Interview

Maison book girl レーベル移籍第一弾リリース。タイトル「elude」にこめられた意味とは? 現在の心境を交え、新作について4人に訊く。

Maison book girl レーベル移籍第一弾リリース。タイトル「elude」にこめられた意味とは? 現在の心境を交え、新作について4人に訊く。

AI(人工知能)とプロデューサーのサクライケンタの共同制作によって生まれた「言選り」が大きな話題を集めた4人組の現音ポップユニット、Maison book girlが、前作「cotoeri」から半年ぶりとなるニューシングル「elude」をリリースした。
今年5月にUKツアーを敢行後、国内で5大都市ツアーを開催。ファイナルとなる東京公演でレーベル移籍を発表した彼女たちに、移籍後初リリースとなる新曲について聞いた。

取材・文 / 永堀アツオ 撮影 / 荻原大志

今もDIYというスタンス自体は変わらないんですけど、やれることの幅が広がりましたね(コショージ)

まず、レーベルを移籍した心境から聞かせてください。

矢川 特に何かがらっと変わったわけではないので、変わらず頑張ろうねっていう気持ちでやってます。

コショージ まだ何も実感はないんですけど、もっと頑張ってやろうという気持ちはあります。

紙資料には、クリエイティブチームを編成して、ブクガを再構築するとあります。

矢川 ああ、そういえば、最近、関わってくれる人が急に増えました(笑)。MVやSNSに関して、いろんな意見をくれる人が増えたね。

コショージ いままでは、サクライさんと私たち、曲を作る人と歌う人しかいなかったところに、MVをディレクションする人とか、照明さんとか、人が増えて。

井上 ずっと誰もいなかったから。

和田 DIYでした(笑)。MVの時にメイクさんが来てくれるようになりました。

コショージ 今もDIYというスタンス自体は変わらないんですけど、やれることの幅が広がりましたね。「これやりたいんだよな」って思ってたことが、「それ、できますよ」になったというか。こういうことがやりたいんだけど、私にはやり方がわからないっていうことが、「それは、できます」って言ってくれるので、ありがたいですね。

では、移籍第1弾となる新曲「レインコートと首のない鳥」を受けってどう感じました?

矢川 「言選り」に続き、イントロからカッコいい曲を作ってくれたなと思って。サクライさん、どうやらスランプだったらしいんですけど、そんなことを感じないくらい、いい曲を作ってくれたなと思いました。

コショージ 実は幻の曲(4/4拍子)があるんですけど、その幻の曲と今回のシングルの2曲目に入ってる「おかえりさよなら」(4/4拍子)を先にレコーディングしてて。そこで、苦戦してたんですよ。スランプだったんですよ。そのあとに「レインコートと首のない鳥」を作ったらしいんですけど、「変拍子めっちゃ作りやすい!」って言ってました。

(笑)6拍子から4拍子に変わる「言選り」や、かなりポップでキャッチーだった「十六歳」を経て、ブクガの代名詞と言える変拍子に戻ったからかな?

和田 「4拍子やめたらできるようになったわ」って言ってた(笑)。

コショージ 去年の夏くらいから、ライブで一体感が生まれるようなわかりやすい曲にもチャレンジしてたんですけど、なんとなくどんなバランスを取ればいいのかがわかったんですよね。そこで4拍子で苦戦した分、こっちは作りやすいなって、スイスイいけたんじゃないかなって。なら、よかったなって思いました(笑)。

(笑)和田さんは?

和田 最初、ピアノメロだけのデモが送られてきたときは、マジでわけがわからなかったんですよ。でも、サクライさんが仮歌を歌ってくれたり、なぜか私だけ、弾き語りの映像を送ってくれたりして、ノリ方を提示してもらって。それをさらに私たちが解釈して、よりポップにしないといけないので、落としこむまでが大変だったんですけど、わかってしまうと感情の乗せどころがあったりとか、やりがいのある曲でした。

井上 私も最初に聞いたときは、本当に難しいなと思って。めちゃめちゃ聞き込んで、腑に落ちたら癖になるというか、ハマる曲だなって思いました。

歌詞はどう捉えました? 前作は「過去の記憶」をディープラーニングして、「詩」として言葉を生成する箱型AI「cotoeri」が書いてましたが。

和田 この曲にも「記憶」とか「目を逸らす」とか、依り代となるキーワードはあると思うんですけど、歌詞の流れよりもメロディの方に気持ちを持っていった方が、自分的にも感動できるし、気持ちが入るなっていうことに気づいて。そっちでやりました。

4人のメンバーそれぞれの個性がブクガの中で強まってきてるのかなというのを感じていまして(和田)

どんな感情をのせました? 2Aの歌声にはこれまでにはない響きを感じたんですが。

和田 ヴォイトレを結構しっかりやり始めてて。ちょっと試してみちゃおうかなっていう感じでやってみたら、サクライさんがもっとやれっていう感じだったので、我を出したというか、好きにやらせていただきましたね。以前は、私たちメンバーに関して、「死体のようだ」とか「人形のようだ」とか、「無機質だ」って、よく言われてて。いまでもその要素はあると思うんですけど、アー写も顔が出るようになりましたし、4人のメンバーそれぞれの個性がブクガの中で強まってきてるのかなというのを感じていまして。

