Interview

SPiCYSOL 洗練の度を高めた新作アルバムで彼らはどんなシーンを描き出そうとしたのか?

SPiCYSOL 洗練の度を高めた新作アルバムで彼らはどんなシーンを描き出そうとしたのか?

独自のスタイルとして“The Surf Beat Music”を掲げ、着実に支持を広げてきたSPiCYSOLは、昨年の初フルアルバムリリースあたりから活動をさらにシフトアップし、10月に配信限定でリリースした「Cyanotype」が感度の高い音楽ファンの間で注目を集めるなど、いよいよ熱を帯びてきている。そんななか届けられた2枚目のフルアルバム『Mellow Yellow』では、初めて音楽プロデューサー告井孝通とのコラボ楽曲を収めるなどバンドとしての進化も見せながら、しかし彼らならではのスムースでオーガニックなサウンドを心地よく聴かせている。
ここでは、ボーカル/ギターのKENNYとギターのAKUNに、この新作の制作を振り返ってもらうとともに、バンドの現在に対する手ごたえや未来に向けての意欲を語ってもらった。

取材・文 / 兼田達矢 撮影 / 鈴木圭

ジャケットのイメージを見せて、「こういうアルバムを作ろう」という話をしてから始めたのが今回は良かったかなと思ってるんです。

まず、1年前にリリースした初めてのフルアルバム『SIGNAL』と、それに伴うツアーに対する反応で印象に残っていることがあれば聞かせてください。

KENNY 僕はあまり周りの感想とか聞かないタイプで、賛否両論つねにあるので、そこにはあまりフォーカスせずに、ちゃんとやりたいことをやれてるのか自分で考えるというスタイルなんです。でもそれは、聴いてくれてる人のことを邪険にしているわけではなくて、みんなにちゃんとパワーを与えられているのかどうかということはつねに意識しています。そういう意味では、『SIGNAL』を出してからこの1年の間にツアーやいろんなライブをやるなかで、ライブに挑むまでのスタンスがいい意味で変われたと思ってて、ライブを見てくれた人がシンプルに“良かったなあ”と思ってくれてるかなということはすごく意識するようになりましたね。

そういう意識で臨んだライブに対するお客さんの反応はどうですか。

KENNY やっぱり目に見えて笑顔が増えてきたように思うし、映像では見えないライブならではのグッとした雰囲気が前よりも強くなってきたように思います。

AKUNさんは、この1年を振り返って、どんなことを感じていますか。

AKUN 『SIGNAL』の前に2枚ミニアルバムを出してたし、ツアーに行く前にその土地のいろんなサーキットやイベントに出たりしてちょっとずつ種を蒔いていたんで、『SIGNAL』を出した後のツアーというのは、その答え合わせをやってるような感触がありました。KENNYが言ったように、お客さんが楽しんでくれてるのかを意識して、お客さんが楽しんでくれてたら僕らも楽しいし、逆に僕らが楽しんでればお客さんも楽しめるという、そういうことの答え合わせもできたツアーだったように思いますね。

その答え合わせの結果としては、×よりも○が多かったんですか。

AKUN ポジティブに考えれば(笑)。もちろん、課題はいっぱいあるんですよ。ツアーに挑むまでの活動も大事だということも見えてきたし、そういう課題が見えてきたということまで含めて○だったんじゃないかなと思います。

KENNY(Vo,Gt)

『SIGNAL』のリリースとそれに伴うツアーで感じたこと、見えてきたことが今回の新作の制作に影響を与えたところは何かありますか。

KENNY 特に意識したところはなかったんですが、でもいま聞かれてみるとつながってるところがあるようにも思いますね。作り始めるときにみんなでちょっと話したんですけど、そこに僕がジャケットのイメージを描いて持って行ったんです。最終的に出来上がったジャケットとタイトル以外はほぼ同じなんですけど、そのジャケットのイメージを見せて、「こういうアルバムを作ろう」という話をしてから始めたのが今回は良かったかなと思ってるんですね。これまでは、メンバーがそれぞれにやってきたことに対して“何かイメージが揃ってないなあ”と感じることがあって、だからまず最初にジャケット・イメージをみんなに見せるという行為につながったのかなといま話してて気づきました(笑)。そのジャケットのイメージを見せながら、「今回はこういう雰囲気で、こういうエッセンスのある、こういうアルバムにしよう」という話をして、それでやってみるとメンバーから出てくるものにイメージのズレがなかったんですよね。

