Interview

The Birthday  新曲「THE ANSWER」でいよいよ研ぎ澄まされた言葉とバンド・アンサンブルはいかにして生まれたか?

The Birthday  新曲「THE ANSWER」でいよいよ研ぎ澄まされた言葉とバンド・アンサンブルはいかにして生まれたか?

ニュー・シングル「THE ANSWER」は、グッド・メロディとバンド・サウンドのスリルが同居する、まさにThe Birthdayならではのロックチューンだ。
最初に聴こえてくるのは、チバユウスケのスピード感たっぷりのギターのイントロだ。続いてクハラカズユキのドラムが、チバのリフにぴったりと寄り添って入ってくる。そのギターとドラムだけをバックに、チバが歌い出す。ワンフレーズ歌ったところで、ヒライハルキのベースが速いパッセージでグルーヴに弾みを付ける。歌の切れ目でフジイケンジのギターが加わり、アンサンブルが完成する。そこからはもうThe Birthdayの独壇場だ。切ないメロディに重量感のあるリリックが乗って、日常を切り裂く世界が展開される。
そうした緻密な作りの「THE ANSWER」に対して、カップリング「VICIOUS」は歯切れのいいクハラのドラムから始まるシンプルなロックンロールだ。♪あなたを愛してる そう思うのは俺の勝手♪というガツンと来る歌詞が、聴く者を幻想に引きずり込むチバ節が炸裂する。
2018年1月に初のライブ・アルバム『LIVE AT XXXX』をリリースしてバンドの充実を伝えたThe Birthdayの久々のシングルは、このバンドのさらなる上昇を告げている。チバとクハラに話を聞いてみた。

取材・文 / 平山雄一 撮影 / 田中和彦

「THE ANSWER」は、曲の全体像はあったんだよね。あのギターのコードが出てきて、そっからメロディを作った。

ニュー・シングルの前に、初のライブ・アルバムを出した感想から行きましょうか? フジケンさんが大活躍でしたね。

チバ 選曲は全部スタッフとフジケンで。まあでも結局、フジケンが作業してるスタジオには行きましたけどね。 

クハラ ワタシは個人的に、『LIVE AT XXXX』をあんまり聴いてない。興味がないっていうわけじゃないけど、もう終わっちゃったものっていうのがあるから。改めてライブの音を聴くのは、自分の粗が見えちゃったりするから(苦笑)。

チバ フジケンは、ライブ・アルバムが作れて喜んでたけどなあ。

クハラ 映像でも伴えばまだちょっと聴くこともあるけど。

チバ ……大変だったぞお、ミックス。

クハラ ん?

チバ ミックス大変だったんだよ。

ははは!

チバ 俺もやって良かったなと思った。

ライブ・アルバムを出して、今のバンドを客観的に見れたことが、今回の新曲「THE ANSWER」に多少なりとも影響はあったんですか?

チバ あんま関係ないと思うよ。あれはあれで、これはこれ、みたいな。

っていうとこで、「THE ANSWER」はどんなふうに作り始めたんですか?

チバ これは、俺のギターから始まるんだけど。

あのイントロのフレーズはチバくんのギターなんだ!

チバ うん。

メチャクチャカッコイイじゃん!!

チバ やったあ! 良かった。

クハラ ふふふ。

っていうか、フジケンを褒めなくて良かった(笑)。

チバ はははは! フジケンだと思ってた?

思ってた、すみません(笑)。

チバ あ、本当? そうなんだ。

それにしても、カッコいい!あのギターのイントロができて、曲を仕上げていったの?

チバ いや、イントロができてっていうか、曲の全体像はあったんだよね。メロディとコード進行はあった。でもあのギターのコードっていうか、俺も自分でも何んていうコードか知らないけど。まあ、フジケンに聞けば何ていうコードかわかると思うけど(笑)。あれが出てきて、そっからメロディを作った。で、スタジオに持ってって、「こんなのできた」つって。

あのイントロの感じとメロディは分かちがたくあったっていうことなんだ。

チバ そうだね。

イントロのあとのメロディ展開もすごくいい。

チバ ……えらい褒めるねえ(笑)。

そしてイントロのギターのタイミングと同じフレージングで、ドラムが入ってくるでしょ。あんなに揃えることってあんまりないよね。

クハラ ドラムパターンは、チバの弾いてる譜割りというか、あれに反応するようにしてできましたね。

チバ で、キュウ(クハラ)が、サビの♪答えーはー♪っていうとこあるじゃん? そこをハナっから倍テン(註1)にしてたのね、タイコ(ドラム)を。

最初に合わせたときから?

