Interview

小松未可子、作詞家・畑 亜貴と解き明かすニューアルバム『Personal Terminal』 ついに“「もってけ!セーラーふく」のような曲”を歌う日がきた!?

小松未可子、作詞家・畑 亜貴と解き明かすニューアルバム『Personal Terminal』 ついに“「もってけ!セーラーふく」のような曲”を歌う日がきた!?

声優の小松未可子が、ニューアルバム『Personal Terminal』を7月11日にリリースする。本作のプロデュースを担当したのは、畑 亜貴、田代智一、黒須克彦、田淵智也という4名のトップクリエイターで結成されたプロデュースチームのQ-MHz。2016年のシングル「Imagine day, Imagine life!」以降の小松の全楽曲を制作している彼らが、今作では各楽曲ごとにさまざまな女性像を描くことによって、みかこしのパーソナルな魅力とシンガーとしての表現の多彩さを引き出している。

そんな本作と小松のアーティスト性の本質に迫るべく、今回はQ-MHzのメンバーで作詞家の畑 亜貴と小松の対談を企画。各楽曲の制作エピソードから、声優・役者だからこそ見えてきた小松ならではの強みまで、様々な話題について語ってもらった。

取材・文 / 北野 創 撮影 / 山本哲也


畑さんの歌詞は、歌えば歌うほど自分に合った言葉になっていく感じがあるんです(小松)

そもそもおふたりのご縁はどこから始まったんでしょうか?

畑 亜貴 Q-MHzのアルバム(2016年作『Q-MHz』/小松未可子が「ふれてよ」「short hair EGOIST」のゲストボーカルで参加)からですね。接点がないところからの珍しいパターンだよね。

小松未可子 そうなんです。実はキャラソンやアニメ作品などではご縁がなくて。

 初めてお会いするときは、嫌われちゃったら困るので、変なことを言わないようにしようと頑張っていました(笑)。それまでお仕事をしたことがなかったので「どんな人なのかな?」と謎に思っていたんだけれど、実際に会ってみたらすごくいい子で。

小松 私の弟が『らき☆すた』とか『ハルヒ(涼宮ハルヒの憂鬱)』を大好きだったので、声優の仕事を始める前からいろいろなところで畑さんのお名前をお見かけしていて。カラオケで歌うときにクレジットが出るじゃないですか。弟と一緒に「もってけ!セーラーふく」をいかにうまく歌えるかチャレンジしていました。

 歌ってくれてたの?

小松 歌ってましたよ!

 ありがとー! 弟さんによろしくお伝えください(笑)。

小松 でも、私はお会いするまで、名前の印象で勝手に「もしかして男性なのかもしれない」と思っていたんです。それがお会いしたら麗しいお姉さまだったのですごくビックリしました。

 それはよく言われる。なぜか「太った男性だと思ってました」と言われることがあって、「“男性”はわかるけどなぜ“太った”なの?」と思って(笑)。

小松 体格までは想像していなかったです(笑)。でも、言葉を扱う方なので「もしかしてすごく気難しい方なのかな」とか勝手に想像してたんですが、すごくカジュアルに接してくださったので、ホッとした印象はありました。

畑さんと小松さんはQ-MHzのアルバムで初めて一緒に仕事をされて、そこからQ-MHzとして小松さんのアーティスト活動をサポートするようになりましたが、お互いのことをシンガー/クリエイターとしてどのようにご覧になってますか?

 私はみかこしの歌う「ふれてよ」が大好きで、あの曲は私にとってずっと「泣きの曲」になってるんですよ。何回も聴いてるのに、スタジオでかかるたびに涙が出ちゃって(笑)。だから「この説得力みたいなものはどこからくるんだろう?」と思ってたんだけど、役者だからこの曲自体をちゃんと演じてくれたんだと思ったんです。その感覚をもっと展開させたい思いがあったので、(Q-MHzでの)プロデュースのお話が持ち上がったときは、やりたいことがかなった感動がありました。

小松 うれしい……! 畑さんは泣きの曲からテンションが高い曲まで、曲ごとにテイストが違い変幻自在のイメージがあるんですが、これまででいちばん印象に残ってるのは「だから返事はいらない」(2016年のシングル「Imagine day, Imagine life!」カップリング曲)という曲なんです。

