Interview

俳優・横浜流星 アーティストデビュー。「今日もいい天気 feat. Rover(ベリーグッドマン)」に込めた音楽への想いを語る

俳優・横浜流星 アーティストデビュー。「今日もいい天気 feat. Rover(ベリーグッドマン)」に込めた音楽への想いを語る

2018年に公開された主演映画『虹色デイズ』『兄友』に出演。さらに来年公開が予定されている『愛唄』の主演に抜擢されるなど、大きな注目を集めている俳優・横浜流星がアーティストデビューを果たす。映画『キセキ—あの日のソビト—』でGReeeeNのナビ役で出演し、爽やかな歌声を披露した彼。
GReeeeNを手がけたJINのプロデュースによるデジタル配信シングル「今日もいい天気 feat. Rover(ベリーグッドマン)」は、ポップなメロディと切ない歌詞がひとつになったナンバー。表現力豊かなボーカルからは“アーティスト・横浜流星”のポテンシャルの高さが感じられる。音楽という新たなフィールドに踏み出した彼に「今日もいい天気 feat. Rover(ベリーグッドマン)」の制作、アーティストとしてのビジョンなどについて聞いた。

取材・文 / 森朋之 撮影 / 冨田望

伝えたいこと、大切な思いはきちんと言葉にするべき

デジタル配信シングル「今日もいい天気 feat. Rover(ベリーグッドマン)」でアーティストとしてデビュー。以前から音楽活動をしたいという気持ちはあったんですか?

あまりなかったんですよ、もともとは。正直言うと、歌うことに自信がなかったんです。友達とカラオケに行っても盛り上げ役に回ることが多かったし。でも、ひとりでカラオケに行って歌うことはあったんですけどね。

ひとりカラオケのときはどんな歌を歌っていたんですか?

いろんなアーティストさんの曲を歌っていましたね。amazarashiさんとか、米津玄師さんとか。あとはSUPER BEAVERさん、フジファブリックさんも。バンドが多いかもしれないですね。andropさん、My Hair is Badさんも好きなので。

いいですね! そういえば、菅田将暉さんがamazarashiさんからの提供曲を歌っていますよね。

そうそう! 「菅田くん、すごいな」って思いました。菅田くんのアルバムが出たときにiTunesで買おうと思ったんですけど、まずamazarashiさんが作詞・作曲している「スプリンター」をダウンロードしたんですよ。

音楽は好きなんですね。

はい。でも、どうも歌うことに抵抗があって……。たぶん、最初のトラウマは親かもしれないですね。中学のときに家で気持ちよく歌っていたら「ヘタくそ」って言われて(笑)。「あれ? 俺、音痴なのか?」と思っちゃったから。

では、アーティストしてのデビューが決まったときは?

「大丈夫かな?」という気持ちは正直ありました。もちろん嬉しかったし、新しいことに挑戦できる喜びもあったんですけど。期待と不安が半々という感じかな(笑)。

「今日もいい天気 feat. Rover(ベリーグッドマン)」を聴いたときはどう感じました?

最初はメロディだけ聴かせてもらったんですよ。ポップで明るいキャッチーなメロディだったから「ホントにコレが僕の曲ですか?」と聞いちゃったくらいで。自分の中の勝手なイメージでは、優しいメロディの曲か疾走感のある曲になるのかなと思っていたので、ちょっと意外だったというか。ただ、歌詞が入ると印象が変わったんですよね。ポップなメロディをいい意味で裏切るというか、切なさとかを考えさせられるところがある歌詞だったので。作詞・作曲のJINさんは、僕が出演させてもらった映画『愛唄』(GReeeeNのヒット曲「愛唄」をモチーフにした映画)の制作中にイメージが湧いたとおっしゃっていたんですけど、たしかに「愛唄」と重なる部分があるなって。JINさんらしい楽曲だと思います。

流星さん自身も共感できるところがあった?