チバ うん。そこはそのままクーって行くかなと思ってたら、倍テンにしてて。俺はそれがもうすごい新鮮だった。

自分の曲想の中にはなかったんだけど、みんなで合わせてみたら?

チバ そうそうそう、合わせてみたら出てきた。

幸せな成り立ちの曲だなあ。

チバ ま、幸せかもねえ。

(一同笑い)

「THE ANSWER」は、イントロのギターとドラムがすごく合ってたり、途中からベースが入ってきたり、アンサンブルが凄く上手く噛み合ってて、「こんな上手く行くんだ」とか思いながら聴いてたんだよ。

チバ まあ、俺以外さ、みんな最近、職人みたいになってるからさあ。俺はそこまで到達できてないからさ。それもどうかなとは思うんだけど(苦笑)。

あははは。その流れで言うと、自分で原型だけシンプルに作って、そんなに作り込まないで持ってったほうが、みんなが好きにやってくれるっていうことでもあるんだね。

チバ そうだね。でもそれがいちばん楽しいからさ。それですごいひっくり返ることもあるじゃん?

ああ、自分が考えてもいないほうに行っちゃったりとか。

チバ そうそうそう。それを楽しみにしてるんだけど、まだここんとこないな。

クハラ ぷぷっ。 

え? でも、「THE ANSWER」はできてるじゃん。

チバ これはこれでね、大変だったんだよ。

あ、そうなんだ(笑)。

チバ うん。ああでもねえ、こうでもねえ、つって。

クハラ けっこう考えあぐねましたよ。何度も何度も「どういうふうな順番で、ドラムやベースが入っていったらいい?」とか「パターンはどうしようか」とか、各々やる部分もあるし、全体で「どうする? どうする?」っていうのは相当やったかも。「ベースは途中から入れようか」とかさ。

そういう意味で言うとね、すごく凝った作りになってる。

チバ 凝ってるふうに聴こえちゃうのはマズいなあ。

え、そうなのか? なんで?(笑)

チバ そりゃそうよ(笑)。

「一発でこのアレンジができた!」、みたいにしたいわけ?

チバ そう、それにしとこう!(笑)

(一同爆笑)

チバ あれ、全部一発です。何も考えてません(笑)。

ははは! 自然とああなったって(笑)。

クハラ 考えあぐねてなかったかな?(笑)

レコーディングでよく見かけるのは、全部録ってみて、「ここでベースがなかったらどうなるんだろう?」とか、試しにアレコレやったりして作る人もいるよね。

チバ それもやったよ。

それもやったんだ(笑)。

チバ やるよぉ。

じゃあ、ちゃんとやってるんじゃん(笑)。

チバ 大変なんだって。・・・いや、一発です。

(一同笑い)

チバが「これはないだろう」って言ってるのが、周りが「いいですねえ」って言う曲に仕上がるっていうのは、過去の歴史が物語ってる(笑)。

メロディがきれいな曲をシングルにしようっていう方針だったの?

チバ 俺はねえ、これはシングルじゃないと思ってたんだよね。

そうか、前もシングルを決めるのは自分たちじゃないっていうような話をしてたんだけど。

チバ そうなんだけど、今回はねえ、俺、大敗したね。

曲選びのときに?

チバ 8対1ぐらいだった。圧倒的な大敗だったよね、俺ね。

クハラ だいたい、俺たちの長い歴史の中で――

チバ 俺がいいっていう曲はシングルにならない。

またしても大敗っていう感じだったんだ(笑)。

チバ 大敗だったねえ。

クハラ チバが「これはないだろう」って言ってるのが、ことのほか周りが「いいですねえ」って言う曲に仕上がるっていうのは、過去の歴史が物語ってる(笑)。

ずーっと続いてるんだ(笑)。

クハラ 30年ぐらいですかねえ(笑)。

(一同笑い)

なんでだろうねえ、不思議だね。

チバ ね! 俺、もうわかんない、わかんないよ!(笑)

キュウちゃんはどうなの、シングル選びに関しては。

クハラ きっと、ゼロから作ってる人と乗っかってる人との違いなんじゃない? 感性が。だって俺は曲を作ったことないから。何にもないとこから「じゃあ、こんなのどう?」っていうのはやったことない。チバが持ってきたときに、フジケンのフレージングが乗っかってるっていう感じだから、そういう違いがシングル選びの時に、多かれ少なかれあるんじゃないですかね。

チバ キュウだって昔、曲作ったじゃん(←小声)。

クハラ ん?

