた奥田は「刑事ドラマは慣れてるから沁み込みやすいけど、金融ものは大変ですよ(笑)。それを知ったかぶりしてやるのは嫌だったので、一応調べるんですよ。調べたら頭の芯が痛くなって、熱もっちゃうような感じが撮影中続いていて。それだけ乗り越えなければ目的地にたどり着かないという、達成感はあります」と、奥田ならではの役者としてのアプローチ方法を話すと、黒木は「ある日、撮影前にスタッフさんが準備していて、私も現場で待っていると、監督が台本と劇中で使う写真をお持ちになって、私に向かってきたので、このシーンについて“何か言われるんだな~”と思って待っていたら、『原田さん、ほんとキレイだよな~』って私のところへ言いに来たんです(笑)。私も原田さんのキレイさは十分わかってますけど、真剣におっしゃるから、お会いする前にすっごく緊張しました」と会場が和むエピソードを披露してくれた。

椎名は「奥田さんの話しますと、強いタバコたくさん吸うんですよ。1mgに入れ替えてもわからないんですけど、奥田さん本気なので、10何mgのタバコをずっと吸うんです。あれは暑い日で、屋上のシーンですよね。吸い過ぎて、ちょっと具合が悪くなったみたいで、それは“タバコの吸いすぎじゃないんですか”と申し上げたんですが、それでもショートホープをずっと吸うんですね。自分をいたわるとか、最後までお芝居を体調良くできるようにとか、自分でコントロールするとか…」と撮影秘話を暴露すると、奥田は「カチンコがなるとダメなんだよ~」と答え、会場を盛り上げた。

連続ドラマW『不発弾 ~ブラックマネーを操る男~』より

自分のダークな部分を披露する質問に、黒木は「ダークな部分はいっぱいあるんですけど…現場で監督さん、スタッフさんが今日はこうで…とお話をされてて、もちろん一生懸命聞くんですけど、大体1個目に言われたことで頭が止まってて、2個目、3個目のは“はい”と言ってるけど、ほとんど聞いてません。すみません」と、意外な一面も。
原田は、「撮影の合間に差し入れとかいただくんですね。今回もちょうどお腹が空いてころに、おいしそうなおまんじゅうが届いていて。すごく食べたかったんですけど、黒木さんもまだ召し上がらず、スタッフの方々の後に…と思って我慢してて。でも撮影が終わって、食べ忘れて帰ってしまい、帰り際に“あっぁぁぁぁ”って思っている自分がやだな~(笑)って。悔しいみたいな(笑)」とお茶目な一面を披露していた。

その原田のコメントを受けて、椎名は「言っちゃおうかな~僕が20代の時にあるオーディション受けましてね。それが原田さんの主演映画のオーディションで、落ちました。今回はじめて原田さんにお会いできたので、それはそれで良しかなって感じです。 この世界って面白いもんで、会わない人とは会わないまま過ぎていくんですけど、あの時受かっていたら、またずいぶんと違うわけで…不思議な縁だなと感じる時があります」と話していた。作品を作る上では共演する役者同士にも縁があって、その縁が絆になり、素晴らしい作品が生まれるのだ。

最後に、監督は「ホントに真面目にやらないとできない作品だったし。年代も含めて、それぞれのキャラクターの描き方にも悩んだ時もあったので、家族に会うこともなく、このドラマのためだけにこの2カ月は過ごしてました。いい作品ができたと思います」と自信に満ち溢れたコメントをすると、椎名は「普段使わってないような金融用語が膨大にありましたし、大変な現場だと思いながら撮影をしていました。でも、完成した作品を自分も観たんですけど、ホントにいいドラマになっています。ここに来ていない俳優さんたちもすごくいいお芝居をされてます。僕らも辛い思いしてるけど、ホントにスタッフさんが大変な毎日を過ごしながらも、現場が明るいんです。監督の人柄もあると思いますが、みんなが疲れた顔をせず、朝から晩までお仕事をしてました。そういうものが我々の力になったと思いますし、作品への力にもなりました。いうことないくらいいい脚本、いい作品で、僕はやってみたかった役をいただいて、やれたことが幸せです。このチームでやれたことも幸せです。」と思いのたけを披露した。

約40年間の経済界の裏側を描く本作は、警察ドラマもあり、古賀と同じ時と生きた人たちを描く人間ドラマの側面も兼ね備え、多面的で重厚な作品になっている。多くの見どころを備えた『不発弾 ~ブラックマネーを操る男~』はいよいよ今週6月10日より全6話、毎週日曜 夜10:00よりWOWOWプライムで放送開始。

取材・文 / エンタメステーション編集部

連続ドラマW『不発弾 ~ブラックマネーを操る男~』

6月10日(日)スタート(全6話)[第1話無料放送]
WOWOWプライム 毎週日曜 夜10:00

出演:椎名桔平 黒木メイサ
堀部圭亮 三浦貴大 入山杏奈 朝夏まなと デビット伊東 ・ 吉沢悠 葛山信吾 山口美也子 渡辺哲 津嘉山正種
宅麻伸 / 原田知世 奥田瑛二

原作:相場英雄『不発弾』(新潮文庫刊)
監督:星野和成(『チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像』、「連続ドラマW スケープゴート」)
脚本:田中眞一(「チーム・バチスタ」シリーズ、「連続ドラマW 社長室の冬-巨大新聞社を獲る男-」)
音楽:林ゆうき(「ストロベリーナイト」シリーズ、「リーガル・ハイ」シリーズ)

大手企業・三田電機の1500億円の不適切会計。裏にある男の影が――。椎名桔平演じるダークな主人公を、黒木メイサ演じる捜査二課刑事が追う社会派ヒューマンサスペンス。

原作本

不発弾

相場英雄(著)
新潮社