聴いていて統一感があるんだけど“ザ・シティポップ”みたいにはしないように、という意識で作ったように思います。

最初に方向性を伝える方法として、ジャケットのイメージで示すというアイデアはどうして出てきたんですか。

KENNY これまでも「こういうイメージで」というのを言葉で伝えることはしてたんですけど、僕もそこはあまり上手じゃないし、メンバーも言葉で理解するのはあまり得意じゃなくて、だから音楽をやってるのかなと思うんですけど(笑)、だったら色と絵でイメージを見せることによってそのズレが埋められるかなと思ったんです。

そこで、単純にイメージをビジュアル化したというだけでなく、アルバムのジャケットとしてイメージを伝えたということは、アルバムとして統一したイメージを持つ作品にしたいという気持ちもあったということでしょうか。

KENNY そうですね。ただ、今回ジャケットを描いていただいた鈴木英人さんと言えば、僕の親父が好きだった(山下)達郎さんのイメージがもろに強い人だから、アルバム全体のトーンをそこにどこまで寄せて、でもどれくらい離すかということはすごく考えました。だから、“敢えてこの曲を入れたほうが、いかにもっていう感じにならないかな”ということで入れた曲もありますよね。

AKUN 確かに、いままでにだした作品のなかではいちばん統一感のあるものになったかなというふうには思います。前作の『SIGNAL』も統一しようという気持ちはあったんですけど、他の作品に入ってたものを入れたりもして、完璧に統一感が出せてたわけではないですから。でも今回は、KENNYがこういうジャケットのイメージを見せて、「こういう世界観で」という話も曲を作る前にしたんで、だから統一感ということについてはいちばんうまくいった作品だなと思います。

KENNY 前回の『SIGNAL』はタイトルがいちばん最後に決まったんです。というのは、前作はいろいろなタイプの曲があって、「赤もあれば青もあるし、黄色もあって、それでひとつになってるね」ということで、それで『SIGNAL』というタイトルにしたんです。言ってみれば「バラバラはバラバラで、それもアリでしょ」みたいなコンセプトだったんですが、それがあったから今回はしっかり統一されたものを、という流れだったのかもしれないですね。聴いていて統一感があるんだけど、でも“ザ・シティポップ”みたいにはしないようにっていう。そういう意識で作ったように思います。

統一感のある作品を、という意識があったとして、どういう感じに統一されたものにするかというところについは話し合いましたか。

KENNY 話しましたね。海岸線を走るクルマの中で聴きたくなるアルバムにしよう、っていう感じです。いままでは“ザ・夏”ということで砂浜の上で聴く感じとか、いろいろあったんですが、今回は海に入らずに、海を見ながらドライブしているクルマでかけるアルバムにしようという話をしました。

AKUN ジャケットのイメージもありましたから、ここに描かれているようなポルシェで海岸線を走って、その中でかける音楽というイメージが、みんなで話してるなかでどんどんはっきりしていきました。

「Cyanotype」が今回のアルバムの未来予想図というか、ひとつの指針にすごくふさわしい1曲になったと思っています。

制作の順番の話ですが、世の中に出たのがいちばん早かった「Cyanotype」が出来上がったのもいちばん最初ですか。

KENNY 「Cyanotype」はジャケットのイメージを見せながらみんなで話すよりも前に作った曲で、だから今回のアルバムのコンセプトの外にある曲なんですけど…。

むしろ最初に話してもらった、前作とその後のツアーからの流れで生まれた感じが強いということですか。

AKUN “SIGNAL”ツアーの最終日に発表した次のツアーのタイトルが“Cyanotype”ツアーだったんです。その時点で「Cyanotype」という曲はまだできてなくて、Cyanotypeというのは青写真という意味なんですけど…。

KENNY Cyanotypeというツアー・タイトルにしたいと言ったのは僕なんですけど、それは青写真というか未来予想図みたいなイメージだったんですね。しかもCyanotypeというのはある化学材料を太陽の光に当てて反応させて写真にするんですよ。それで、SPiCYSOLの“SOL”というのは太陽という意味だから、僕らの音楽がみんなに当たって、それでひとつのアート作品みたいなものが出来上がる、そういうツアーになればいいなと思って提案したんです。そのことをわかってもらうために僕たちにできるのはそういう曲を作ることだなと思って作ったのが「Cyanotype」なんですが、その曲が今回のアルバムの未来予想図というか、ひとつの指針になる曲としてはすごくふさわしい1曲になったと思っています。

冒頭に、“SIGNAL”ツアーでお客さんの反応を意識するようになったという話がありましたが、その気持ちを受けてこうしたライブ映えしそうな曲を作ったんだろうなと思いました。

KENNY その通りです。Cyanotypeという言葉はかなり認知度の低い言葉だとは思っていたんで、だったらああいう感じで、あの言葉をみんなで叫ぶようにすればいいかなと思ったんですよね。