チバ 昔、曲作ったじゃん(←小声)、アマチュアの頃(笑)。

くははは!

チバ 何て言う曲だっけね、あったよね。急に思い出した。

ははは! で、キュウちゃんは「THE ANSWER」に1票入れたの?

クハラ うん、そうです。

チバ 汚いよねえ、1人1票ってさあ。俺2票ぐらい――

(一同笑い)

チバ それでも2票あっても俺は負けるんだけどさ。

8対2ぐらいになるだけなんだ(笑)。

チバ そうそうそう(笑)。

メロディもいいし、言葉がそんなに多くないんだけど、すごく強い感じがしたんですよ。

キュウちゃんから見てこの曲の魅力はどこ?

クハラ メロディもいいし、言葉がそんなに多くないんだけど、すごく強い感じがしたんですよ。それがすごくいいなあと思って。どっかでやっぱ「シングルっていうのは」って考えちゃったりするんですよ。そんなときに、「THE ANSWER」ができて、「これをシングルとして聴いてもらいたいな」っていちばん強く思った。演奏とメロディと言葉っていうトータルで、いいなと思った。

チバ 実はねえ、6曲録ってるのよ。その中から選ぶ感じだった。

今年最初の音源だしね、最初にどれを聴かせたいっていうのを考えた上で、決めるんだね。

クハラ うん。前回のシングルがどうだったっていうのも、うっすら考えたりもする。で、次はこういうのが聴かせたいなっていうのがあって、俺は「THE ANSWER」に1票入れた(笑)。

6曲のうちから投票したんだ?

チバ 投票っていうか、自然に「THE ANSWER」に決まっちゃってて、すんげえ、俺は頭にきてたんだけど(笑)。

(一同笑い)

作った人の心はなかなかわからないよね。

チバ いや、もちろん「THE ANSWER」は大好きなんだけど。「ああ、これで良かったな」と思ってるんだけどさ。

でもいつもそこで当たらないんだね(苦笑)。

チバ 絶対、俺の意見は通らない、大概は(苦笑)。

一生懸命この歌詞作ったのに、清書してもらって、歌入れのときにプリントアウトをもらったら、文字の量がすんげえ少ねえんだよ。

キュウちゃんが言ってた「言葉が強い」っていうのは大事だよね。

クハラ それがすごくいいなと思ったんですよね。メロディと、乗ってる言葉の感じが。

若いバンドと話をすると、よくチバくんの歌詞の話が出てくる。つじつまとか考えずにガーッて言葉が並んでて、「チバさんが歌うと成り立つんだけど、俺たちが同じような歌詞を出したらディレクターに絶対ダメって言われる」っていう話がよく出る(笑)。

チバ そんなことはないよ。

それって、キュウちゃんが言ってた「言葉が強い」っていうことにすごく関わってるような気がする。

チバ 昔、ミッシェルの頃なんて、ディレクターに「こんな歌詞?」ってよく言われてたもん。でも俺はゴリ押ししたけどね。まあ、放送禁止用語みたいな言葉は、できるだけ使わないようにしてるけど。そういうのはちゃんと避けるようにはなったよ。ポルシェとかコーラとかさ、昔は使えたけど今は使えなくなってる。たとえば「あのポルシェ潰したろうか」みたいなマイナスイメージになるのはダメと。

クハラ 「真っ赤なポルシェ」ぐらいだったらいいんだ。百恵ちゃんぐらいだったらいいっていう(笑)。

でもNHKでは「真っ赤な車」って歌わされてたよね。

クハラ あー! そうだそうだ。

チバ ははは!

