Topics

【5名様】映画『空飛ぶタイヤ』赤松運送株式会社 三色ボールペン<非売品>をプレゼント

【5名様】映画『空飛ぶタイヤ』赤松運送株式会社 三色ボールペン<非売品>をプレゼント

累計180万部を突破した池井戸潤による大ベストセラーを映画化した『空飛ぶタイヤ』が、本日6月15日(金)に全国公開された。

本作は、ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故で整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)が、大手自動車会社・ホープ自動車の不正気づき、社員や家族を守るため、真実を明らかにするために闘う姿を描く。大手自動車会社・ホープ自動車に勤め、赤松と対峙することになる沢田を演じるのは、ディーン・フジオカ。ホープ自動車のグループ会社であるホープ銀行の銀行員・井崎を演じるのは、高橋一生。それぞれの正義を貫き、大企業に立ち向かう熱い男たちの魂のぶつかり合いが見どころの一つとなっている。

【募集終了】映画『空飛ぶタイヤ』赤松運送株式会社 三色ボールペン<非売品>を抽選で5名様にプレゼント

本作の公開を記念して、長瀬智也演じる主人公・赤松徳郎が経営する運送会社「赤松運送」のオリジナル三色ボールペンをエンタメステーション読者様へ抽選でプレゼントいたします。赤松運送の従業員になったつもりでボールペンを使えば、社会の不条理に屈せず戦えること間違いなし!

応募期間

※募集期間は終了致しました。

6月15日(金)~6月24日(日)23:59

・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


原作者・池井戸 潤さんのインタビューはこちら
池井戸潤作品で初めて映画化となった『空飛ぶタイヤ』。 著者が語る「物語が生まれるまでのプロセス」とは

池井戸潤作品で初めて映画化となった『空飛ぶタイヤ』。 著者が語る「物語が生まれるまでのプロセス」とは

2018.06.13

杉本 元 役・中村 蒼さんのインタビューはこちら
映画『空飛ぶタイヤ』で、小さな勇気を出す男を演じた中村蒼。 池井戸潤作品の魅力と、役者としての”現在地”を語る。

映画『空飛ぶタイヤ』で、小さな勇気を出す男を演じた中村蒼。 池井戸潤作品の魅力と、役者としての”現在地”を語る。

2018.06.14

映画『空飛ぶタイヤ』

6月15日(金)全国公開

【STORY】
よく晴れた日の午後。
1台のトレーラーが起こした事故により、1人の主婦が亡くなった。事故を起こした運送会社の社長・赤松徳郎は警察で信じられないことを聞く。 突然タイヤが外れた、と。
整備不良を疑われ、世間やマスコミからバッシングをされる毎日の中、彼は車両の構造そのものに欠陥があるのではないかと気づき、製造元のホープ自動車へ再調査を要求する。
ホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太は、赤松の要求を疎ましく思いながらも、真実を突き止めるために、また同じ頃、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮は、グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自の調査をそれぞれ開始していく。突き止めた先にあった真実は大企業の“リコール隠し”――。過去にも行われていたそれは、二度とあってはならないことだった。
果たしてそれは事故なのか事件なのか。男たちは大企業にどう立ち向かっていくのかー正義とはなにか、守るべきものはなにか。

原作:池井戸 潤『空飛ぶタイヤ』(講談社文庫、実業之日本社文庫)
監督:本木克英
脚本:林 民夫
出演:長瀬智也、ディーン・フジオカ、高橋一生、深田恭子、岸部一徳、笹野高史、寺脇康文、小池栄子、阿部顕嵐(Love-tune/ジャニーズJr.)、ムロツヨシ、中村 蒼ほか
音楽:安川午朗
配給:松竹
©2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会

オフィシャルサイト
http://soratobu-movie.jp/

原作コミック

空飛ぶタイヤ 上下合本版

池井戸潤/講談社

走行中の大型トレーラーが脱輪し、はずれたタイヤが歩道を歩く若い母親と子を直撃した。トレーラーの製造元ホープ自動車は、トレーラーを所有する赤松運送の整備不良が原因と主張するが、社長の赤松は到底納得できない。独自に真相に迫ろうとする赤松を阻む、大企業の論理に。会社の経営は混迷を極め、家族からも孤立し、絶望のどん底に堕ちた赤松に、週刊誌記者・榎本が驚愕の事実をもたらす。