Interview

東出昌大「賛否の「否」だけで一晩語れる」。映画『パンク侍、斬られて候』の魅力について語る

東出昌大「賛否の「否」だけで一晩語れる」。映画『パンク侍、斬られて候』の魅力について語る

原作・町田 康×脚本・宮藤官九郎×監督・石井岳龍で話題の『パンク侍、斬られて候』(6月30日全国公開)で、主演の綾野 剛演じる掛十之進が仕える黒和藩の殿様・黒和直仁を東出昌大が演じている。

本作は、江戸時代を舞台に、超人的刺客の浪人・掛が、ハッタリをかまして黒和藩にもぐり込み、自分が蒔いた種によって起こす騒動を、テンポ良く度肝を抜く展開で綴り出した超娯楽大作。綾野、東出のほか、北川景子、染谷将太、浅野忠信、村上 淳、若葉竜也、近藤公園、渋川清彦、國村隼、豊川悦司らが演じる個性的なキャラクターが、張りぼてのような世の中で右往左往する狂騒を、パワフルに描き出している。

表情豊かで躍動感のある登場人物ばかりの中で、東出演じる殿様は、濃いキャラクターには違いないのだが、常に正論を振りかざす実直な人物。笑顔一つ見せないのに、観る者を笑いに誘うという印象的な役柄だ。もともと石井監督と宮藤のファンだったという東出に役どころや作品の魅力などについて聞いた。

取材・文 / 上村恭子 撮影 / 横山マサト

天才同士の相乗効果で爆発した映画、なかなかの放送禁止映画になった

パンクな作家・町田さんとパンクな脚本家・宮藤さん、パンクな石井監督で、笑えて社会に斬り込む、文字通りパンクな映画でした。何度観てもメッセージを受け取れそうな作品です。

町田さんの哲学を最大限映像化できる脚本家の宮藤さんと、天才である石井監督の強力タッグで出来上がった作品だから、何度観ても面白いと思います。“パンク”というものを、ここまで攻めた映画作品は、僕自身、これまで観たことがありませんでした。間違いなく、ただ笑えるだけのコメディー作品ではないですね。町田さんの原作を読んで思ったのは、世の中をぶっ壊したいというような棘があって、キワキワのところを攻めているということ。あまりにも振り切った映画になったと思います(笑)。

台本を読んでいる段階で、笑ってしまったそうですが、宮藤さんの脚本はいかがでしたか?

敬愛の意味を込めて、とんでもない台本だなあ、ぶっ飛んでいるなあと思いました(笑)。宮藤さんとは朝の連続テレビ小説『あまちゃん』(2013/NHK)以来2作目です。町田さんの原作を映画の時間に集約して脚本にして……、言わずもがなの天才ですよね。この作品は登場人物みんな、役者みんなが本当にいきいきとするセリフでいっぱいです。僕も面白いセリフをいただいて感謝しています。

完成した映画をご覧になって、率直にどういう感想を持ちましたか?

「なんじゃこりゃあ!」と思いましたね(笑)。ぶっ飛んだ台本が映画になったら、爆発していました(笑)。石井監督と宮藤さん、二人の天才の相乗効果です。僕はもともとお二人のファンだったので、一ファンとして映画を観ながらとても楽しめました。なかなかの放送禁止映画になったんじゃないかな(笑)。新しい世界を構築した作品になっていると思いますし、石井監督はやっぱりすごいなと思いました。

初参加した石井組の現場はいかがでしたか?

『狂い咲きサンダーロード』(1980)、『生きてるものはいないのか』(2012)、『蜜のあわれ』(2016)など、石井監督の作品が大好きだったので、参加できて楽しかったです。現場では常に緊張感があって、みんなが暑さに翻弄される中、カメラが回るとガッと集中して撮影に臨む瞬間があって、とても素晴らしい現場でした。

この映画で、僕はぶっ壊れていたんです!

弱小藩の殿様である黒和直仁は、山師のように言葉巧みで、相手によってコロコロと言動を変える主人公の掛とは全く対照的な人物でした。全く笑わない殿様ですが、演じる上でどんなことを心掛けましたか?

段取り、テスト、本番とやるんですけど、段取りの段階で、みんながあまりにも面白くて、笑っちゃいけない! って、大変でした(笑)。僕が演じた殿様は、真剣にやるからこそ面白いという大前提があったので、とにかく真剣に演じることが僕に与えられた任務でした。

楽しみながら演じたのでしょうか? それとも少し難しいと感じた部分もあったのでしょうか?

殿様がド直球なので、どれくらいの迫力でやったらよいのか悩みました。石井監督に相談すると、「全力でやってください」ということだったので、全力で「わからんっっ‼」とか(笑)。「全力でわからん‼ってどういうことなのか?」と思いながら……ハハハハハハ‼(思い出して大笑い)。「こんな感じでしょうか?」とやってみて、「そんな感じです」と調整していきました。ほかの現場なら「あの瞬間は役になり切っていたんだと思います」と言えるんですけど、この映画においては、ぶっ壊れていたんです、僕自身(笑)。

「切腹じゃ!」とすぐ言うし、猿回しを見に来て、「早く猿を回せ!」と命令したあげく、猿回し芸に全く笑っていない……。真面目過ぎて面白いのですが、ご自身と似た部分も少しはありましたか?

いや、あんまりないように思います。僕は頑固なところはありますけど、直仁は頑固な人物ではなく、正直過ぎるというか。「余は感性が鈍いと申すか?」と、自分が猿回しを理解できていないことを、側近に聞くシーンがあるのですが、本来なら、自分が至らないことを家臣に聞くのは、名君ですよね(笑)。が、しかし……!(笑)。

本当に「が、しかし!」の面白さでしたね。ところで、この映画は後半にいくに従って色彩も爆発し、シュールな展開になるので、毎日撮影していて違う作品を撮っているようだったとお聞きしますが、いかがでしたか?