コショージ その中でも私は毎回、サビで感情的に歌う役なんですよ。今回も同じことをしたんですけど、この曲は感情を入れすぎて、巻き舌が出ました。ちょっと難しかったなっていう思い出もあります。

矢川 私は「karma」と同じような空気感を感じてて。怒ってるみたいに歌おうって、勝手に思ってました。重い感じで歌ってたら、一番最初の<今、>よりも、2行目の<ただ、>の方がうまく歌えていたみたいで、「最初から2行目みたいに歌って欲しい」って言われて。だから、出だしにすごい気持ちを込めましたし、うまく行ったかなって思います。

井上 どんな感情かと言われるとわからないんですけど……う〜ん、メロディの雰囲気に合わせようねって思いながら頑張りましたね。

ブクガの歌詞はいつもいろんな物語を想像できるんですけど、この曲は記憶を消すとか、逃れるっていうイメージでした。ダンスではどんなことを表現してますか?

和田 首狩り族が私たち(和田と井上)の首を狙ってるんです。

矢川 私とコショージが鳥の係。

コショージ 首のない鳥なんです。私たちが首を狩りにいってる。

和田 和たちたちが首を守って逃げる人。本気で狩りにきてるので、いつマイクで殴られるかとハラハラしながらめっちゃ逃げてます。

コショージ ダンスは合わせてるけど、うちらがグルだとバレないように見せなきゃいけないので、ノールックで狩ってるんですよ。

和田 超怖い。

井上 フリを1個でも間違ったら狩られちゃうので、一生懸命に拍を数えてます。

コショージ いついくかわからないからね。急所にぐん!といくから。

和田 必死で逃げる。怖い。

矢川 あと、MVでは、衣装だけが光ってるカットもあって。それこそ、私たちの首から上が見えなくなってたりしてますね。

これまでの映像に度々登場した鍵やカメラも使われてます。

井上 「言選り」では鍵を箱に入れていたし、今回は和田にあげたりしたね。

和田 歌詞に<ホテルの秘密>というキーワードが出てるし、ワンマンも「ソリチュードホテル」というタイトルがついてて。ホテルの部屋というのが、ブクガの世界の情景として1つあるのかなって思います。カメラは、今回、コショージが葵ちゃんをやった現場を唯ちゃんが撮ってるんですよ。唯ちゃんがその写真を撮ったことを私が知ってるっていうストーリーで。唯ちゃんはコショージを追ってて、私は唯ちゃんが隠した写真を探してるんです。

MVの撮影はどうでした?

井上 コショージがずっと屋上でとってる時に、呼ばれたのに、全然順番がこなくて。待たされてて。山の中だったんですよ。クローバーが咲き乱れてて。四つ葉のクローバーを5つ見つけました! ハッピーでした。サクライさんに「お疲れ様です」ってあげたら、喜んでました。

和田 私、1個しか見つけられなかったんです。めちゃめちゃ執着したら見つかったんです。

矢川 その日は私とコショージのカットがメインで、次の日が唯ちゃんと和田がメインの日だったんですよ。ので。私とコショージはずっと出ずっぱりで、「何してるのかな?」と思って見たら、クローバーを探してて。

コショージ そんなことしてたとは思えない映像ですよね。

井上 あははははは。ね。実はね、幸せでいっぱいだった。

そんな爽やかでロマンチックな映像ではないですけどね(笑)。2曲目の「おかえりさよなら」は雨の音から始まります。

矢川 最初、空を見上げるような振り付けから始まるんですけど、私はずっと、雨宿りのような気持ちで歌ったり踊ったりしてますね。

コショージ この曲も怖いように歌えば、怖くなるんですけど、あえて、そうじゃない方向に持っていこうねっていうのを出していて。

井上 懐かしい感じがする、いい歌だよね。

和田 ブクガの曲は割と全体的に、普遍的なものを人間関係になぞらえて言ってるのかなって思ってるんですけど、この曲に関しては、聞いてる人たちに「おかえり」って言ってあげる様な気持ちで歌いました。私がそういう立場だと自分でいうのはおこがましいんですけど、アイドルさんとか、歌手の方の曲に救われられたことはたくさんあったし、1つ、帰る場所になれたらいいなっていう気持ちがありました。割と、客席と自分の前に壁がある様なパフォーマンスをするときもあるんですけど、これは割とお客さんを意識してるのかなと思います。

コショージ この曲は、仮歌をもらった時に、ワンマンライブの最後にやってるイメージが想像できて。それをサクライさんに伝えたら、「その通りだよ」って言ってくれたので、の曲をもう、理解するというよりは、お客さんに「おかえり、さよなら、またあした」を繰り返していきましょうっていう意味でやってますね。