まず言葉の強さとメロディが第一。The Birthdayは歌のバンドなんでね。

話を戻すと、「言葉の強さ」っていうのをバンドのメンバーも感じるんだから、普通のリスナーは当然感じるわけだよね。

クハラ 言葉は絶対立ち入れないとこで、それはもうチバが作ることだから。興味はあるし好きだし。

曲が出来ても、どんな歌詞になるのかは、歌入れギリギリまではわからないの?

クハラ そうですね、全体像は。キーワードがあったりワーッと仮で歌ってるのがあったりするんだけど、ストーリーというか、細かいところは、歌入れのときに行って、ペランと歌詞の紙もらって、そこで初めて知る。

チバ 「THE ANSWER」の歌入れのときさあ、一生懸命この歌詞作ったのに、文字の量がすんげえ少ねえんだよ。俺、「ええっ!?」つってビックリしちゃって。

紙にして見たら「これしかないのかよ」って?

クハラ そうそう、歌詞をもらって、言葉数が少ないなってまず思ったんですよ。で、「この曲にこの歌詞をどう当てるのかな? どういう譜割りで歌うのかな?」って思って、「じゃあ聴きますか」って聴いたら、それがことのほかすごく良くて、「これでしょ!」って思った。

たぶん言葉の強さとか、重量感としては、この4倍ぐらいの感じがしてるんだけど、文字にしてみたらこれくらいっていう。

チバ そうなんだよ、俺もそう思ってたんだよ。清書してもらって、歌入れのときにプリントアウトをもらったら、こんなに小っちゃいんだわ。

(一同笑い)

チバ 「ええーッ!!」つって。

クハラ まだできてないのかな、みたいな(笑)。「これ、1番だけ?」って(笑)。

チバ そう! びっくりしちゃったよ。

クハラ でもそれって、すごくいいと思うんだよね。もちろん言葉がダーッとたくさんあるのもカッコいいんだけど、少ない言葉でちゃんとグッと来るっていうのはね。「やるじゃん!」と思ったよ、俺。

史上もっとも少ない歌詞なのかもしれないね。

チバ そうッスね。ホント、そうかも。

ある時期の清志郎さんもそんなだったよな。曲はヘビーなのに、詞だけで見ると「こんな短えんだ」みたいな。

チバ いやいやいや、あの人のとこまではあと60年掛かるね。

60年って、生きてるかな(笑)。

チバ 大丈夫! 俺140才まで生きるから。占いではね、俺、141才まで生きるって(笑)。

ははは!

クハラ で、最後は香典貧乏で自己破産(笑)。

そうか、知り合いの葬式ばっかり行ってて?

クハラ そうそうそう。

言葉が少ないのを見てビックリしても、その歌に使うエネルギーは、やっぱり1曲分ある。詞がこれの倍あったとしても、歌うときのエネルギーってそんなに変わらないから、その分、中身がぎっしり詰まってるんだろうね。

チバ そうなんだよね。不思議だよね。

キュウちゃんから見てこの曲の魅力というのは、改めて言葉の強さとメロディなんだね。

クハラ うん。まずそれが第一。The Birthdayは歌のバンドなんでね。

フジケンもやっぱり歌だって言うもんね。激しいギター・リフがあったとしても、基本的にはメロディを聴かせようって。「THE ANSWER」のベースも凄いね。

クハラ すごいと思いますよ、ウチのベース(笑)。よくあんな手ぇ動くなあって思うもん。

リードギター並みに動いてるよね。その辺りはチバくんが一人で作ってるときの予想以上だったの?

チバ まあ、予想以上にならないと、曲としてはね、絶対ダメだからさ。俺の予想を越えなきゃダメだ。

フジケンはどんなことを言っていた?

チバ 「俺のギター、いるかなあ」つって。

(一同笑い)

そうだろうなあ、チバくんのギター1本で成り立っちゃうもんね。

チバ そうなの。だから悩んでた。

ああ、ああ。

チバ あ、悩んでないよ、一発だった。レコーディングは、一発!!

ははは!(一同笑い)

チバ フジケンは、まだ悩んでるかもしれないね(笑)。

ギター・ソロは?