この曲は、レコーディング前に歌詞を見たときの印象と、歌入れのときに改めてディレクションを受けて歌詞の内容を掘り下げて歌ったときの印象、それとライブで歌うときの印象で、少しずつ見えてくる色が変わるんですよ。そこが畑さんの歌詞の不思議な部分で、歌えば歌うほど自分に合った言葉になっていくというか、どんどん形が変わっていく感じがあるんですよね。

 ライブで歌うときは目の前にファンの方がいるから、自分を掘り下げて歌うときとまた違う結果になっていくんじゃないかな? そうすると自分の気持ちの乗せ方も変わってくるから、何回も違う自分を発見する作業がきっとあって。そうなるとライブをやるごとにその記憶が重なって、次のライブで歌うときはまた違う届き方になっていくと思う。

みかこしが今後ライブをたくさんやることはわかっていたので、最初はどこか自分とは違う部分があると思っても、歌っていくうちに「これは100パーセント自分で表現できる自分だ」って自分のなかでの位置づけが変わっていく曲になるように意識して書いていたから。

みかこしには今回、いろんな女性を演じてもらいたいなと(畑)

これまで約2年半一緒に制作してきたなかで、お互いに対する印象は変わりましたか?

 時々ドアを開けてくれるようになったかな?(笑)。お庭には入れてくれたんだけど、おうちにはなかなか入れてくれない感じがあるんだよね。

小松 ドアは開けているつもりなんですけどね(笑)。でも、コミュニケーションのことを振り返って考えたときに、私は相手の示した距離感に合わせて動いてしまうところがあって。Q-MHzの皆さんや畑さんは最初から……。

 こっちのドアはずっと開いてるから(笑)。

小松 そうなんですよね(笑)。最初から開いてたので、甘えちゃってもいいのかなと思うんですが、でも、どこか申し訳ない気持ちがあって。

 みかこしは礼儀正しいんだよね。

小松 失礼を働いてはいけないという気持ちが強いんですよね。でも、普通に仲のいい子にも「なかなか心を開いてくれない」って言われるんです。自分としてはドアを開けているつもりなんですけれど、きっと開けてたところが庭なんですよね(笑)。

 まあ庭には入れてるから(笑)。距離というのはお互いが詰めたいときに詰めるものじゃないですか。だから別に無理に詰めないでも、そのうちリビングに入ってソファで寝ちゃってるかもしれないし(笑)。

今回の小松さんのニューアルバム『Personal Terminal』は、Q-MHzのプロデュース作品としては前作の『Blooming Maps』(2017年)に続く2枚目のアルバムとなります。

 前作では、これから走っていこうとする立ち上がり感をうまく表現できたと思うので、今作はまた違った切り口でいこうと思って。みかこしと話したときに私が感じたことは、みかこしは自分自身を推していくのではなくて、“歌の中のみかこし”という立ち位置がいいんじゃないかと思ったんです。彼女は役者だから求められるものを演じられるし、曲自体を表現することもできる。「私」という存在を世に広めていくのではなくて、音楽と自分の関係性を広めていけばいいんじゃないかと思ったんですね。

なるほど。

 そうなると特に歌詞の作り方が変わってくるんですよ。いかに自分の存在を見せようとするかと、曲自体の中で自分を表現するのでは、かなりベクトルが違うんですね。みかこしには今回、いろんな女性を演じてもらいたいなと思って。そのそれぞれは今は100パーセントの自分ではないにしても、少しずつ感情移入できるところとか、自分のなかにはなかったけど表現するのが楽しい気持ちがあるわけじゃないですか。そういう女性のなかのいろんな感情を乗せていく、ということで大体の方向性が決まったんです。

小松 いろいろ演じさせていただきました。

 このなかでいちばんみかこしに近い曲はどれなんだろう?

小松 どれなんでしょう?ちなみに『Blooming Maps』のなかでは、最初に私が歌詞のプロットを書いて畑さんに調整していただいた「ランダムメトロノーム」という楽曲が素に近かったんです。今回も少しずつ自分が入っていますが……「M/MASTER」は詞先で書いていただいて、いくつか(歌詞の)パターンがあるなかの“おまぬけみかこし”を選びました。

 そう、みかこしはしっかりしてて、なんでもそつなくこなす女性という印象があるから、もっとおまぬけなところがあってもいいんじゃないかなと思って(笑)。

小松 でも、けっこう素に近いです……。ガサツなところに共感できるところもあって。

 ホントに!? こんなにささくれてるの?(笑)。

1 2 >