その曲を、同じタイトルのツアーでやると、お客さんも盛り上がったわけですよね。

KENNY そう、かなり盛り上がりましたね。

そういう手応えも感じた上で、アルバムのジャケットのイメージをメンバーに示し、それから制作に入っていったという流れになるわけですね。

KENNY そうですね。

具体的には、どの曲からどういう順番で進んでいったんですか。

KENNY 「SIST」は「Cyanotype」のカップリングなので先にできていて、その後は「#goodday」「Melody」「Hero」「Monsoon」「FIREWORKS」、それから「Mellow Yellow」という順番ですね。

タイトル曲がいちばん最後だったんですか。

KENNY そうなんですけど、この曲は3割くらいできたときに僕の頭の中で出来上がりが見えたので、仕上げるのは後でいいやと思って。それよりも時間がかかりそうな曲から手をつけていきました。

AKUN(Gt,Cho)

AKUNさんは今回の制作を振り返って、印象に残っている場面や曲をひとつあげるとすれば、どんなことがありますか。

AKUN 「Monsoon」という曲は、もしかしたら入らないかもしれないという場面があったんですよ。他の曲はみんなでデモを作っていったんですが、この曲だけはKENNYが先行してひとりでデモを作ってきてて、僕はそれを聴いて気に入ったんですけど、他の二人はあまりピンとこなかったみたいで、それではずれそうになったんですよね。それで、僕が「これはメロディがいいから、入れたほうがいいんじゃない」と言ったら、KENNYが「よくわかってるね」って(笑)。

KENNY (笑)、それじゃあめちゃくちゃ上から目線に聞こえるけど、でも僕もこの曲は入れる気満々で、いい曲になるのはわかってましたから。

AKUN それで入れることにはなったんですけど、レコーディングの現場でもこのメロディのいい感じをギターで邪魔したくなかったんで、音色とかすごく考えました。

ちょっと非現実的な日常を感じさせるようなアルバムにしたかったのかもしれないですね。

「FIREWORKS」は初めてプロデューサーを迎えての制作になった曲ですが、まず外部のプロデューサーを迎えてやってみようというアイデアはどういう流れで出てきたんですか。

KENNY これまでの作品は、作品ごとに作り方を試行錯誤してきてるんですけど、これまでやったことがなかったのがセッションで全部作ってしまうというやり方と、外部からプロデューサーを招いて作るという形だったんです。それで、今回はプロデューサーを招いて作るというやり方に挑んでみたということですね。

実際に、告井さんと制作に入ってみて、発見というようなことはありましたか。

KENNY ありましたよ。自分たちがこだわってたところには意外と時間をかけないんだな、とか。要は、全体をまず作って、それから細かいところを詰めていくというやり方なんですよね。逆に僕らは、まだ全体ができてないところで細かいところにこだわったりしてたから。それは経験値の違いなんだろうなとは思いましたけど、それにしてもどんどん進めていけるそのスピード感にはけっこう感動しました。

AKUN こだわってるところが違うんだなと思いましたね。先にオケを全部録っちゃってから細かいループを足したり、「歌詞がこうだから、ここの音色はこうしよう」とか、「歌詞の世界がこういう気持ちになってるからギターのソロもこういう感じで」というふうに、細かいところもすごくイメージをはっきり伝えてくれるし。あるいはミックスのときにはまずスピーカーの特性を確認して、それでミックス・エンジニアと進め方を話したりとか。

KENNY だから、大事なところにはこだわるんだけど、こだわらなくていいところに余計な時間をかけないというスピード感なんですよね(笑)。

(笑)、そういう告井プロダクツを経験した後に「Mellow Yellow」という順番だったという話ですが、「Mellow Yellow」の仕上げる際にその経験は何か影響しましたか。

KENNY そもそも告井プロダクツをやって経験値を上げた後に「Mellow Yellow」を仕上げようという、そういう目論見もあったので、具体的にどうこうということではないにしても、確実に影響してると思います。

「Mellow Yellow」という曲で描かれているような暮らしの空気感は、このアルバム全体が目指した世界でもあるんじゃないですか。

KENNY そう、なのかなあ…。思うんですけど、これだけSNSが流行ってるのも、憧れの生活に「いいね!」してるようなものじゃないですか。だから僕も、ちょっと非現実的な日常を感じさせるようなアルバムにしたかったのかもしれないですね。実際、ジャケットに描かれてるようなポルシェに乗ってる人はなかなかいないし(笑)。僕自身、乗ったことがないですけど、でも聴いた人が「こんなふうに暮らしたいよね」というワクワク感を感じさせられるようなエッセンスのひとつとして、このアルバムはうまくできたかなと思っています。