普通にありえる、自分に置き換えやすい話で、トラックとも合ってるなって思ってます(井上)

3曲目の「教室」はおなじみのポエトリーリーディングになってます。

コショージ 今回、すごいつまらないことを書いた気がしてて。今までは創作していたんですけど、このシングルは雰囲気的に「記憶を忘れていく」とか、「elude」=逃れるっていう意味があったりして。衣装もAIに教え込ませた千鳥柄を、あえて忘れさせていくっていうものになってるんですね。だから、今回は自分の記憶をそのまま書いたんですよ。創作してないんですよね。自分の記憶にあることしか書いてないので、すごいつまらないものを書いたんじゃないかなって思ったんですけど、音になって聞いたら、ちゃんと音楽だったので大丈夫でした。

矢川 ちょっと怖いのもありつつ、で今までのポエトリーより想像しやすいというか、ありそうなシチュエーションだなって思いました。でも、ちょっとぞくっとする感じが、ブクガっぽいなって。

和田 ポエトリーの曲は、伴奏みたいな音がついているのと、SEというか、物音系があると思うんですけど、今回、聞いてみて、詩の朗読ではあるんですけど、歌ものと同じ様な感覚で聴けるなと思って。詩の内容とトラックが情景を想起させる様な組み合わせで、4人の声色もすごい綺麗だなって思いました。

井上 今までは現実世界じゃないことを言ってたりしてたので、普通にありえる、自分に置き換えやすい話で、トラックとも合ってるなって思ってます。

コショージ だから、今までの一人称は僕だったんですけど、今回は一人称をなくしたんですよ。それがちょっとだけ難しかったですけど、僕でも私でもいけると思うので、自分のこととして聞いてくれてもいいかなと思います。

シングルのタイトルである「elude」に関してはどう感じました?

コショージ ポニーキャニオンさんに逃げてきたみたいな感じになっちゃったけど(笑)、全然違うんですよ。

井上 何個か案があったけど、全部、そういう意味だったよね。

くだらない質問で申し訳ないんですが、何か逃げたいものありますか?

井上 家賃の更新です。ちゃんと納めないといけないですけど。

矢川 私、今、下の階の人がめっちゃうるさいから逃れたいです。めっちゃでかい声で歌うんですよ、夜中に。どんどんってやってもやめてくれなくて。それが何日も続いてて。夜中に歌われるからすごいストレスです。ちょっと上手なのがまたムカつくんですよ。静かにして! って。

コショージ ずっと同じところに住んでるんですけど……。

井上 また家の話?

和田 みんな家に居たくないんだ。

コショージ 違うの、聞いて。家の近くにラーメン屋さんがあって。私の経験上、家の近くのラーメン屋さんは危険だっていうのがあって。行って、美味しかったら、毎回行っちゃうからNGだったんですよ。だから、あるのは知ってたのに、何年も行かなかったんですけど、こないだ、初めて行ってしまって。そしたら、めっちゃ美味しかったんですよ。

井上 あああ〜、常連になっちゃう。

コショージ  本当にすごい美味しくて。今まで逃げてきたのに、1回、存在を知ってしまったら、次、いつに行こうかなって。

和田 あははは。楽しみになってるじゃん。

コショージ ちょっと危険です。

和田 (笑)私は生活をしたくない。和田輪以外の時間を全部なくしたいです。世界から存在を隠したい、逃げたいです。eludeしたいです。

少しでもブクガのことが気になってくれて、ライブに遊びに来てくれたらなと思います(矢川)

ずっとブクガでいたいっていうことですよね。

和田 以前から明確な目標はないんですけど、ただただ、よりよりメゾンブックガールになりたいという一心で、手の届く所のはしごを登ってきた感じなので、これからもそのはしごを登っていきたいですね。メジャーデビューした時も、移籍した時も、常に自分がメンバーだとかは関係なく、素直にカッコいいなと思えるものを毎回、作ってもらえてるし、私たちも楽しんでできているので、環境が変わっても、できることを頑張っていきたいなと思います。

コショージ ま、ポニーキャニオンさんに移籍したので、ドヤ顔? 違うな……自信を持って、「この曲を聞いてください!」って感じで出して、ライブに繋げたいですね。

矢川 今回、CMのタイアップも決まったんですよ。「ピッコマ」っていうマンガのアプリのCMで全国に流れると思うので、これを機に、いろんな人に聞いてもらって。少しでもブクガのことが気になってくれて、ライブに遊びに来てくれたらなと思います。

その他のMaison book girlの作品はこちらへ

ライブ情報

Maison book girl tour 2018

6月23日 日本青年館ホール

その他ライブ、イベントの予定は
http://www.maisonbookgirl.com/live/

Maison book girl

矢川 葵、井上 唯、和田 輪、コショージメグミ。
音楽プロデューサー・サクライケンタが手掛ける4人組ユニット。現代音楽とポップスを融合させた独特なの世界観を拡げ、昨今異色の光を放つ存在にある。

オフィシャルサイトhttp://www.maisonbookgirl.com

フォトギャラリー