チバ ソロはフジケンです。

フジケンのギター・ソロは、この曲のムードをどうやって出すかっていうことだけ考えてて、すごく合ってる。

チバ そういうふうに聴こえるんだ。それはいいね。良かったんじゃないかな。

そして、終わり方がすごいバシッと決めてるじゃない? あれも相当考えた?(笑)

チバ ……そんな考えてないよな。

クハラ あれはもうほとんど決まってたよね。

チバ フェードアウトってさあ、一回やってみたいんだけど、ライブんときにやり様がないじゃん。

そうだね。

クハラ フェードアウトやってみたいねえ。

チバ やってみたいねえ。すごーい乱暴なやつ。「ここで!?」みたいな(笑)。

クハラ 2分45秒でね、急にフッと消えちゃう(笑)。

今ちょっと思ったけど、「あなた」って言ってる人が母親みたいな。そういう感覚かもね。

カップリング「VICIOUS」のほうは?

チバ これはもう、すごくいい曲です(笑)。

「VICIOUS」って、シド・ヴィシャス?

チバ いやいや、べつにシド・ヴィシャスはあんま考えてなかった。「醜悪だな」みたいな意味。

キュウちゃん、こっちのほうの歌詞はどうなの? これはノーミーニングというか、あんまり意味を考えないで聴いたほうがいいって思うけど。

チバ そんなことないよ(笑)。

“VICIOUS”っていうことを言うためだけに徹してる。

チバ あー……そっか。じゃ、やっぱりシングルは「THE ANSWER」で良かったんだな。

(一同笑い)

チバ 難しいなあー……。俺はこっちがシングルだと思ってたんだけど。

そうだったんだ。「VICIOUS」で面白かったのは、「あなた」っていう言葉が出て来ることかな。

チバ そこは……。

これはあんまり説明しないほうがいいのかな(笑)。

チバ ガッカリしちゃうから(笑)。

クハラ そう言えば「あなた」っていう単語はあんまり出てこないね、チバの中からは。「おまえ」とか「あんた」とかはわかるけど、「あなた」っていうのはあんまりないかも。

何かあったのかね(笑)。

チバ なんかあれじゃない? 今ちょっと思ったけど、「あなた」って母親的な感じじゃない?その「あなた」っていうのが母親というんじゃなくて、その言ってる人が母親みたいな。「あなたを愛してる」って子どもに向かって言ったりするじゃん? そういう感覚かもね。

そういう意味で言うと、出てきてもおかしくないのか。

チバ だってお母さんは、「おまえ」とは言わないもんね、ほとんど。「あんたね」って言うでしょ?まあ、あんまり謎解きしてもしょうがないのよ。しないほうがいいんだよ(笑)。

というか、これがシングル候補だったっていうのがいちばん面白いよ(笑)。

クハラ くくくく!

チバ 笑うなよぉ、ひどいよぉ。

ホントだよね、笑っちゃいけない(笑)。

 チバ 9対1だよぉ。ホントに(苦笑)。

クハラ 9対1を納得した感じ?(笑)「なるほどお!」つって?(笑)

チバ 平山さぁん!

いやいやいや(笑)。

クハラ 「これは9対1ですわなあ」みたいな(笑)。

いやいや、悪い曲だって言ってるわけじゃないよ? ねえ。

チバ わかってます(笑)。

でもさ、そういう意味では、皆さんのイチ推しとチバくんのイチ推しが並んでいる、超豪華なシングルだよね。

チバ うん。

で、「VICIOUS」をなるべく早く聴いてほしかったんだもんね。

チバ そうなんです、マジで。それで説得されちゃったっていう。「先に出したいんでしょ? じゃあ、B面でいいじゃん」って言われて。 

うははは!誰が言ったんだ?(笑)。

チバ 誰が言ったのかは忘れたけど、俺も「そうか!」と思ってさあ。

「じゃあそれで手を打とうか」っていう。

チバ そうそう、「それだ!」って。

 クハラ 「それで手を打とう」と(笑)。

チバ なんか、新鮮な感じのときに出したいと思って。

ちなみに、このシングルを出した後、6月にクアトロ・ツアーがあるから、そこで聴けるわけだよね?

チバ そう、「VICIOUS」ね。「THE ANSWER」はもうやってるけどね

クハラ 「VICIOUS」はまだ演奏してない。

クアトロ・ツアーはどんな感じになりそうなんだろうね。

チバ 考えてないねえー……。

クハラ 毎年のようにクアトロ・ツアーやってますね。

やっぱりクアトロっていう箱の大きさと雰囲気が好きなの?