憧れを描くということで言えば、このジャケットの鈴木英人さんのイラストに象徴されるイメージの中のウエストコーストやアメリカ西海岸的なサウンド感というのも意識していたんですか。

KENNY 僕は北海道の生まれなんですけど、カリフォルニアに憧れて音楽を始めたようなものだし、実際にアメリカ西海岸に行ってみたら空気は乾いていて、“これ!これ!”と思った、その感覚をいまだに心の拠り所にして音楽を作ってたりもするので、もしこのアルバムでそういう空気感を感じてもらえたとしたら、僕はすごくうれしいですね。

この新作を携えてのツアーが9月から始まりますが、もちろんセット・リストはこの新作の曲が中心になるんですよね?

KENNY そうですね。でも、9曲しかないから、このMellow Yellow感を出しながら、どういうふうに他の曲も入れ込んでいくか考えなきゃいけないですね。昔の曲が聴きたいと思って来てくれる方もいらっしゃると思うので、うまく混ぜ合わせてひとつのショーにしたいなと思っています。

AKUN 現実にどれくらいやれるかまだわからないですけど、すごく演出にこだわりたいというか、会場に入った瞬間にMellow Yellowの空間を感じるというか、匂いや照明、オブジェとか全体を楽しんでもらうっていう。だから、単純に各地のライブハウスをまわって演奏するというよりも、1個のパッケージを作り上げて、それを各地に持って行くというようなツアーにできたらと思いますね。

最後に、来年の今頃はどうなってると思いますか。

KENNY やりたいことはいっぱいあるんですけど、いま思いついたのは去年『SIGNAL』というアルバムを出して、秋に「Cyanotype」という青の曲を出して、今回が『mellow Yellow』なので、来年は赤だなって…(笑)。

AKUN 海外でライブをやりたいですよね。

KENNY とにかく面白いことをやりたいですよね。そう、来年の今頃までに東京でいちばんイケてるねというイベントを作りたいですね。東京を制すれば日本を制するという勝手な思い込みがあるんですけど、いまもう「Chillin’」というイベントをやってて、「そのイベントに行けばいい音楽といい時間を過ごせるね」とみんな思うような、東京でいちばんのイベントにしたいですね。

期待しています。ありがとうございました。

その他のSPiCYSOLの作品はこちらへ

ライブ情報

 “Gonna be a #goodday”

9月15日(土) 大阪・心斎橋Pangea
9月17日(月・祝) 福岡・福岡ROOMS
9月23日(日) 宮城・仙台enn 3rd
9月24日(月・祝) 新潟・新潟CLUB RIVERST
9月29日(土) 北海道・札幌DUCE
10月6日(土) 愛知・名古屋ell.SIZE
10月8日(月・祝) 広島・広島BACK BEAT
10月11日(木) 東京・渋谷TSUTAYA O-WEST

SPiCYSOL

KENNY(Vo,Gt) / KAZUMA(Dr) / AKUN(Gt,Cho)/PETE(Trumpet,Cho,Key) 。
2013年8月、結成。2015年5月、RX-RECORDSよりデビューミニアルバム『To the C』をリリース。この夏「TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIAL 2015」「SUMMER SONIC 2015」「TREASURE05X」「UKFC on the Road 2015」など各地大型イベントへ出演。12月にはワンマンライブ“SPiCYSOL Chill Style One Man Live”を開催。2016年2月、シングル「Rising Sun」を発売。同年6月に2nd ミニアルバム『Tropical Girl』をリリース。初のワンマンツアーとなる“波MACHI ONE MAN TOUR ~いっちょやってやりますか!!!~”を東京、名古屋、大阪にて開催。8月、ニューヨークのレゲエバンド「Brown Rice Family」のJAPAN TOUR 東名阪4公演に出演。9月には、HY+BIGMAMA 「Synchronicity Tour 2016」のZEPP名古屋、ZEPPなんば公演にO.A.として出演。2017年5月、1 stフルアルバム『SIGNAL』をリリース。その後、全国ツアー「SPiCYSOL Tour 2017“FIRST SIGNAL”」を行い、全国8カ所で公演。同年10月、配信限定シングル「Cyanotype」リリースし、Apple Musicではストリーミング数が4万回を突破。これを受けて、アルバム『SIGNAL』モストリーミングカズガ40万回を超え、SpotifyではSPiCYSOLの楽曲が多数の人気プレイリストに選曲され、「今月のリスナー(新規リスナー数)」が毎週約1万人ずつ増加する事態に。2018年4月、「Juliet & SPiCYSOL“JUICY Tour 2018”」を東京、大阪、名古屋で開催。

オフィシャルサイト
https://spicysol.com

フォトギャラリー