Interview

『マネー・ショート 華麗なる大逆転』クリスチャン・ベール インタビュー

『マネー・ショート 華麗なる大逆転』クリスチャン・ベール インタビュー

’08年、アメリカの住宅バブル崩壊の発端となった世界的金融危機をいち早く見抜き、マネーゲームの本拠地であるウォール街を出し抜こうと一世一代の勝負に出た男たちがいた――
現在も続く構造的不況の引き金になった歴史的なクライシスを、影で暗躍した投資家たちの視点で再検証する『マネー・ショート 華麗なる大逆転』で、キーパーソンとなる実在のトレーダー、マイケル・バーリに扮したのは、メソッド演技の若きカリスマ、クリスチャン・ベールだ。

本作の驚くべき点は複雑に入り組んだ物語を
シンプルに描いているところにある

monyshort_sub1

この映画はいつか誰かが描かねばならない金融クライシスのからくりを、専門用語を駆使しつつエンタテイントメントとして提示しています。あなた自身はあの金融危機についてどれだけの知識をお持ちだったのですか?

そうだね、少しは知っていた、というのが正直なところかな。周りからバカだと思われたくないから、知っているふりをしていたのかも知れない。そして、問題の詳細に立ち入れば立ち入るほど、わからないことだらけで、恐怖さえ感じるようになった。
本作の驚くべき点は、そのように複雑に入り組んだ物語をシンプルに描いているところにある。劇中に何度も登場する法律用語やウォールストリートでしか通用しない専門用語さえ克服すれば、この問題は大して複雑ではないんだよ。

住宅購入や投資が一気に加速し、好景気に沸く当時のアメリカであなたが演じるマイケル・バーリはサブプライム・ローンの破綻を察知して、バブル崩壊時には巨額の保険金を手にできる契約を銀行に持ちかけます。まさに嗅覚に長けた人物なのですが、実際にご本人お会いになられたそうですね。

マイケルはあまり人との交流を好まない人物だけれど、僕が今まで会った中で最も聡明で、心のこもった、途方もなくクレバーで、自分を冷静に分析できる、誠実な男の1人だったよ。彼の頭の中には数字や分析がぎゅうぎゅう詰めになっていて、その中から数千件にも及ぶ住宅ローンの実態を弾き出し、やがて来る金融破綻をいち早く予知したんだ。
でも、大事なのは、マイケルが決して欲望と虚栄心から銀行に保険契約を持ちかけたわけではないということ。純粋に投資という行為が好きだから、そうしただけに過ぎないんだ。そんなトレーダーとしての有り様は、世間一般が金融の世界に生息する人々に対して抱いているイメージとは正反対だと思うよ。

同時に、バーリは風変わりな人物として知られていますね。元精神科医で、片目が義眼で、ヘヴィ・メタルを聴きながらドラムを叩き、オフィスでは常にT シャツと短パン、おまけに裸足で過ごすという。

マイケルは洋服に対するこだわりも半端なくて、特定のTシャツしか着ないんだ。なぜだかわかるかい?服選びに割く神経と時間が、投資のための思考を邪魔するからだよ。たとえばジム通いで集中力を維持しようとしたマッチョなトレーダーが、ストレスのあまり体を壊したというくらい、彼らが日々被っているプレッシャーはすごいんだ。

バーリからお気に入りのTシャツが送られてきたそうですね。

そう、ある日突然、FedExでね(笑)。

シーンの最後にあげる悲鳴は
正真正銘、本物の叫びなんだ(笑)

監督のアダム・マッケイは撮影中、あなたが完全にバーリという人物に没頭していたと後述しています。あのドラムはどのように、どれくらいでマスターしたんですか?

ドラムの特訓は単純に楽しかったよ。短期間で集中的に特訓した。役のための特訓はデッドラインが明確だからいいよね。たった2週間でだいたいのことはできるようになったよ。まずは手始めにパンテラの「バイ・ディーモンズ・ビー・ドリヴン」から始めてね。

ドラムを叩くシーンを撮影する直前、お子さんとトランポリンで遊んでいた際、誤って膝の靱帯を痛めたと聞きました。監督はスタントを使うことを提言したところ、あなたは絶対にやると聞かなかったとか

うん、だからシーンの最後にあげる悲鳴は、正真正銘、本物の叫びなんだ(笑)。

インタビュー・文 / 清藤秀人

profile

クリスチャン・ベール

’74年、イギリスのペンブルックシャー州生まれ。’87年にスティーブン・スピルバーグ監督の『太陽の帝国』のオーディションに参加し、主人公の少年役に抜擢され、スクリーンデビューを飾る。’05年から’12年にかけて公開された『ダークナイト』3部作ほか、『ターミネーター4』(’09年公開)などの話題作に多数出演。アカデミー賞、ゴールデングローブ賞の常連でもある。

 

マネー・ショート 華麗なる大逆転

moneyshort_story 3月4日(金)全国ロードショー
配給 東和ピクチャーズ

ヘヴィ・メタル好きの金融トレーダー、マイケル(クリスチャン・ベール)は返済の見込みの少ない住宅ローンを含むサブプライム・ローンは数年以内に債務不履行に陥ると確信する。その予測はウォール街からも投資家からも無視されるが、マイケルはローンの価値が暴落した際に巨額の保険金を受け取る契約を投資銀行と結ぶ。同じ頃、銀行家ジャレド(ライアン・ゴズリング)はヘッジファンド・マネージャー(スティーブ・カレル)にも同様の契約に大金を投じるべきだと勧めるが……。


監督:アダム・マッケイ
出演:クリスチャン・ベール、スティーブ・カレル、ライアン・ゴズリング、ブラッド・ピット ほか