Interview

三浦宏規が“初”朗読劇への意気込みを“心”から語る、渾身のインタビュー──恋を読む『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』

三浦宏規が“初”朗読劇への意気込みを“心”から語る、渾身のインタビュー──恋を読む『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』

8月24日から、昨年オープンしたばかりのオルタナティブシアターで、朗読劇『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』が上演される。七月隆文による同作は、2014年に出版され、累計発行部数160万部を記録。2016年には、福士蒼汰・小松菜奈で実写映画化もされた。お互いに最愛の人だと知りながら、決して交わらない運命を生きる男女の切ない恋を描いたラブストーリーは多くのファンの共感を呼んだ。今回は、そんな「ぼく明日」で南山高寿 役の三浦宏規にインタビュー。初挑戦となる朗読劇にかける意気込みを、真摯に語ってくれた熱い役者魂を感じて欲しい。

取材・文 / 竹下力 撮影 / 冨田望


“初”朗読劇に緊張の毎日

原作『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の印象を聞かせてください。

現実にはありえないファンタジーの世界なのに、冒頭から引き込まれてしまいました。どうやって展開していくんだろう、と早く先を読みたくなって、2人が泣いているシーンや、初めてキスしたシーンといった感動的な世界に心が動かされました。いろいろな時間や場所が交錯しているので、読み進めるのに少し時間がかかりましたが、先の展開が気になって仕方がなかったんです。読み進めれば進めるほど、高寿と愛美、結ばれはしない切ない“恋”模様が浮かび上がっていく。何回読んでも面白くて、この作品が、読者や、もちろん映画を観た人の“心”に深く刻まれたことに納得できました。しかも、一回小説を読んだり、映画を観ただけでは物足りない作品だと思います。

高寿という役にどのような印象をお持ちですか。

とても素朴なキャラクターなのに、電車の中で愛美ちゃんに一目惚れして、思わず彼女にアタックしていく勇気に驚きます。彼女の抱えている秘密を知ってしまっても、真実を受け入れて覚悟を決め、たった30日で成長してしまう姿に感動します。

“初”朗読劇になりますね。今のお気持ちをうかがわせてください。

率直にちょっと緊張しています(笑)。自分の声があまり好きではないので、そんなふうに思ったままの声で朗読をお客さまに聞かせたらいけないから、稽古を重ねるごとに自分の声を好きになるように心がけたいです。声だけで伝えるのは難しいと思いますし、技術もほかの方に敵わないので、“心”を込めて読むことが大切だと思っています。

具体的にどのように役作りをしていこうと思いますか。

7チームに分かれていますから、限られた稽古時間しかないかもしれません。ですので、ちゃんと高寿を演じていくことを心がけたいですし、その日の稽古が本番だと思って準備をしたいです。脚本を読んで感じたことを三浦(直之)さんにきちんと伝えながら演技を見ていただいて、ご指摘をもらって、また次の稽古も本番だと思って臨む。初めてなのでわからないことも多いですが、役作りは、ほかの舞台と変わらないと思います。ただ、ほかの舞台より速いペースで役作りをしていくことになるかもしれません。もしかして朗読劇は脚本をすごく読み込まないほうがいいのかな? いろいろとまだ心が揺れ動いていて(笑)。そんな不安と期待がないまぜになっています。

携わるスタッフの方もロロの三浦直之さんを含め豪華ですね。

ご一緒したことがある方はいないのですが、僕のありのままを伝えて、未熟ながらも作品に全力でぶつかっていきたいです。

愛美 役の福原 遥さんとどのように演じていきますか。

福原さんは出身地は違えど同い年ですから、恥ずかしくて緊張しちゃうかもしれません(笑)。とはいえ、2人のラブストーリーなので、福原さんとしっかりと作り上げたいと思います。

初めての2人芝居にワクワク

お2人の芝居、少人数での芝居になりますが、意識されていることはありますか。

未知の世界です。2人芝居もまだ経験していないので不安ではありますが、どんな稽古場になるんだろうとワクワクのほうが大きいかもしれません。

少人数のお芝居で気になった舞台はありますか。

先輩の味方良介さんが出演された、紀伊國屋ホールでの、故つかこうへいさんの『熱海殺人事件 NEW GENERATION』(2017年)はすごかったです。4人芝居ですが、圧倒されました。つかさんの作品は初めてだったのもありますが、とてつもないセリフ量に驚くのと同時に、4人以上の気迫と熱量を感じて、たくさんの出演者がいなくても、演劇は成り立つんだと感心しました。それから、佐野瑞樹さん、味方良介さん、猪塚健太さんの3人芝居で、脚本・演出が鈴木勝秀さんの『ウエアハウス~Small Room~』(2017年)は本当に怖かったですね。客席にリアルな表情が見えて、息遣いさえ聞こえてくるんです。客席も含めて完全に作品にのめり込んでいたんだと思います。僕らもお客様の“心”をのめり込ませるようにしたいですね。

気になるチームはありますか。

黒羽麻璃央くんの回は客席から観たいです。プライベートも仲良くさせていただいているし、僕のファンクラブのイベントにゲストで来ていただいている先輩なので気になっちゃいますね。

黒羽麻璃央さんから演技や役作りでアドバイスをされたことはありますか。

僕から聞きにいくことがありました。ミュージカル『刀剣乱舞』(2017年)でご一緒したのですが、凄まじい稽古で、役者全員がヘトヘトになるほどいっぱいいっぱいで、芝居も、ダンスも多くて、本番までに追いつかないと思えるほど、大変な作品だったので、いろいろとアドバイスをもらった記憶があります。

今回のテーマは、“恋”ですが、今でも舞台や映画、ドラマを問わず多くの作品のテーマになります。どうして多くの人を魅了すると思いますか。

純粋なラブストーリーを見ていると、面白いと思う瞬間が何度もあるし、ドラマチックな話だからこそ素敵なのかもしれません。“恋”だけでは語れない部分があるし、自分になかなか体験できないドラマが再現されているからかもしれません。それでも、「ぼく明日」の場合は、普通のラブストーリーとテイストが違いますね。いろいろな葛藤があって、2人とも結ばれない悲劇的なもどかしい切なさを、お互いが理解したうえで物語が進んでいく。今作は、そういった“切なさ”や“もどかしさ”が魅力かもしれません。

初めての劇場に挑戦

今回はオープンしたばかりのオルタナティブシアターです。新しい劇場で演じるということの面白さはありますか。

こけら落とし公演の『アラタ〜ALATA』(2017年)を観劇したんです。早乙女友貴さんやダンスクリエイターのElinaさんが出演された豪華な舞台で、劇場は新しくて綺麗で、今からあの舞台に立てることに気持ちが高ぶっています。ただ、初めて出演する劇場ではいつも、客席に行ってみたりと気を遣ってはいるので、客席の一番端とかに行って、姿の見え方や声の聞こえ方を確認しておきたいと思っています。

1 2 >