チバ 箱はあんま関係ない。人かな。

お客さんっていうこと?

チバ ううん、店の人。昔っから、それこそ何十年も前から世話になってるし。クアトロでやれるっていうのは、やっぱり楽しいんだよね。それこそ外タレの前座とかでしょっちゅうクアトロに出させてもらってたから。

クハラ なんかバンド系の初来日っていうイメージがあるのよ、クアトロって。外人バンドが来ると、まずクアトロでやるみたいな。超有名な人じゃないバンドがクアトロでやるみたいな。

チバ で、俺たちが呼ばれる(笑)。

クハラ 前座やらせてもらうみたいな。で、前座やったバンドは大抵なくなっちゃうと(苦笑)。

(一同笑い)

呪われてるじゃん!(笑)

クハラ 大概ニューヨークの連中が多いね。

もう6曲録ったって言ってたけど、次のアルバムの進行はどうなんですか?

チバ 順調っちゃ、順調ですね。

クハラ プリプロ中です。曲作り中。

チバ まだまだだね。

だいたい20曲ぐらい作るの?

チバ 20ぐらい行くときもある。消えていく曲あるから。モチーフとしてはもっとやってるかもしれないね。4、50やってるかもしれないな、ちゃんと数えたら。

クハラ 何年にもわたって寝てる、そのままになってるモチーフだったりとか。それをまた、ふと「やってみようか」って。

チバ やってみたら良かったりするから。

その時点では一回消えたけど?

チバ うん、そうなのよ。

クハラ そういうのって、あるんだなあと思ったよ。そのときのタイミングじゃなかったのかなあって。

それは長くやってるバンドならではだよね、きっと。

クハラ そうですかねえ。

新しいアルバムも楽しみにしてます。ありがとうございました。


註1:大きく倍のリズムでとるゆったりとしたノリのリズムパターンをThe Birthdayメンバー間では倍テンと呼んでいるが、本来、この曲のサビのような半分のテンポ感にすることは半テンと呼ばれる。

その他のThe Birthdayの作品はこちらへ

ライブ情報

【Quattro×Quattro Tour’18】※全公演SOLD OUT!!

6月20日(水)名古屋クラブクアトロ 
6月21日(木)梅田クラブクアトロ
6月23日(土)広島クラブクアトロ
6月28日(木)渋谷クラブクアトロ

【TOUR 19 NIGHTS 2018 AUTUMN SCHEDULE】

10月12日(金)NHK 大阪ホール
10月14日(日)静岡ROXY
10月16日(火)水戸LIGHT HOUSE
10月20日(土)旭川CASINO DRIVE
10月21日(日)小樽GOLDSTONE
10月24日(水)仙台Rensa
10月25日(木)南相馬BackBeat
10月27日(土)弘前Mag-Net
11月1日(木)川崎クラブチッタ
11月7日(水)名古屋ダイアモンドホール
11月9日(金)福井まちなか文化施設響のホール
11月11日(日)新居浜JEANDORE
11月13日(火)姫路Beta
11月16日(金)福岡イムズホール
11月17日(土)周南RISING HALL
11月21日(水)長野CLUB JUNK BOX
11月23日(金・祝)三重四日市CLUB ROOTS
11月25日(日)岐阜CLUB ROOTS
11月29日(木)中野サンプラザホール

The Birthday

Vocal & Guitar :チバユウスケ(7.10)、Guitar :フジイケンジ(3.08)、Bass :ヒライハルキ(6.20)、Drums :クハラカズユキ(4.03)。
05年9月、チバユウスケ(Vo&G)が中心となって結成。2010年末から現在のメンバーに。結成10周年となる2015年には、ベスト・アルバム『GOLD TRASH』をリリースし3度目の日本武道館公演を成功に収める。
2017年3月シングル「抱きしめたい」をリリース。5月にニュー・アルバム『NOMAD』をリリースして、27日からは全国ツアーがスタート。2018年1月31日には初のライブ・アルバム『LIVE AT XXXX』をリリースした。

オフィシャルサイト
http://www.rockin-blues.com

http://thebirthday.jp

フォトギャラリー