LIVE SHUTTLE  vol. 7

Report

NOISEMAKER Hello Sleepwalkers @代官山UNIT 2016.02.18

NOISEMAKER Hello Sleepwalkers @代官山UNIT 2016.02.18

TOWER RECORDS とNOISEMAKERとのコラボレーションにより代官山UNITで2016年1月19日より3ヶ月連続開催されているTWINTOWER。♯002は3月23日にニューアルバム「Planless Perfection」をリリースするHello Sleepwalkersとの共演。レーベルメイトでありながら、なかなか同じイベントに出演することがなかったという2つのバンドが展開したステージは、圧倒的なパフォーマンスでありながらも自らの音楽に対する真摯な姿勢が感じられる素晴らしいステージだった。

文 / 岡本明

 1月19日にニューシングル「Butterfly」をリリースしたNOISEMAKER。彼らがゲストバンドを迎え、今年1月から代官山UNITで行っている3か月連続のマンスリーライブ“TOWER RECORDS presents TWINTOWER”。2月18日に開催された第2弾となる“TWINTOWER #002”は、Hello Sleepwalkersとの共演となった。

LS_0218_-HSW_17

ステージにHello Sleepwalkersのメンバー5人が現れると、「猿は木から何処へ落ちる」でスタート。ハードなサウンド、パワフルな演奏で最初から観客の耳を強烈に刺激する。曲のパートによってシュンタロウ(Vo&G)とナルミ(G&Vo)がボーカルパートを歌い分けたり、細かくリズムパターンが変化するなど、目まぐるしい展開にどんどん引き込まれていく。

さらに、マコト(B)とユウキ(Dr)の骨太なリズム隊が生み出すグルーヴが心地いい「円盤飛来」に続き、メンバーそれぞれが短いソロで見せ場を作り、間を開けずに「アキレスと亀」に突入。キメの多い複雑なアンサンブルでありながらまとまりのある演奏は、彼ら独自のスタイルだ。

「NOISEMAKERと僕らの2マンライブにこんなに多くの人が見に来てくれて嬉しいです、ありがとう。同じレーベルメイトだけど、今まで一度も対バンをしたことがなくて。今日初めて一緒にやるんだけど、最初は怖い人たちだと思っていて。俺たちも怖い人たちだと思われていたみたいだけど(笑)。でも実際に喋ってみたら、熱いし面白いし、いい人だなって思えました。音楽のジャンルは違っても音楽は音楽だし、音を楽しむっていう点では一緒だと信じているので。集まってくれたみんなも、いつものように楽しんでくれたらと思います」(シュンタロウ)

ここで新曲「2XXX」を披露。ギターが絡み合うイントロから一気に疾走感あふれるAメロへの流れ、予想もつかない極端なリズムの組み合わせ、サビの2人の歌い分けなど、彼らの持ち味を生かしながら、これまで以上に濃厚な印象を残すナンバーが迫ってきた。

LS_0218_HSW_02

一転、メロディアスな「天地創造」ではスケール感のあるサウンドで、歌の魅力を最大に引き出す。さまざまな側面を持つ彼らの個性が楽曲ごとに描き出されていく。

ここで、ナルミから3月23日にフルアルバムをリリースすることや、ワンマンツアーの開催が告知される。そのアルバムに収録される「神話崩壊」もこの場で披露。たたみかけるような勢いの演奏、タソコ(G)の奏でる妖しいギターリフ、熱を帯びていく2人のボーカルと、その迫力はライブ後半に向けての大きな起爆剤となっていた。

その熱気を保ったまま「百鬼夜行」に繋げると、ナルミのエモーショナルな歌声が溢れだし、場内の興奮はさらに高まる。そんな会場を、エレクトロなフレーズを混ぜた「Worker Ant」でダンサブルな空間へと変え、観客とのコール&レスポンスでひたすら盛り上げていく。
ラストは「午夜の待ち合わせ」。キャッチ―なメロディに切れ味の鋭い演奏、シャウトを繰り返すシュンタロウのボーカルでピークに達し、強いインパクトと濃い後味を残し、ステージを終えた。

続いては、NOISEMAKERの登場。重厚なオープニングSEとともに4人がステージに上がると、大きな歓声が沸き起こる。「KNOW YOUR BRIDGE」を皮切りに、怒涛の勢いでヘヴィなサウンドを浴びせる彼らのライブがスタートした。最初から手加減することのない激しい演奏を繰り出し、AG(Vo)が何度も会場をあおると、観客もジャンプを繰り返し、そのアクションにこたえる。

LS_0218_NOISEMAKER_03

「燃え尽きたいなUNIT! 誰一人、置いていかないから、全員かかって来いよ!」(AG)

そんなAGの叫びとと共にメロディアスな「Her Diamond」へとなだれ込み、HIDE(G)の鋭いギターサウンドが会場に響く。「REASON」はバンドのグルーヴを感じさせるアンサンブルと厚みのあるリフ、まくしたてるボーカルが印象的な曲。サビでは合唱が起こり、会場全体に大きな一体感が生まれた。