たくさんありましたね。例えば「振り返れば懐かしい思い出/ダサくて笑うね」とか。中学、高校の頃って、好きな女の子の前だとカッコつけたくなるじゃないですか(笑)。今考えてみると「あれってダサかったな」って思うので。「『愛しています』と ちゃんと言えばよかった」という歌詞もそう。これは映画『愛唄』の撮影中にも感じたんですが、伝えたいこと、大切な思いはきちんと言葉にするべきだなと思うので。

愛情だったり、感謝だったり、“ごめんなさい”だったり。

そうですね。僕自身、すぐに言葉にできるタイプではないので……。もちろん、最後はきちんと伝えますけどね。あ、でも、母親に“ありがとう”とはなかなか言えないですね。学生の頃は毎朝起こしてもらってたし、家に帰るとごはんがあるのも当たり前じゃないんだけど、面と向かって言うのは恥ずかしさがあって。

(笑)ボーカルのレコーディングはどうでした?

JINさんからは「跳ねるリズムを意識して」と言われたくらいで、「流星だったら大丈夫!」という感じだったんです。自分なりに表現する部分が多かったんですが、一生懸命やるだけでしたね。技術的なこともわからないし、とにかくストレートに歌おうと思って。目の前に聴いてくれている人を想像しながら、ひとつひとつ言葉を届けるように歌いました。(アーティストとしてデビューが決まったとき)みんな喜んでくれたし、しっかり届けたいという気持ちが強かったので。

完成した楽曲を聴いたときはどう感じました?

まずはみなさんへの感謝ですね。楽曲を作ってくれたJINさん、楽曲に参加してくれたRoverさん、レコーディングのスタッフの方々、ミックスエンジニアの方。みなさんがいなければこんな素敵な楽曲は出来なかったし、一番に「ありがとうございます!」です。歌に関しては、今、自分が持っているものはすべて出せたかなと。何もわかっていないので、必死にやっただけなんですけど。

ドラマ仕立てのミュージックビデオにも、流星さんの個性がしっかり出ていて。撮影に関しても意見を言ったそうですね。

打ち合わせに参加して、アイデアを出させてもらったんです。もちろん歌詞に沿っている部分もあるんですが、スタッフのみなさんと話すなかで「ストーリーがはっきりしすぎないほうがいいよね」ということになって。観てくださった方がいろいろと想像できるように、断片的なストーリーになっています。

映画やドラマの撮影現場とは違っていました?

芝居の部分は大きく違わなかったんですけど、リップシンクっていうんですか? 曲に合わせて口を動かすのがすごく難しくて。「グリーンボーイズ」のときも少しやったんですけど、まだ全然慣れないですね。あとは動きの部分。歌っているときの手振り身振りがわからなくて、Roverさんの動き方を勉強させてもらいながら、自分なりにやってみて。全体的にすごく新鮮だったし、楽しかったですね。

「今日もいい天気 feat. Rover(ベリーグッドマン)」をライヴで歌うときのイメージもありますか?

そうか、そういう機会もありそうですよね(笑)。マイクを持って歌うときの動き方も考えないと……。まだ漠然としているんですけど、みなさんが笑顔で楽しんでくれたらいいなと思いますね。一緒に盛り上がりたいという気持ちもありますが、それだけではなくて、歌詞を聴いて欲しいという思いもあって。ライヴで歌うときも、言葉をひとつひとと届けるようにしたいです。

映画やドラマの役ではなく、横浜流星としてステージに立つことについては?

どんな感じになるのかは実際にやってみないとわからないですけど、もっと自分を知って欲しいし、思っていることを届けたいという気持ちは強くあるので。この先のことはわからないですが、将来的には歌詞を書いて、そのなかで自分の気持ちを伝えられたらいいなと思います。歌に関しては少し不安もありますけど(笑)、今は楽しいほうが勝っていますね。

横浜流星(よこはま・りゅうせい)

1996年9月16日生まれ、神奈川県出身。2011年に『仮面ライダーフォーゼ』にてドラマデビュー。2017年に菅田将暉らと共演した映画『キセキーあの日のソビトー』にてGReeeeNのナビ役を務め、グリーンボーイズとしてCDデビューも果たす。2018年には主演映画『虹色デイズ』『兄友』をはじめ、映画『honey』、ドラマ『彼氏をローンで買いました』『しろときいろ〜ハワイと私のパンケーキ物語〜』などに出演。出演待機作に映画『青の帰り道』(2018年冬公開)、主演『愛唄』(2019年公開)が控えている。

横浜流星 オフィシャルサイト
横浜流星 ユニバーサル ミュージックサイト

画像ギャラリー
関連楽曲 グリーンボーイズ