黒川文雄のエンタメ異人伝  vol. 17

Interview

ミクシィ代表・木村こうき氏(下)『モンスト』誕生!そのブレイクの真相

ミクシィ代表・木村こうき氏(下)『モンスト』誕生!そのブレイクの真相

音楽、映画、ゲームなどを総称するエンタテインメントは、人類の歴史とともに生まれ、時代に愛され、変化と進化を遂げてきました。 そこには、それらを創り、育て、成熟へ導いた情熱に溢れた人々がいます。この偉人であり、異人たちにフォーカスしインタビュー形式で紹介するエンタメ異人伝。

日本で大成功を収めたソーシャルネットワーク『mixi(ミクシィ)』。
2004年のプレサービスから始まり、数多くのソーシャルネットワーク初心者を取り込み、好評を博した。その間にミクシィは株式公開を果たし、その原資を基に数多くのサービスを開拓し続けた。そしてミクシィは、ゲーム・エンタテインメントにもソーシャルネットワーク要素を取り入れた。
その後、海外からの新しいソーシャルネットサービスが普及しはじめ、日本独自のカルチャーに根付いた『mixi』は苦境を迎える。それを救ったのは、木村弘毅(きむらこうき、以下、木村こうき)が企画して開発を推進した、ソーシャルネットワーク要素を兼ね備えたゲームアプリ「モンスターストライク」だった。その影響はゲームアプリに留まらず、様々なエンタテインメント要素を巻き込んで事業拡張に貢献した。

今回の「エンタメ異人伝」は、『mixi』のサービスの移り変わりと、その中で常に新しいサービスやエンタテインメントを模索してきた木村こうきにフォーカスする。今回のインタビューは、木村こうきを形成するもの、彼を動かすモチベーションに迫るものである。

※本記事は3回にわたってお届けするインタビューの最終回です。第1回(上)第2回(中)はこちら

インタビュー取材・文 / 黒川文雄


見積すらもらえなかった会社もあった『モンスト』誕生前夜

岡本さんは『モンスト』はコンペ形式だったと。木村さんからお題が出されて、3社ぐらいでコンペをやってみたいなことをおっしゃっていたんですけど、それは記憶にありますか?

木村 そうですね。3社っていうか5社ぐらいです。

それは、岡本さんというのは念頭にありつつ、他も試してみたいというような、お気持ちがやはりあったわけですか。

木村 試してみたかったわけではないですが、上場企業なんで、やはり相見積もりを取らないと、みたいなところはありました。でも、このときいろいろ学びましたね。

それは、どういったことを?

木村 友達と一緒に遊ぶみたいな企画なんか流行りっこないとか、そういうことを言うゲーム会社さんがけっこうありましたからね。見積もりすら、もらえなかった会社もありました。

岡本さんが、いきなりスマホを出して「こんなんでしょ?」みたいな

そうだったんですか。

木村 でも、岡本さんは「こんな感じの企画なんですけど」って出したら、次に会ったときに手ぶらで来てですね。いきなりスマホを出して「こんなんでしょ?」みたいな。

それは岡本さんもおっしゃっていました。いきなりモックアップ(試作品)を作って持っていったと。木村さんとしては、そういうところもよかったわけですか?

木村 酸いも甘いもではないですけど、プレゼンテーションの提案力としては面白いなと思いましたね。

岡本さんは非常に理論派ですよね。知識も知見もすごくおありになるし。その岡本さんが、よく言っておられるんですが、『モンスト』のサービス開始のタイミングのとき、キャラクターの完成度が十分ではないと思ったけど、木村さんがゴーの判断を出したと。この木村さんの「関ヶ原」(注9)はすごかったと称賛されていますが、ご自身としてはどうだったんでしょう。ゲーム性の部分、もしくはコミュニケーションの部分を優先すれば、キャラクターの完成度云々ではないところで勝負はできると。そう判断されたと考えていいんですかね。

注9:岡本氏が言う、ゲーム開発における絶対に譲れない部分。『モンスト』のキャラクターの絵の問題は岡本氏にとって「関ヶ原」=「譲れないポイント」で、強硬に修正を主張したというが木村氏が押し切った。そのため、岡本氏は「関ヶ原」で負けたのに天下を取れちゃったと述懐。「あのときに戻れたら謝る」と、当時の木村氏の判断を称賛している。

華美すぎる、キレイすぎると大衆化しないだろうっていうのがあったんです

木村 それもありますが、感覚的にあまり華美すぎるというか、キレイすぎると大衆化しないだろうっていうのがあったんです。

キレイすぎると逆にポピュラリティは得られないということですか。

木村 『サンシャイン牧場』とかもそうだったんですが、あまりキレイ、キレイに作り込まれていると、ハードルが高そうに見えてしまうっていうのがあると思うんですね。なんか難しいんじゃないかみたいな。なので、そこまでキレイではないほうがいいっていう。その頃合いというのは、すごく重要で、いろんなものに通用すると思うんです。これはテレビで見たんですけど、日清さんには味のマイスターみたいな人がいるらしくてですね。その人がカップラーメンを試食して、「ダメだよ、これじゃ美味しすぎる」「こんなの毎日食っていたら飽きちゃうだろ」って言ったと。

なるほど、ちょっと雑というか、ユルいぐらいのほうがいいと。

木村 これは私見ですが、秋元康さんもそういう判断をされているのかもしれないです。AKBのコとか。

ああ~~なんかニュアンスは伝わってきますよ。かわいすぎるよりも、どこにでもいるみたいなコのほうが、逆に思い入れしやすいって感じですか。

木村 そうです。で、乃木坂で、じょじょにかわいさをインフレさせていったんじゃないかなあと。ある程度市場が収斂(しゅうれん)されたというか、成熟していったときに香水でいうと、ちょっと香りをキツめにしてっていう。秋元さんはそういうのが、すごい上手いんだろうなって思います。

なるほど~。

木村 なので、あんまり美味しすぎたりとか、キレイすぎたりとか、かわいすぎたりしたらポピュラリティを損なってしまうっていうのは自分の中にあったんです。

『モンスト』の判断には、そういう背景があったんですか。

木村 ただ、塗りは明らかに雑だったので、そこは直しました。「これはアカンやろ」って言われて、「それはそうっスね」って。

1 2 3 >
vol.16
vol.17
vol.18