「ハロスリとは前からずっと一緒にやりたいと思っていて、今回こうやって対バンができて感謝しています。さっきのMCもそうだけど、俺らって怖い人だと思われているみたいで…、結構ザコなんだけどな(笑)。ハロスリは音楽性は違っても大好きなバンドです。音楽があれば人は扉が開いて繋がれるものだし、“TWINTOWER”ではそういう初めての出会いをやりたくて。心を開いてもっと繋がれる場所をいっぱい作っていこうと思うので、どうかついてきてください」(AG)

スピード感のある「THE NEW ERA」でライブを加熱させ、伸びやかなメロディの「DRIFTING CLOUDS」でさらに盛り上げていく。パワフルなのにしなやかさを持ち合わせたYU-KI(B)とUTA(Dr)のリズム隊が重心を支え、曲に活き活きとした表情を与えているのも見逃せない。

そして、“人生は一度だから、飛ぶなら高く飛ぼうよ!”というAGのMCで始まった「Butterfly」は、磨かれたメロディとキラキラしたサウンドが特徴の最新シングル曲。ハードなだけではない深みと奥行きを感じさせ、激しく渦巻く感情の先に希望の光を見せてくれた。

LS_0218_NOISEMAKER_05

深いディレイのかかったギターリフで始まる「OBEY YOUR VOICE」は、ミディアムテンポでメロディをじっくり聴かせる曲。それまでの曲とはカラーが異なるが、自分の心に耳を澄ませば答えは返ってくるというメッセージは、彼らのブレない姿勢を象徴している。
そして、疾走するビートと観客の合唱で熱気の高まる「Point of Origin」、全力を振り絞るように演奏し歌う「PLATINUM SHOES」で最高潮に達し、ライブを締めくくった。

アンコールにこたえて再度登場し、披露したのは「RUDE BOY」。弾けるサウンドでライブの余韻を噛みしめ、余力を残さず走り抜く。最後はもう一度Hello Sleepwalkersをステージに呼び込み、感謝の言葉と共に充実した対バンライブが終了。“音楽で繋がれる場所=TWINTOWER”の手ごたえをしっかりとオーディエンスにも感じさせたライブだった。

LS_tt_0218_shugo

TOWER RECORDS presents『TWINTOWER』#002 セットリスト

▼Hello Sleepwalkers
M1 猿は木から何処へ落ちる
M2 円盤飛来
M3 アキレスと亀
M4 2XXX
M5 天地創造
M6 神話崩壊
M7 百鬼夜行
M8 Worker Ant
M9 午夜の待ち合わせ

▼NOISEMAKER
M1 KNOW YOUR BRIDGE
M2 Her Diamond
M3 REASON
M4 THE NEW ERA
M5 DRIFTING CLOUDS
M6 Butterfly
M7 OBEY YOUR VOICE
M8 Point of Origin
M9 PLATINUM SHOES

EN RUDE BOY


NOISEMAKER

札幌にて結成。AG(Vo)、HIDE(G)、YU-KI(B)、UTA(Dr)からなる4人組ロックバンド。重厚感と疾走感を併せ持つサウンドと煽情的な歌声を武器とし 、様々なジャンルをクロスオーバーした自由度の高いサウンドに支持を集める。また国内外のビックネームと共演など、ライブ・パフォーマンスへの評価が非常に高い。
2015年3月にメジャー移籍し、ミニアルバム「NEO」を発売。そのリリースツアーでは各地SOLD OUT公演も続出する中、大盛況に終えた。
昨年の夏はROCK IN JAPAN FESやSUMMER SONICをはじめとした大型フェスに出演し、秋にはOZZFEST JAPAN、年末にはCOUNTDOWN JAPANの出演と全国各地のフェス会場を沸かせた。

オフィシャルHP:http://noise-maker.net/

J_NOISEMAKER_Butterfly_webLOW

Butterfly

New Single Now In Stores

【収録曲】
01. Butterfly
02. Point of Origin
03. NEO Remix


Hello Sleepwalkers

男女ツインボーカル、トリプルギター。音楽への無尽蔵の探究心を秘めた5ピースバンド。3年連続ROCK IN JAPAN FESに出演等、多数フェスに出演。2014年、Sg「午夜の待ち合わせ」がスマッシュヒット。Hard-Fiリチャード・アーチャーとの共同プロデュースによる2作品をリリース。2015年実験的ワンマンツアー“Quintet Laboratory”を実施し、その無軌道を描く実験の成果となる「設計図の無い完成形」を、一年半ぶりの新作“PlanlessPerfection”として3月に発表予定。

オフィシャルHP:http://www.hellosleepwalkers.com/

Planless-Perfection_JK

Planless Perfection

New Album 2016.03.23 In Stores

【収録曲】
01. レトリック
02. 水面
03. EYES TO THE SKIES
04. 神話崩壊
05. LIFE is a GAME??
06. ハーメルンはどのようにして笛を吹くのか
07. 夜明け
08. Stand-alone
09. Jamming
10. 2XXX
11. Perfect Planner

AZCS-1055/¥2,600(税抜)

vol.6
vol.7
vol.8