後半の合戦のシーンでは、CGが施されるので、「石ころが飛んでくるからそれに当たります」とか、「猿が頭上を飛び越えます」とか、一つひとつのシーンを想像しながらリアクションを大真面目にやりました。こういう経験は二度とないだろうなというシーンが多かったです(笑)。

撮影していて一番印象深かったシーンはどこでしょうか?

猿の大将・大臼が出てきてからは、ずっと面白くて印象深かったです。声に合わせて口をパクパクしているだけの猿を相手に芝居をしながら、「なんで猿と芝居してるんだろう」って、ずっと頭の上に疑問符がありました(笑)。

では、共演者の中で一番印象深かった方はどなたでしょうか?

渋川清彦さんです。共演は三作目で、久しぶりにご一緒させていただきました。とてもいきいきと芝居されていて、渋川さんが「あー、暑いなあ!」と言うだけで、役の江下レの魂次そのものでした。

共演者の方々と撮影の合間にどんな話をしていましたか?

お芝居の話はあまりしなくて、プライベートな話をすることが多かったです。國村 隼さんとは釣りの話をしていました。國村さんは渓流釣りをよくなさるそうで、僕にリールをくださいました。夏の渓流釣りについてや色々な話をしましたが、お芝居の話はしませんでしたね。

素晴らしい監督との出会いが、役者としての幸せ

本作、そして『OVER DRIVE』(公開中)のほか、もう一つ主演作『寝ても覚めても』(9月公開予定)があるなど、今年は出演作が続々と公開されますね。作品にどう向き合っていますか?

どの作品でも、常々いいお芝居をしたいということが頭にあります。役者をやってきて、もちろん初めての監督さんもうれしいのですが、一度ご一緒した監督さんと再度映画をつくることができたときはうれしいし、幸せに感じます。構えずに今度はこうしようと熱も入って、期待に応えようと思います。素晴らしい監督さんとの出会いが、役者としての幸せだと思っています。

映画『寝ても覚めても』では、カンヌ国際映画祭に参加しましたね。いかがでしたか?

世界中の方々が集まる祭典なので、自然と日本の代表として参加していることを意識しましたし、しっかりと胸を張ってレッドカーペットを歩かなきゃと気持ちが引き締まりました。多くの方々に観ていただくのが大事なので、たくさんの取材を受けさせていただきましたね。

最後にこの映画を観る方々にメッセージをお願いします。

観たことのない映画ができました! お好きかお好きでないかは正直わからないけど、僕は観客の賛否の「否」をいっぱい聞きたいと思います。「否」だけで一晩語れるし、たとえば「否」の4人組がいたとしたら、僕はそこに参加して話を聞きたいです。でも、みんなで語り合ったら、ぐでんぐでんに酔っ払うんじゃないかな(笑)。それくらい、印象の強い作品になっていると思います。僕は、この映画が好きです!(キッパリ)

東出昌大

1988年、埼玉県生まれ。2012年に映画『桐島、部活やめるってよ』で俳優デビューし、同作で日本アカデミー賞新人俳優賞などを受賞。NHK連続テレビ小説『あまちゃん』(13)『ごちそうさん』(13)でヒロインの夫役を演じ一躍ブレイク。その後は映画『アオハライド』(14)『GONIN サーガ』(15)『関ヶ原』(17)などの話題作に出演。2018年はTVドラマ『コンフィデンスマンJP』、映画『OVER DRIVE』(主演/公開中)のほか、映画『菊とギロチン』(7月7日公開予定)『寝ても覚めても』(9月1日公開予定)『ビブリア古書堂の事件手帖』(11月1日公開予定)が控える。

フォトギャラリー

映画『パンク侍、斬られて候』

6月30日(土)に全国公開

【STORY】
ある日、とある街道に一人の浪人があらわれ、巡礼の物乞いを突如斬りつける。自らを“超人的剣客”と表すその浪人の名は掛十之進(綾野)。掛は「この者たちは、いずれこの土地に恐るべき災いをもたらす」と語るが…。次々とあらわれるクセもの達。ある隠密ミッションの発令によって始まる前代未聞のハッタリ合戦。そして一人の女をめぐる恋の行方と、一人の猿が語り出す驚きの秘密。今、あなたの想像をはるかに超える、驚天動地の戦いがはじまる!

出演:綾野 剛 北川景子 東出昌大 染谷将太/浅野忠信/永瀬正敏/村上 淳 若葉竜也 近藤公園 渋川清彦/國村 隼 豊川悦司
脚本:宮藤官九郎
監督:石井岳龍
原作:町田康「パンク侍、斬られて候」(角川文庫刊)
企画制作:dTV
配給:東映
©エイベックス通信放送

オフィシャルサイト
http://www.punksamurai.jp/

原作コミック

パンク侍、斬られて候

町田 康
角川文庫

江戸時代。ある晴天の日。街道沿いの茶店に腰かけていた牢人は、そこにいた、盲目の娘を連れた巡礼の老人を、抜く手も見せずに太刀を振りかざし、ずばりと斬り捨てた。居合わせた藩士に理由を問われた牢人・掛十之進は、かの老人が「腹ふり党」の一員であり、この土地に恐るべき厄災をもたらすに違いないから事前にそれを防止した、と言うのだった……。圧倒的な才能で描かれる諧謔と風刺に満ち満ちた傑作時代小説!!